2014年 06月 01日 ( 1 )

渋川市  上州子持山で獅子のタテガミに登る     Mount Komochi in Sibukawashi,Gunma

Sunday, June 1, 2014
f0308721_163566.jpg
上州子持山(1,296m)は高い山ではないが、古い火山が放射状に浸食谷を形成し、小さいながらも独立した火山独特の風格をもっている。
そして浸食に耐えて残ったと言われるのが獅子岩(大黒岩)と屏風岩である。特に獅子岩はその名の通り獅子の横顔に似ていてクール(格好いい!)である。
これらの岩に登るハイキングトレイルには鎖や梯子が設置されていて、プチ岩登りを楽しむこともできるエキサイティングなルートだ。 070.gif


f0308721_16353967.jpg

高崎、前橋方面からは国道17号で沼田方面に向かう。渋川の市街を抜け“子持入口”の信号を左折で学校の脇を通り松並木の道から子持神社へ向かう。
5号橋、6号橋とも小さな駐車場があるが、それらを過ぎて7号橋の駐車場に車を止めるのが屏風岩へ行くには最短だ。


f0308721_1461599.jpg
渋川側からのハイキングトレイル(登山道)はいくつかあるが、今回の私達のコースは屏風岩、獅子岩の岩場登りと子持山のピークハントができるものだ。
7号橋(駐車場)~屏風岩~獅子岩~子持山~浅間~5号橋~7号橋(駐車場)のループコース。



f0308721_16372692.jpg
登山口は7号橋駐車場から林道を少し行くと、脇に大きな看板があるので見落とすことはまず無いだろう。登山者カード入れがあり立派な登山ガイドも無料でもらえる。


f0308721_16455949.jpg
登山口からすでに屏風岩の岩頭が見えている。登山口の前の階段を上れば簡単に屏風岩の基部に着くことができる。 071.gif


f0308721_16461570.jpg
屏風岩の基部にはミニチュア?みたいな鳥居がハングした一枚岩の下に置かれている。


f0308721_16463424.jpg
基部を左に廻り込んだ所に、“エイトマン 5.11c/d”のクライミングルートがある。大昔、少しだけ触ったことがあるが手も足も出なかった。 007.gif
立派な自然壁にボルトなんか打って、自然破壊するな!とお怒りの方もいらっしゃるでしょうが、クライマーってのは岩を見ると登りたくなってしまう人種なんです。いい女(いい男)を見れば口説かずにはいられないプレイヤー(プレイボーイ/プレイガール)と同じだと思って大目に見てやってください。 040.gif 041.gif


f0308721_16483229.jpg
屏風岩のピークには、基部の右に付いた涸れ沢沿いの急登を登り小さな尾根のコルに出て、左に行けば写真の鎖と梯子がある。


f0308721_16485730.jpg
いきなり、楽しい岩場登りでガンガン高度を上げて、一気に屏風岩の岩稜に上がる。 072.gif


f0308721_16492250.jpg
屏風岩の先端には石碑のあるナイフリッジを西に行けば達する。このリッジから見る獅子岩(大黒岩)が何とも美しい。 005.gif 072.gif
指差す方向には何があるのでしょうか? 目指せ巨人の★? 041.gif


f0308721_16502352.jpg
屏風岩でウォーミングアップが済んだら、獅子岩に向かってアカマツの混じった雑木林の尾根を行く。


f0308721_16505556.jpg
尾根上からの獅子岩の眺めは素晴らしい。 072.gif この岩のピークに登るのかと思うとおのずとテンションが上がる。 070.gif
獅子岩南壁を登っているクライマーが見えますか?彼らとは山頂でご対面しました。 006.gif


f0308721_16511559.jpg
尾根が行き詰まったところから、いよいよ獅子岩への急登となる。木につかまりながらの登りであるが短いスパンなので問題ないだろう。


f0308721_16513834.jpg
ほどなく獅子岩の肩に当たるテラスに着く。 066.gif


f0308721_1652328.jpg
テラスにある案内板の横の凹角に鉄のはしごが設置されている。 071.gif


f0308721_16522975.jpg
鉄はしごを上り左に行けば獅子岩ピークだ。 066.gif このピークにも石碑が建っている。日本の山は何処にでも信仰のシンボルがある。アメリカでも十字架やマリア像が置いてある山はあるけど日本ほどではないように思う。

先ほど南壁を登っていたクライマーは前橋勤労者山岳会の3人組。 038.gif ルートは最高グレード5.8で7ピッチとのこと。


f0308721_16531023.jpg
この高度感の中を緑の海を眼下に壁を登るのは最高の気分だろうな~ 072.gif 049.gif


f0308721_16533245.jpg
最高な気分はクライマーだけではない。ハイカーもこんな素晴らしい展望を楽しめる。薄っすら雪をまとっている山は上州武尊山。 072.gif


f0308721_16541846.jpg
さあ、展望の良い獅子岩のタテガミを後に、苦しい尾根登りを続けよう。 042.gif “ ここが山頂?”と勘違いしてしまう柳木ヶ峯のピークまでは、獅子岩から1時間弱だ。


f0308721_1654547.jpg
柳木ヶ峯から子持山頂までは傾斜も緩やかになり、たくさんのヤマツツジが咲く快適なトレイルになる。 072.gif 056.gif 約20分ほどで子持山だ。


f0308721_16554117.jpg
ほどなく十二山神の石碑と一等三角点のある子持山に到着する。 066.gif 山頂からは北に谷川岳、草津白根、浅間山、東に日光連山などが望める。西には私が先週登った小野子山から十二ヶ岳の稜線が続いている。


f0308721_1656198.jpg
山頂でゆっくりランチを楽しんだら下山にかかろう。 063.gif 電車利用の縦走なら山頂から沼田側に抜ける下山路もある。
渋川側に降りるトレイルはいくつかあるので時間と体力に応じて選べる。どの下山路も一旦、柳木ヶ峯まで戻る。柳木ヶ峯から登行路と同じ獅子岩ルートで下降するか、または西の大タルミに行き沢伝いのトレイルで8号橋まで至るか、どちらも時間的には同じくらいの短いコースである。
私達は大タルミから十二、浅間といくつかのピークを越える長いトレイルで5号橋に下った。


f0308721_16563923.jpg
柳木ヶ峯から大タルミまでの間は一部足場の滑り易い急な場所があるので、フィックスロープを頼りに降る。


f0308721_16565839.jpg
大タルミの急斜面が終われば、南東に伸びる緩やかな尾根伝いに、すでに夏山のような深い緑の木立の中を行く。 072.gif


f0308721_16572264.jpg
小ピークにはこんな可愛い石祠?がある。 いえ、絶対にコビトの家でしょう! 032.gif


f0308721_16575545.jpg
柳木ヶ峯から浅間(せんげん)ピークまで約1.5km、1時間強。
この日は前橋で30度超えの猛暑で、前半の岩場登りの疲れもあり距離の割には結構きつく感じた。 042.gif


f0308721_16581412.jpg
子持神社への分岐と別れ、5号橋へ行くこの分岐が出てきたら、残すところあと1.1km、約1時間の下りなので頑張ろう。


f0308721_16583536.jpg
こんな小さな自然トンネルもあるよ。 058.gif


f0308721_16585274.jpg
トレイルの最後は半分(下り方向右側)が杉の植林帯なので見通しが悪く、半分は自然林で木立の間から登ってきた獅子岩が顔を覗かせている。
5号橋からは林道(舗装道路)を沢に沿って、上流にある7号橋駐車場まで10分くらいの歩きだ。


f0308721_1992344.jpg
岩場好きな人には文句なしの5★だろう。もちろん屏風岩、獅子岩の岩場はオプションなので、岩場が嫌いな人は寄らずに子持山の山頂だけを目指すことができる。

低山の宿命で夏は暑いので、できれば4月、5月の新緑の時季がいいだろう。(紅葉シーズンは10月、11月)すでにブヨなどの虫が出てきているので虫除けスプレーなどあれば良いだろう。

私のこのトレイルへの評価:5★(春秋限定)
全行程 約6km、7時間(休憩込み)
屏風岩、獅子岩の岩場に寄らなければ5時間くらいだろう。

メンバーの1人が作ったデジブックです。ブログではお伝えできなかった楽しい雰囲気が出てますので是非見てください。Sueも特別出演してます。 037.gif
“風に立つライオン” http://www.digibook.net/d/3145a933911d2024eae546318b79222f/?viewerMode=fullWindow

この情報は役にたちましたか?
役にたったと思われた方はクリックしてください。Click Now↓ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ 
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

by dream8sue | 2014-06-01 16:34 | 群馬県エリア | Trackback | Comments(4)