長野原町 小さな2つの山 高ジョッキ・丸岩      Takajyoki & Maruiwa in Higashiagatsuma, Gunma

Saturday, May 21, 2016
f0308721_1713795.jpg
高ジョッキと丸山は浅間山の北東約20kmにある小さな山だ。高く突き出た突起を意味する高ジョッキは、群馬県長野原町と東吾妻町のボーダーラインにある。丸山は長野原町に位置し、JR吾妻線に沿って国道145号線を西に走ると東壁が際立って見える奇峰である。




f0308721_17134716.jpg

f0308721_1714018.jpg
<マイカーの場合(前橋方面から)>
アクセスは渋川経由で長野原町へ入るルートもあるが、私は高崎から国道406号線を走り倉渕経由で東吾妻町に入った。 
国道406号線は “草津街道” ともいうらしいが初めて走るこの街道がなかなか良い。 049.gif
“大戸” の信号を左折すると、岩櫃山のミニチュア版みたいな岩壁が現れたり、 “須賀尾宿” という宿場は碓氷峠の坂本宿同様、昔の屋号を家の門に掛けてあったりして面白い。 013.gif 049.gif
→ “群馬の駅からハイク vol.3 : 安中市松井田町  碓井峠のアプトの道を歩く





f0308721_17172215.jpg
高ジョッキの登山口は国道406号線で山道を登り切った “須賀尾峠” (東吾妻町と長野原町の郡境)にある。

峠の右側の一段高い所にある小さな子育地蔵が目印だ。

パーキングは峠周辺の路肩に数台可能。




f0308721_1718519.jpg
登山口から北に伸びるトレイルを進む。コナラの縦縞模様の樹皮が美しい。 072.gif




f0308721_17182440.jpg
奥に進むと、入口からは見えなかったヤマツツジの群落が現れる。 056.gif




f0308721_17184978.jpg
うるさいほどにハルゼミが鳴いている。緑も新緑と呼ぶには遅い、濃い緑になって、一気に夏を感じる気配だ。 042.gif




f0308721_17191080.jpg

f0308721_17192276.jpg
北尾根を登り切るあたりに大きな露岩が現れる。

露岩を越えると、真新しい三角点のある伐採地の小ピークに着く。

トレイルはここから右(東)に角度を変える。




f0308721_17195325.jpg
おおむね樹林帯の中であるが、時々、左手(北側)に長野原町の景色が木立の間からのぞく。




f0308721_1720223.jpg
全体的にヤセ尾根であるが、高い樹木の中なので高度感は無い。コナラの木とツツジのコラボレージョンが見事だ。 072.gif




f0308721_17204240.jpg
時々現れる露岩には巻き路が付けられている。 071.gif




f0308721_17211347.jpg
展望は無いが、ツツジのトンネルに心が躍る。 043.gif 056.gif




f0308721_17212919.jpg
尾根上の小さなアップダウンを何度か繰り返した後に、北側がスパッと切れ落ちた急斜面の岩場が出てくる。




f0308721_1722910.jpg
岩場を登ると、北側には丸岩が眼下に見えてくる。丸岩には昔、丸岩城があったらしいが、三方とも岩壁に囲まれた天然要塞だ。特に東壁がすごい! 005.gif この景色をみたら丸岩へも登ってみたくなるでしょう! 041.gif 070.gif




f0308721_17224522.jpg
岩場を登り、なおもヤマツツジの咲くヤセ尾根を進めば高ジョッキの山頂は近い。




f0308721_17243327.jpg
山頂には登山口から1時間もかからないで着いた。 066.gif
旗が掲げられ、低木に囲まれていてあまり展望は良くない。
ミツバツツジの群落になっているが、花は終わっていた。
訪れるのが少し遅かったようだ。 002.gif




f0308721_17254225.jpg

f0308721_17255925.jpg
見上げればマルバアオダモの花が満開だ。 056.gif 056.gif




f0308721_17265047.jpg
山頂から北側の展望。国道145号線沿いの街並みを挟んで対岸には、いつか登ってみたい高間山と王城山が見える。秋から冬の空気が澄んでいる時季なら草津白根山や谷川岳なども見えるらしい。 072.gif




f0308721_1727261.jpg
ほぼ真南には秋に登った浅間隠山や、やはりいつか登ってみたい角落山などが見える。
→ “高崎市 二度上峠から登る秋の浅間隠山 Asamakakusiyama in Takasaki, Gunma




f0308721_17291231.jpg
高ジョッキで展望を楽しんだら、下山は須賀尾峠まで往路を戻る。 070.gif

私のこのトレイルへの評価: 4★ 初級者向け
行程距離: 約3km(須賀尾峠登山口‐三角点ピーク‐高ジョッキ‐三角点ピーク‐須賀尾峠登山口)
標高差: 約200m
実動時間: 約2時間 (休憩込み)






f0308721_17294087.jpg
丸岩の登山口は、須賀尾峠を長野原町側へ600mほど進み、ヘアピンカーブの手前に “丸岩入口” と書かれた小さな標識が2つある。

低い標識なので車で移動の場合は見落とさないようにね。




f0308721_17305895.jpg

f0308721_17311422.jpg
地図では、丸岩は登山口から北側にあるが、感覚としては登山口から烏帽子岩?の基部を大きく巻いて左へ進むので西に向かっているような感覚になる。
樹林帯を緩やかに登っていく。
足元には可愛らしいチゴユリが咲いている。 056.gif
また、見事なまでに三枚葉のこの植物が山腹一面に群生している。
花が付いていないのでわからないが、オオバショウマかな?気になるな~ 039.gif
花が咲くころに確認に来たいくらいだ。 003.gif




f0308721_17321330.jpg
登山口から結構長いトラバースが続く。途中から石がゴロゴロしたトレイルになる。浮石に乗って足を痛めたりしないようにゆっくりと歩く。 025.gif




f0308721_17325585.jpg
そして、15分~20分ほどで、尾根の鞍部に着く。ここには “イタヤカエデ” のネーム板が付けられたカエデの木がある。右側には烏帽子岩?がすごい傾斜で立ち上がっている。




f0308721_17331587.jpg
左側の緩やかな尾根を行く。高ジョッキほどではないが、こちらの山もツツジが満開である。




f0308721_17333655.jpg
もちろん、コナラをはじめとする自然林も美しい。 072.gif




f0308721_1734205.jpg
高ジョッキのトレイルから見た要塞のような丸岩とは思えないほどの穏やかな路だ。
ふと、何かの気配を感じる。写真は間に合わなかったが、1頭のカモシカがトレイルを横切っていった。 005.gif




f0308721_17365243.jpg

f0308721_1735071.jpg
イタヤカエデの生えた鞍部から10分も登らないで小ピークに着く。
え!もう山頂? 039.gif
よく見れば、立木に山名板が付いている。
古城があったとは思えないほど小さなピークだけど・・ 039.gif
私の家のリビングルームくらいの広さしかないよ~・・って、どんだけよ?分かりずら! 033.gif
だって、平米とかよくわからないんだもの・・ 039.gif 041.gif




f0308721_17383378.jpg
東に踏み跡があったので少し偵察してみたが、大木の根元に何やら文字が刻まれた石があるだけだった。 その先は東壁へ至るので、あまり行くと落ちちゃうから気をつけてね。 041.gif

私のこのトレイルへの評価: 3★ 初心者、初級者向け
行程距離: 約1.5km(丸岩登山口‐鞍部‐丸岩‐鞍部‐丸岩登山口)
標高差: 約100m
実動時間: 約1時間 (休憩込み)




f0308721_173904.jpgf0308721_15284191.jpg
高ジョッキも丸岩も比較的簡単に登れ、ドライブついでのお手軽ハイクにちょうど良い山だ。 この時季はヤマツツジがとても美しい。 辺りは自然林なので、新緑も良いが紅葉の時期もお勧めだ。 049.gif
写真右(2016年7月11日撮影)は、JR吾妻線の長野原草津口駅から見た高ジョッキと丸岩である。 どちらもとても特徴的な山容をしているので一目で分かる。

f0308721_1739521.jpg
この情報は役にたちましたか? 下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.

にほんブログ村

にほんブログ村
by dream8sue | 2016-05-21 17:10 | 群馬県エリア | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hikingbird.exblog.jp/tb/25308145
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by akeno7115 at 2016-06-07 21:51 x
 私も5/22と6/5に有笠山へクライミングに行った際に、丸岩を眺めていました。
 有笠通いをしていたころに、この岩が気になって偵察に行ったことがあります。フリーの対象としてはちょっと考えにくくルートを設定しませんでしたが、本体の壁と向き合うように、ちょっとしたピナクルが立っていて、ここだけは登ってみたいと思いました。以後十数年たちますが、いまだ訪れておりません。過去のたわごとでした。
Commented by dream8sue at 2016-06-08 14:28
有笠山周辺でクライミングをしていたクライマーなら誰でも1度は気にかけた山(壁)ではないでしょうか。
知り合いのフリークライマー(故人)はトップロープでこの壁を試登したそうです。
<< 奥秩父 天理岳を越えて両神山へ... 上野村 シャクナゲ咲く焼岩から... >>