小鹿野町 般若山から釜ノ沢五峰へ2つのループを歩く     Mount Hannya & Kamanosawa5 in Ogano, Saitama

Friday, July 1, 2016
f0308721_0361198.jpg
埼玉県小鹿野町にある般若山と釜ノ沢五峰は、標高600m以下の低山であるが、ミニ岩峰が隠れていて楽しいと聞いて行ってきた。しかし・・  008.gif




f0308721_037716.jpgf0308721_0371773.jpg
<公共交通の場合>
西武秩父駅より小鹿野町営バスの両神温泉薬師の湯行きに乗り、長若中学校前(約30分)で下車。
午前中が2便、午後が3便と少ないので時間の確認は必須。 034.gif

<マイカーの場合>
国道140号線から県道209号線で “長若” の交差点を左折すれば法性寺分岐(写真右)だ。
パーキングは分岐を左に行き民宿長若山荘のパーキング(有料?)が、釜ノ沢五峰の登山口の前なので便利である。




f0308721_0393266.jpg

f0308721_0394863.jpg“長若” の信号を西に20分ほど行けば法性寺分岐で、分岐を右に15分くらいで法性寺である。 
般若山という名の山は無く、この法性寺背後の山々全体の呼称である。
つまり本性寺の山号であり、山中の奇岩に石仏などがたくさん祀られている。 
山全体に石仏が置かれている感じは、群馬県中之条町にある霊山、嵩山(たけやま)に似ている。 039.gif
→ “群馬の駅からハイク vol.7 : 中之条町 石像と岩塔の嵩山  Takeyana in Nakanojō, Gunma




f0308721_0402770.jpg
法性寺の石段を登り、右に観音堂を見て、左手の岩門?をくぐり山路へと進む。 071.gif




f0308721_0405959.jpg
山路に入ると、トレイルの脇にトチバニンジンが紅い実を付けていた。 はじめまして、今度は花の時季に会いたいね。 058.gif




f0308721_0412649.jpg
沢沿いのトレイルを行くと、右に “龍虎岩” と案内板が置かれた岩穴がある。
垂壁をクサリで登れば木祠が置かれている岩穴の中に立てる。




f0308721_0415565.jpg
トレイルに戻り、さらに短い急坂を登れば、突き当たった岩の下に石仏群が現れる。 005.gif




f0308721_0423093.jpg
石仏群から右へ行けば見晴らしの良い岩稜となり、その先端にはお船観音という観音様が設置されている。
岩稜の北側は絶壁で、雨上がりの岩稜はすこぶる滑るので要注意だ。 008.gif 034.gif
梅雨の晴れ間をぬってお手軽ハイキングのつもりであったが、湿度80パーセントの蒸し暑さに早くも汗だくで、体力の消耗が激しい。にわかに後悔の念がわいてくる。 042.gif 007.gif




f0308721_0424343.jpg
石仏群の分岐まで戻って西へ進むと、右の岩上に大日如来がある。
自然石を大きくえぐり取り、そこに大きな仏像が設置してある。
まあ、ここの仏像に限らず日本中の山岳地帯には多かれ少なかれある光景だ。
自然破壊にうるさい人でも、仏像などの宗教がらみとなるとまったく気に留めないのが典型的な日本人体質だ。 
大昔から宗教の名のもとに破壊は行われていた。 
木を1本切り倒しても自然破壊だと騒ぐなら、いくら信仰のためとはいえ、こちらの方がよほど大胆な自然破壊ではないだろうか?

那智の滝だろうが、天然記念物の石だろうが、滝は滝だし、石は石だ。そこに神が宿っているかなんて個人の信仰心と主観であり、科学的な根拠は何もない。 
私は、意義のある自然破壊なら肯定するし、無意味な自然破壊には反対だ。
しかし、宗教関連だからといって、必要以上に守られるのも納得いかない。
ボルト1本でニュースになる岩もあれば、こんなにえぐり取っても自然破壊どころかありがたがられる岩もある。
自然重視の観点からみれば、どちらも自然の一部であることに違いは無いはずなのに。
何だか釈然としないのは私だけなのだろうか? 
でも、天然記念物と知ってボルトを打つのは法律違反になるので止めようね。 003.gif




f0308721_0431279.jpg
大日如来像から樹林帯に入り山腹を行き、一番目の送電線鉄塔の建つ尾根に登り返す。




f0308721_0433297.jpg
鉄塔の立つ尾根からは武甲山方面の展望が開けている。 072.gif




f0308721_0434780.jpg
いったん沢筋に降って登り返せば二番目の送電線鉄塔に出る。




f0308721_0442741.jpg
二番目の送電線鉄塔の先が、 “亀ヶ岳展望台” と言われる岩尾根で大展望が楽しめる。眼前には亀ヶ岳が見える。 
亀?と言いよりイグアナに見えるのは私だけ? 041.gif




f0308721_044592.jpg

f0308721_0451523.jpg展望台を降ってすぐ右に “雨乞岩洞穴” がある。
さらに降れば長若山荘の裏手に飛び出る。
ここで般若山のループが終わり、釜ノ沢五峰のループトレイルに入る。
バス停から歩きだして約2時間30分の行程だ。
あまりの暑さにバテバテとなり、釜ノ沢五峰へ行くか、ここで帰るか迷う。042.gif 039.gif
しばし休んでいると、ちょうど畑仕事をしていた長若山荘のご主人に、取れたてのキュウリを頂いた。 040.gif
ご主人の話では、釜ノ沢五峰のトレイルは、長若山荘の先代が個人で整備した路らしい。 045.gif




f0308721_0481857.jpg

f0308721_0483228.jpg暑さに嫌気がさすが、まだ午前中だし、この先は樹林帯で日陰も多いのでハイキングを続行することにする。 
長若山荘の裏から釜ノ沢へ流れ込む小さな支流に沿って西に向かう。
沢を横切り、ひと登りで山荘の表登山口から続くトレイルと合流する。
植林の斜面を登っていくと、 “一の峰” と刻まれた石碑が立つ岩尾根に着く。




f0308721_0494885.jpg
さらに進み、 “子兵重石 展望台 クサリ場” と書かれた道標に従って左に行く。 
すると南側の展望が開けた “二ノ峰”に着く。
石碑には三ノ峰と刻まれているが、どうやら間違いのようだ。
そんな間違いもあるんだね。 037.gif




f0308721_05039.jpg
二ノ峰からクサリ場を降り、登り返せば三ノ峰である。




f0308721_0503026.jpg
こちらが、本物の “三ノ峰” である。 003.gif 二ノ峰同様、南側にそびえる熊倉山方向の眺めが良い。 072.gif




f0308721_052547.jpgf0308721_0522095.jpg
“四ノ峰” と “五ノ峰” は樹林帯の中なので展望は無い。 002.gif
一ノ峰~五ノ峰と言うからさぞや長大な尾根かと思うが、どれも小ピークなので長若山荘裏から五ノ峰まで1時間30分程度である。
しかし・・暑い! 042.gif 021.gif




f0308721_0525680.jpg
五ノ峰の先でハゲ山に建つ鉄塔の下を通る。 070.gif




f0308721_053134.jpg
鉄塔の先には三角点のある見晴らしの良いピークがある。ここを左折して布沢峠へ降る。 071.gif




f0308721_054754.jpg
布沢峠を過ぎ、 “モミの巨木” を右に見上げて通過すれば、ほどなく本ルートの最高点である中ノ沢ノ頭(590m)に着く。 042.gif 066.gif




f0308721_0543598.jpgf0308721_0544823.jpg
中ノ沢ノ頭は樹林の中の地味なピークらしくないピークで、ここから右(南方向)へ行けば金精神社展望台がある。 
ルートは左(東側)の竜神山方向へ行く。 中ノ沢ノ頭から10分ほどで竜神山に着くが、夏のこの時期は草ぼうぼうの藪ピークだ。 021.gif




f0308721_0554927.jpg
竜神山からさらに東に進み、右に林道へのトレイルを見送る。
岩稜を直進すると岩峰に突き当たる。 
岩峰を右に巻いて降れば “賽の洞窟” がある。




f0308721_056922.jpg
賽の洞窟を過ぎてフィックスロープのある、いやらしい岩場をトラバースぎみに降る。




f0308721_0563486.jpg
そして、登り返した岩場が本ルートのハイライト、兎岩の岩稜だ。
一枚岩の大スラブにはクサリの手すりが設置されているので見た目ほど怖くはない。 005.gif 043.gif




f0308721_057693.jpg

f0308721_0571863.jpg兎岩から樹林帯の急坂をひと下りで文珠峠登山口のある林道に飛び出る。
後は林道を左(北東)に30分くらい歩けば長若山荘に着く。
林道の脇には、クサノオウ(写真上)やヤマアジサイなどの草花が咲いているので、植物観賞しながらのんびりと歩く。 056.gif




f0308721_058773.jpg
長若山荘のすぐ西には釜ノ沢五峰の表登山口がある。 
正直、般若山の方は登らずに、こちらの釜ノ沢五峰のループだけでも十分な気がする。 039.gif
長若山荘の前を通り、旧家が立ち並ぶ集落の中を20分くらい歩けば法性寺分岐に至る。
分岐からバス停まではさらに20分くらいで着く。




f0308721_0582344.jpg登頂よりも景色や道程を楽しむハイキングにおいて、訪れる場所と季節はとても密接な関係がある。
と、分かってはいたのだが、蒸し暑い初夏にミスマッチな場所へ行ってしまった。 

ドライなカリフォルニアから帰国して3回目の日本の夏であるが、高温と湿度の高い日本の夏にはまだ身体が適応していないようだ。 007.gif
やはり夏の低山はNGである。 050.gif
夏は高原ハイクがいいね。 049.gif

私のこのトレイルへの評価: 4★ 初級~中級者向け
行程距離: 約10km(長若中学校前バス停‐法性寺分岐‐法性寺‐お船観音‐鉄塔‐亀ヶ岳展望台‐長若山荘裏‐1~5ノ峰‐中ノ沢ノ頭 – 竜神山‐兎岩‐文珠峠登山口‐長若山荘‐法性寺分岐‐長若中学校前バス停)
標高差: 約350m (累積高低差 約810m)
実動時間: 約7時間 (般若山ループ約2時間30分、釜ノ沢五峰ループ約4時間 休憩込み)

f0308721_0595041.jpg

この情報は役にたちましたか? 下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.
にほんブログ村にほんブログ村

by dream8sue | 2016-07-01 00:32 | 埼玉県エリア | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hikingbird.exblog.jp/tb/25451584
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by akeno7115 at 2016-07-17 21:59 x
こんにちは。
こんなところに登山の対象となる山があったとは。二子への行き帰り、国道の裏道に使ったことはありましたが、その直近にこんな山があったんですね。時期が悪すぎたようで。。。
この夏はどこに行く予定ですか?
Commented by dream8sue at 2016-07-18 08:50
Hi akeno7115 さん
こんにちは。
サウナ状態で、すご~く暑かったです。(*_*;
もともと信仰の山というのを歩くのはあまり好きではないうえに、この暑さでまいりました。

この夏は、昨年、化学療法のダメージで高山に行けなかったので(心機能が弱っていたので)、その分今年は北アや南アに行きたいです。
とりあえず梅雨明けに槍から穂高の大キレット越えと、南アの鋸岳なんか計画しています。
<< 上信越 花と展望の白砂山から八... 日光 志津峠から登る男体山はイ... >>