日光 霧降川の個性的な四瀑     Kirifuri falls in Nikkō National Park

Sunday, July 13, 2014
f0308721_095232.jpg
前日に日光の志津峠から男体山を登った私は、日光市内に泊まり、翌日は霧降川にかかる四瀑を見るハイクに行った。前日の疲れもあり、お天気も余り良くなかったのでお手軽ハイキングには調度良いコースだ。 049.gif 070.gif




f0308721_0111369.jpg
四瀑の位置関係は下流から、観光地にもなっている “霧降ノ滝”。 つつじヶ丘経由で川床に降り上流に進み “丁字ヶ滝” “玉簾の滝” “マックラ滝” で、上流の三瀑は “霧降隠れ三滝” とも言われている。 045.gif
自動車(バス、タクシー、マイカー)利用で、日光市街(東武日光駅前)から県道169号線で北に3.3km行けば霧降ノ滝駐車場に着く。

私たちのハイキング順路は、霧降ノ滝駐車場‐大山登山口‐丁字ヶ滝分岐‐玉簾ノ滝‐マックラ滝‐丁字ヶ滝分岐‐丁字ヶ滝、そして一旦、霧降ノ滝駐車場に戻り、霧降ノ滝往復とした。 071.gif




f0308721_0122129.jpg
霧降ノ滝駐車場の北に少し入ったところにハイキング案内板が立っている “大山登山口” がある。そこからツツジのトンネルが続くトレイルを通り、緑の美しい樹林帯に入って行く。 072.gif
ツツジの咲く時季はさぞかし綺麗だろうなぁ~ 043.gif




f0308721_1533459.jpg
森の中には地面の土が流れてしまって歩きにくい長い階段?がある。階段の脇を歩きながら霧降川の川床に降りていく。 025.gif




f0308721_15344020.jpg
階段を降りきると、霧降川の右岸(川下に向かって右)伝いに上流へと向かう。 Sueが撮っているのは何でしょう? 039.gif 003.gif




f0308721_013134.jpg
この花です! 花弁が線香花火みたいなミヤマカラマツソウ。 I like this flower. 056.gif




f0308721_014341.jpg
途中、丸太橋を渡り左岸に移る。霧降川の流れが実に美しい。 072.gif




f0308721_0142614.jpg
川から少し離れて、下枝がきれいに落とされた針葉樹林帯の中を10分も進めば、丁字ヶ滝の分岐を左に見る。




f0308721_0152882.pngf0308721_0154643.jpg
針葉樹林帯の中は植物の宝庫だ。装飾花が3枚と4枚のヤマアジサイ 072.gif 056.gif と、何だか色覚検査表のようなグリーンの葉と下草たち。 041.gif




f0308721_0171481.jpg
コアジサイの花茎がパープル色で美しい。




f0308721_0173648.jpg
丁字ヶ滝は対岸に渡らなくてはならないので、後にまわして先に玉簾の滝に寄ることにした。登山口から1時間前後で玉簾の滝に着く。 070.gif すだれのように幾筋にも分かれて流れ落ちる滝の落差は6m程で幅は20mくらいだ。 072.gif 滝の近くまで寄れるが、足場が非常に滑り易いので転ばないように気をつけよう。 034.gif




f0308721_0175931.jpg
トレイルの途中にある見晴台から見た玉簾の滝。周囲の深緑と白い流れのコントラストが綺麗だ。手前の樹木はツツジの木なので、春には紫色のミツバツツジが咲き、いっそう美しいだろう。 072.gif




f0308721_0183061.jpg
玉簾の滝からマックラ滝までは、さらに雑木林の中を歩き15分くらいだろう。




f0308721_018462.jpg
短い急登をこなし、モミジの木の下を通過すれば “大山” への分岐が右に現れる。




f0308721_019869.jpg
分岐を直進すれば、舗装された管理道路を横切り霧降川に戻る。マックラ滝は霧降川に注ぎ込む支流にあるので、ここで再度、霧降川を徒渉し支流に向かう。




f0308721_0192846.jpg
支流に入って直ぐ、目の前に落差30m、幅が10mのマックラ滝が迫ってくる。水量は三滝の中で最も多く、滝に少し近づくだけで水しぶきが凄い勢いで身体を濡らす。 005.gif 024.gif 057.gif




f0308721_0204066.jpg
滝の前には、推定樹齢350年、円周が約6mの沢胡桃(さわぐるみ)の巨木がある。 005.gif この木の下に目をやれば、しぶきに濡れた苔や植物がこれまた美しい。 072.gif




f0308721_021695.jpg
三滝の中で最大のマックラ滝でエキサイトしたら、下流に戻り丁字ヶ滝に寄っていこう。 丁字ヶ滝分岐を曲がり、写真の丸太橋を渡れば丁字ヶ滝には5分で着く。




f0308721_0212485.jpg
巨大な岩盤の上を流れ落ちる丁字ヶ滝は落差10m程で中間に小さい滝を介して下段の滝となっている。落差は少ないが、水量は結構ある上に、滝の目前まで近づけますので中々の迫力だ。 072.gif




f0308721_0215615.jpg
周囲の深い森と美しいウォータープール(釜、滝壷、淵?)が作り出す造形美は三滝の中で一番美しいと私は思う。 072.gif 049.gif




f0308721_0221392.jpg
霧降隠れ三滝のハイクを終え、一旦駐車場に戻り、空身で霧降ノ滝を見に行こう。 070.gif 観光地なので綺麗に整備された石畳の路を約350m、5分ほど行けば展望台に着く。




f0308721_0223324.jpg
霧降ノ滝は古くから華厳ノ滝(ごんのたき)、裏見ノ滝(らみのたき)とともに日光三名瀑の一つに数えられている。上下2段になっていて、上段が45m、下段が40m、落差85mある。 005.gif 072.gif
上段と下段の間に樹木が生茂り、流水が完全に見えない。冬枯れのシーズンなら全容が見えるかな? 039.gif




f0308721_0232152.jpg
下段の水の筋がとても美しく印象的だった。 072.gif 072.gif
また、近くにチロリン村があり天然氷で作るかき氷なども味わえるので時間があれば寄っていくと良い。
短時間でこれだけの個性豊かな滝が見れるコースは少ない。当然5★に値するトレイルだと思うが、唯一つ残念なことはヒルの存在だ。 002.gif 梅雨時でヒルの活動期と言うこともあるかもしれないが、今回私はヒルに噛まれた。ヒル大嫌い! 033.gif 047.gif 020.gif

私のこのトレイルへの評価:4★ (ヒルの活動期以外は5★)初級者向け
全行程距離:約6km, 行動時間:約5時間(滝観賞、休憩込み)

メンバーの一人が作った楽しいデジブックです。
『 霧降高原と隠れ三滝 』 http://www.digibook.net/d/4b94a15ba15e0024f3429511489a127f/?m

f0308721_0241058.jpg
この情報は役にたちましたか? 下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.

にほんブログ村

にほんブログ村
by dream8sue | 2014-07-13 15:22 | 日光 国立公園 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hikingbird.exblog.jp/tb/22543544
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 尾瀬 尾瀬ヶ原のワタスゲと三条... 日光 志津峠から登る男体山  ... >>