南魚沼市 ひとりぼっちの越後三山縦走 八海山からオカメノゾキを越えて中ノ岳避難小屋へ     Mount Nakanodake in Minamiuonuma, Niigata

Friday, October 27, 2017
f0308721_01555715.jpg
越後三山縦走の2日目は八海山避難小屋からオカメノゾキを越えて中ノ岳避難小屋までの難路である。
避難小屋を拠点に考えた場合、水の補給が難しいルートなので発汗の少ない秋に登るのはメリットである。

しかし、その反面、日照時間が短いことが問題となる。
この時季の新潟県の日の出は6時、日没は17時である。
きっちり11時間でこの越後の大キレットとも言うべきヤセ尾根を歩かなくてはならない。

八海山から最低鞍部のオカメノゾキまで標高差500m降ってから、中ノ岳まで800mの登り返し。 
しかもエスケープルートもなく、メンテナンスされていないルートなので八合目と九合目の間は藪漕ぎとなる。



f0308721_01560498.jpg
八海山避難小屋をうっすらと明るくなる日の出前に出発。
大倉登山口から八海山避難小屋までは、前項を参照してください。





f0308721_01561165.jpg
小屋の目の前にそそり立つ地蔵岳へは、岩壁の基部を巻いて行く迂回路を少し東へ行った所から左の踏み跡に入る。
クサリのセットされたルンゼを10mほど登って左へ行けば地蔵岳である。



f0308721_01561723.jpg
地蔵で朝陽を浴びながら、眼下には雲海を背にした千本槍小屋と八海山避難小屋を見下ろす。



f0308721_01562341.jpg
地蔵岳の東側は、八ッ峰と呼ばれるクサリ連続の岩峰群となる。



f0308721_01562909.jpg
八ッ峰は、北アルプスの剣岳の八ッ峰のように、たくさんの鋭峰があると言う意味なので、
各ピークの名称にはさほど意味が無いが、きっちり知りたい人は、千本槍小屋の前に案内板があるので参考にするとよい。
ただし、各ピークの名称は登山口によって相違する(この案内板は大崎口の名称)ので、必ずしもこれと同じではない。



f0308721_01563591.jpg
朝陽を受けながらの岩稜歩きは爽快である。
天空の廊下のような八ッ峰縦走は、視界を遮るものが無い素晴らしい空中散歩だ。
しかし、起きたての脳と身体はまだ歩行に馴染んでいないので、よそ見はしないで、ゆっくり慎重に歩こう。



f0308721_01564768.jpg
各ピークとピークの間は急な岩壁となり10mから20m程度のクサリが何カ所もセットされている。
クサリ場は、腕力で登降するのではなく、スタンスをしっかり見定めて足に重心を置き上り下りするよう心がけよう。
岩登りは洞察力とムーブである!



f0308721_02010394.jpg
白川岳のバックには、尖った釈迦岳が頭を出している。
各ピークを越える度に、似たような景色が現れる。
岩稜歩きは楽しいが、重い荷を背負ってのそれは結構疲れる。
“次はこいつか!” とつぶやきながら岩峰を越えて行く。



f0308721_02010910.jpg
釈迦岳を下った鞍部には迂回路へのエスケープルートがあるので、気分の悪い人はここから迂回路へ進むこともできる。
が、聞くところによると迂回路も結構エグイらしいので油断大敵だよ。



f0308721_02011635.jpg
迂回路の分岐からさらに摩利支天岳、剣ヶ峰、大日岳へと岩稜伝いに行けば、途中には、いくつものハシゴやクサリがある。
中にはこんな垂直のアルミハシゴも・・・ ヒィィ((ll゚゚Д゚゚ll))ィィ!!!



f0308721_02012225.jpg
もはやガラクタ市と化した大日岳ピーク。 128.png 



f0308721_02012967.jpg
大日岳を長いクサリを使って降りきれば、右下から新開道ルートが合流している。



f0308721_02112543.jpg
八ッ峰ルートは、上級ルートとなっている。
西上州の妙義山や二子山の上級ルートが問題なく歩けるハイカーなら間違いなく楽しめるレベルだろう。



f0308721_02113723.jpg
大日岳の基部にある警告板。
Exactly!  That’s right!  I agree with this warning.



f0308721_02114459.jpg
八ッ峰からは、東の小ピークを登って入道岳へ進む。
入道岳ピーク手前の北側は切り立った崖になっているので、この稜線歩きも慎重にね。(写真は入道岳から見たもの)



f0308721_02124264.jpg
南北に長い入道岳(丸ヶ岳)は、八海山の本当の頂上(最高峰)だけに眺望は申し分ない。
振り返れば八ッ峰がもうあんなに小さい。 



f0308721_02124922.jpg
西の眼下には南魚沼市が雲海の切れ間に見えている。



f0308721_02125519.jpg
南には巻機山がうっすらと雪化粧をし、東には中ノ岳に向かって天使の階段が降りている。
本当に天使が降りてきたらいいのにな~って思うのは私だけ?  107.png



f0308721_02132363.jpg
ちなみに、八海山避難小屋から八ッ峰ルートで入道岳まで約2時間かかった。
入道岳で一息ついた後は、いよいよ中ノ岳へ向けて難路が始まる。

入道岳から五竜岳へはすぐにクサリがセットされたガレ場があり、その後の踏み跡も判然としなくなる。
注意点は、左(北側)のガレについた迷いトレースに入らないこと。
あくまで稜線に沿って行くと楽である。



f0308721_02150046.jpg
ガレ場を過ぎて、五竜岳の少し手前で阿寺山への分岐を右に分ける。
幕営可能なスペースもあるので、早出が可能でテント泊できるハイカー、またはパーティーなら八海山を越えたこの辺りで泊まることもできるだろう。
そうすれば、核心部である中ノ岳までの縦走が楽になる。



f0308721_02150883.jpg
五竜岳直下の岩場は、八ッ峰でクサリに慣れてしまった後なので、 “ここにもクサリが欲しい~!” と感じるだろう。  140.png



f0308721_02151754.jpg
入道岳から約1時間で五竜岳に到着。
前方にはオカメノゾキへ続くヤセ尾根が見える。 
こんなの見せられたら、ワクワク、ドキドキが止まらない!  169.png



f0308721_02152462.jpg
まずは荒山までの下降であるが、さらにトレイル・コンディションが悪くなる。
滑り易い急坂が数カ所あり、灌木に捕まりながら慎重に降る。



f0308721_02153228.jpg
荒山?と思わしき見晴しピーク(荒山ではない)からは、北側を流れる水無川の豪壮な景観に時間を忘れて見入ってします。 150.png



f0308721_02154117.jpg
かたや南側は、今が盛りの紅葉が黒又沢まで落ちている。 177.png



f0308721_02154946.jpg
見晴しピークからさらにクサリのかかった岩場などを降り、ぐんぐん標高を下げていく。



f0308721_02155839.jpg
すると、あら、こんな所に荒山(六合目)の山名板が置かれている。
てっきり顕著なピークだと思っていたので意外な場所であることに驚く。



f0308721_02185346.jpg
振り返ると、たどって来た入道岳(右)と五竜岳(左)が高々とそびえている。



f0308721_02190007.jpg
五竜岳の左(南側)には阿寺山へ続く稜線が伸びている。



f0308721_02191032.jpg
灌木の生えたヤセ尾根をしばらく行くと、オカメノゾキの手前の岩稜に錆びたクサリが置かれてあった。



f0308721_02192223.jpg
ここからは、オカメノゾキと出雲先との間のナイフエッジのようなヤセ尾根が見える。 
紅葉して紅くなっているので、錆びたナイフのようだが、錆びていても切れ味は抜群なので落ちないようにね。 110.png



f0308721_02193385.jpg
オカメノゾキ(七合目)周辺の紅葉がすごい!  177.png
左の水無川側は、覗き込むのも恐ろしいくらい切り立っているので、覗かない! 105.png



f0308721_02194492.jpg
鞍部からの岩稜?(岩壁)は、直登は無理なので基部を右側へトラバースして、クサリのセットされた岩場を登る。



f0308721_02195177.jpg
クサリ場はちょっと逆層で悪い。  148.png



f0308721_02200222.jpg
クサリに捕まりながら、降ってきたオカメノゾキ方向を見れば、南斜面を埋め尽くす紅葉の美しさに唖然とする。
思わずクサリから手を放して写真撮影する。 怖ッ!  105.png



f0308721_02211262.jpg
クサリ場を登り切れば眼前には錆びたナイフエッジが迫る。
右側(南側)は、黒又沢へ険崖が切れ落ちていて、ナイフエッジから引きずり落とされるような錯覚を覚える。  140.png



f0308721_02212070.jpg
左奥(北東側)には越後駒ケ岳と水無川の深く切れ込んだ渓谷が見える。
水無川の本流には多くの滝があり、関門ノ滝や幣ノ滝など落差100m~200mという壮大な滝も懸かっている。



f0308721_02212915.jpg
水無川を挟んだ対岸には、越後駒ケ岳から西にグシガハナの一際目立つピークがあり、滝沢尾根が水無川へ一気に落ちている。
“明日は、あの尾根を降りるのか!” と心の声。



f0308721_02213626.jpg
オカメノゾキからの下降は紅葉の海へダイブするかのようなスティープな下降路である。 ヒィィ((ll゚゚Д゚゚ll))ィィ!!!



f0308721_02214721.jpg
そして、ハイマツの生えたナイフエッジの岩稜を登る。



f0308721_02215664.jpg
岩稜を渡り終え、湿ったルンゼ状の急登をこなせば、 “八合目” の石標が転がっている出雲先(黒又沢ノ頭?)にたどり着く。



f0308721_02220652.jpg
八合目から、歩いてきたオカメノゾキの稜線を振り返る。
五竜岳から約4時間かけての、越後の大キレット越えであった。



f0308721_02221468.jpg
“やれやれ、ようやく八合目か~” と、ほっとしたのは、束の間の喜びであった!
ここからが非常につらい登りとなる。 145.png
中ノ岳の前座には御月山の巨体が鎮座している。



f0308721_02231514.jpg
そして、そこへ至る路は、灌木のブッシュ帯で、所々で背丈以上あるササの藪漕ぎを繰り返す。
朝からの疲れも加わり、八合目から御月山までの2時間が嫌になるほど遠く感じる。 
頭の中で、 “ドナドナドーナドーナ 169.png 子牛を乗せて~ 169.png” のフレーズが繰り返している。
まるで売られていく牛になった気分だ。 う~ん、何だか自分が壊れていく~ 105.png



f0308721_02232494.jpg
御月山への最後の岩場では、 “まだクサリあるの~聞いてないよ~” と、ぼやきが出る。 143.png



f0308721_02233418.jpg
ようやく御月山のピークに立つと、中ノ岳の全容が露わになる。
その山すそには、祓川の流れが光っている。



f0308721_02234308.jpg
中ノ岳から北へ目をやれば、越後駒ケ岳へ続く稜線が西陽に照らされている。 
“明日は、あそこを歩くのか~” と心の声。



f0308721_02235349.jpg
御月山から100mほど下って祓川で給水する。
ここは、中ノ岳に避難小屋ができる前は唯一の幕営地だったこともあり、今でも幕営可能な場所がある。



f0308721_02240126.jpg
周辺は草原となっていて、夏には高山植物もたくさん咲くらしい。
川のほとりに九合目の石標があるが・・八合目と九合目が実に長く感じられたな~。



f0308721_02241020.jpg
前日同様に給水して重くなったザックを背負い最後の登りに取りかかる。
草原からササ原に食い込んだ溝状の小沢を登る。



f0308721_02241971.jpg
ササ原から灌木の浅いルンゼになると、今年の初冠雪がトレイルを埋め尽くしていた。
まさかの雪道に、足の置き場に煩わされながらも、何とか頂上までもう少しと迫る。
祓川から1時間強の辛い登りを終え、残照の御月山と、バックにそびえる八海山を振り返る。 灌漑無量! 103.png



f0308721_02243061.jpg
日没も迫り、最後は太陽との追いかっけこであったが、何とかタイムリミットぎりぎりで中ノ岳避難小屋に着いた。 175.png
中ノ岳避難小屋は、積雪に対応して鉄ハシゴを登り窓からの出入りとなっている。
シーズン中はポリタンクに雨水が蓄えられているようだが、この時はすでに撤収されていた。
避難小屋では居合わせた他の登山者3人と互いの労をねぎらいながら、情報交換やら雑談を楽しんだ。

越後三山縦走の核心部ともいえる八海山と中ノ岳間の縦走を終えた。
たが、翌日の中ノ岳から越後駒ケ岳を経由し十二平登山口へ下降するルートは、今回の縦走ルートでは一番距離も長く標高差も大きい。
安堵と不安と期待を胸に秘めて早々に眠りについた。 152.png


本ルートのマップ は下記のヤマレコのリンクをクリックしてね (^_-)-☆ 

私のこのトレイルへの評価: 4★ 上級者向け
距離:約6.5km/ 所要時間:休憩込で約11時間(八海山避難小屋 6:00‐入道岳 8:00‐五竜岳 9:00‐荒山 10:30‐オカメノゾキ‐出雲先 13:00/13:20‐御月山15:20‐祓川 15:40‐中ノ岳避難小屋17:00)
標高差: 約 -500m/+800m
f0308721_02244352.jpg
この情報は役にたちましたか? 下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.

にほんブログ村にほんブログ村

by dream8sue | 2017-11-14 02:31 | 新潟県エリア | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hikingbird.exblog.jp/tb/28568248
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 南魚沼市 ひとりぼっちの越後三... 南魚沼市 ひとりぼっちの越後三... >>