下仁田町 アカヤシオで賑わう物語山     Mount Monogatari in Shimonita, Gunma

Sunday, April 23, 2017
f0308721_17545936.jpg
4月の西上州は、三ツ岩岳烏帽子岳毛無岩などいくつもの山でアカヤシオの開花が見られる。 群馬県と長野県の県境に近い国道254号線沿いにある物語山もそんなアカヤシオ見物で賑わう山のひとつである。 
また、物語山には、戦国時代の武将が物語山の北西に位置するメンベ岩に財宝を隠し切腹したという、戦国の悲話と財宝埋蔵伝説があるらしい。 まあ、財宝はさておき、アカヤシオに彩られた物語山へ出かけることにした。  




f0308721_17555142.jpg
<マイカーの場合>
上信越自動車道を下仁田ICで下車し国道254号線を長野方面に16km(20分くらい)走れば、下仁田サンスポーツランド(下仁田町大字南野牧7481)の標識が現れる。 
左に曲がり橋を渡った右手にあるパーキングが利用できる。




f0308721_17561898.jpg
スポーツランドの橋から見た物語山(中央)とメンベ岩(右の四角い岩塔)




f0308721_17573147.jpg
アプローチの林道は、パーキングの東側を流れる丹沢に沿って南へ伸びている。 ちなみに、西上州なのに “丹沢” とはこれいかに? 神奈川県民に聞いてみよう。 !!ヾ(>∇<*)o!!




f0308721_17574911.jpg
沢筋にはお花がいっぱい。 ヤマブキの大きなイエローの花弁が鮮やかだ。




f0308721_1758410.jpg
カーペットの様に辺り一面に自生している小さな植物はこれ、ネコノメソウだ。 コガネネコノメなどのネコノメソウ一族がいっぱいだ。




f0308721_1875130.jpg
秋には黄色く紅葉して甘い香りを放つカツラの木は、ハート型の葉っぱが特徴的だが、今はようやく若葉を付けたばかりだ。 




f0308721_1881181.jpgf0308721_1882528.jpg
他にもパープル色のケマン、イエローのキケマン(写真左)や、春の定番のスミレも咲いている。 ミヤマハコベ(写真右)の花びらは10枚に見えるけど、切れ込みが深いので実は5枚だって知ってた? 騙されちゃうよね~ ワ━(〃゚∀゚〃)━オッ♪




f0308721_1893223.jpg
林道といっても、荒れていて車は通れない。 メンテナンスされることもないようだ。 登山口まで約1.5kmほどであるが、この間もすでに登山道と考えても良いだろう。




f0308721_1894980.jpg
やがて小滝がいくつも現れる。




f0308721_18101172.jpg
そして、林道が東に向きを変えるあたりでは、メンベ岩が木立の間から姿をのぞかせる。




f0308721_18104739.jpg
パーキングから1時間くらいで林道に通行止めの石が置かれた場所に着く。 ここが物語山の登山口である。 ここから沢を横切ってスギ林に入って行く。




f0308721_18122325.jpg
スギ林の中のトレイルは急傾斜であるが、短い区間なので心配はいらない。




f0308721_18124374.jpg

f0308721_1813122.jpg

小尾根に登り上げると、そこにはアカヤシオではなくミツバツツジが咲いていた。 

陽当たりの良い斜面にはフデリンドウの小さな花がちょこんと顔を出している。




f0308721_18133924.jpg
尾根から斜面をトラバースして雑木林に入って行くと、スレート状の薄い石が散乱するトレイルとなる。 なかなかの急登なので、所々に張られたフィックスロープが有難い。 



f0308721_18135678.jpg
途中にはこんな炭焼き跡もある。




f0308721_18141524.jpg
息が上がり、荷物が重く感じる。 ようやく着いた西峰と東峰(本峰)のコルは風の通り道で寒い。 左へひと登りで西峰だ。




f0308721_18143973.jpg
西峰は展望がよいので、多くのハイカーはこちらのピークでランチタイムを楽しんでいた。 陽当たりもよいのでアカヤシオもたくさん咲いている。




f0308721_1815168.jpg
西峰から見た東峰。 




f0308721_18152189.jpg
アカヤシオのバックの山はテーブルマウンテンの荒船山だ。 垂直に切れ落ちているのが艫岩で過去に何件かの死亡事故が起きている。




f0308721_18341624.jpg
荒船山の北側には、神津牧場のグリーンの草原と、物見山や八風山が見える。 機会があればいつか登ってみたい山々だ。




f0308721_18164664.jpg
そして遠方には雪解けの浅間山が突起している。




f0308721_1817385.jpg
その浅間山をズームして見れば、快晴の下で、まるで煙突の様に真っ直ぐに噴煙を上げている。 こんな浅間山を見るのは珍しい。




f0308721_18172055.jpg
西峰の西端まで行き、下を見下ろせばメンベ岩の南面に陽の光が当たっている。 




f0308721_18174058.jpg
そのメンベ岩をズームアップ! ・・やけにメンベ岩にこだわるってか? もしや財宝狙いか? O(*゚∀゚*)oワクワク! 
いや~実は・・マジでこのメンベ岩を登りたくて来たのだが、取付き探しに苦戦してタイムオーバー・・ o(*≧д≦)oクヤチーッ!!  




f0308721_1818162.jpg
メンベ岩の基部から西峰を見上げる。 山頂付近から北面にかけてアカヤシオでピンク色に染まっているのが分かるだろうか? (注意:メンベ岩への登山道は無いので一般ハイカーは行けません)




f0308721_18182751.jpg
西峰はハイカーで混んでいるので、東峰に登ってランチとしよう。 コルに戻り10分ほど登り返せば、三等三角点のある東峰(1,019m)だ。 




f0308721_1818583.jpg
北東方向には、妙義山のギザギザピークが見える。 下山は往路を戻る。 

アカヤシオは他のツツジに先駆けて、西上州に春を告げる花だ。 前日に訪れた吾妻耶山(みなかみ町)が雪に覆われていただけに、たくさんの花が咲く西上州の春が、とても温かく感じられる一日だった。


本ルートのマップ
私のこのトレイルへの評価: 4★ 中級者向け
行程距離: 約6km(サンスポーツランド‐登山口‐東西峰コル‐西峰‐東峰‐東西峰コル‐登山口‐サンスポーツランド)
標高差: 約600m
実動時間: 約7時間(物語山ハイキングのみは約5時間/ サンスポーツランド~東峰 約2.5時間、東峰~サンスポーツランド 約2時間、 メンベ岩偵察&休憩 約2.5時間込み)

f0308721_1819314.jpg
この情報は役にたちましたか? 下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.

にほんブログ村

にほんブログ村
by dream8sue | 2017-04-23 17:17 | 群馬県 西上州エリア | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hikingbird.exblog.jp/tb/27761396
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pochi23 at 2017-04-27 23:49 x
こんにちは。
大きなザックでご苦労様です^^。地図では目の前まで行けていたようですが、駄目だったんですか。やっぱり来るなってことか。
ここのところの浅間の噴煙、ちょっと変わってきましたね。私もそう思っていました。噴火しなければよいですが。
Commented by dream8sue at 2017-04-28 02:10
Hi pochi23,
はい、今回はメンベ岩の取付き探しで終わってしまいました。
でも、アプローチは、ばっちりマーキングしてきましたから、次回は最短ルートで取付きまで行けますよ。
岩の状態は結構汚れているという印象でした。クラックにもブッシュが生えています。

そうそう、浅間の噴煙は多い気がします。
それでも、そんなことは気にしないハイカーも多く、浅間山本体や周辺の低山を平気で登っていますね。
メンベ岩を登るよりも怖いと思うけど・・・すごい心臓ですね。
御嶽山の二の舞にならなければよいけれど・・
<< 群馬の駅からハイク vol.1... みなかみ町 浮島のある大峰沼か... >>