前橋市 赤城山 環境ガイド養成講座で歩いた出張峠から陣笠山     Debari to Jingasa in Mount Akagi

Saturday, October 15, 2016
f0308721_118181.jpg
赤城山環境ガイドボランティア養成講座とは、NPO法人赤城自然塾が行う赤城山の魅力を発信できる人材育成を目的としたプログラムで、毎年初夏から冬の実践講習を行っている。
日本に帰国して早3年目になり、帰国して初めて赤城山を登った。 この3年間で主なピークは登り、最後に残ったのが今回歩くマイナーな外輪山(出張山・薬師岳・陣笠山)。 どうせ登るならもっと赤城山のことを知るのも良いだろうと思い、この講座に申し込んだ。 ガイドボランティアなんて柄ではないが、前橋市民として、自然を愛するネイチャー人間として地元の赤城山のことを勉強するのもいいだろう。  027.gif
赤城山は富士山に次いで日本で2番目に広いすそ野を持つ山である。 カルデラ湖の大沼を囲むように最高峰の黒檜山を筆頭に駒ケ岳地蔵岳長七郎山などのピークがある。 そんな中で大沼の北西に位置する出張山~薬師岳~陣笠山は標高も低く、訪れるハイカーも少ない地味な外輪山である。




f0308721_119305.jpg

f0308721_1194318.jpg
<公共交通の場合>
今回は時計回りで歩くので登山口は、大沼の西にある厚生団地入口からである。
JR両毛線の前橋駅から路線バス(関越交通)で富士見温泉行きに乗り、赤城ビジターセンター行きに乗り換え、 “厚生団地入口” バス停下車。 
週末は赤城山直通バス(4/1~10/31土日祝運行)もあるので、それらをうまく利用しよう。

<マイカーの場合>
マイカー利用の場合は、国道17号線で渋川方面に向かい、市街の “住吉町交番前” の交差点を右折、その先3つ目の交差点で県道4号線を左折する。
県道4号線は通称 “赤城県道” と言われる道なのでこの道をひたすら赤城山に向かって走れば観光案内所のある白樺牧場を経由し、大沼の湖畔へ下って行く。 
湖畔へ下る途中の “厚生団地入口” バス停の三叉路を左に入り湖畔を西に走る。 
大沼水門の三叉路(県営赤城山キャンプ場まで行かない)を左に入った所に古いトーテムポールの立つパーキングがある。




f0308721_120533.jpg
厚生団地入口パーキングから西へ舗装道路を林間学校の建物まで行く。 




f0308721_1211755.jpg
林間学校の前から、渋川市赤城町深山へ続く関東ふれあいの道が始まっている。 出張峠まではこの関東ふれあいの道を20分ほど行く。 070.gif




f0308721_121394.jpg
ちなみに、林間学校の手前の三叉路を右に少し行った空き地にフジアザミの群落がある。 もう花は無いだろうと思っていたら、かろうじて咲いていた。 056.gif




f0308721_1281259.jpg
関東ふれあいの道の緩やかな坂道を登れば、山ブドウの木が生い茂る出張峠に着く。 私はこの峠には今年の夏に鈴ヶ岳に登った際に訪れたばかりである。 ハイキングパートナーについて考えさせられた最悪な思い出の山行だった。 → “前橋市 赤城山 静かなトレイル鈴ヶ岳     Suzugatake in Mount Akagi, Gunma”




f0308721_127582.jpg
出張峠を右に曲がり、北東に向かって緩やかな尾根を行く。 




f0308721_1283324.jpg
出張峠から15分くらいで大沼方面(東~南側)の眺望が良い出張山(1,475m)に着く。 このルート上の外輪山は尾根の西~北側の展望はあまり良くない。
環境ガイド養成講座ということで、マメ知識その1 : 赤城山は50万年前にできた標高2500mの富士山型の成層火山が20万年前の山体崩壊で大きく崩れ、現在の多くの外輪山と広いすそ野を持つ山となった。とさ。 027.gif




f0308721_1291026.jpg
出張山で一休みしたら、野坂峠を目指して緩やかなアップダウンを繰り返す。




f0308721_1292657.jpg
かすかに始まった湖畔の紅葉を眼下にみながら明るい尾根を行く。




f0308721_1294659.jpg
ミズナラやダケカンバの生える自然林の根元にはササが生い茂っている。
環境ガイド養成講座ということで、マメ知識その2 : 大型のササ類一般をクマザサと言いことが多いが、この周辺のササの品種はスズタケや小型のミヤコザサというのが占めているようだ。 027.gif




f0308721_130720.jpg
ササの茂みに混じって、ボロボロになったリンドウが1株だけ咲いていた。 紅葉と入れ替えに花のシーズンは終わる。 お疲れ様でした~また来年会おうね。 037.gif 056.gif




f0308721_1304275.jpgf0308721_1305671.jpg
出張山から30分ほどで野坂峠の分岐が現れる。 この分岐を北に行けば沼田方面へ行く。 こんなトレイルもあったなんて知らなかった! 046.gif
野坂峠からひと登りで薬師岳(1,528m)である。 ピークと言っても縦走路の一部のような感じで、眺望も無い、本当に地味な山だ。 025.gif



f0308721_1325224.jpg
薬師岳から陣笠山へのトレイルは東よりに角度を変えて進む。 070.gif




f0308721_1332128.jpgf0308721_133376.jpg
環境ガイド養成講座ということで、マメ知識その3 :  近年、日光をはじめ鹿の食害が広がっているが、鹿はリョウブの木(写真左)が大好きだ。 山で肌を露わにしているリョウブの木を見かけたら、それはきっと鹿の仕業だろう。 また、鹿の背丈ほどの幹がそっくり樹皮を食べられている(写真右)が、このように幹の円周をそっくり食べられてしまった樹木は光合成で得た栄養が根に届かなくなり枯れてしまうそうだ。 027.gif




f0308721_1345531.jpg
右手には大沼の大展望が広がる。 072.gif 043.gif




f0308721_1351492.jpg
赤城山周辺のカエデの種類など、お勉強しながら歩いているうちに陣笠山(1,489m)に到着。 広場のような陣笠山ピークからは東に黒檜山が大きくそびえている。 ここでゆっくりランチ休憩。 063.gif




f0308721_1353321.jpg
さて、下山は大沼湖畔の県営キャンプ場へ降ろう。 陣笠山から東に行くと五輪峠への分岐が現れるので、ここを右に曲がり南の尾根を降る。 ササの尾根から樹林帯の急な下り坂となる。




f0308721_1355323.jpg
陣笠山から30分ほどで、キャンプ場の上の私道に出る。 左にある閉鎖になった民間施設の脇のトレイルに入り5分くらい降れば湖畔のキャンプサイトに出る。 071.gif




f0308721_1361576.jpg
この県営キャンプ場はわずらわしい予約など一切不要で、きれいなのに無料という、今時珍しく良心的なキャンプ場である。 そしてこの景色つき! 文句なしにtwo thumbs-up! 049.gif 049.gif




f0308721_1364431.jpg
紅葉が青空に映えて綺麗だ。  072.gif 058.gif




f0308721_137642.jpg
輝く湖面に浮かぶ釣り船がいいね~! 043.gif




f0308721_1372826.jpg
キャンプ場からは湖畔の周回道路を10分ほど西に歩き、水門の所で三叉路を右に曲がればパーキングに戻る。 070.gif




f0308721_1374674.jpg
外輪山ハイキングはここで終わり。
赤城山環境ガイドボランティア養成講座としては、この後、ビジターセンターまで車で移動して1時間ほどの講義を受けて終了。 いや~いろいろ為になりました。 
ちなみに、百名山とやらには全く興味の無い私は、赤城山が百名山の一座ということも今回の講習で初めて知った。 041.gif
赤城山に興味のある人は、毎年行われているようなので1度参加してみたらいかかだろうか。  049.gif
詳細はこちらから → 赤城山環境ガイドボランティア養成講座

帰りのバス待ちの時間があったので、覚満淵を散策することにする。 
大沼の東側(ビジターセンターの隣)に位置する覚満淵は、1周30分程の遊歩道が設けられている赤城山唯一の湿原である。




f0308721_1385143.jpg
私は、何度か歩いている遊歩道であるが、秋の夕暮れに歩くのは初めてだ。




f0308721_139840.jpg
湿原植物のヌマガヤが白く枯れて、まるで霜が降りたようにも見える。




f0308721_139409.jpg
鏡のような湖面に映る山と、赤い実が晩秋を感じさせる。 ちょっと寂しい気分になるのは私だけ? 002.gif 003.gif




f0308721_140057.jpg
小地蔵(1,574m)と、湖面に映し出された逆さ小地蔵。 

3年間で主な赤城山のピークは登ってしまった。 あと気になるのは鈴ヶ岳山行の時に敗退した沼尾川に沿ったトレイルだ。 今は廃道?になってしまったようだが興味をそそられる。 来年、どなたか一緒に廃道探険しませんか? 051.gif

本ルートのマップ: yahoo! map
私のこのトレイルへの評価: 4★ 初級者向け
行程距離: 約4km(厚生団地入口パーキング10:00 ~出張峠~出張山~野坂峠~薬師岳11:30 ~陣笠山11:45-12:40 ~湖畔キャンプ場~厚生団地パーキング13:30)
標高差: 約180m
実動時間: 約3.5時間 (1時間のランチ休憩込み) + 覚満淵1周 約30分

f0308721_1402861.jpg
この情報は役にたちましたか? 下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.

にほんブログ村

にほんブログ村

by dream8sue | 2016-10-15 01:14 | 群馬県エリア | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hikingbird.exblog.jp/tb/27079060
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 上野村 昇魂の御巣鷹尾根 高天... 奥多摩 払沢の滝から花咲く峠道... >>