下仁田町 じじばばの岩塔は西上州のモンキーフェイス     Midouyama in Shimonita,Gunma

Friday, December 19, 2014
f0308721_1636261.jpg
日本列島に寒波の嵐が到来し、もう群馬県でハイキングは無理かな?と思いつつも、晩秋から初冬における私のハイキングテーマ “気分ワクワク岩塔の山” を追い求めて、前回の鹿岳に引き続き西上州の御堂山(みどうやま)に行ってきた。 070.gif でも、御堂山よりも、アプローチにある奇峰、じじ岩、ばば岩の方が興味の対象であり目的である。




f0308721_16364582.jpg
前橋、高碕からのアクセス: 国道254線で下仁田町へ向かう。上信電鉄下仁田駅を過ぎ内山峠方面に走る。県道51を右に分け、さらに国道を走ると右側にこんにゃく観光センターがあり、さらに走るとコスモのガソリンスタンドの先に県道43(下仁田軽井沢線)が右に分かれる。この分岐の左側に案内板があり5台くらい駐車可能だ。ここは下仁田バスの “藤井入口” バス停でもある。

電車利用の場合は上信電鉄下仁田駅(高崎駅-下仁田駅 片道運賃 1,080円 1時間)で降りて、下仁田駅から下仁田バス、市野萱線に乗り “藤井入口” の一つ手目の “坂詰” で下車するのが良いだろう。登山口の目印である、西牧関所(藤井関所)跡は “藤井入口” と “坂詰” のバス停の中間くらいにある。どちらのバス停からも関所跡は近い。
ただし、バスの便が少ないので事前に時間を調べておこう。 034.gif タクシーを利用するなら駅から関所跡まで約20分(2,600円)くらいだ。→ 下仁田周辺登山口までのタクシー料金目安




f0308721_16383958.jpg
登山口は国道沿いにある西牧関所(藤井関所)跡の右脇の道を北の山に向かって行く。
国道254号線を走ると “姫街道” という標識を見ることがあるが、案内板によると中山道の裏街道として、女性も容易に通れたので姫街道とも言われたらしい。 045.gif




f0308721_16385573.jpg
西牧(藤井)関所跡から100m程で民家の裏に “御堂山登山口” がある。

獣除けネットをまたぎ、スギの木が植えられた薄暗い林道に入っていく。

標高の低い山なので、あわよくば雪も無いかも?な~んて期待もあったが、のっけから雪道である。 002.gif




f0308721_1640820.jpg
しばらくは林道歩きとなり、小川に沿って北東に進む。やがて右側が岩壁になり、岩壁の下にケルンが積んである。何かの道標かな?とあたりを見渡したが他にトレイルらしいものは無かった。 039.gif




f0308721_16405476.jpg
ケルンに惑わされずに、そのまま林道を進むと、だんだんと道幅も狭くなってくる。




f0308721_16411549.jpg
登山口から1時間弱、林道終点からは路は荒れ、石がごろごろした沢状になる。涸れ沢の二俣からは左の沢に入る。石の上に雪が積もって、トレイルもかき消され歩きづらい。 008.gif




f0308721_16424073.jpg
しばらく沢沿いに行くと左に “ミノ滝” 5mが現れる。この滝は右側にフィックスロープがあるので、ロープを使って左岸の側壁を登る。適度にスタンスもあるので問題なく登れるだろう。ミノ滝を越えてからは尾根上のコル(じじばば分岐)を目指して雑木林の中を登る。




f0308721_1643568.jpg
抗癌剤の影響で心肺機能が低下している身体には登りがきつい。心臓に負加をかけない様にゆっくり、そして大きく呼吸をして少しでも心臓に多くの血液(酸素)を送ってやる。 042.gif
どうにかこうにかコル(じじばば分岐)に到着。登山口から約1時間30分、雪道であることも加味すればこんなものだろう。 021.gif
じじばばの岩塔を見るにはコルから南西方向のヤセ尾根を往復する。雪のついた岩稜歩きにトラバースもあるのでここからはアイゼンを着用する。 034.gif




f0308721_16432866.jpg
ヤセ尾根をたどると、すぐに岩場で行き止る。この岩場の基部を西側から巻くように下降する。トレイルは雪で埋まって判然としないが、弱点を見極めてさらに南西方向にトラバースを続ける。 071.gif




f0308721_16455427.jpg
ひとしきりトラバースすると、南西方向が開け荒船山などの山々が見えてきて、大きなアカマツの木がある尾根の末端に出る。 “じじばばは何処?” ここではまだ2つの岩塔は見えない。この尾根の末端から今度は大きく左(東)に山腹をトラバースする。




f0308721_16462825.jpg
すると木立の間からじじ岩が見えてくる。さらに左の岩場(たんす岩)を登れば、ばば岩の全容も見えてくる。どちらも見事な1本岩である。 005.gif 右がじじ岩で、左がばば岩だ。
行けばわかるが、展望台のたんす岩はもとより、じじばばの岩塔周辺は極めて足場の悪いヤセ尾根なのでくれぐれも慎重に行動してね。 034.gif




f0308721_1647871.jpg
じじ岩の遠方には鹿岳などの展望も素晴らしい。じじ岩の基部まではヤセ尾根伝いに接近することが出来る。しかし、じじ岩に登るにはクライミング装備が必要だろう。 039.gif




f0308721_16473542.jpg
ばば岩は正にタワーだ!バックの雪景色が荒涼感を漂わせ日本離れしたものがある。 072.gif 2003年にアメリカのオレゴン州にあるスミスロックという岩場にフリークライミングの修行?で数週間滞在したことがある。その際に見たモンキー・フェイスという岩塔を思い出す。そうだ!ばば岩を西上州のモンキー・フェイスと命名しよう。 本物のモンキー・フェイスに比べたらだいぶちっちゃいけどね。041.gif




f0308721_16483978.jpg
バックの雪景色の中にも、ニョキニョキと奇岩が顔を出している。これぞまさしく西上州の魅力だね。 003.gif




f0308721_16491183.jpg
じじばばの岩塔の左にある岩壁には大きなバケツ(穴のような岩の窪み)がたくさんある。これもスミスロックを思わせる要素だ。スミスロックの岩場には初級者から上級者向けのエリアがあるが、初級者向けのエリアにはこのような穴のあるルートがあり、“Five Gallon Buckets” 5ガロンバケツなどとルート名が付けられビギナークライマーで賑わっていた。




f0308721_16495498.jpg
岩肌には乾燥して小さく縮まっているがイワヒバ(岩松ともいう)が密生している。このイワヒバ、場所によっては絶滅危惧種に指定されているようだ。さすがにこの絶壁では乱獲も出来ないだろう。 003.gif




f0308721_16502057.jpg
あまりにも感動的な景色に見とれて、1時間以上もじじばばの岩塔周辺で時間を過ごしてしまった。 037.gif この景色を見ることが目的だったので、御堂山なんて低山のヤブ山はどうでもよくなった。下山しようかとも思ったが、せっかく荷揚げしたランチを食べるのに御堂山が適当な場所かと思い登ることにした。コル(じじばば分岐)まで戻り反対方向の尾根を登る。コルから高石峠分岐までは約20分ほど植林地帯のスギ林を登って行く。 070.gif




f0308721_16504370.jpg
高石峠分岐で右(北)に曲がる。ここから御堂山へは15分くらいだが、いきなりの急登になり、フィックスロープが張ってある。 042.gif




f0308721_16512182.jpg
周辺は自然林になり、明るくのどかな尾根となる。 毛深い木!005.gif 私は今、スキンヘッドじゃい! 017.gif 032.gif 012.gif




f0308721_16514931.jpg
そして、コル(じじばばの分岐)から40分ほどで御堂山(878m)のピークに到着。 066.gif

ピークには三等三角点がある。 063.gif




f0308721_16531975.jpg
北側に見える表妙義の岩峰群が圧巻である。 072.gif




f0308721_1654192.jpg
帰りは往路を戻った。

高石峠分岐から西に行き高石峠を経由して根小屋の集落に下山するトレイルもあるが、不明瞭なところもあるのでルートファインディングに注意が必要だ。 034.gif


私のこのトレイルへの評価: 4★ 中級者向け
行程距離: 約6km (西牧関所跡登山口‐林道終点‐じじばば分岐‐じじ岩ばば岩‐御堂山‐西牧関所跡登山口)
高低差: 約600m
実動時間:約5.5時間 (休憩込み)

f0308721_16545975.jpg

この情報は役にたちましたか? 下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.

にほんブログ村

にほんブログ村
by dream8sue | 2014-12-19 04:34 | 群馬県 西上州エリア | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hikingbird.exblog.jp/tb/23465339
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 伊豆 城ヶ崎海岸でクライミング... 南牧村 個性的な2つの奇峰  ... >>