千曲市 冠着山の坊抱岩でクライミング     Rock Climbing at Bokodakiiwa in Chikuma, Nagano

Sunday, June 18, 2017
f0308721_1719233.jpg
妙義山の西大星や、西上州のメンベ岩を一緒に登った先鋭クライマーに誘われて、長野県千曲市の冠着山(かむりきやま)坊抱岩(ぼこだきいわ)でクライミングをしてきた。
冠着山には坊抱岩と涼み岩の2カ所の岩場があり、坊抱岩の多くが清水博氏によって1980年代に拓かれたルートである。 私も何度か清水氏に案内していただいた遠い記憶がある。 また、坊抱岩は尾根上にあるので岩場のトップからの展望も素晴らしい。




f0308721_17195224.jpg
<マイカーの場合>
通常は、冠木山北側にある “坊城平いこいの森(キャンプ場)” からアプローチするが、私達は南側の林道からアプローチする。 上信越自動車道、坂城ICより国道18号を長野方面に走り上山田温泉を目指す。 “戸倉上山田温泉入口” の信号を左折し県道498号線に入り千曲川(万葉橋)を渡る。 その先の “城山入口” の交差点をそのまま直進して山道に入る。 澳津神社の前を通って6kmくらい走ると 道路右手の斜面コンクリート防護壁がと切れた先にフィックスの張られた踏み跡がある。 が、入口が藪に覆われているので初めての場合はわかりづらいだろう。 路肩に2~3台駐車可。 (写真は県道からみた坊抱岩)




f0308721_17201116.jpg
いきなり急登でザレた斜面から針葉樹林帯の小尾根を行く。 少し登るとボルダー群が現れ、右手に涼み岩にトラバースする薄い獣道を見送る。 小尾根を登り詰めれば、県道から20分足らずで稜線(いこいの森方面からの登山道)と合流する。


 

f0308721_17202727.jpg

f0308721_17204581.jpg稜線は冠木山の登山道でもあり、ヤマツツジが満開で、足元には小さな花が風になびいていた。 

この花は何だろう? 一見ハコベのような? オオヤマフスマかな?  (?_?)





f0308721_17211621.jpg
登山道を左に5分も行けば、見覚えのある岩場が現れる。




f0308721_17213619.jpg
坊抱岩にはいくつかのエリアがあるが、まずは下地の良いAボルダーでクライミング。 短いが5.10クラスのグレードのルートがまとまっているので、登れるクライマーでもウォーミングアップに良いエリア。 登れないクライマー(私のこと)はここだけで1日遊べる。 GO!!GO!!ヾ(>∇<*)o!!




f0308721_17254844.jpg
坊抱岩の "ライジングサン10a"  これは見た目以上にかぶったフェイスを登るルートで、登れるクライマーいわく、 “カバばかりで快適に登れる” ・・らしいが・・Sueは・・ ヒィィ((ll゚゚Д゚゚ll))ィィ!!! 




f0308721_17261241.jpg
岩場からの景色は良い。 ただ、風通りが非常によいので曇りの日や気温の低い日に行くと寒い。 天気の良い日に行くべし!




f0308721_17263018.jpg
坊抱岩の前にあるヤマボウシの木が満開だった。




f0308721_17282147.jpg
看板ルートの “コズミックワールド11b” に触ってはみたものの出だしのボルダームーブができず一歩ものぼれなかった。 このルートは昔、坊抱岩で唯一私がレットポイントしたことがある5.11のルートだが、今となっては自分でも信じられないおとぎ話である。 
ちなみに、何でコスミックでは無くコズミック何だろう? カタカナ読みなら “コスミック” だし、英語発音なら “カズミック” だろ? 宇宙じゃないんかい! hahaha

下山しながら冠着山のもうひとつの岩場、涼み岩に寄ってみた。 ちょっと群馬の有笠山に似た感じのドっかぶりの岩場で、登れないクライマーには無縁のエリアだ。 
ともあれ、箸も持てないくらい前腕がパンプした感じは久しぶりである。 登れるクライマーのお陰で楽しいフリークライミングができた。感謝!

f0308721_1728497.jpg
下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.
にほんブログ村にほんブログ村

by dream8sue | 2017-06-18 16:55 | Rock Climbing | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://hikingbird.exblog.jp/tb/27910271
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pochi23 at 2017-06-20 21:48 x
Bボルダーの “アッサーⅠ10a”

坊抱岩の"ライジングサン10a"
ですね。
またよろしく!
Commented by dream8sue at 2017-06-20 22:30
Hi pochi23 ,
そうそう、エリアとかルート名の確認して、ってメールしようと思っていたところです。
クライミングのトポは全て義弟に譲ってしまってルート名とか勘で書いていました。(笑)
訂正ありがとう。 また、ご指導お願い致します。
Commented by y at 2017-06-23 21:22 x
ルート開拓をされた清水さんとは、かつては大岩壁にルートを多く作られた方なのでしょうか?

私の持っているガイドブックには凝灰岩と書いてありましたが割と硬そうな岩ではありますね
Commented by dream8sue at 2017-06-25 04:36
y さん、
清水氏は、私の先輩クライマーと仲が良くて、その先輩クライマーを介して2.3回一緒に坊抱岩へ行ったことがあります。 
>>かつては大岩壁にルートを多く作られた方なのでしょうか?
そのあたりのことは存じあげません。

岩質の事はよくわかりませんが、(おそらく固い岩だと思いますが)、ホールドがそっくり剥がれそうな・・
ホールドにx印のテープが貼ってあるグラグラしているホールドも多く、私は精神的に怖い岩質だと感じました。
<< 上信越 花盛りの大源太山から七... 日光 ミスティー・ハイキング ... >>