栃木市 かたくりの里 三毳山は自然観光地     Mikamoyama in Tochigishi, Tochigi

Sunday, March 29, 2015
f0308721_2095955.jpg
三毳山(みかもやま)は栃木県の栃木市と佐野市にまたがるカタクリの群生地として有名な山である。山と言っても最高峰の青龍ヶ岳で標高229mだから丘陵と言うほうがよいかもしれない。東群馬県から西栃木県にかけては、このような低山が多い。
また、山の一部は県営都市公園となっていて、山麓には東口、西口、南口広場が整備されている。これらの類似点から太田市の金山に良く似ている。→“群馬の駅からハイク vol.5: 太田市 金山は山城の歴史散歩路   Kanayama in Ōta,Gunma”
金山の方は山全体が史跡パークであるが、三毳山は植物パークといったところだろうか。 045.gif




f0308721_20131568.jpg

<公共交通の場合>
JR両毛線岩舟駅で下車、徒歩4km(タクシーで10分弱:\1,400)。 065.gif
<マイカーの場合>
マイカー利用なら東北自動車道、佐野藤岡ICから国道50号(佐野バイパス)に出て東に2kmほど走った “大田和西” の信号を左折すれば東入口に至る。

みかも山公園のハイキングマップは、みかも山公園管理者や佐野観光協会などのサイトで入手できるので、あらかじめ1枚用意しておくと良い。カタクリの群生地は山の北側にあるので何本かのハイキングトレイルを繋いで歩けば効率良く歩けるだろう。 034.gif




f0308721_20141470.jpg
トレイルは良く整備された路で道標もしっかりしているので、体力や見たい場所に合わせて好きなように歩けばよい。 070.gif
私たちは東口より入り、中岳から三毳神社に行き、折り返して三毳関からかたくりの里に向かった。
東口より左にトレイルに進み、いきなり “かたくりの園” でカタクリの群落を目のあたりにする。 005.gif
群落とはいえ、こうも隙間無くびっしりと自生するものなのだろうか。




f0308721_201666.jpg
カタクリの園を登りきったところが中岳(210m)である。 そこから左(南)に進み、見晴らしのよいハンググライダー基地を通り抜ければ三毳神社がある。




f0308721_20164132.jpgf0308721_20165211.jpg
日当たりのよいトレイルにはスミレなどの花が咲き、カタクリ以外の山野草観察も楽しめる。 056.gif




f0308721_2018195.jpg
三毳神社からの展望は良く、関東平野の茫漠たる眺めが素晴らしい。 072.gif 境内に植えられたサクラの蕾が開きかけているところだった。 056.gif




f0308721_20184515.jpg
奥社から中岳に戻り、トレイルを北へ進む。 070.gif 坂道を下降した鞍部には舗装道路が交差し、あずま屋やトイレ設備もある。 さらに北に進み、フラワートレインという観光電車の道を横切る。 足元にシュンランなどの春の野草を見ながら坂を登ると、そこは多くのハイカー、観光客で賑わう三毳山(青龍ヶ岳:229m)である。
さして広くもない山頂には100人くらいの人が休んでいた。 005.gif




f0308721_2020564.jpg

f0308721_20212037.jpg
山頂から北に少し下った斜面の谷間に、“かたくりの里” と呼ばれる群生地がある。
あたり一面がバイオレット色の絨毯を敷き詰めたようだ。 005.gif
I think that they are exactly "spring fairy".
カタクリの花は、日中に花に日が当たると花被片が開き反り返り、日差しがない日は終日花が閉じたままだそうだ。 027.gif




f0308721_20223029.jpg
カタクリの群落地は雑木林の中にあり、日当たり具合がカタクリの花には程好いのかな~って思った。 039.gif




f0308721_20231070.jpg
カタクリの花に混じってアズマイチゲやニリンソウも咲いている。 056.gif




f0308721_20233650.jpg
それにしても、すごい数の人だ。ゆっくり腰を落として休む場所もない。 021.gif さっさと降り、かたくりの里の駐車がある広場に出る。大型バスで乗り付けた観光客を前に、添乗員が旗を持って誘導している。 やれやれ・・なんか場違いなところに来てしまった。 002.gif カタクリの開花時期が短いとはいえ、静かなハイキングをしたいなら週末に行くのは避けた方が良い。 034.gif




f0308721_20251365.jpgf0308721_2025297.jpg
広場から民家の間を抜け東入口まで2kmほどの里歩きとなるが、それはそれで春の野花を観察しながらの、のんびりハイクができて楽しい。 070.gif 060.gif オオイヌノフグリ、ツクシ、タンポポ、ヒメオドリコソウ、ホトケノザなどの春の定番山野草のオンパレードだ。 同行者にヒメオドリコソウとホトケノザの違いなどのレクチャーを受けながら、楽しくおしゃべりして歩いたので単調な里歩きも苦にならなかった。 それにしても、ツクシが食べられる野草だったなんて、知らなかった! 005.gif 012.gif




f0308721_2027370.jpg
最後は東入口のパーキングに隣接する花センターに行き着く。花センターではたくさんの植物が栽培、販売もされている。

今回は三毳山の東面しか歩いていないが、西面にも子供連れに最適なわんぱく広場や、比較的静かな万葉庭園、みかもハーブ園などもあるようなので、時間があれば立ち寄るのも良いだろう。

私のこのトレイルへの評価: 3★ 初心者向け
行程距離: 約6km(東入口‐かたくりの園‐中岳‐三毳神社‐中岳‐青龍ヶ岳‐かたくりの里‐花センター‐東入口)
標高差: 約200m
実動時間: 約5時間 (休憩込み)

f0308721_20275788.jpg
この情報は役にたちましたか? 下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.

にほんブログ村

にほんブログ村
by dream8sue | 2015-03-29 16:03 | 栃木県エリア | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hikingbird.exblog.jp/tb/23874558
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 谺 拓山 at 2015-04-11 09:30 x
こんにちは。時々見させていただいています。

カタクリは大好きな花で、三毳山も気になってはいますがまだ行っていません。
奥武蔵辺りで見ています。
またオドリコソウとありますが、全く別の花がありますので、正確にヒメオドリコソウとした方がいいのではないでしょうか。
Commented by dream8sue at 2015-04-12 23:27
谺拓山さん、
コメントありがとうございます。
私も谺拓山さんのブログを拝見していますよ。
さすが、植物にお詳しいですね。
早速、訂正しておきます。
ハイキング歴2年生、日本のトレイル歩きはまだ1年未満です。
お花もまだまだ知らない花が多いです。
またお気づきの点がありましたら、教えていただけたら嬉しいです。
<< 群馬の駅からハイク vol.7... 山北町 西丹沢 ミツマタの花咲... >>