安中市 恩賀高岩で5つの岩塔を登る     Mount Takaiwa in Annaka, Gunma

Sunday, November 12, 2017
f0308721_17241309.jpg
群馬県の妙義山の西に位置する高岩は、針峰が連立する西上州エリアにおいてはさほど珍しくない小さな岩峰である。
しかし、上信越自動車道の碓井軽井沢IC付近から見える高岩は天を刺す矢のような大きな存在感がある。
岩山好きハイカーなら誰しもが登ってみたいと思うのではないだろうか。

私は2015年3月に一度登っているのだが、その時に登れなかったいくつかの岩塔を登るべく再訪した。
今回は八風平登山口から時計回りで、雌岳のほうから雄岳へ向かうことにする。



f0308721_17242160.jpg
<マイカーの場合>
高岩の八風平登山口は、碓井軽井沢ICから県道92号線で軽井沢方面へ向かってすぐ右側にある緊急待避所の先の林道を入る。
入口に樹木が植えられていて見落とし易く、八風平キャンプ場まで行ってしまうと行き過ぎなのでUターンしてね。

八風平登山口からしばらく林道(古い峠路?)を北に進み、沢を横切ったら右側の支尾根に入る。
ここには安中山の会が作った案内板が置かれている。



f0308721_17242787.jpg
穏やかな自然林の斜面を行くと、やがて20mくらいのフィックスロープが張られたルンゼが現れる。



f0308721_17243379.jpg
このルンゼは、登高ではフィックスロープを使わなくても登れるだろうが、
脆いルンゼなので、落石に備えてヘルメットの着用をお勧めする。 119.png



f0308721_17243912.jpg
ルンゼを登りきると、木々の間からは上信越自動車道が見えてくる。
支尾根を登りきれば雌岳からの尾根に合流する(ここにも小さな案内板が木の根元に置かれている)



f0308721_17244563.jpg
ルートは雌岳に向かって右(南)へ進むが、左(東)方面へも踏み跡があるので気をつけよう。
この東側へ行く踏み跡は、50m先の見晴らしの良い岩棚までで終わっており、東側の展望が素晴らしい。 177.png
右に裏妙義の岩峰群、左に山急山、そして、その2つの山の先には榛名山と赤城山がたおやかなすそ野を広げて鎮座している。



f0308721_17245146.jpg
さて、雌岳方面へ進めば、岩穴のあく雌岳P3が右側にある。
岩穴からは何が見えるのかな・・?



f0308721_17250645.jpg
Wow!  146.png 浅間山が、まるで十文字の額縁の中に描かれた絵のようだ。



f0308721_17280148.jpg
そして、何と言ってもP3からは、西側の眺めが絶景である。 177.png 101.png
県道が紅葉の海の中を蛇行しながら峠を越えて行く。



f0308721_17280811.jpg
北西にはまだ青い頂の浅間山が見えている。
浅間山が白い頂になるのも、もうすぐだろうな~・・あ~あ、冬なんで無ければいいのにな~ 134.png



f0308721_17281304.jpg
雌岳P3の南側にはP2の岩塔が逆光で黒く浮かび上がっている。
前回登れなかった岩塔なので、今回はこれを登りに来たのだ! 114.png



f0308721_17281996.jpg
P2は、切り立った8mくらいの垂壁なので、ロープ確保して登る。
ついでに、岩登りトレーニングもしちゃう! 129.png



f0308721_17282684.jpg
3時間くらい岩登りを楽しんだり、ランチ休憩をした後は、雌岳P1から雄岳へ向かう。 180.png
雌岳P1は稜線上の何てことのないピークであるが、雄岳が眼前に迫る展望台である。
雄岳の左肩越しに見えているピークは、裏妙義山の最高峰、谷急山(下記リンク参照)である。




f0308721_17283410.jpg
雌岳P1から木の根伝いに急傾斜を降りれば、恩賀集落(高岩登山口)からの登山道と合流する鞍部(高岩のコル)である。
直進して岩峰の基部を右に行けば、長いクサリ場の3段30mのチムニーが現れる。

チムニー内は、スタンスも、ホールドも豊富であるが、上部はやや狭く高度感があるので、
初心者や岩場の苦手なメンバー同行の場合はロープ確保などの配慮が望ましい。

チムニーをぬけて右のルンゼを登り、右へ足場の悪い岩場を登れば南峰。
ルンゼから左へ行けば北峰(摩利支天の碑が置かれているピーク)である。



f0308721_17284197.jpg
雄岳の南峰は展望が良く、南側を走る上信越自動車道が八風山や物見山などの県境の山々の中に消えていく。



f0308721_17285023.jpg
西側には先ほど登ってきた雌岳の3つの岩塔が見える。
雌岳P1の側壁がヒダのように連なっている。 へぇ~こんな風になっていたんだね。



f0308721_17325837.jpg
そして、北側には、手前に雄岳のもう1つの岩塔である北峰がある。
南峰と北峰とは10分もかからないで移動できる。
すでに同行者がピークに立っている。

雄岳北峰のバックの岩山は山急山(下記リンク参照)である。
あちらも小粒だけど、なかなか面白い岩峰である。




f0308721_17330501.jpg
さて、高岩の5つの岩塔を踏んだら、下山にかかろう。
下山はチムニーを降り、高岩のコルから南の恩賀集落側へ下る。
ちなみに、チムニーの下降はラペルが楽である。

高岩のコルからルンゼ状の急坂を降り、スギ林の中の祠が祀られた大岩の前を通りぬければ、高岩登山口に飛び出る。



f0308721_17331135.jpg
恩賀集落を西に進み、県道92号線に合流し八風平登山口まで戻る。
高速道路のインターチェンジが近いこともあり、休日の県道は交通量が多いので、路肩歩きには気をつけよう。

県道から見える高岩に西陽があたり、2つの岩峰が一層高く、威圧感をもってそびえている。

また、恩賀集落の高岩登山口から雄岳に登る反時計回りでの様子は2015年の記録を参照してもらえばルートの概要が一層はっきりするだろう。(下記リンク参照)

最後に付け加えておくが、妙義山同様、高岩もヤマヒルの温床なので雨季や夏季のハイキングは避けた方が良いだろう。



本ルートのマップ は下記のヤマレコのリンクをクリックしてね (^_-)-☆ 

私のこのトレイルへの評価: 早春、晩秋限定で4★ 上級者向け
距離:約6.5km/ 所要時間:雌岳P2での岩登り、休憩込で約7.5時間(八風平登山口 8:30‐雌岳P3 9:30‐雌岳P2 9:40/13:20 ‐雌岳P1 13:30‐雄岳南峰 15:00‐雄岳北峰‐恩賀八風平登山口 16:00)
標高差: 約250m

f0308721_17331770.jpg
下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.

にほんブログ村にほんブログ村

by dream8sue | 2017-11-12 17:38 | 群馬県 西上州エリア | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hikingbird.exblog.jp/tb/28757759
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chikenji at 2017-11-30 16:19 x
これはまたすんごいとこですね~
こんな景色が見れるなら、弟子入りしたいです(笑)
Commented by dream8sue at 2017-12-01 10:10
chikenji さん
弟子入り・・? とんでもない、弟子がもてるほどの実力はありませんよ。(笑)
でも、山友は随時募集中ですから、西上州にお越しの際は声をおかけください。 GO!!GO!!ヾ(>∇<*)o!!
西上州には岩峰が多いので、高岩以外の山でも展望は良いですよ。
<< 下仁田町 荒船山 千ヶ平から失... 中之条町 里山の紅葉を求めて高... >>