カテゴリ:日光 国立公園( 12 )

日光 志津峠から登る男体山     Nantaisan in Nikkō National Park

Saturday, July 12, 2014
f0308721_21211012.jpg
台風一過のゴージャスな天気の中、山屋時代の仲間と久しぶりに山登をする事になり、やって来たのが日光のシンボル “男体山(2,484m)” だ。 001.gif 070.gif
男体山は中禅寺湖側にある二荒山神社登山口(拝観料500円が必要)から登るのが一般的であるが、私たちは男体山の裏側に廻って志津峠登山口からのトレイルで登った。 二荒山神社登山口からのトレイルは急傾斜の尾根を直線的に登るので結構疲れる登行になるのに対して、志津峠登山口の方は比較的楽なようだ。 ただし志津峠登山口周辺は駐車場禁止なのでマイカーでアクセスする場合は駐車スペースを探すのが大変である。 039.gif
2016年6月現在、志津峠周辺の車両駐車は不可能です。 以前あったパーキングスペースは大きな石や木材で塞がれています。 林道の途中の飯場跡に停めて志津峠まで1時間30分~2時間の林道歩きとなりますので志津峠からの登山をお考えのハイカーは留意してください。




f0308721_1334887.gif
f0308721_22501635.jpg

<マイカーの場合(前橋方面から)>
国道50号線から国道122号線で足尾町経由で日光市に入る。国道120号に左折していろは坂を上り、中禅寺湖畔を走り戦場ヶ原の三本松あたりで右に曲がる道があるので右折する。この道は光徳牧場に至るので、牧場の手前で右折し、少し行き直ぐに左折すれば、それが裏男体林道である。

志津峠登山口から南に2分ほど林道を行くと、右側に “男体山” と書かれた標識が笹薮の中に立っている。(見落とし易いので注意) 東に少し行くと “志津小屋”(写真右) がある。 この小屋の西側から 一合目 が始まる。




f0308721_1364263.jpg
シラビソなどの針葉樹林の中をひと登りすると2合目を過ぎ、右側がガレた尾根に出る。振り返れば太郎山の雄姿がそびえている。カッコいい山だね。 004.gif 072.gif




f0308721_1375051.jpg
3合目を過ぎると、深くえぐれた赤土のトレイルが続く。 008.gif




f0308721_1381494.jpg
8合目あたりまでは終始、展望のない森の中を行く。 015.gif




f0308721_139176.jpg
木の根が露出した急登を登り、所々にフィックスロープが張られた悪場をこなしながら標高を上げて行く。 042.gif




f0308721_1310366.jpg


f0308721_13105738.jpg
7合目と8合目の間に、斜面が谷に切れ落ちている場所がある。 005.gif




f0308721_13112371.jpg
ここは樹木も生えていない崩壊斜面なので東側の景色が良く見える。 072.gif




f0308721_13114657.jpg
7合目を過ぎたあたりから、イワカガミの群生が見られる。072.gif 056.gif




f0308721_13121088.jpg
そして、8合目を過ぎたあたりから、シャクナゲの群生に替わる。 056.gif 072.gif




f0308721_13124120.jpg
8合目を過ぎると、ようやく展望が開けてくる。やはり空と景色が見れるのは気持ちが良い。 058.gif 070.gif




f0308721_1313651.jpg
8合目と9合目の間のトレイルには、枯れた木が目立つようになる。 005.gif




f0308721_13134231.jpg
写真ではわかりずらいが、北の方角には“湯の湖”とその先の金精峠が見える。手前の植物は秋には真っ赤な実をつけるナナカマドだ。 072.gif




f0308721_1314820.jpg
9合目を過ぎると、勾配は緩やかになり、白樺やシャクナゲに混じってコバイケイソウなども生えている。 056.gif




f0308721_13143855.jpg
東側の山にかかる雲の動きが速く、まるで生き物が山を飲み込んでいく様にみえる。 072.gif




f0308721_13145388.jpg
山頂付近は赤土で、大きな火山岩がごろごろしている。




f0308721_1315313.jpg
山頂から北にのびる尾根。針葉樹林と広葉樹林の色合いが美しい。遠くに日光白根山をはじめ群馬の山々が見える。 072.gif




f0308721_13154868.jpg
9合目の標識から10分ほどで、大きな日本刀のオブジェが建つ山頂に着く。山頂は東西に長く、西には二荒山神社の奥の院がある。




f0308721_13161072.jpg
奥の院周辺は二荒山神社から登ってきたハイカーで賑わっていた。眼下には空より青い “中禅寺湖” が見下ろせる。 072.gif




f0308721_21302661.jpg
山頂の西の端にある2,397mピーク。ピークの先は断崖で風あたりが強い。
下山は二山神社側に降りる案もあるが、志津峠コースより長く急である。私たちはマイカー利用なので同ルートで志津峠に下山した。


私のこのトレイルへの評価:4★ 中級者向け
全行程距離:約6km, 行動時間:約6.5時間(山頂付近での1時間休憩込み)

翌日私は観光客で賑わう霧降ノ滝と霧降隠れ三滝と呼ばれる三瀑を訪ねるハイキングをした。ことらも素晴らしい滝の連続なので是非訪ねてみてください。

f0308721_13171463.jpg



この情報は役にたちましたか?
役にたったと思われた方は下記の写真の部分をクリックしてください。Click Nowヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ 
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

by dream8sue | 2014-07-12 12:59 | 日光 国立公園 | Trackback | Comments(0)

日光 庚申山の岩壁帯に咲くコウシンソウ     Kōshinzan in Nikkō National Park

Monday, June16, 2014
f0308721_2015524.jpg
梅雨の貴重な晴れ間をついて、絶滅危惧種に指定されている特別天然記念物の食虫植物 “コウシンソウ” を見に庚申山(1,892m)に行ってきた。 070.gif
正直、特に植物に興味がある訳ではないが、ここまでレアーな肩書きが並ぶと見ておく価値があるかと思ってしまうのが、われながらダサイと言うか凡人だなと思う。 041.gif
私的にはコウシンソウよりも、鎖や梯子、橋を駆使し岩壁帯に付けられた迷路のようなトレイル自体がとてもエキサイティングで面白いと感じた。 070.gif

高崎、前橋方面からのアクセスは前日に登った、“足尾の銅鉱脈だった備前楯山” に記載してあるのでそちらを参考にしてほしい。 040.gif




f0308721_20163710.jpg
始めは銀山平(国民宿舎かじか荘)から庚申川に沿って片道4kmの林道歩き。はじめは舗装道路であるがすぐにダートの道となる。林道歩きなのでさほど気にならないが駐車場から一の鳥居(実質的な登山口)まで標高差が200m以上もある。加えて梅雨時とあって所々林道も水溜りやぬかるんでいる所がある。 034.gif
林道途中には、同じような大きさの石が綺麗に積み上がっている “天狗の投石” なるところがある。 005.gif




f0308721_20172984.jpg
1時間弱の林道歩きで、 “一の鳥居” に到着。
すぐ近くに “七滝” という滝があるので休憩がてら寄ってみると良い。 072.gif




f0308721_2018242.jpg
一の鳥居からいよいよ山道になり、楽しいハイキングの始まり。始めは清流が流れる気持ちの良い沢筋に沿って行く。 072.gif




f0308721_20184620.jpg

f0308721_20185814.jpg
やがて “鏡岩” “夫婦蛙岩” “仁王門” などの奇岩を見ながら深い森林の中を行く。 071.gif
この先には昔、猿田彦神社があった。トレイルには “百丁目” などと刻まれた丁目石がいくつも残っていて、その面影を偲ぶことができる。





f0308721_2019424.jpg
その “旧猿田彦神社跡” には一の鳥居から1時間弱で到着。今は旧神社の屋根だけが残っている。周辺にはクリンソウがたくさん咲いていてハイカーの目を楽しませてくれる。 056.gif

トレイルはここで左右に分かれる。右が岩壁帯を行くお山巡りコースで、左は庚申山荘を経て “一ノ門” から山頂に続くトレイルだ。まずはコウシンソウを見ながらピークハントということで、時計回りで行くことにした。 




f0308721_202341.jpg
旧猿田彦神社跡から、10分も歩かないで庚申山荘に到着!水場やトイレもあるので一休みして行こう。収容人数40人、宿泊料1泊2050円の無人山小屋である。岩壁帯を背にした庚申山荘が青空にはえてとても立派に見える。
それにしても、あの岩壁帯を行くのかと思うとちょっとワクワク、ドキドキするね。 070.gif 058.gif




f0308721_20234834.jpg
庚申山荘の裏の尾根に取り付くやいなや、明らかに今までとは違って岩峰や岩壁帯の中を行くトレイルとなる。




f0308721_2024667.jpg
オーバーハングの岩壁の下をへつり・・




f0308721_20244167.jpg
“初ノ門” に付けられたハシゴを登り・・




f0308721_20251330.jpg
大きく口をあけた洞穴の前を越え・・またハシゴを登り・・




f0308721_20254495.jpg
チョックストーンのかかった “一ノ門” をくぐる。トレイルはこの先でお山コースの分岐と合流する。 042.gif




f0308721_20265638.jpg
岩場の登りが終わり針葉樹林の尾根になる。このあたりがコウシンソウの自生地だが、“ここがコウシンソウのある場所です” といった類の案内板などはないのでトレイル以外の踏み跡に注意して行こう。 034.gif 何せ絶滅危惧種ですから人知れず咲いているんですよ。 028.gif

尾根の傾斜が緩やかになる少し手前に右に行く踏み跡がある。20mも行くとピンクの桜草のような可愛い花が岩面いっぱいに自生している。 “これか?” “いや、違う・・” 諦めかけて戻ろうとした時、同行者の “あった!” という歓喜の一声!




f0308721_303640.png
ピンクの花に混じって高さ3cmくらいの薄紫の小さな花がある。コウシンソウだ。
葉や花茎から分泌した粘液で小さな虫などを捕らえ、消化吸収して栄養分とする食虫植物だ。
こんな可愛い顔して肉食系とは、まるで私? 041.gif 012.gif

始めは気づかなかったが、見慣れればあっちにも、こっちにもあるではないか!
そこに居合わせた他のハイカーたちも一緒になって、まるで宝くじにでも当たったかのように大騒ぎしながら写真を取りまくった。 041.gif




f0308721_20282092.jpg
さて、まずはひとつ目的を果したので、次は庚申山登頂ということで先を急ごう。 緩やかなシラビソの森を抜けて行けば、庚申山山頂はもうすぐだ。




f0308721_20285165.jpg
庚申山荘から、コウシンソウの撮影会も含めて1時間半で山頂到着! 066.gif
ピークは見晴らしが無いので、100mほど西に行った見晴台でランチタイムとしよう。063.gif




f0308721_20291455.jpg
見晴台からは北東面の展望が良く、眼前には皇海山(すかいさん)が目と鼻の先に見えている。カッコいい山だね。 004.gif 072.gif




f0308721_20293621.jpg
山頂でのランチタイムの後は、岩壁帯を行くお山コースで下山だ。“上級者向きのコース” らしいが・・?





f0308721_20301278.jpg
確かにいきなりの高度感あるブリッジ!




f0308721_20303382.jpg
“庚申の岩戸” なる石祠のある洞窟。




f0308721_20305161.jpg
急峻な岩の基部を巻いて行く。 071.gif




f0308721_20311586.jpg
メガネ岩。大好きなアニメ “風の谷のナウシカ” の巨神兵の目を連想してしまった。 037.gif




f0308721_20313863.jpg
今度は鉄のハシゴを利用して岩壁を登る。




f0308721_20315975.jpg
まるで迷路の冒険ランドのようで楽しい。 070.gif 子供にかえる大人たち。 037.gif




f0308721_2032236.jpg
馬の背リッジから岩壁帯に突起した見晴台 “本社の見晴らし” に到着。一休みするには最適の場所だ。 063.gif




f0308721_20324153.jpg
ここでコーヒータイム。なんとお手製コーヒーゼリーとドリップコーヒーが出てきた。 063.gif 雄大な景色と美味しいおやつ。大人の午後は最高! 072.gif ご馳走様でした!040.gif




f0308721_3162259.png
梅雨時のお天気は不安定なので、先を急ごう。
足元が切れ落ちた鎖場を慎重に下るSue。 009.gif





f0308721_20331549.jpg
長いハシゴを登って岩壁の基部を巻いて行く。この先に別のコウシンソウの自生地がある。 それにしても、よくぞこんな岩壁帯にトレイルを作ってくれました。 040.gif




f0308721_20334161.jpg
岩壁帯にかかったブリッジを越えて、ルンゼをつめて行く。 042.gif




f0308721_2034030.jpg
ルンゼが行き止った岩壁帯の一面にコウシンソウがたくさん咲いていた。 056.gif しっかり判別できる。もう私はコウシンソウ・マスター! 041.gif




f0308721_20342585.jpgf0308721_2034378.jpg

岩壁にはコウシンソウの他にも可愛らしい草花が “私も見て!見て!” って感じで咲き誇っていた。




f0308721_20351750.jpg
岩壁帯が終わり、南東に伸びる尾根伝いに、背の低い笹の生えた広葉樹の森を下る。
宇都宮大学の山荘を経て、旧猿田彦神社跡に出る。そこからは登りと同じトレイルで一の鳥居、林道へと戻る。




f0308721_20354220.gif
銀山平から一の鳥居までの往復8kmの林道歩きがかったるいが、その部分を差し引いても十分楽しめるトレイルだと思う。

私のこのトレイルへの評価:5★
往復距離:約15km、高低差:1,065m、行動時間:8.5 時間(休憩込み)

f0308721_20362895.jpg

この情報は役にたちましたか? 下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.

にほんブログ村

にほんブログ村

by dream8sue | 2014-06-16 02:00 | 日光 国立公園 | Trackback | Comments(0)