沼田市 動物がいっぱい隠れてる三角お山の戸神山        Mount Tokami in Numata, Gunma

Sunday, April 10, 2016
f0308721_2023767.jpg

新潟方面に向って関越自動車を走り沼田ICあたりにさしかかると三角のトンガリお山が見えてくる。そのあまりにも見事な円錐形は、白い頂をもつ谷川岳や上越の山々のような雄大さこそ無いが、何故か心に残る一座だ。




f0308721_2033188.jpg
<マイカーの場合>
登山口となる虚空蔵尊へは、関越自動車道沼田ICから側道に沿って走り県道266号線に合流し北(玉原高原、迦葉山方面)へ行く。関越の高架をくぐり “岡谷上バス停” の三叉路を左に曲がる。 0.8kmほど西に走れば “戸神山入口” と書かれた青い道路標識が左の路肩にあるので、そこを右折し狭い住宅地の道を0.3kmほど北へ走れば墓地のパーキング(20台無料)が右側にある。

<公共交通の場合>
JR沼田駅より関越バス迦葉山行で約20分(約6km)岡谷上バス停で下車。西に徒歩15分(約1㎞)で虚空蔵尊。




f0308721_2041190.jpg
虚空蔵尊周辺はまだ桜が満開である。ハイキング・トレイルは虚空蔵尊の石段を登っても、右から林道を巻いても石段の上に出る。




f0308721_20103299.jpg

f0308721_20104677.jpg
おや?林道の道端に転がっている切り株に何やら動物が乗っかっている。

まあ、可愛いネズミさん。 005.gif 016.gif




f0308721_2012842.jpg
その先にも直立不動のウサギ?がいる。ここは、木彫りの動物があちこちに点在している山のようです。 024.gif




f0308721_20123389.jpg
登山口から20分ほど林道を行くと、鉱山跡経由で戸神山に登る分岐がある。こちらのトレイルは急登で岩場もあるが林道を行くより短いコースである。




f0308721_20125940.jpgf0308721_20131119.jpg
日当たりの良い山肌には春の野花が顔を出している。定番のシュンラン(写真左)とセンボンヤリ 056.gif 056.gif




f0308721_20141352.jpg
木の根元をよく見れば、石の洞窟に隠れているのはモグラ君。他にも周辺を探すとカエルやカタツムリ、馬も隠れていた。 何だか宝探しをしているようで楽しい。 060.gif 037.gif




f0308721_20155997.jpg

f0308721_20164652.jpg
段々と勾配が増してくると、木祠が安置されている場所に着く。
ここにも2匹のリスがいる。
祠の横にあるのは白い鏡餅?・・・じゃなくて、白蛇じゃぁありませんか!




f0308721_2017503.jpg
祠を過ぎると岩場へと続く急登となる。トレイルの脇に不自然な石垣がある。戸神山は、明治時代あたりから、金の採掘などが行われていた。山中のあちこちにある石垣は廃坑の名残のようだ。 027.gif
 



f0308721_2018976.jpg
鉱山跡を過ぎると、いよいよ本格的な岩場が現れる。




f0308721_20231433.jpg
四足で登るような岩場にはクサリも設置されている。




f0308721_20235034.jpg
振り返れば、いつの間にか平野が見下ろせるほどの高さに登っていた。バックのシルエットは上州子持山だ。その後ろでちょこんと3つのピークをのぞかせているのは小野子三山かな?どちらも登りごたえのある良い山だ。
→ “渋川市  上州子持山で獅子のタテガミに登る Komochiyama in Sibukawashi,Gunma
→ “群馬の駅からハイク vol.1 : 渋川市小野子 小粒でも登りがいたっぷりの小野子三山




f0308721_20301995.jpg
クサリ場が終わると林道分岐に合流する。そこから山頂までは、最後の露岩帯を右に巻いて行けば程なく着く。




f0308721_20304777.jpg
下界から見ての通りのトンガリ山なので、標高こそ低いが展望は360度の素晴らしい景色だ。頂上にあるパノラマ案内板では戸神山は “石尊山” となっている。地元ではこちらの名前のほうが親しまれているようだ。




f0308721_20322059.jpg
戸神山は、登山口から1時間強で登れる山なので、戸神山から北に位置する高王山まで往復することにする。北に尾根をたどれば・・・ここにもいました、木彫りの鷹?鷲?
バックのテーブル状の山容をした山は三峰山。何処にでもある名前の三峰山、なのであえて “上州三峰山” と呼ぶこともある。山中には神秘的な三峰沼もあり面白い山である。
→ “群馬の駅からハイク vol.2 : みなかみ町 上牧から登る上州三峰山




f0308721_20342181.jpg
北には沼田市発地町の平野が広がり、その奥には武尊山(ほたかさん)が白い頂をのぞかせている。
→ “みなかみ町 武尊神社から登る紅葉の上州武尊山 Hotakayama in Minakami, Gunma




f0308721_2034978.jpg
ひとしきり急な尾根路を降れば、緩やかな雑木林となり、下発地町へ下るトレイルを右に分ける。




f0308721_20344033.jpg
分岐を過ぎると、トレイルはやや北西に角度を変え、緩やかなピークを2つほど超える。植林されたアカマツの林が美しい。




f0308721_2035641.jpg
アカマツの林を降ると、北西方向からのびる林道の終点(パーキング)にでる。

高王山へのトレイルは、この林道のパーキングを挟んだ反対側の尾根に続いている。





f0308721_2036071.jpgf0308721_20361368.jpg
パーキングから高王山へはマツ林の中を20分も登れば到着する。トレイル脇にはスミレが満開で何度も立ち止まって植物観察してしまう。 056.gif スミレは種類が多くて同定がとても難しいね。 039.gif




f0308721_20372726.jpg
高王山は古城跡らしいが、今はテレビの電波塔が建つだけの展望の無い山だ。戸神山から往復1時間30分をかけて登るほどの山ではないような・・・ 039.gif 015.gif




f0308721_20375435.jpg
高王山でランチをとり、同じルートで戸神山へ戻る。公共機関でのアクセスならば途中の分岐で下発地町へ降り、集落(下発地バス停)からバスで戻るのも良いだろう。 034.gif




f0308721_2038976.jpg
戸神山への登り返しをこなし、戸神山ピークに戻ると、山麓から白い煙が立ち昇っていた。野焼きというやつでしょうか? 最近では森林法や条例などで禁止されている地域が多いと聞く。そういえばこのような光景を見たのはいつが最後だったか思い出すこともできないほど遠い昔のような気がする。里山ハイキングで思わぬ春の風物詩を見ることができた。 043.gif




f0308721_20383922.jpg
山頂を後にして、往路の岩場方面へ降る。岩場は登りよりも下りの方が厄介なので、クサリ場の上の分岐で岩場を避け林道方面へ降りることにする。




f0308721_2039723.jpg
砂利の乗ったトレイルは、砂利が石車の様になって滑り易いので足元に注意しながら降りる。急な尾根をひと下りすれば、ベンチが置かれた林道に合流する。 042.gif




f0308721_2039391.jpg
平坦な林道歩きで、戸神山の南面を東から西に向かって巻いて行く。 070.gif




f0308721_20402567.jpg
同行者が林道脇の立ち木にキツツキを発見! って、よく見ればこちらも木彫りのキツツキではないか。 005.gif しかもハシゴでもかけて登らなくては届きそうもない高い場所に作ってある。サービス精神どんだけあるの?! 003.gif 




f0308721_20405318.jpgf0308721_2041634.jpg
他にも茂みの中にフクロウやウサギが隠れている。焼け焦げた木肌の中で目を光らせているのは何と、昇り龍?ではないか。 これって、もうりっぱな芸術作品ですよ! 041.gif
林道は鉱山跡経由の分岐に戻るので、そこから往路の路を行けばパーキングまで15分くらいだ。 070.gif




f0308721_2311883.jpg
ハイカーを楽しませようとするホスピタリティ満載の里山だ。
楽しませていただきました。 060.gif
地元の皆さん、ありがとうございます。 040.gif
岩場を除けば、小さな子供たちのハイキングコースにも利用できるのではないだろうか? 049.gif

私のこのトレイルへの評価: 3★ 初級者向け
行程距離: 約5km(虚空蔵尊パーキング‐鉱山跡分岐‐林道分岐 ‐ 戸神山‐下発地町分岐‐高王山‐下発地町分岐‐戸神山‐林道‐鉱山跡分岐 - 虚空蔵尊パーキング)
標高差: 約400m(累計高低差約620m)
実動時間: 約4時間 (休憩込み)

f0308721_2043087.jpg

この情報は役にたちましたか? 下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.

にほんブログ村

にほんブログ村
by dream8sue | 2016-04-10 20:00 | 群馬県エリア | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hikingbird.exblog.jp/tb/25187132
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by rin at 2016-05-09 21:50 x
沼田出身なので、とても心理的距離が近い戸神山♪
小学4年生の遠足で歩いたけど、最近登ってみたら、記憶よりも短時間でした(笑)

彫刻>見つけるのが楽しいですよねー☆
山頂の缶に保管されている、手書きのロケーション図が見ごたえありますよ(^o^)/
Commented by dream8sue at 2016-05-10 00:33
rin さん、
沼田のご出身でしたか。お里にお邪魔しました。
山頂のロケーション図!見たかったな~
やはり地元の子供たちのアクティビティーに利用されている山なんですね。子供たちも大喜びすること間違いなしですよね。o(*゚∀゚*)oワクワク! ♪
<< 安中市松井田町 妙義山の名ルー... 安中市松井田町 妙義山 裏妙義... >>