富岡市 妙義山 寒風の筆頭岩クライミング     Rock Climbing at Hitōiwa in Mount Myōgi,Gunma

Saturday, November 15, 2014
f0308721_228569.jpg
晩秋のハイキングテーマは “気分ワクワク岩塔の山” と言うわけで、最近は岩櫃山岩殿山など岩場を歩くトレイルが続いている。とは言え、まさかクライミングしちゃうとは・・ひょんなことから妙義山の筆頭岩に登ることになった。8年ぶりのマルチ・クライミングだが、マルチと言っても3~4ピッチの短い岩場なので何とかなるだろと、甘い考えでロープやらハーネスを物置から引っ張り出す。

妙義山は妙義湖を挟んで南東に位置する表妙義と北西に位置する裏妙義からなる。表妙義のメイントレイルは東の白雲山から西の金洞山までを繋ぐ縦走路である。“鷹戻し”などの大岩壁帯を通るこのルートは死亡事故も多く上級者向きのトレイルである。 そのメイントレイルから大きく南に離れた位置に金鶏山がある。筆頭岩はその金鶏山の西端にある標高826mの岩塔である。

I did a rock climbing about 1 week ago. It was for the first time in eight years that I miss rock climbing. I thought I can climb there easily even though I miss rock climbing for long time, because it is easy grade and a short rocky place. I picked out a climbing rope and safety belt etc., from the closet.

Hitōiwa is a rock tower as an altitude of 826m at the western end of Kinkeizan located in the Mount Myōgi system. Its Kinkeizan is located away to the south from the main trails of Mount Myōgi.




f0308721_2292615.jpg
前橋、高崎からのアクセス: 国道18号で軽井沢方面に向かい、松井田バイパスの先の五料の信号を左折し県道51号線に入り213号線に当たったら右折し、妙義神社方面に向かう。妙義神社から県道は196号線に変わり、カーブの続く山道を登って行くと、筆頭岩のある金鶏山のすそ野を巻いて中之獄神社へと続いている。中之獄神社より1km程手前に“さくらの里”という桜の名所があるので、車はそこに駐車可能である。
上信越自動車道利用の場合は松井田妙義ICで降りれば県道51号線に合流する。

Access from Maebashi, Gunma : You head to Karuizawa district in R18. Turn left at the signal of Goryo of Matsuida, Annaka city and drive on the local road 51.
Next, turn right where you get intersection with local road 213, and toward the Myogi shrine direction. The local road changes the number to 196 from the Myogi shrine, and you should go up the winding mountain road. The road is continuing to Nakanotake shrine. There is a "Sakura no Sato" that has a parking before about 1km Nakanotake shrine.
If you use the Joshinetsu Highway, you can join the local road 51 where get off at Matsuida Myogi IC




f0308721_230941.jpg
さくらの里の駐車場から見た筆頭岩。ゴジラの背中のように4つのピークが見える。山頂と2つ目のピークとのコルが“剣の刃渡り”と言われるナイフリッジだ。 005.gif

This photo is Hitōiwa that looked from the parking lot of Sakura no Sato. There are four peaks, such as the back of Godzilla. There is a ridge that is called "Turuge no Hawatari" between the summit and the second peak. "Turuge no Hawatari" means knife edge of the sword. 005.gif 008.gif




f0308721_230528.jpg
さて、皆が迷う岩場の取り付きだが、さくらの里のゲートを出て車道を東に少し戻る。最初のカーブの先の木の生えた左斜面に10段くらいの階段があるので、そこを登り尾根に出る。古い文献では一本杉からのアプローチが書かれているが、現在は路が繋がっていないので一本杉側に行ってはいけない。 034.gif

To the Hitōiwa, you go a little roadway to the east from out of the gate of Sakura no Sato. There is a stair about 10 steps in left slope in the tree where you turn the first curve of roadway . You can climb to the ridge by the stair.




f0308721_2311265.jpg
尾根から筆頭岩を目指し東に行くと、筆頭岩の基部すれすれに踏み跡が付いている。右側は下の車道に一気に斜面が落ちているのでスリップ、落石を落とさないように気をつけて歩こう。 034.gif

Go to the east toward Hitōiwa from the ridge. There is a small trail just along the base of the Hitōiwa. On the right side, the slope is very steep to the below roadway, you must be careful not to drop any falling rocks.




f0308721_2323968.jpg
階段から500mくらいで尾根が北に角度を変えると、そこに赤テープなどの目印がつけてあり取り付きとわかる。樹木もあり傾斜も緩いので、ここで登攀具だけ身につけて上のテラスまで個々に登る。 071.gif

You reach the Hitōiwa about 500m from the stairs. Since there are markings, such as red tape, you will know that it is there the starting point. You should to wear the climbing equipment there. 




f0308721_371219.jpg
ここからアンザイレンして登り出す。このピッチは途中にブッシュもあり、易しい3級くらいのフェースだ。 061.gif

We scrambled to the terrace of above rock. We were roped up from here. This range is a easy face and there are bushes for protection.




f0308721_2332636.jpg
次のピッチから少し傾斜が出てくる。逆層気味のスラブだが、ホールドは結構ある。リードはその昔、大日岩で腕を磨いたサーティーン・クライマーのY氏(13歳じゃないよ。 003.gif ) 無駄の無い動きでスイスイとロープを伸ばしていく。
ただ、この日は冬型の気圧配置で風が強く、非常に寒い!風音でお互いのコールもよく聞き取れない。 025.gif

Comes into steep incline slightly from the next section. It is a slab of reverse layer slightly, but there are many good grips in the rock face. The lead climber is Mr. Y, who can climb 5.13 grade. (it is not a 13-year-old. 037.gif ) He was climbing easily with smooth movement. However, this day blew cold wind. It was very cold! Also, we were not able to hear well call each other in the strong wind sound.




f0308721_2341217.jpg
赤いジャケットのSueは終始、フォロワーだが・・おいおい、結構な高度感じゃん!癌患者がこんな所を登って大丈夫なのか! 025.gif

Sue who wear a red jacket is follower. I felt I was quite exposed. I am a patient of cancer. Am I all right that climbing such a dangerous place?




f0308721_238585.jpg
高度感に感動してる間に、早くも最後のピッチ。リードは剣の刃渡りのナイフリッジをこなし、このルートの核心部になる垂壁?に取り掛かっている。 042.gif

While I have been impressed by the great view, the leader had done the ridge of "Turugi no Hawatari", and already began climbing the most difficult section.




f0308721_2383949.jpg
北に白雲山(1081m)が見えて、高度感に拍車を掛ける。 072.gif

Mountain Hakuunzan is visible to the north direction. It makes me feeling more the great sense of hight .




f0308721_239135.jpg
そして、リードは核心部を見事に登りきって “ビレー・オフ” のコールがかかる。それにしても、本当に岩の塔と呼ぶにふさわしいピークだね。 072.gif 049.gif 058.gif

And, leader shouted to me "belay off " after climbed of the crux section in the rock face. Anyway, this rock tower is really a sharp form for peak.




f0308721_2394760.jpg
さて、赤いジャケットのSueのフォローだ。剣の刃渡りと呼ばれるナイフリッジは幅が1mくらい、長さは10mくらいだろうか?狭いだけならまだ良いのだが、今にも落ちそうな浮石が多く神経を使うセクションだ。 008.gif

I was following this crux section. The knife edge has a width about 1m, length is about 10m. It is not only narrow, there are a lot of loose rocks. I needed to pay attention very carefully.




f0308721_2402723.jpg
そして、最後の垂壁にはビビった。ホールドは大きいのがあるのだが、いかんせん8年ぶりのクライミングにして、この傾斜、この高度感! 008.gif
フェイスの上部はスタンスが乏しく、左足を腰より高く上げなくてはならないハイステップムーブの部分があり、柔軟性のとぼしい私には結構きつかった。ギャーギャー言いながら何とか登り終える。 傾斜があるのでグレードも4級くらいあるように感じた。003.gif
尚、ルートには古いクサリが残置されているが、相当古い物なので使わないほうが良いだろう。 034.gif

I challenged at the vertical wall. I was very scared, because that portion was very tilted. Also,I was climbing for the first time in eight years. The upper part of the rock face does not have good footholds, I had to raise my left foot higher than my waist. It was tough for me because my body is not flexible. but, I was able to manage climbing someway. Addition, there are old chains on the rock face, it is better that you do not used them because that things are considerably too old.




f0308721_2412660.jpg
最後は屈曲した岩稜を15mくらい歩き筆頭岩のピークに着く。 066.gif ピークからの眺めは素晴らしい。西に金洞山が岩のお城みたいに鎮座している。眼下にはさくらの里の駐車場や、一本杉の建物も見える。 072.gif
日本近代登山の父と言われたあのウォルター・ウェストンも約100年前にここを登っているらしい。そう聞くと、急にウェストンに親近感を覚えるのは私だけ?003.gif

Finally we got to the peak of the Hitōiwa by walk about 15m on the curved rock.  066.gif  The view from the peak is great!!! Mountan Kondozan is sitting like a castle of the rock to the west. Also, a parking and buildings are visible in the "Sakura no Sato".
Addition, Walter Weston who was an English clergyman and Anglican missionary who helped popularize recreational mountaineering in Japan at the turn of the 20th Century,climbed this rock tower almost 100 years ago.




f0308721_2415779.jpg
北東には安中市や高崎市の市街地が広がっている。 072.gif

You can see the town of Annaka city and Takasaki City to the northeast.




f0308721_2423294.jpg
そして、すご東に金鶏山への稜線がのびている。 時間があるなら金鶏山まで縦走(縦走といっても一般トレイルではない)すれば、さらに充実したものになるだろう。   

And, the mountain ridge to the Kinkeizan in east. If you may climb along this mountain ridge to Kinkeizan, it would be more interesting.

 


f0308721_2425398.jpg
南側には、西上州と奥秩父の山々が連なり、眼下には紅葉した広葉樹と緑の針葉樹のコントラストがまるで油絵のようだ。 072.gif

To the south,there are mountains of west side of Gunma. You can see the contrast of autumn leaves such as green and yellow like a painting.




f0308721_2431624.jpg
展望にしばし見とれるも、寒風が吹くピークでは休憩をする気にはならない。さっさと下降することにする。
下降は、ピークの東側をラッペルする。まず約10m下のテラスに降り、さらに南側に50mのラッペルだ。下降支点も残置スリングが太い立ち木にたくさん巻きつけられている。私たちは50mロープ2本なので2回のラッペルですんだが、短いロープの場合は2回目の下降ポイントが東寄りになるようなので気をつけよう。 034.gif
50mロープとはいえ、支点からは基部は見えない。本当にロープが地面に着いているのか?トップはラッペルしながら下部の状態を見定めなくてはならない。強風に流されるロープをさばきながらトップは紅葉の海へと降りていった。 029.gif

 
We began immediately go down without stay longer to the peak, because of blowing strong cold wind. Descent, to rappel down the east side of the peak. First down to about 10m below the terrace, and we have to more rappel down of 50m on the south side.




f0308721_2455966.jpg
しばらくして、テンションのかかっていたロープが緩んだ。どうやら地面に降り立ったようだ。さて、次は私の番だ。どうなることかと思ったが、昔、身体に染み付いたテクニックは一瞬にして私を過去の感覚へと呼び戻す。下部岩壁は少しオーバーハングしているので、下部10mほど空中懸垂になる。
金鶏山周辺は現在は登山禁止になっているようなので、登山、クライミングに当たっては自己責任で対処してください。

私のこのルートへの評価:3★
行程距離:約1.5km  高低差:約120m 行動時間:約2時間(休憩込み)

I had a little anxiety to rappel. But, I recalled that past of sense in a moment, because I had training many times those techniques to the old days. I had to rappel in the air near bottom as 10m because the bottom rock is a little bit overhanging.
Since the Kinkeizan is prohibited to climb currently, you should address in your responsibility when climbing there.

f0308721_2463282.jpg

この情報は役にたちましたか? 下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.
にほんブログ村にほんブログ村

by dream8sue | 2014-11-15 11:02 | Rock Climbing | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hikingbird.exblog.jp/tb/23317111
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 安中市松井田町 静かな山急山で... 青木村 子檀嶺岳は信州の小さな... >>