カテゴリ:秩父多摩甲斐 国立公園( 15 )

奥秩父 両神山の失われた路から狩倉岳へ     Karikuradake in Chichibu-Tama-Kai National Park

Friday, May 5, 2017
f0308721_20374776.jpg
奥秩父の両神山の支尾根である狩倉尾根には、横八丁と呼ばれる岩稜や狩倉槍ヶ岳といった鋭鋒が狩倉岳(狩倉山)まで続いている。 今回は、その狩倉尾根をメインに歩いたのだが、狩倉尾根に至るまでの石舟沢ルート(廃道)や、狩倉尾根から南西に伸びる尾根の下降も結構手ごわいものであった。 

注意)最近、Web上のブログを読んで両神山塊のバリエーションルートに入って遭難する人が増えているそうです。 このルートは一般ルートではないので、一般ハイカーは必ず経験者(読図や登攀のできるレベル)と同行してください。  




f0308721_204023.jpg
<マイカーの場合>
両神山の南面に入るので、国道140号線(彩甲斐街道)でアクセスする。 雁坂トンネルの手前で右折して県道210号線に入る。 中津川渓谷にそって県道を8kmほど走ると “持桶トンネル” がある。 このトンネルの前後に旧道(現在は通行不可)がある。 登山口の長栄橋はこの旧道を入った所にある。
私達は休日だったので、持桶トンネルを抜けた所の旧道脇に車を止めたが、ウィークデイは落石工事現場なのでパーキングは避けたほうが良いだろう。 持桶トンネルの少し手前に “女郎もみじ” の観光パーキングがありトイレなどもあるのでそちらを利用することをお勧めする。 





f0308721_20411082.jpgf0308721_20412585.jpg
旧道の落石現場を越えて、長栄橋の登山口から石舟川沿いに廃道を行く。  繰り返し記載するが、このルートは廃道で入山禁止となっているので、入山する場合は自己責任であることを肝に銘じてください。
それにしても、落石の大きさには驚いた。 自然の猛威というより、人間が勝手に開発したことによる代償だね。 




f0308721_2043625.jpg
私達は、その自然が自然としてあるべき姿へ戻ろうとするパワーを石舟沢ルート(廃道)でも思い知るのだった。




f0308721_20432310.jpg
山腹に架けられた桟橋はことごとく朽ち果て、足場の悪い斜面を両手両足を使ってトラバースする個所がいくつもある。




f0308721_20433750.jpg
左に藤十郎沢の出合いをみて、さらに石舟沢本流を行く。 斜面の崩壊個所も多く、いつ崩れてきてもおかしくない場所を迅速に横切る。 これも人間が勝手に植林して、勝手に伐採したツケなのだろう。




f0308721_20435262.jpg
予想はしていたが、かつての登山道の面影はなくなり、踏み跡は沢へと吸収され、完全な沢登りとなる。




f0308721_2044777.jpg
でも、沢の水は澄んで美しい。 荒れた沢にもヒトリシズカやネコノメソウなどの花は当然のように咲いている。 




f0308721_20442474.jpg
石舟沢の二俣に近づくと、ポポ、ポポ、ポポ、と機械的な音が聞こえてくる。 何だろう? 隠された国家の機密基地に侵入した私達を警戒する電波か? いやいや、同行者が後で調べたらツツドリという中型の鳥の鳴き声だった。 知らなかった!




f0308721_211154100.jpg
そうこうしているうちに二俣到着。 ルートは右俣方向だが、左俣を少し入った場所に “石舟” という滑滝があるので立ち寄ることにした。 石灰岩がえぐれて深いトイ状になった沢床が舟底のようなので石舟の名がついたらしい。 写真は下流から見た石舟。
両神山が創り出した奇岩として知る人ぞ知る奇勝らしいが、カリフォルニアでスケールの大きな滝をいくつも見てきた私にはそれほどの感動はない。 
カリフォルニアの滝に興味がある方はこちらから→ “キッチンはドライアウト Kitchen Creek Falls in Cleveland National Forest”
USA 滝を見るトレイル( 30 )




f0308721_2047576.jpg

f0308721_20471921.jpg
石舟の左側(右岸)には大きな岩壁があり、基部には入口の狭い鍾乳洞がある。 
現在はケイビングは禁止のようだが、かつては行われていたようだ。




f0308721_20474738.jpg
石舟の上を流れる水は無い。 横から見た石舟。 




f0308721_2048873.jpg
さて、石舟見物が終わったら二股に戻って、石舟沢右俣を詰める。 こちらにも石灰岩の大きな涸れ滝があるので右岸(滝に向かって左側)の尾根から高巻く。




f0308721_2048304.jpg
梵天尾根の稜線はまだまだ高い。 二俣から約500mの高度差を登らなくてはならない。 




f0308721_2049570.jpg
やがて沢が三俣に分かれる。 このあたりになると地形が緩やかになり、どのラインを詰めれば良いのかルートが判然としなくなる。 




f0308721_20493732.jpg
おや?何かがこちらを見ていたようだ! 何?何?この子は何者? “オイラの縄張りに無断で入る侵入者は誰だ!” って感じで警戒しているのかな?  私たちは決して好戦的ではないから安心して・・ちょっとだけ通らせてね。




f0308721_2050592.jpg
大峠へは三俣周辺から右方向の尾根に這い上がるのが良さそうだが、沢を詰めすぎてしまったようだ。 急峻な岩盤の斜面に囲まれてしまったので左方向(右岸)の樹木が多く生えて登り易そうな尾根を詰めることにする。(尾根の途中にビール瓶が転がっていた) しかし、この尾根も最後は岩峰になる。 




f0308721_20521219.jpg
岩峰基部を左に巻いて岩峰の北側コルに達し、さらに左に続く尾根(岩場)を木登り混じりに乗越して梵天尾根上に乗る。 入山から4時間30分もかかってしまい、沢登りを1本登ったような結構な充実感がある。  北側にはミヨシ岩や、これから行く横八丁の岩稜帯が見える。 “本番はこれからなんだよな~” と、心の声。




f0308721_20523120.jpg
梵天尾根から狩倉尾根の分岐(大笹)まではさらに1時間以上かかる。 石舟沢の廃道に比べればはるかに歩き易いトレイルではあるが、 明瞭な踏み跡ばかりではないので時々ルートを見失う。 濡れたクサリ場を慎重に降ったコルは明るい広葉樹林に囲まれている。 ここがヒゴノタワかな?




f0308721_20525295.jpg
ヒゴノタワから横八丁との分岐まで標高差約250mの登りとなる。 この250mが実にきつい! 




f0308721_20535585.jpg
梵天尾根を250m登りきって、そのまま北に行けば両神山であるが、アセビの生えた左の尾根(狩倉尾根)に進む。 いきなり木の根の張り出した急登を登ると1,683mピークがあり横八丁から狩倉岳の岩稜が現れる。 




f0308721_20541282.jpg
北側には谷を挟んで、赤岩尾根などの群馬県との県境稜線が続いている。 
→ “奥秩父 赤岩尾根は2つの峠を繋ぐ岩稜縦走     Akaiwaone in Chichibu-Tama-Kai NP”




f0308721_20552912.jpg
1,683mピークの下りでヤセ尾根の岩峰の上にでる。 左右が切れ落ちているのでフリーでは降りられない。 右側(北側)の岩峰基部へ約15mのラッペルをする。




f0308721_20555181.jpg
そして、岩稜に這い上がると、いよいよ蟻の塔渡りの様な横八丁の岩稜帯である。 途中には、裏妙義の西大星にあった “お坊さん岩” のような形のボルダーもあり、それらの岩場を縫うように進む。
→ “安中市松井田町 妙義山 西大星直登ルート     Nishitaisei in Mount Myōgi, Gunma”




f0308721_2059712.jpg
横八丁を過ぎると狩倉槍ヶ岳が間近に迫ってくる。 中央の針峰が狩倉槍ヶ岳で、右奥が狩倉岳(狩倉山)である。




f0308721_20592431.jpg

f0308721_20593871.jpg
いったいどこを登るのか? と思われる狩倉槍ヶ岳であるが、北側の樹林の中の踏み跡を追えば、小さなケルンが置かれただけのピークに着く。 
狩倉尾根に入ってからちょうど1時間くらいだ。




f0308721_2101740.jpg
南面は、登ってきた石舟沢などのある深い谷が広がる。




f0308721_2103549.jpg
アカヤシオもこの標高ではまだ蕾である。




f0308721_211217.jpg
狩倉槍ヶ岳の西側には狩倉岳(1,625m) の主峰がデンと構えている。 鞍部に下降してからの登り返しがしんどそうだ。 




f0308721_212186.jpg
狩倉槍ヶ岳から狩倉岳のコルを目指して下降する。 岩稜伝いに行き、コル近くでは、Ⅲ級くらいの岩場をクライミングダウンする。




f0308721_2122020.jpg

f0308721_21123543.jpg
コルから狩倉岳までは針葉樹林の中の長い登り坂が続く。 
朝からの疲れも出る時間で、この登りは結構きつかった。
山頂と思っていたピークは偽物で、その先のアセビの生えたピークが狩倉岳である。
狩倉槍ヶ岳から1時間以上かかった。
山名板も何も無く、展望も良くないピークであるが、険しい岩稜帯も終わったので、一休みしてから下降に取りかかろう。




f0308721_21351.jpg
狩倉岳からは、顕著な南西の尾根を降る。 アカヤシオの群落が続き疲れた身体には嬉しい。




f0308721_2132637.jpg
狩倉岳から1時間ほど下降すると1,435mピークと思われる藪山が行く手に現れる。 踏み跡もなく急傾斜のピークなので、左の山腹を巻くことにする。




f0308721_2134321.jpg
しかし、この1,435mピークの巻きもザレザレの斜面に落ち葉っが乗っていて、結構悪いトラバースである。




f0308721_214098.jpg
1,435mピークから南尾根を30分くらい降ると1,341mピークに着く。 北側の木立の間から、槍ヶ岳と狩倉岳が見える。 少しずつ標高を下げていたが、本当の下降はこれからだった。




f0308721_2141888.jpg
1,341mから左方向(南東)に大きく進路を変える。 さらに勾配を増した尾根は踏ん張りがきかず落ち葉と共に滑るように降る。 1,133m付近まで降りてくると一旦緩やかな広葉樹の窪地のようになり、ルート取りが判然としなくなる。




f0308721_2143851.jpg
1,133mからは右方向に行きたかったが、急な岩盤帯なので左方向へ進み、沢(藤十郎沢の支流)へ降りることにする。 この時点で尾根路を外す。




f0308721_2145168.jpg
藤十郎沢の支流はほとんど水流がなく、不安定な石が多く歩きづらい。




f0308721_215982.jpg
支流から水流のある藤十郎沢本流に合流し、さらに下流を目指す。 大きな滝も無く本流(石舟沢)へ合流できるかと思いきや、出合い直前でクライミングダウン不可能な大滝が現れる。 仕方なく夕闇が迫る中、ラッペルでこの滝を下降し、石舟沢に合流した。 しばらく石舟沢の沢歩きをしてから往路で通った山腹の廃道に這い上がる。 廃道歩きの途中で完全に日が暮れ、ヘッドライトで壊れた桟橋などを歩くはめになり最後まで気が抜けない山行だった。

私は体力任せで登る山よりも技と頭で登る山が好きだ。 でも、さすがに体力無しではこのルートは登れない。 たった10km程度の距離であるが、沢登りや岩稜歩きの経験、確かな読図で地形を見極める技が無いと手ごわいルートだと思う。  

本ルートのマップ:yahoo! Map
私のこのトレイルへの評価: 4★ 上級者向け
行程距離: 約10km(長栄橋‐石舟沢‐梵天尾根‐横八丁‐狩倉岳‐1435mピーク‐1341mピーク‐藤十郎沢‐石舟沢∸長栄橋)
標高差: 約900m
実動時間: 約14時間 (長栄橋‐大笹 約6時間、 狩倉尾根縦走 約2時間、 狩倉岳∸長栄橋 約5時間、休憩&石舟見物 約1時間込み)

f0308721_2153620.jpg
この情報は役にたちましたか? 下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.

にほんブログ村

にほんブログ村
by dream8sue | 2017-05-05 20:34 | 秩父多摩甲斐 国立公園 | Trackback | Comments(7)

甲斐 柳沢峠から大菩薩嶺を越えて小金沢連嶺を歩く(後編) Koganezawa Peaks in Chichibu-Tama-Kai NP

Monday, May 1, 2017
f0308721_13465047.jpg
大菩薩嶺から小金沢連嶺を歩くロングルートの2日目。 私達は、前日に柳沢峠から大菩薩嶺を越えて、湯ノ沢峠までの約20kmを10時間かけて歩いた。 → “甲斐 柳沢峠から大菩薩嶺を越えて小金沢連嶺を歩く(前編)     Mount Daibosatu in Chichibu-Tama-Kai National Park”
本日は、湯ノ沢峠から大蔵高丸を経て大谷ヶ丸、滝子山を登ってJR中央線の初狩駅まで降る。 相対的には高低差1,200mを下降するルートであるが、実際に歩いてみると大谷ヶ丸や滝子山などへの登高も結構きつかった。




f0308721_13471375.jpg

f0308721_13472955.jpg
私達は、GW中にも関わらず、意外にも空いていた湯ノ沢峠の避難小屋で快適な一夜を過ごした。
前日ほどではないが初狩駅までは約15kmという長い縦走路なので、早めに小屋を出る。
湯ノ沢峠から大蔵高丸方面へは、鹿避けのハイキングトレイルには似つかわしくない鉄のゲートをくぐって南の尾根を行く。 




f0308721_13475635.jpg

f0308721_13501433.jpg
トレイルに沿って長いロープ柵が設置されている。 
ここはまだセピア色だけど、これからのシーズンはお花畑に変身するようだ。 
すると、同行者が枯れ野の中にスミレの花をみつけた。 
たった1株のスミレだけど標高1700m に咲いたスミレを “奇跡のスミレ” と命名。
      ワ━(〃゚∀゚〃)━オッ♪
すごいね~! 自然の力は生命の力なんだね。




f0308721_13482930.jpg
ダケカンバの白く美しい枝模様を見ながら、緩やかなトレイルを登る。 湯ノ沢峠から1時間とかからずに大蔵高丸(おおくらたかまる/ 1,781m)に着く。  富士山の姿を春霞のベールの中だ。




f0308721_13504297.jpg

f0308721_13505753.jpg
大蔵高丸から見通しの良い尾根伝いに高原状のハマイバ(破魔射場 /1,752m)までは楽勝だ。 
 



f0308721_13513142.jpg
しかし、ハマイバを過ぎるとアップダウンが多くなる。 “天下石” 手前のピークの下りは地面が侵食され砂走し状態で特にトレイルコンディションが悪い。




f0308721_13514541.jpg
天下石は、何てことの無い石であるが、目印としてはわかり易い。




f0308721_1352264.jpg
ハマイバから1時間弱で米背負峠にでる。 右(西側)へ伸びるトレイルは大蔵沢林道へ下る。




f0308721_13522599.jpg
米背負峠から自然林の急登をひと登りすれば大谷ヶ丸である。 芽吹き前の広葉樹林帯は明るく、陽が差すと汗ばむくらいだ。 しかし、好天もここまでで段々と空模様が怪しくなってくる。




f0308721_13524373.jpg
湯ノ沢峠を出発してから2時間半ほどで大谷ヶ丸(おおやがまる/ 1,644m)に到着。 展望は良くないが、広くてフラットな山頂だ。 一休みして火照った身体をクールダウンさせるには最適な場所だ。 ここから滝子山へは左方向へ進む。 ちなみに、右の稜線は郡境尾根で曲沢峠を経て笹子雁ヶ腹摺山から笹子峠へと至る。




f0308721_13525836.jpg

f0308721_13532498.jpg
大谷ヶ丸から滝子山まではダラダラと登りが続く長い尾根だ。 

そんな中でも、アブラチャンやフデリンドウ?がチラホラと花を咲かせていた。




f0308721_135597.jpg
やがて右(西側)から笹子駅からアプローチする路が合流するとハイカーが多くなってくる。 滝子山手前には小さな神社と鎮西ヶ池という水場がある。 お天気はとうとう小雨が降ったり止んだりを繰り返すようになる。




f0308721_13552931.jpg
水場から急な尾根を登ると滝子山の東の肩に出る。 ここに荷物をデポして山頂を往復する。 湯ノ沢峠から約4時間、大谷ヶ丸からたった1時間半の登りであったが、昨日からの疲れもあり歩行時間以上に疲れを感じる。




f0308721_13554676.jpg
滝子山(1,610m)の北面には長かった大菩薩嶺から小金沢連嶺の山並みが見える。 よく歩いたな~




f0308721_13563937.jpg
滝子山からは東の良く整備されたトレイルを降り、一気に標高を下げる。 滝子山から程なくして “女坂” と “男坂” の分岐が現れる。 同行者いわく、“女は黙って男坂” というらしいので尾根を直進する男坂を下降する。




f0308721_13574187.jpg
急な男坂を降った辺りが “檜平” で、右に滝子沢や癒しの森方面からのトレイルを分ける。




f0308721_1358033.jpg
この標高(約1,300m)になって、ようやく新緑を見る。 なんて淡いグリーンなんだろう! いいね~綺麗だね~気持ちがホッコリするね~




f0308721_13581533.jpg
ヤマサクラ?も満開。 スミレも普通に満開。




f0308721_13584192.jpg
広々とした尾根を標高差300mくらい降ると、初狩駅への道標(藤沢集落経由)が現れる。 ちなみに、直進の尾根路でも平栗沢経由で初狩駅へ行けるが、国道20号線を歩く距離が長くなる。




f0308721_1854858.jpgf0308721_1413799.jpg
道標に従って、植林帯のスイッチバックのトレイルへ進む。 スギ林の中では、4弁の花弁が特徴的なミツバコンロンソウ(写真左)や、土から生まれたばかりのヒトリシズカ(写真右)がたくさん咲いていた。




f0308721_1422213.jpg
トレイルは、やがて藤沢川と合流して川下へ向かう。 水場の脇にはベンチもある。




f0308721_1424053.jpg
だいぶ標高を下げ、新緑のグリーンも濃くなってきた。




f0308721_1441898.jpg
藤沢川を右岸から左岸へ渡れば車も走れる林道に出る。 藤沢集落までは近い。




f0308721_1453355.jpg

f0308721_1455335.jpgf0308721_146687.jpg
集落の中は花盛り。 民家の庭先に咲いている園芸種の花々も豪華だけど、やはり野山に咲く素朴な花に目がいってします。 今年お初のラショウモンカズラ(写真左)、ニリンソウはよく見るがイチリンソウ(写真右)は初めて見た。 花が大きいんだね~ 




f0308721_141114100.jpg

f0308721_14155040.jpg中央自動車道の高架下を通って、国道を横切り、狭い路地を抜ければ、今回の縦走のゴールJR初狩駅に到着だ。
滝子山から約4時間、林道に出てからの里歩きも意外と時間がかかった。 
後半は雨具を着たり脱いだりとわずらわしいお天気であったが、ずぶ濡れになるほどではなかった。 
2日間で34km 特に難しい個所は無く歩き慣れているハイカーなら問題ないだろう。 ただし、とにかく長いので体力と持久力が必要なルートである。

本ルートのマップ
私のこのトレイルへの評価: 4★ 中級者向け
距離:約15km / 実動時間(休憩込): 約8時間 (湯ノ沢小屋6:30‐大蔵高丸7:10‐大谷ヶ丸9:00‐滝子山10:30‐初狩駅14:40)
標高差: 約-1200m

f0308721_1417610.jpg
この情報は役にたちましたか? 下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.

にほんブログ村

にほんブログ村

by dream8sue | 2017-05-01 13:44 | 秩父多摩甲斐 国立公園 | Trackback | Comments(0)

甲斐 柳沢峠から大菩薩嶺を越えて小金沢連嶺を歩く(前編)  Mount Daibosatu in Chichibu-Tama-Kai NP

Sunday, April 30, 2017
f0308721_3242867.jpg
ハイカーには人気がある大菩薩嶺であるが、私には縁遠い場所であった。 が、大菩薩嶺から小金沢連嶺を縦走するラインには心をくすぐられるものがある。 そもそも私が小金沢連嶺の存在を初めて知ったのは、昔、岳人という山岳雑誌で私の対談記事を書いてくれたライター(名倉佳代子氏)がこの縦走路を歩いたレポートを載せていたからだ。 その頃は全く興味がなかった山域であるが、歳月を経て彼女が歩いたトレイルを歩いてみようと思い立った。 
小金沢連嶺だけなら石丸峠あたりから入山するのが一般的だろうが、どうせなら大菩薩嶺から一気に歩こうということで、大菩薩嶺の北側にある柳沢峠から入ることにした。 柳沢峠から大菩薩嶺を越え小金沢連嶺を南下してJR中央線の初狩駅までの全長約34kmのロングルートである。 途中の湯ノ沢峠避難小屋を利用しての1泊2日山行である。




f0308721_3265091.jpg

f0308721_3271240.jpg
<公共交通の場合>
縦走初日の約20kmの歩行時間を考えると、できるだけ早く柳沢峠をスタートしたい。
八王子駅周辺で前泊をして、始発の中央本線で塩山駅へ。
塩山駅で予約をしておいたタクシーで柳沢峠まで入る。 
タクシーは約30分で柳沢峠に着き、7時前には歩き出すことができた。
タクシー料金は片道5600円。
ちなみに塩山駅からバスも出ているが、柳沢峠行のバスは始発でも9時30分着である。
GWとあって、パーキングもすでに満車状態だ。
トレイルは、パーキング入口の道路を挟んだステップから始まる。




f0308721_3282491.jpg
始まりは、明るい雑木林の中を行く。 鳥の鳴き声をBGMに聞きながらの快適な歩きだ。 ♪




f0308721_3284752.jpg
緩やかな路を45分くらい歩けば六本木峠だ。




f0308721_3294055.jpg
六本木峠で右(南)方向へ進み苔生したツガの森を通過する。




f0308721_330694.jpg

f0308721_3301958.jpg
そして、天庭峠、寺尾峠にさしかかる辺りでは、再び広葉樹林帯になる。
陽当たりのよい明るい森の中では、落ち葉の布団から顔をのぞかせている小さな花を発見。
背丈が5㎝くらいの可愛らしい花は何かしら? ヒメイチゲに似ているな~?




f0308721_3312620.jpg
寺尾峠を過ぎると、またも苔生したツガの森となる。




f0308721_3314230.jpg

f0308721_3315426.jpg
そこにも綺麗な純白の花がたくさん咲いていた。
花の形がウメの花に似た、その名もバイカオウレン(梅花黄連)である。
私が知っているもう一つのウメに似た花にウメバチソウというのがあるが、そちらの花にもよく似ている。
予想外の花との出合に気を良くして気分はルンルン ♪




f0308721_3322370.jpg
柳沢峠から約2時間強の行程で、裂石からのルートが合流する丸川峠に到着。
しばし休憩の後は、丸川荘の前を通って、傾斜の増した針葉樹林帯のトレイルを登る。




f0308721_3324951.jpg
丸川峠を過ぎると木立ちの間から大菩薩嶺が見え隠れするようになる。 “北面なので沢筋には残雪があるな~” と、思って歩いていると、沢筋だけではなく山腹につけられたトレイルにもまだたっぷりと雪がついていた。 所々アイスバーンになっている斜面を一歩一歩確認しながらトラバースする。




f0308721_3331068.jpg

f0308721_3332448.jpg
意外にもコメツガの森の中は小鳥のさえずりで賑やかだ。 
山頂に近づくにつれ残雪も無くなる。
丸川峠から登ること約1時間半で大菩薩嶺に到着。 
山頂は樹木に囲まれて展望はない。




f0308721_3433555.jpg
山頂から南に少し行った所に “雷岩” という眺望の良い場所がある。 展望を楽しみながら多くのハイカーが休んでいた。 眼下に大菩薩湖(上日川ダム)と、その後方にはお約束の富士山が鎮座する。 でも、春霞でイマイチの富士山だね。




f0308721_3442032.jpg
西側には南アルプスの白い山脈も見える。




f0308721_3444335.jpg
さて、展望を楽しんだら先を急ごう。  ササ原の稜線上には “賽ノ河原” と呼ばれる場所がある。




f0308721_345397.jpg
雷岩からなだらかな尾根を30分ほど降れば賽ノ河原の避難小屋に着く。 開放的な賽ノ河原の風情は実に気持ちが良い。 林道を使えばマイカーで麓まで簡単にアクセスでき、手軽に2000mのアルペン気分を味わえるのだから、ハイカーに人気なのも分かる気がする。




f0308721_3452110.jpg

f0308721_3454059.jpg
賽ノ河原から大菩薩峠までは10分ほどだ。 
上日川峠からのメジャーな登山道が合流しているのでハイカーが多い。 
トレイルが介山荘の土産売り場を通り抜けているので、神社の参道にでも来たような錯覚を覚える。 



f0308721_3472365.jpg
ハイカーの多い山は苦手なので、逃げるように大菩薩峠を後にして、石丸峠に向かう。 コメツガの林をひと登りすれば、ササ原が刈られたピーク(熊沢山)に出る。 眼下には石丸峠のトレイルが見える。 




f0308721_3474051.jpg
ササ尾根を降りきった石丸峠からが小金沢連嶺である。 本日の工程(柳沢峠~湯ノ沢峠)のまだ半分だ。 眼前にはこれから登る小金沢山が大きく高くそびえている。 




f0308721_3475951.jpg
石丸峠からひと登りした天狗棚山から振り返れば、熊沢山(左)とバックには大菩薩嶺から賽ノ河原のササ尾根が見える。 こうした自分が歩いてきた長い稜線が見渡せるのも縦走の醍醐味のひとつではないだろうか。




f0308721_348168.jpg
天狗棚山から狼平へは、セピア色のたおやかなササ野原が続く。




f0308721_17322130.jpg
狼平のササ原は、思わずテント泊したくなるような、とても気持ちの良い場所だ。




f0308721_3485478.jpg
さて、そうは言っても湯ノ沢峠までは、まだ小金沢山や牛奥ノ雁ヶ腹摺山、黒岳といった2000m前後の山々を越えなくてはならないので、のんびりはしていられない。 狼平からは針葉樹林帯の急登となり、所々残雪やぬかるみもあるので疲れるポーションである。 狼平から1時間あまりの登高でようやく小金沢山(別名:雨沢ノ頭/ 2,014m)に着く。 朝からの疲れもあり、この日のルート中で一番きつく感じた。 




f0308721_3491531.jpg
小金沢山で休憩してから牛奥ノ雁ヶ腹摺山との鞍部へ下る。 春には遠い鞍部の景色は、カリフォルニアの大平原によくある、草原と大木の荒涼とした風景を私に思い出させた。 
→ “静かで美しい晩秋の高山   Mine Shaft Saddle via Dry Lake in San Bernardino NF”




f0308721_35181.jpg

f0308721_3513917.jpg
そして、登り返したピークが牛奥ノ雁ヶ腹摺山(うしおくのがんがはらすりやま/1,990m)という、長くて面白い名前の山だ。 
富士山の展望台らしいが、富士山は霞んでまったく見えなかった。




f0308721_3521091.jpg
牛奥ノ雁ヶ腹摺山から草原の鞍部に降って、登り返したピークが川故桃沢ノ頭(1,940m)。 




f0308721_352402.jpg

f0308721_3525887.jpg
さらに、川故桃沢ノ頭から少し降ると、小金沢連嶺の東側を走る真木小金沢林道の大峠への分岐を左に分ける。
そして本日最後の登りは黒岳へ向かうコメツガ林のトレイルであるが、やたらと倒木が多い。
展望のない樹林帯には鹿の食害と思われる表皮がはがれた樹木も目立つ。




f0308721_3532497.jpg
そして、ようやくたどり着いた黒岳(1,987m)は針葉樹に囲まれた静かな山頂である。 




f0308721_3534065.jpg
黒岳から湯ノ沢峠への下りでは、奥武蔵のウノタワを思わせるような自然林の窪地を通る。




f0308721_354055.jpg
窪地の先には白谷ノ丸(別名:茶臼岳)の山名板が立つ見晴らしの良いピークがある。 ピークから坂を降って右(西)の尾根が湯ノ沢峠への下降路である。 左方向にも路があるが大峠へ向かうトレイルのようなので間違えないようにね。




f0308721_3552517.jpg

f0308721_22492178.jpg
後は下るだけ・・なのだが、この下りがザレた急傾斜で結構悪い。 
そして、最後に枯れたスズタケが横倒しになった斜面をトラバースすれば、ようやく湯ノ沢峠だ。
峠の道標を右に少し降れば、本日の宿泊予定の湯ノ沢避難小屋がある。
午後5時、何とか日没前に到着できた。 でも、疲れた~!
避難小屋には、GW中の日曜日だというのに先客は単独の男性が1人だけだった。
10人も入ればいっぱいになってしまう小さな小屋なので、バックアップにツエルトを持参していたが、使わずに済んで良かった。
水場は小屋から5分くらいの所の沢から取れる。
裏手のパーキングにはバイオのトイレもある。
さて、翌日は、標高差約1,200mの下降がまっている。

本ルートのマップ
私のこのトレイルへの評価: 4★ 中級者向け
距離:約19km / 実動時間(休憩込): 約10時間 (柳沢峠7:00‐丸川峠‐大菩薩嶺11:00‐石丸峠-小金沢山14:00‐牛奥ノ雁ヶ腹摺山‐黒岳16:00‐湯ノ沢小屋17:00)
標高差: 約600m(アップダウンが多いので累計高低差はこれ以上ある)

f0308721_3562262.jpg
この情報は役にたちましたか? 下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.

にほんブログ村

にほんブログ村

by dream8sue | 2017-04-30 03:22 | 秩父多摩甲斐 国立公園 | Trackback | Comments(0)

奥秩父 和名倉山(後編)将監峠から和名倉山     Mount Wanakura in Chichibu-Tama-Kai NP

Monday, December 12, 2016
f0308721_18555955.jpg
奥秩父の和名倉山(別名:白石山)ハイキングの2日目。 和名倉山は、奥秩父主脈縦走路から離れてはいるが、秩父湖に注ぎ込む滑川と大洞川を分ける長大な尾根の頂点である。 訪れるハイカーも少なく静かなハイキングができるトレイルなので、いつかは歩いてみたいと思っていた。




f0308721_18561637.jpg
将監小屋で寒い一夜をすごした私たちは、テントなどの荷物を小屋にデポし、明るくなりだした午前6時半に小屋を出た。 070.gif
前日の西御殿岩と将監小屋までのプロセスはこちらから → “奥秩父 和名倉山(前編)七ツ石尾根から西御殿岩     Mount Wanakura in Chichibu-Tama-Kai National Park”




f0308721_18581622.jpg
山ノ神土分岐までは、前日に登った西御殿岩と同じである。 将監峠から山ノ神土分岐へ向かう途中で北側の尾根に朝陽が当たって美しかった。 072.gif




f0308721_1902522.jpg
山ノ神土分岐には小屋を出発してから40分ほどで到着。 和名倉山へは、前日に行った西御殿岩へのトレイルとは160度反対(東方向)にある、やや藪の濃いトレイルへ進む。 070.gif 西御殿岩から派生している尾根の東側を巻くように進むと、ササが谷側へ流れた歩きにくい山腹のトラバース路となる。 




f0308721_1903634.jpg
小さな水の流れる沢を横切り、さらに進むとササ原の広がる展望の良い斜面に出る。 




f0308721_19164725.jpg
南側には今日も富士山が美しいすそ野を広げて鎮座している。 手前に見えている青い山容は大菩薩嶺かな? 072.gif




f0308721_1911450.jpg
西側を巻くトレイルには、半世紀ぶりと言われた11月の降雪の雪が残っていた。 所々アイスバーンになっているので慎重にトラバースする。 008.gif




f0308721_1912918.jpg
リンノ峰(1,974m)は、直登する踏み跡もあるが、西側から巻くのが正解。




f0308721_1914958.jpg
巻き路はツガの樹林帯の山腹を行く。 070.gif




f0308721_192108.jpg
山ノ神土分岐から1時間ほど歩いて、西仙波の標識がある岩尾根上に着く。 展望は無いが日当たりが良いので一休みしていこう。 063.gif 




f0308721_192293.jpg
西仙波からシャクナゲの群落をぬけると、顕著な岩場が現れ、視界も一気に開ける。 




f0308721_1925931.jpg
西側を振り返れば、西御殿岩から笠取山などの奥秩父主脈の山々が続いている。 陽当たりのよいこの辺りは、アセビの群落があり早くも赤い蕾を付けている。  056.gif




f0308721_194549.jpg
北側には奥秩父、西上州の山々が広がっている。 遠方には雲の上に頭を出している浅間山も見える。 072.gif




f0308721_1942358.jpg
東側には、これから向かう東仙波のピーク。 稜線を境に伐採された南斜面のササ原と北斜面の樹林帯とが対照的である。




f0308721_1944560.jpg
東仙波(2,003m)のピークに到着。 066.gif 042.gif




f0308721_1951183.jpg
東仙波からは北へ伸びる穏やかな稜線に進む。 西側は滝川、東側は大洞(おおぼら)川という壮大な2つの谷を分ける尾根である。




f0308721_1953223.jpg
東側に大きく開けた大洞川を挟んで、対岸には秩父三峰山の山並みがそびえている。 




f0308721_1954969.jpg
前日に登った西御殿岩からも見えていたが、ここから見る雲取山は一層大きく見える。




f0308721_1961146.jpg
西側の展望。 しばらくは見通しの良い岩稜を行く。  070.gif




f0308721_1963473.jpg
左側(西側)が崩れた場所などもあるので注意してね。 バームクーヘンのような重層をした岩が面白い。 045.gif




f0308721_1965517.jpg
吹上ノ頭周辺からは西側に白い衣をつけた南アルプスも見える。 やがて緩いアップダウンを繰り返し広い平地にでる。 この辺りが八百平かな? 039.gif




f0308721_197342.jpg
八百平のやや北にある川又分岐に着く。 秩父側の川又へ通じるトレイルがある?ようだが一般的ではない。 川又へのトレイルは不明瞭で遭難事故も起こっているようなので上級者以外のハイカーは立ち入らないほうが良いだろう。 道迷いしてトレイルを外れ滝川へ迷い込めば、滝川には奥秩父有数の深い沢が(私も豆焼沢を遡行したことがあるが)いくつもあるので脱出が困難になるだろう。 034.gif





f0308721_198184.jpg
川又分岐の先には、和名倉山の別名、白石(しろいし)山を示す標識も残っていた。 この標識は古い山岳雑誌で見たことがある奥秩父山岳会の物で、個人的にはとても懐かしい気がした。 雑誌では太いナラの木に掛かっていたのになぁ~ 039.gif




f0308721_1981725.jpg
川又分岐から程なくして二瀬分岐に着く。 ここにザックをデポして和名倉山をピストンする。




f0308721_1983283.jpg

f0308721_1984730.jpg

二瀬分岐からは、二瀬尾根ルートと分かれて、東の緩やかな山腹をたどる。
カラマツの若木の中を通り抜けると和名倉山への道標があるので、道標に従って北東方向の針葉樹林帯に入って行く。 
見上げれば樹林帯の上の青天に一筋の飛行機雲が白線を描いていた。




f0308721_19172517.jpg
針葉樹林の中は倒木がすごい。 和名倉山は、半世紀以上前には伐採と山火事によって荒廃が目立っていたらしい。 これらの多くの倒木もその影響がまだ残っているのだろうか? 039.gif




f0308721_19102043.jpg
和名倉山(2,036m)のピークは樹林に囲まれていて展望は無い。 小屋からここまで4時間かかった。 苦労してやってくる価値があるか無いかは個人の見解が分かれるところだ。 私? う~ん、ピークそのものは何てことない場所だが、ここに至るまでのトレイル全体に価値があると思う。 なにより私は静かなトレイルが好きなので大満足である。 045.gif 049.gif




f0308721_19104116.jpg
和名倉山からは、将監小屋まで往路を戻る。 東仙波周辺から見える富士山は、まるで裾の長いウェディングドレスのような雲のベールをまとっていた。 072.gif




f0308721_1911189.jpg
将監小屋でデポしておいた荷物を回収して、小屋のバックサイトから林道へ進み登山口まで戻る。 林道はダートではあるが小屋まで自動車で入れるしっかりした道である。

本ルートのマップ: yahoo! map
私のこのトレイルへの評価: 4★ 中級者向け
行程距離: 約24km(将監小屋~将監峠~山ノ神土~西仙波~東仙波~吹上ノ頭~川又分岐~二瀬分岐~和名倉山~二瀬分岐~川又分岐~吹上ノ頭~東仙波~西仙波~山ノ神土~将監峠~将監小屋~将監登山道口)
標高差: 約+300m/-730m
実動時間: 約9時間 (将監小屋~和名倉山 約4時間、和名倉山~将監登山道口 約5時間、休憩込み)
f0308721_19114850.jpg
この情報は役にたちましたか? 下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.

にほんブログ村

にほんブログ村

by dream8sue | 2016-12-12 18:21 | 秩父多摩甲斐 国立公園 | Trackback | Comments(0)

奥秩父 和名倉山(前編)七ツ石尾根から西御殿岩     Mount Wanakura in Chichibu-Tama-Kai NP

Sunday, December 11, 2016
f0308721_15572456.jpg
奥秩父の和名倉山(別名:白石山)は、雲取山の北西に位置し、奥秩父主脈縦走路からポツンと離れている。 その為なかなか訪れる機会がないのだが、本格的な冬山になる前のラストチャンスとしてテントを担いで行ってきた。 宿泊予定地の将監小屋は避難小屋として開放されているのでそちらを利用すればテントが無くても大丈夫だ。 034.gif
奥秩父の魅力は圧倒的な量感の深い森林と渓谷だろう。 そんな中でも和名倉山は訪れるハイカーが少ない地味な存在ながら、奥秩父と呼ばれるエリアの一画をなす巨大な山域の頂点である。 アクセスは東京都の奥多摩から入り、アプローチは山梨側の将監登山口で、山頂は埼玉県秩父市に属する。 まさに3県を股にかけてのハイキングである。 遠かった~! 042.gif 003.gif



f0308721_15581576.jpg
<マイカーの場合>
山梨側の将監登山道口へは、国道411号線(青梅街道)で、東京都の奥多摩湖畔をひたすら西に走り県境を越える。 
青梅街道ってこんなにも山深かったのかと改めて驚く。 
柳沢川のオイラン淵のヘアピンカーブで右(北)へ曲がり一ノ瀬林道に入る。 
キャンプ場を過ぎ登山口近くの “民宿みはらし” のパーキングに車を停める。(500円/1日)




f0308721_15585472.jpg
お昼近い遅いスタートで登山口から将監小屋(本日の宿泊予定地)へ通じる林道を行く。 この辺りは奥多摩湖の水源ということもあり水量豊かな沢がいくつも流れ込んでいる。 林道を横切る沢には、このところの冷え込みでツララができ、陽が昇っても解けることはなかった。 002.gif




f0308721_15591719.jpg
登山口から1.5kmほど歩くと、 “牛王院下” の分岐が現れる。 本日は将監小屋までなので、西御殿岩という展望台に寄り道して行くことにする。 この分岐を左の七ツ石尾根に進む。 070.gif




f0308721_15594360.jpg
トレイルは、よく踏まれた作業道でミズナラなどの落葉樹も多く、今の時季はとても明るい。  072.gif




f0308721_1604481.jpg
森の林床には、背の高いクマザサが広がっている。




f0308721_1611073.jpg
急で単調な坂道が続く。 汗ばんだ身体も少し休むとすぐに冷えてくる。 雑木林がカラマツの植林になると右から作業道が合流してくる。




f0308721_1613339.jpg
七ツ石尾根では、至る所で鹿の食害を見かける。 樹皮がむかれたカラマツが痛々しい。 002.gif




f0308721_1615564.jpg

f0308721_1621283.jpg

やがて、牛王院平と思われる緩やかな尾根に出る。
この辺りではトレイルに獣避けネットが施されている。
鹿を駆除するハンターにも会った。
鹿公害は日光だけではなく、奥秩父でも深刻なようだ。 039.gif
牛王院平で主脈稜線に合流し、ここに荷物をデポし西御殿岩へ向かう。 070.gif





f0308721_1632196.jpg
主脈稜線を左に10分も行けば、山ノ神土分岐に着く。 042.gif
西御殿岩へは、主脈稜線の南側を行くトレイルを左に分け、右のトレイルに進む。 070.gif 
ちなみに、尾根の脇を東に巻くようについている細い踏み跡が和名倉山へのトレイルである。 034.gif




f0308721_164425.jpg
西御殿岩へのトレイルに入り山腹を北西に行くと、崩壊地が現れる。 




f0308721_165063.jpg

崩壊地をやり過ごし西御殿岩への分岐はまだかまだかと息を切らせながら登る。 042.gif
ササに覆われた分岐は見落としやすいので注意してね。 034.gif
分岐を右に曲がり踏み跡を追う。 




f0308721_1655257.jpg
勾配は一層きつくなり、やがて岩場が現れるので、ひと登りすれば西御殿岩だ。




f0308721_1662457.jpg
頑張って登ってきた苦労が報われるような素晴らしい眺望だ。 066.gif 072.gif




f0308721_1683061.jpg
360度の景色を楽しもう。




f0308721_1684949.jpg
南側には、お約束の秀麗な富士山の山容。




f0308721_16105673.jpg
西側は唐松尾山から笠取山への山並みが続く。




f0308721_1611818.jpg
北側には滝川の谷の奥に両神山、その右には和名倉山への稜線が見える。




f0308721_16112392.jpg
そして、東側には雲取山を始めとする三峰山の山々もくっきりと見えている。




f0308721_16113942.jpg
さて、名残惜しいが冷え込む前に将監小屋まで降ろう。 神ノ神土から牛王院平まで往路を戻りザックを回収して将監小屋へ向かう。 主脈尾根を東へ降ること少しで将監峠に着く。




f0308721_16115869.jpg
将監峠から南に草原を少し降れば将監小屋が見えてくる。 将監小屋は、冬季は避難小屋として開放されている。 70人収容可能な小屋はやたらと広く、この時期はかえって寒々しい。002.gif  私達は小屋には入らず外にテントを張って寒い一夜を過ごした。 小屋に泊まった単独の男性いわく、小屋はとても寒くテントの方が暖かいだろうとのことだった。 同感! 003.gif

さて、翌日はいよいよ和名倉山への長いハイキングである。 → “奥秩父 和名倉山(後編)将監峠から和名倉山     Mount Wanakura in Chichibu-Tama-Kai National Park”


本ルートのマップ: yahoo! map
私のこのトレイルへの評価: 4★ 初級~中級者向け
行程距離: 約7.5km(将監登山道口~七ツ尾根~牛王院平~神ノ神土~西御殿岩~神ノ神土~将監峠~将監小屋)
標高差: 約+800m / -300m
実動時間: 約4.5時間 (休憩込み)

f0308721_16125981.jpg
この情報は役にたちましたか? 下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.

にほんブログ村

にほんブログ村

by dream8sue | 2016-12-11 15:51 | 秩父多摩甲斐 国立公園 | Trackback | Comments(0)

奥秩父 両神山 尾ノ内沢道と荒れた河原沢川ルート    Mount Ryōkami in Chichibu-Tama-Kai NP

Sunday, October 30, 2016
f0308721_18575777.jpg
今年2016年の春に天理岳から両神山へ登った。 その際に右側に切れ落ちた尾ノ内沢の存在が気になった。 そこで紅葉狩りを兼ねて尾ノ内沢ルートを歩くことにした。 その尾ノ内沢道は、八丁尾根の稜線上の西岳と東岳の間のキレット左の小岩峰に突き上げる。 下降は、山頂の喧騒を避けて八丁尾根を八丁峠へ降り、さらに河原沢川ルート(坂本コース)というマイナーなルートを歩くことにした。

天理尾根(天武将尾根)から登る両神山はこちらから → “奥秩父 天理岳を越えて両神山へ    Mount Tenri to Ryōkami in Chichibu-Tama-Kai National Park”




f0308721_1933553.jpg
尾ノ内渓谷登山口は “尾ノ内自然ふれあい館(埼玉県秩父郡小鹿野町大字河原沢3515)” から始まるのでターゲットしやすい。 国道299号線を小鹿野市街地から西に約18km走り、 “小金平バス停” の先、 “龍頭神社” を左折して約1kmでふれあい館のパーキング(約20台/無料)に着く。
パーキングからは、両神山の稜線や大キギの鋭鋒を望むことができる。 072.gif




f0308721_1944550.jpg
登山口周辺は冬の人工氷壁がウリで、立派な吊橋が架けられている。 眼下に美しい滝を眺めながら吊橋を渡り、尾ノ内沢の懐へと入って行く。 070.gif




f0308721_1953196.jpg
始めは沢の左岸を渓流美を見ながら歩くが、トレイルは斜面の崩壊などもあり注意が必要だ。 30分程で “山の神” の標識があり、左側の岩上に小さな祠が祀られている。  
(注意: “右岸、左岸” という場合は、川の下流を向いて右側が右岸、左側が左岸である。)




f0308721_1955428.jpgf0308721_196780.jpg
所々で岩盤の上に根を下ろす樹木を見かけるが、その生命力には驚くばかりだ。 005.gif




f0308721_1965058.jpg
山の神を過ぎると、トレイルは薄くなり赤テープを探しながらのルート取りとなる。 スズの沢の出合いを過ぎるあたりから渡渉も頻繁となり、右岸から左岸へ。 071.gif




f0308721_197511.jpg
左岸か右岸へ、右岸から左岸へ、そしてまた左岸から右岸へ渡る。 大きな流れは無く、どこも飛び石で渡渉できる。 071.gif




f0308721_1973270.jpg
いくつもの小滝を越え、緩やかに標高を上げていくと、一際赤テープが多く、ケルンがいくつも立っている支流の出合に着く。 沢登りの対象となっているキギの沢の出合いだ。  登山口からここまで約1時間なので一休みしていこう。 063.gif




f0308721_1975873.jpg
休憩後、なおも本流に沿って行くと、沢筋に黒い滝(7m滝)が現れ、その滝を高巻くように右岸の岩壁にクサリがセットされている。




f0308721_1982485.jpg
クサリ場をこなして沢筋を行くと、いったん水流が涸れる。 崩れた小尾根を残置のトラロープで越えると再び水流のある沢にでて、しばら行くと “油滝” の標識が現れる。




f0308721_1984292.jpg
キギの沢の出合いから45分。 登山口から2時間弱で油滝に到着。 道標のある左岸に渡り一休み。 063.gif 




f0308721_11555092.jpg
せっかくなので、滝壺近くまで寄って滝見物をしていこう。




f0308721_1993445.jpg
油滝自体はさほど美しい滝ではないが、静かに流れる清流と深い滝壺、そして辺りの岩壁との調和が見事な渓流美を作り出している。 072.gif 049.gif




f0308721_1995285.jpg
油滝を過ぎると、沢から離れ尾根の急登となる。 見上げる自然林はグリーン一色なのに、足元の落ち葉はカラフルに紅葉している。




f0308721_19103633.jpgf0308721_19105027.jpg
油滝から大汗をかいて登ること約30分、目の前に大きな岩壁が立ちふさがる。 その岩壁の基部に隙間があり、ここが “地獄穴” のようだ。 地面と岩の隙間から潜り込むと、洞窟の中は広く、天井は人が立てるほど高い。 修験者たちはここでビバークしたのかな? 037.gif




f0308721_19122089.jpg
地獄穴の探検を終え、岩壁を右にまわり込みさらに登り続けると支尾根に出る。 ここに “八日見山道” と書かれた比較的新しい標識があった。 これで “ヨオカミ” または “リョウカミ” と読むのかな? 尾ノ内では両神山のことを八日見山と呼ぶようだ。 027.gif




f0308721_19123664.jpg
トレイルは、支尾根から一段と勾配の増した斜面を登り、左の尾ノ内沢本流方向へトラバースしている。 さすがにこの辺りの標高まで登ると紅葉が見られるようになる。 072.gif




f0308721_19125725.jpg
モミジの赤が際立っていた。 072.gif




f0308721_19131466.jpg
やがてワイヤー?針金?がセットされた尾根を登るようになる。 勾配も急で張り出した木の根を掴んでの四つ足登行となる。




f0308721_19133759.jpg
急登を登り切ると、シメ縄が張られた “シメ張場” に着く。 木立の間から大キギの鋭鋒が迫って見える。 天理尾根から見えた大岩壁の大キギとは異なり、簡単に登れるのではないかと思われる藪の多い壁だ。 




f0308721_1914193.jpg
シメ縄場の先から、左方向に斜面をトラバースしてルンゼを渡る。  湿ったルンゼの側壁をクサリでトラバースするが、クサリのアンカーがぐらついていてあてにならない。 濡れた逆層のスタンスに慎重に乗る。 短いが嫌なトラバースだ。 トポには、ここは “ヒンマワシ” の岩場と書かれてある。




f0308721_19142793.jpg
クサリで小尾根を回り込むと、一直線に登り上げる急な尾根となる。 半端でない急登で体力を消費する。 途中に後方の景色が開ける場所があり二子山などを見ることができる。 立ち止まり直下の紅葉を見ながら息を整える。  042.gif




f0308721_19145758.jpg

f0308721_19151148.jpg
長いクサリの一直線尾根は、トポには “キンササゲ” の岩場と書かれてある。
いよいよ稜線に近づくと人の声が聞こえ、最後と思われる登りを這い上がる。
登り上げた稜線は八丁尾根で、龍頭神社奥社の小さな祠が祀られている。
地獄穴から約1時間30分、尾ノ内渓谷登山口から約4時間の登高であった。

ちなみに、尾ノ内沢ルートはメジャーなルートでは無いので初級レベルのハイカーは入山しない方が良い。  034.gif
ここにもその旨の警告板があるのだが、倒木の陰になってしまってよく見えない。 025.gif
この日も山頂へ行きたいというハイカーが間違って尾ノ内沢ルートに入ろうとしていた。




f0308721_19161792.jpg
行きかうハイカーと挨拶を交わしながら、紅葉をおかずにランチタイムを楽しむ。 063.gif




f0308721_19165262.jpg
前回、八丁尾根を歩いたのはアカヤシオと新緑の頃だったので、紅葉の八丁尾根もなかなかいいね。 072.gif




f0308721_1918115.jpg
ランチ後は、山頂方向とは逆に八丁峠を目指して西へ進む。 いきなりのクサリ場の下降だ。 008.gif




f0308721_19183560.jpg
クサリ場を降りきれば “風穴キレット”。 西岳への岩稜を登り振り返れば、先ほど登ってきた尾ノ内沢側から霧が昇っている。  005.gif




f0308721_19191486.jpg
西岳、行蔵峠と行くが、秋の八丁尾根は大混雑だ。 クサリ場ではロープ確保して歩く大パーティーの時間待ちを余儀なくされる。 025.gif




f0308721_19194748.jpg
ふと目にしたツツジの木に何やら実のようなものがついていた。 アカヤシオの実かな? 072.gif 039.gif




f0308721_1920271.jpg
途中の小ピークから東面の景色が開ける。 072.gif




f0308721_19202218.jpg
八丁峠方向にも霧が舞って、幻想的な紅葉風景が美しい。  072.gif




f0308721_1920407.jpg
八丁尾根はクサリの多さでは有名なルートなので、下降は特に慎重に降ろうね。 034.gif





f0308721_1943749.jpg
龍頭神社奥社から八丁峠までは、距離は短いがアップダウンが多く八丁尾根の縦走に思った以上に時間を取られた。 

龍頭神社奥社から渋滞待ちも含めて約1時間30分で八丁峠に到着。 042.gif




f0308721_19213816.jpg
八丁峠からは河原沢川ルート(坂本コース)を降る。 スイッチバックの急坂を落ち葉を蹴散らしながら一気に降る。 降りだして程なくして左に八丁トンネルの登山口(八丁峠登山口)への分岐を分ける。 普通のハイカーは八丁峠登山口からで、この河原沢川ルートを使うハイカーは稀である。 




f0308721_1921596.jpg

f0308721_19222593.jpg
スイッチバックを終えると、トレイルが不明瞭になる。
小尾根から涸沢へ降る。

花はほとんど終わっているが、これは? 
ノダケの実かな? 精米した米粒みたいで何とも美しい。 056.gif




f0308721_19225357.jpg
ガレた急斜面を降ると、ようやく沢筋に近づく。 071.gif




f0308721_19232436.jpg
しかし、沢筋は荒れていて倒木や土砂崩れの個所も多いので歩行には十分な注意が必要だ。 034.gif 左岸から右岸へ。 071.gif




f0308721_19243287.jpg
右岸から左岸へ。 ルートファインディングが一段と難しくなるので赤テープなどの目印をよく探そう。 大岩のある左岸のトレイルへは、道標が隠れていて渡渉ポイントが分かりづらい。 034.gif




f0308721_19244838.jpg
しばらく左岸を行き、また沢を横切る。




f0308721_19251598.jpg
右岸の樹林帯を行くと、“大岩の下の山の神” に着く。 すぐ左に林道が走っているので、里に下りてきた感があるが、実はここから坂本までが結構長い。 025.gif 




f0308721_1925468.jpg
沢筋から大岩の基部の踏み跡を降って、右岸のスギ林に入って行くと、すぐに自然林となり河原沢川に沿って下流へ行く。 すると、対岸からは岩壁のリスにしか見えないトラバース路がある。 “え!ここ歩けるの?” と、疑心暗鬼になるが、ギリギリ歩ける岩バンドがあるので慎重にこなせば大丈夫だ。  034.gif




f0308721_19271150.jpg
下流に行けば行くほどトレイルのコンディションが悪くなる。 




f0308721_1927287.jpg
崩壊した山腹のトレイルにはフィックスロープが張られてあり、ついには沢の中を歩くことになる。 039.gif




f0308721_19275953.jpg
沢の中を降って行くと、左手(左岸)にスチールのレールが突然現れる。 何か荷物を運ぶレールだろうか?  005.gif  039.gif




f0308721_19281512.jpg
沢筋から右岸の斜面に登って、すさまじく崩壊した斜面をトラバースして、針葉樹林帯へ入って行く。




f0308721_1929202.jpg
薄暗い針葉樹林帯に入ると、トレイルは安定してきて祠の前を通過する。 しばらく行くと水道設備のある坂本登山口に着く。 八丁峠からこの登山口まで約2時間30分である。 ここから尾ノ内渓谷登山口である尾ノ内自然ふるさと館までは車道を歩いて約1時間弱である。 あらかじめ2台の車でカーシャトルしておくと、この1時間の車道歩きをカットできるのでお勧めだ。 049.gif

本ルートのマップ:yahoo! map
私のこのトレイルへの評価: 4★ 上級者向け
行程距離: 約11km(尾ノ内渓谷登山口~山の神~油滝~地獄穴~八丁尾根龍頭神社~八丁峠~大岩下の山の神~坂本登山口)
標高差: 約1100m
実動時間: 約9時間 (尾ノ内渓谷登山口~八丁尾根龍頭神社への登高 約4時間、八丁尾根~八丁峠の稜線歩き 約1.5時間、八丁峠から坂本登山口への下降 約2.5時間 休憩 約1時間込み)

f0308721_19295623.jpg
この情報は役にたちましたか? 下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.

にほんブログ村

にほんブログ村

by dream8sue | 2016-10-30 18:56 | 秩父多摩甲斐 国立公園 | Trackback | Comments(0)

奥多摩 払沢の滝から花咲く峠道を歩く    Hosawa falls in Chichibu-Tama-Kai National Park

Tuesday, October 11, 2016
f0308721_5185276.jpg
久しぶりに滝のあるトレイルと峠から峠を繋ぐトレイルが歩きたくなって奥多摩エリアを訪れた。 東京都西多摩郡檜原村にある払沢の滝(ほっさわのたき)をスタートして、時坂(とっさか)峠から人里(へんぼり)峠という秋の野花が咲きほこる峠路を経て、浅間尾根(せんげんおね)から数馬下まで歩いた。 檜原村のカイドマップでもリコメンドしている定番ハイキングルートである。 
また、紅葉シーズンに入る前の最後の野花を愛でるハイキングとなった。 よく見かけるおなじみの野花であるが、私は花の名前に詳しくないので、間違った記載などあればコメントいただければありがたいです。 040.gif 035.gif




f0308721_5191165.jpgf0308721_5192346.jpg
<公共交通の場合>
JR武蔵五日市駅から西東京バスの数馬行きか藤倉行きで “払沢の滝入口” で下車する。 
車道を横切り払沢の滝の看板が架かる狭い道に入る。 浅間橋の手前を左に曲がり小さな払沢橋を渡れば浅間尾根と払沢の滝の分岐道標がある(写真右)。 左に曲がり北秋川の支流のセト沢の左岸(川下に向かって左側)を上流へたどる。




f0308721_5204099.jpg
ウッドチップの敷かれた快適なトレイルを行くと・・あら、こんなところに郵便局が。 “ひのはら郵便館” と表示されているが、郵便局なのかしら? 観光客相手に木工製品の展示や販売をしているようだ。




f0308721_5211466.jpg
その後 “忠助淵” などの渓流をみながら進むと、払沢の滝が現れる。 バス停から20分程だ。 払沢の滝は、セト沢にかかる4段の滝らしいが、上流の滝はよく見えない。が、26mの1段目の滝には階段を登って滝壺まで行ける。 う~ん、やはり滝はいいな~。マイナスイオンに癒されるな~ 043.gif




f0308721_5213386.jpg
そして、水のある所には花も咲く。 花を愛でながら歩くのがもう一つの楽しみだ。 ノブキの花後が金粉をまとったようで何とも美しい。 056.gif




f0308721_5215824.jpg
模様がユニークなホトトギス。 056.gif




f0308721_5221114.jpg
ハナタデも秋を感じさせる花だね。 イヌタデとの違いが分からない! 誰か教えてください。 040.gif




f0308721_5224846.jpgf0308721_5225998.jpg
滝好きの私としては往復30分程の払沢の滝で1時間以上も道草をくってしまった。 さて、滝見物の後は峠歩きの始まりだ。 070.gif 浅間尾根と書かれた分岐まで戻り、坂道を登ると公衆トレイの前にでる。 ここから少しの間、浅間林道の車道歩きをすると、カーブミラーのある所で左の山路に入る。




f0308721_5234925.jpg
この路にもお花がいっぱい。 秋の野花の定番、キバナアキギリ。 056.gif




f0308721_524533.jpg
お初にお目にかかります、ミゾソバの蕾。 形が牛の額にも見えることからウシノヒタイという別名があるらしいが、牛の額ってどんな形だっけ? 039.gif 056.gif




f0308721_5244841.jpg
こんなに可愛い花なのに名前が可哀そうハキダメギク。 037.gif 056.gif




f0308721_525479.jpg
こちらもお初のマツカゼソウ。 こちらは爽やかな名前だね。 056.gif




f0308721_5252690.jpg

ハイキングトレイルは浅間林道を何度も交差している。
舗装道路に出たかと思うと、またまたショートカットのような脇道に入る。
脇道は民家の間を巧みにぬって行く。




f0308721_526517.jpg
足元の草花についつい時間を忘れて見入る。 おやまぁ!夏草の定番ツユクサがまだ咲いているとは。 005.gif 056.gif




f0308721_5262898.jpg
この花も初めて見るキツネノマゴという面白い名前の花だ。 056.gif




f0308721_526534.jpg
このマーガレットのような菊科の花はカントウヨメナ? シロヨメナ? 039.gif 056.gif




f0308721_5271597.png
ゲンノショウコは花もあれば、実になっているものもある。 この実の形が神輿に似ているのでミコシグサとも言われる。 本当に御神輿みたいだね。 045.gif




f0308721_5275985.jpg

トレイルは登り坂となり公衆トイレがある場所で浅間林道にまたも合流する。 
こんなトレイルにもちゃんと公衆トイレが設置されているとは、さすが国立公園だね。 
時坂峠へは林道を横切り石段のトレイルに入る。




f0308721_5283553.jpg
こちらには奥秩父の五郎山ではじめて見たヤクシソウがたくさん咲いていた。 五郎山ではカラマツの森に咲く小さな株だったが、ここのは高さが1mくらいある大株である。 こんなに大きくなる植物だったのか~。 → “奥秩父 五郎山で岩山歩きとキノコ狩り     Mount Gorō in Chichibu-Tama-Kai National Park”





f0308721_5325797.jpgf0308721_5594754.jpg
やがて坂の上に鳥居と祠がみえてくる。 ここが時坂峠だ。 ここからまたまた舗装道路の林道歩きとなる。




f0308721_534234.jpg
退屈な林道歩きではあるが、路肩には見慣れないワイヤー状の花が・・こんな花見たこと無い。 後で調べたらクサボタンの実のようだ。 初めてクサボタンを見たのは妙義山の石門めぐりの時で、あの花と同じ花とは思えない。 → “下仁田町 妙義山 石門めぐり     Mount Myōgi in Shimonita,Gunma”





f0308721_5374962.jpg
こちらはナギナタコウジュ。 この花も場所によってはこんなに大きな株になるのだね~。 




f0308721_5383554.jpg

f0308721_5385023.jpg

時坂峠からの林道が浅間林道と合流したら西へ向かう。
御前山登山口への分岐を右に分け、少し行けば峠の茶屋がある。
峠の茶屋の西側の展望台から大岳山や御前山が大迫力で見られる。




f0308721_5392623.jpg

f0308721_5394263.jpg

峠の茶屋の先で、林道から外れて左の古道に入る。 
かつて甲州中道と呼ばれ、甲州の塩山方面と五日市を結んだ歴史を偲ばせるトレイルだ。




f0308721_5401680.jpg

f0308721_5404918.jpg

古道に入るとセト沢の源流を渡り尾根を登る。 
カタクリ観察路を過ぎると小岩への分岐を右に分ける分岐に着く。 
直進すれば休憩所のある浅間広場へ行く。 
ここは左の山路に進み桜の疎林を抜け、展望台へ寄って行こう。




f0308721_5433664.jpg
払沢の滝から3時間30分ほどで浅間嶺の東にある展望台に到着。 ここに “浅間嶺” の標柱があるが誤りのようだ。 展望台からは晴れていれば北に御前山、大岳山方向の展望が望める。 南には富士山や丹沢山系が見渡せるらしいが、この日は残念ながらあまり良い天気ではなかった。 002.gif




f0308721_544797.jpg
でも、展望台周辺にはアキノキリンソウやアザミ、菊科の花などがいっぱい咲いていた。 特に目についたのはサラシナショウマの大きな白い花だ。 056.gif




f0308721_544243.jpg
展望台から西に降った所に浅間嶺休憩所がある。 トイレもベンチもある林の中の広場(浅間広場)だ。




f0308721_5445652.jpg
浅間嶺休憩所から西の尾根を登ると、富士浅間神社の小さな祠がある。 その先の小高いピークが浅間嶺(小岩浅間)である。




f0308721_5454267.jpg
浅間嶺を過ぎ、右側が刈り込まれた見通しの良い尾根を行けば、静かな人里峠に着く。 人里峠を過ぎるとスギ林の起伏の少ない尾根路を行く。 路肩には馬頭観音や石仏が多い。 




f0308721_546018.jpg
浅間嶺休憩所からおよそ1時間、930.2mの三角点ピークの南を巻いて行けば、一本杉(一本松)に着く。 




f0308721_5463333.jpg
一本杉の標柱の根元にコウヤボウキという面白い花が咲いていた。 高野山で茎を束ねてほうきにしたのでこの名がついたとか。 056.gif




f0308721_5465920.jpg

一本杉の先で藤倉方面へぬけるトレイルが北に伸びている。
しかし、現在は崩壊工事のため通行止めになっている。 034.gif




f0308721_5474378.jpg
やがて、 “サル石” と書かれた大岩の前を通る。 サル石は猿の手形がついた岩らしいが、手の形は分からなかった。




f0308721_54906.jpgf0308721_5491482.jpg
サル石から少し西へ行くと風張峠方面の分岐に着く。 ここが数馬分岐である。 直進するのが浅間尾根登山口に行くポピュラーな路のようだ。 私はあえて分岐を右に曲がり風張峠方面へのトレイルに進んでみた。 サラシナショウマの咲くスギの植林を行けば林道(横倉林道?)を横切り数馬峠(藤原峠)へ至る。




f0308721_550887.jpg
ここにも、初めましての花を見つけた。 セキヤノアキチョウジという花のようだ。 056.gif




f0308721_550425.jpg

f0308721_551197.jpg

地蔵のある分岐に着く。 ここが数馬峠(藤原峠)なのかな~? 
ここに “浅間登山口バス停” と書かれた白い小さな道標がある。
この道標を信じて南に降る。 
あまり歩かれていない路とみえて荒れている。
最後は廃屋の横を通りぬけ民家の裏から車道に出た。






f0308721_5522542.jpgf0308721_5523979.jpg
一枚石橋を渡りバス通りの県道に出たら右に100mほど行けば “浅間尾根登山口” のバス停である。

低山の峠路ということで、林道との交差が多く山歩きというより里歩きといった感じだ。 今回は初めてみる草花もあり花の多さには驚いた。 時坂の集落で会った地元の方が言うには、今年はこの周辺で5頭の熊が確認されているとの事だった。 里山なのに熊の出没が懸念されるのも奥多摩らしい。

本ルートのマップ:yahoo! map
私のこのトレイルへの評価: 3★ 初級~中級者向け
行程距離: 約11km(払沢の滝入口バス停 8:00 ~払沢の滝往復 9:00 ~時坂峠~浅間嶺展望台 12:30-12:50 ~人里峠~一本杉 14:00 ~猿石~数馬峠~浅間尾根登山口バス停 15:40)
標高差: 約630m
実動時間: 約8時間 (休憩込み)

f0308721_5532321.jpg
この情報は役にたちましたか? 下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.

にほんブログ村

にほんブログ村

by dream8sue | 2016-10-11 05:16 | 秩父多摩甲斐 国立公園 | Trackback | Comments(0)

奥秩父 五郎山で岩山歩きとキノコ狩り     Mount Gorō in Chichibu-Tama-Kai National Park

Saturday, September 10, 2016
f0308721_14341759.jpg
台風シーズンで大きな山、遠い山には行く気にならない。 天気図とにらめっこで晴天日をみつけ日帰り山行が関の山。とはいうものの、残暑厳しきおり低山はNGだ。 最低でも標高が2000m以上はほしいな~・・ということで、高原レタスの産地で有名な長野県川上村にある五郎岳(2,132m)に登ってきた。 070.gif
五郎山周辺は奥秩父北西部に位置し、瑞牆山や金峰山、国師岳、甲武信岳などの名峰が連なっている。 そんな中で五郎山は知る人ぞ知るという不遇の岩山である。 037.gif




f0308721_1440412.jpg<マイカーの場合>
前橋、高崎方面からは長野県佐久市を経由し141号を南下。 海ノ口を過ぎカーブの多い急坂を登り切り、“市場” の信号を川上村方面に左折。 川上村に入り県道68号線を東に走る。 梓山集落の入口から梓川の上流にある “せせらぎの里 町田市自然休暇村” を目指す。 68号線から右に曲がる三叉路には休暇村の案内板があるのでわかるだろう。 045.gif
右折して3kmほど走ると休暇村の建物が左手に現れるので、そのまま林道(梓久保林道)を直進して、その先の二俣を左折し梓川本流に架かる橋を渡る。 橋の先に休暇村のバンガロー(キャンプ場)があり、その先で林道は再び二俣になるので左へ進む。 バンガローを過ぎるあたりから林道が荒れてくるのでダートに強い車以外はあまり奥まで侵入しない方が良いだろう。 034.gif パーキングは橋の周辺とバンガロー先の二俣周辺に数台可能である。




f0308721_145562.jpg

バンガロー先の二俣を過ぎれば迷うような分岐はない。 

私達は、林道がシボコリ沢を横断する辺りに車を停めた。 

五郎山登山口までは、この林道を1時間弱ほど歩く。 070.gif 




f0308721_1455449.jpg
途中に “幻の滝” があるので寄り道して行こう。 林道の途中に案内標識があるので右に入る。 滝までは5分くらいなので是非立ち寄ると良いだろう。 049.gif




f0308721_1462459.jpg
“キケン” と書かれたプレートとロープが張られたザレた沢筋が現れ、上流に幻の滝が見えてくる。 滝は20mくらいの緩傾斜、3段の滝で、緑に囲まれたロケーションと相まってなかなか清涼感のある滝である。 043.gif




f0308721_147185.jpg
滝が大好きなSueは、マイナスイオンのシャワーに身をゆだねるポーズ。 057.gif 037.gif




f0308721_1472849.jpg
足元の岩は苔の絨毯に覆われている。その苔の中に丸いキノコが顔を出している。棒で突くとトップの穴から胞子が飛び出してくる。 ホコリダケというキノコらしい。 005.gif 027.gif




f0308721_1475268.jpg
幻の滝の分岐に戻り林道を登って行くと、もう一つの水流のある沢(シボコリ沢)を渡る。 この辺りにもキノコがたくさん見られる。




f0308721_1481568.jpgf0308721_1482640.jpg
不味そうなプリンアラモードを思わせるキノコ(写真左)や美味しそうなビックファミリーのキノコ(写真右)




f0308721_1492327.jpg
沢を渡り、食用のキノコが無いかキョロキョロしながら林道を歩いていると、ツル植物のイケマが実を付けていた。 白くて可愛い花は知っていたが、実を見るのは初めてだ。 何だかオクラに似ているね。 003.gif




f0308721_141036.jpg
やがて、林道が二俣に分かれる分岐に小さな手づくり道標がある。 道標に従って右へ進む。 おや、何か見つけたのかな? 039.gif




f0308721_14102929.jpg
カラマツと白樺などの雑木林には、鹿が幹を食べたと思われるリョウブの木や、熊の爪痕と思われる古木などが横たわっていた。 008.gif




f0308721_1410598.jpg
そんな野生の気配の中、何やら素敵な気配も・・ 043.gif
カラマツの落ち葉で覆われた林道には、ハナイグチという主にカラマツ林に発生する食用のキノコがあちらこちらに生えていた。 キノコに詳しい同行者によれば汁物にすると美味しいらしい。 027.gif




f0308721_14113489.jpg
また、ヤナギのような広葉樹の古木にも何やら生えている。 サルノコシカケとは明らかに違うヌメリスギタケモドキという、こちらも食用キノコらしい。 高い位置に発生する事が多いので見る人が見れば発見できるようだ。 027.gif




f0308721_14121619.jpg
そんなキノコ狩りに時間を忘れ、ゆっくり歩いてようやく五郎山の登山口に到着。 ここからは左の山腹に取付き、カラマツ林の急な登りが始まる。 009.gif




f0308721_14123989.jpg
キノコは多いが、花は夏から秋への端境期であまり見られない。 アキノキリンソウがちらほらと咲き、ハナニガナ?と思いきやヤクシソウというイエローの花がカラマツの根元に咲いていた。 056.gif




f0308721_14132147.jpg
この標高のカラマツはまだ緑一色だ。でも、すご~く綺麗~  043.gif だけど、すご~く急登です! 008.gif




f0308721_14134566.jpg
おや?また何か見つけたのかな? 美味とされるタマゴタケもあったよ。 011.gif まだ私は食べたことが無いけど・・ 039.gif




f0308721_14143430.jpg
カラマツ林の急登をひとしきりこなすと、突然、美しいシラカバ林に変わる。 043.gif 072.gif そして、さらに傾斜がきつくなっていく。ふぅ~ 042.gif




f0308721_14152250.jpgf0308721_14153475.jpg
自然林の中は陽がさしていて明るい。そんな林床でスクスク育っているキノコには毒キノコの代表ベニテングタケ(写真左)もある。まるでキノコ図鑑の見本のような卵型だ。 005.gif  全身真っ赤なキノコ(写真右)は何だろう? 自然界で見る赤色は警戒色である。生物的な直感で言うならきっと毒キノコだろう。 041.gif Don’t touch me! If you touch me, you will not forget me. うふふ・・ 037.gif
追記:climbingrose さんより、写真右の赤いキノコはカラマツベニハナイグチというキノコではないかとのコメントをいただきました。 毒は無いようですが苦いので食用には向かないみたいです




f0308721_14164244.jpg
前方に大岩が見えてくると、傾斜はさらにきつくなり息も上がってくる。 幸い風がひんやりとしていて汗だくの身体に心地よい。 042.gif 043.gif




f0308721_14171853.jpg
岩場帯から、いかにも奥秩父といった苔むした樹林帯になる。 木の根を掴んで四足で急登をこなせばマキヨセノ頭まではもうすぐだ。 このセクションは急傾斜で、湿っていて木の根が滑り易いので登行よりも下山時が危険だ。 034.gif




f0308721_14174990.jpg
ようやく樹林帯を抜けだし岩稜の末端に飛び出せば視界も開けてくる。 石標があるけれどここがマキヨセノ頭かな? 039.gif




f0308721_14182522.jpg
痩せた岩稜を慎重に東へ登る。特に右側(南側)は絶壁なので岩場の巻きは左側からが無難である。




f0308721_14192123.jpg
微妙に色づき始めているカラマツが岩場に根を下ろしている。 久しぶりにカラマツの葉を間近でみたが、こんなに美しかったのだね~ 043.gif 072.gif




f0308721_1420776.jpg
見晴しの良い岩稜にまたも石標が現れたが、P1かな? (or ここがマキヨセノ頭かな?) 039.gif 国師ヶ岳が一際高くそびえ立ち、朝日岳、金峰山、小川山の展望が雲の切れ間に見え隠れしている。




f0308721_1420316.jpg
マキヨセノ頭の東側には、これから向かうP2 と五郎山の岩峰が、その威圧的な姿を霧のベールに隠している。 005.gif




f0308721_1421115.jpg
ふと脇に目をやれば、秋も近いというのに、まだミヤマホツツジが可憐に咲いていた。束の間、緊張感を忘れさせてくれる。 043.gif 056.gif




f0308721_1421423.jpg
P1からの下りは右側がザレた崖になっているので要注意。 降りきったコルから右側へうっすらと踏み跡があるが迷い路なので進まぬようにね。 034.gif




f0308721_1422924.jpg
P2の岩峰は北側へ回り込み、湿った岩場の細いバンドをトラバースする。 071.gif




f0308721_14223617.jpg
バンドの途中に1カ所、谷側が切れ落ちた嫌らしい岩場のトラバースがある。 お助けの真新しいトラロープが嬉しい。 040.gif




f0308721_14231884.jpg
トラバースを終え小リッジに登り上げると、眼前に五郎岳の南壁?(西壁?)が倒れ掛かるように迫り圧倒される。 005.gif  ルートはこの南壁の中間部に生える樹林の中についているのだが、見る限りでは、 “本当に登れるの?” って懐疑的になってしまう。 008.gif ワクワク、ドキドキがとまらない。だから岩稜歩きは止められない。 003.gif




f0308721_14233551.jpg
P2と五郎山とのコルへは岩峰の基部に沿って急で湿ったヤセ尾根を降ればすぐだ。 070.gif




f0308721_1424248.jpg
鞍部から南壁側の小リッジを登る。振り返ればP2がかっこいい~! 005.gif 004.gif




f0308721_142421100.jpg
そして、南壁を見上げれば、ゴツゴツした岩質で洞穴やクラック、オーバーハングのミックス壁だとわかる。 005.gif




f0308721_14245976.jpg
絶妙な南壁のトラバース路に、よくぞこんな弱点をついたルートを見つけたものだと先人のルートファインディングに舌を巻く。 038.gif 樹木が生えているので露質感が薄れているが、ここは落ちたらアウトのまぎれもない南壁のド真中なので足元には十分な注意を払おう。 034.gif




f0308721_14253798.jpg

南壁を東側に回り込むと、左の草つき斜面につけられた急な踏み跡があるので、それをたどって尾根に這い上がる。尾根を左(西)に少し登れば三角点のある五郎岳(2,132m)ピークに着く。 066.gif ピークは狭く、北側は樹木に囲まれ展望はイマイチだ。 西側に少し行くと足元が切れ落ちた露岩があり、歩いてきたP2とマキヨセノ頭が眼下に見える。 北西側には川上村を挟んで右に男山、天狗山、御座山も見える。 どの山もいつか登ってみたい山ばかりだ。 視界が良ければ八ヶ岳や北アルプスも見えるらしいが残念だ。





f0308721_1426367.jpg
山頂で1時間のランチ休憩を楽しんだら、登山口まで往路を忠実に戻る。 私達は登山口を過ぎて林道の二俣を右(幻の滝と逆方向)に行き、道幅が狭くなったところから適当に斜面を降りシボコリ沢右岸の林道に出た。こちらの方が若干近道であるが、林道が荒れていて踏み跡も分かりづらいので、素直に幻の滝入口を経由する方が良いだろう。




f0308721_14262681.jpg私のこのトレイルへの評価: 4★ 中級者向け

行程距離: 約5km(林道とシボコリ沢出合付近パーキング‐幻の滝‐林道分岐‐登山口‐マキヨセノ頭‐P2‐五郎山‐P2‐マキヨセノ頭‐登山口 - 林道分岐‐林道とシボコリ沢出合付近パーキング)

標高差: 約500m

実動時間: 約6時間 (山頂での1時間休憩込み)

f0308721_14271069.jpg
この情報は役にたちましたか? 下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.

にほんブログ村

にほんブログ村

by dream8sue | 2016-09-10 14:00 | 秩父多摩甲斐 国立公園 | Trackback | Comments(4)

奥秩父 千曲川源流をたどり甲武信岳から十文字峠へ     Mount Kobushi in Chichibu-Tama-Kai NP

Saturday, June 4, 2016
f0308721_21225382.jpg
甲武信岳には西沢渓谷から沢登りで何度か登ったことがあるが、長野県側から登るのは初めてだ。 以前より、古道の十文字峠には興味があり、また、この時季は峠周辺に咲くシャクナゲも楽しめると言う一石二鳥の山行である。  006.gif
ルートは、高原レタスの栽培地である川上村のモウキ平(毛木平)から千曲川源流遊歩道で甲武信岳に登り、三宝山、武信白岩山、大山と縦走し、十文字峠を経由してモウキ平へ戻るループトレイルである。  070.gif




f0308721_20164182.jpg
<マイカーの場合(前橋方面から)>
前橋、高崎方面からは長野県佐久市を経由し141号を南下。海ノ口を過ぎ、カーブの多い急坂を登り切り、レストラン141の先のT字路 “市場” を川上村方面に左折。川上村に入り、県道68号線を東に走る。金峰山神社の先の二股を右に入り4kmほど走れば毛木平の無料パーキングに着く。大きなパーキング(50台駐車可能)は十文字峠のシャクナゲが咲くこの時季はすぐに満車になるので、遅い到着だと林道の路肩駐車を余儀なくされるだろう。

<公共交通の場合>
JR小海線信濃川上駅から川上村営バスで梓山バス停下車。約24分、550円、1日8便。梓山バス停から毛木平の駐車場まで徒歩1時間。




f0308721_20172533.jpg
駐車場から一般車通行止の林道を歩く。しばらく行くと、左に十文字峠へのトレイルを分ける。今回はループなので下山はこちらのトレイルを下ってくることになる。




f0308721_20175043.jpg
分岐を直進し、千曲川源流へのトレイルを進む。 脇にはマルバダケブキと思われる大きな葉の群落が続いている。 056.gif




f0308721_2018637.jpg

f0308721_20181948.jpg
他にもヘビイチゴかな? 039.gif  白い花が絨毯の様に辺りを覆っていた。 056.gif




f0308721_20185928.jpg
洞窟のような岩穴を右に見て、千曲川源流である西沢の流れを左に見ながら遊歩道をさかのぼる。 070.gif




f0308721_20192040.jpg
小さな石がたくさん積まれた慰霊碑の前を通り、山路に入って行く。この辺りは、まだ自然林の新緑が清々しい。




f0308721_20193679.jpg
トレイルは、所々で西沢に流れ込む小さな沢が横断しているので水浸しだ。




f0308721_20195376.jpg
今年も会えた、キバナノコマノツメ。 昨年の今頃、瑞牆山でたくさん咲いているのを見たな~ 043.gif
→ “奥秩父 シャクナゲ咲く瑞牆山  Mount Mizugaki in Chichibu-Tama-Kai National Park




f0308721_2022154.jpg
登山口から1時間40分ほど歩いたところで “ナメ滝” に着く。




f0308721_20223945.jpg
ナメ滝からさらに30分ほどで、明るい自然林に囲まれた広場のような平地に着く。 休憩適地なので一休みしていこう。 042.gif 063.gif




f0308721_2023422.jpgf0308721_20235779.jpg
周辺には、コミヤマカタバミがたくさん咲いていた。 先週も皇海山で見たな~ 056.gif
→ “日光 二度と歩きたくない庚申山から皇海山縦走    Sukaisan in Nikkō National Park




f0308721_20252984.jpg
広場を過ぎると、西沢の流れも細くなり沢筋の近くを歩くようになる。




f0308721_20255670.jpg
植生も広葉樹林からシラビソなどの針葉樹林に変わってくる。 “至千曲川源流” の立派な道標が1kmごとに有るので迷うことは無いだろう。




f0308721_20264357.jpg

f0308721_2027451.jpgf0308721_20271839.jpg
沢が荒れてきて水量も減ってくれば源流近しだ。  そして、足元には湿ったところに咲くというウスバスミレ?(写真左)や、コバイケイソウなどの水辺の花が見られる。 ズダヤクシュ(写真右)もまだこんなに小さくて可愛い。 043.gif 056.gif
 



f0308721_202841100.jpg

f0308721_20285772.jpg
植物観察をしながら、登山口から歩くこと3時間で千曲川(信濃川)の水源地に到着。

最初の一滴は原生林の根元からコンコンと湧き出ている。 057.gif




f0308721_20293822.jpg
水源地から県境尾根までは、一気にシラビソの森の急登となる。 042.gif




f0308721_20301366.jpg
20分ほどで県境尾根に登り上げる。 県境尾根を右に行けば、国師岳を経由し金峰山まで行く、奥秩父主脈ルートである。機会があればいつか歩いてみたいルートである。 045.gif




f0308721_20303627.jpg
甲武信岳には、県境尾根を左に折れ、シラビソが美しい歩き易いトレイルを東に進む。 070.gif




f0308721_2031017.jpg
シラビソの林を抜けると、甲武信岳から南東に位置する木賊山が見えてくる。 そして、石がゴロゴロした岩場を登れば、水源地から1時間ほどで甲武信岳山頂に着く。 066.gif




f0308721_20311966.jpg
甲武信岳(2,475m/ 甲武信ヶ岳ともいう)は、山梨県(甲斐)、埼玉県(武蔵)、長野県(信州)の3県境界なので、 “甲武信岳” の字があてはめられたようだが、元々は “拳岳” だったそうだ。
この山は、奥秩父主脈縦走のほぼ中心に位置しているため、メインストリートの交差点のような役割になっている。当然ハイカーも多く、この日の山頂も座る場所も無いくらいハイカーで賑わっていた。 002.gif




f0308721_20315851.jpg
山頂から西側には、奥秩父主脈の山並みから八ヶ岳方面の山々までが見渡せる。 072.gif




f0308721_20322168.jpg
南方向には、視界の良い日なら富士山や三ッ峠山なども見えるらしいが、残念ながらこの日はそこまでスカイクリアではなかった。




f0308721_20324849.jpg
ハイカーで賑わう山頂で落ち着かないランチをさっさと済ませ、十文字峠への縦走路に取り掛かる。

本当に賑やかな場所は苦手だ。 008.gif

I hate a busy peak! 020.gif




f0308721_20335799.jpg
甲武信岳から北に向かってシャクナゲの生えたトレイルを1時間弱ほど行くと、左に “三宝石” と呼ばれる露岩が現れ、その先に三宝山がある。




f0308721_20342311.jpg
三宝山(2,483m)は、三角点峰であるが展望があまり良くない。しかし、標高は甲武信岳よりも高く、埼玉県の最高峰でもある。 027.gif




f0308721_20344072.jpg
山宝山からは、奥秩父らしい苔むした森の中の長い下りとなる。 071.gif




f0308721_20351087.jpg
三宝山からだらだらした長い下り坂を降りること約40分、 “尻岩” と言われる大きな岩の前に出る。辺りは深い樹林帯の中で幽玄とした雰囲気が漂っている。 043.gif




f0308721_20353632.jpg
尻岩から20分ほどシャクナゲの生い茂る尾根を登る。 この辺りのシャクナゲは品種が違うのか? 開花時期が違うのか? 花をつけている株は見当たらなかった。 007.gif




f0308721_2035501.jpg
小ピークを越えて武信白岩山へのアップダウンにさしかかると、ハシゴや、クサリのかかる岩稜が現れる。




f0308721_2036489.jpg
岩稜の上からは見晴らしが良い。振り返れば三宝山(右のピーク)がもうあんなに遠くなっている。




f0308721_20362387.jpg
東側にも山稜が連なっている。雁坂峠をこえて雲取山方面へ続く稜線のようだ。 039.gif




f0308721_20371954.jpg
進行方向(北)には武信白岩山(2,288m)が見えてきた! 005.gif 山頂部分が樹林帯から突起していて登行意欲をそそられる。が、現在、山頂へは登山禁止?らしい。 ピークからの展望は良さそうだな~。 039.gif




f0308721_20374475.jpg
武信白岩山は左からすそ野を巻く。見上げれば登れそうな岩山であるが、石に “×” の赤ペンキがある。 ピークハントは諦めて次なるピーク大山へ急ごう。 021.gif




f0308721_20383351.jpg
武信白岩山から針葉樹林帯を少し降ると、突然シャクナゲの群落が現れる。 005.gif ここのシャクナゲはどの株も花を咲かせていた。十文字峠はシャクナゲで有名だが、早くも現れたシャクナゲに心が躍る。 056.gif 070.gif 056.gif




f0308721_2038574.jpg
ヤセ尾根の東側は深い谷となっているので、シャクナゲに見とれて落ちないようにね。 034.gif




f0308721_20391512.jpg
やがて大きな壁の下を通過し・・




f0308721_20393939.jpg
大山への急登にさしかかる。 042.gif




f0308721_2040119.jpg
急登をこなしコルに登り上げ、右に行けば大山山頂だ。 山頂はそこそこ広く眺めも良いので、休憩しながら最後の展望を楽しもう。 072.gif 063.gif




f0308721_20403747.jpg
北東方面のギザギザの山並みは両神山から西上州に連なる山かな・・ 039.gif




f0308721_2041343.jpg
歩いてきた三宝山からの尾根。 手前が武信白岩山であるが、大山からだと武信白岩山ピークの岩峰は見えない。




f0308721_20595210.jpg
大山からはクサリ場を降り、樹林帯の尾根を十文峠へと降る。




f0308721_20415246.jpg
十文字峠周辺はうっそうとした原生林の中で全く展望はないが、苔の生えたトレイルは、それはそれで美しい。 072.gif




f0308721_20422367.jpg
シャクナゲのトンネルが現れる!  016.gif




f0308721_20431736.jpg
増々シャクナゲの群落がすごいことになってきた。 005.gif




f0308721_20433313.jpg
Beautiful!!!  056.gif




f0308721_20435469.jpg
シャクナゲの群落に圧倒されて歩いていると、十文字小屋についてしまった。 小屋で一休みしたらモウキ平へ下山開始。十文字小屋(十文字峠)から、十文字山へ登るトレイルを左折し西に進む。ちなみに十文字山から北に伸びる尾根は、埼玉、群馬、長野県にまたがる三国山へ続く三国尾根である。




f0308721_20442257.jpg
十文字山の西尾根の山腹を巻くように西に向かうと、八丁頭と呼ばれる尾根の張り出しになり、そこからスイッチバックの急坂、八丁坂が始まる。




f0308721_20444739.jpg
八丁坂は結構長く、広葉樹の森から、やがて針葉樹林帯となる。 十文字峠からモウキ平まで高低差は500m以上あり膝に悪い下り坂だ。 008.gif




f0308721_20451472.jpg

f0308721_20452794.jpg
十文字小屋から1時間くらい降ると尾根から沢筋へと出る。
沢の周辺となれば、水辺が好きなハシリドコロや、トリカブトと思われる植物もみられる。
また、薄暗い森のなかで小さな花火のようなミヤマカラマツの花が美しい。 056.gif




f0308721_20462499.jpg
やがて、立派な橋(千曲川源流挟霧橋)が架かる千曲川源流を渡り、橋の少し先で千曲川源流遊歩道(林道)に合流する。後は往路をパーキングまで戻るだけだ。





f0308721_20464840.jpg
いささか長いルートであるが、ループなのでマイカー利用のハイカーには人気のルートのようだ。もちろん、千曲川源流遊歩道の往復でも気持ちの良い沢筋の路なのでお勧めだ。 049.gif

今シーズンは、西上州の焼岩天理岳からの両神山、庚申山からの皇海山でシャクナゲをたくさん見た。そして、締めが今回の十文字峠。もうシャクナゲはお腹いっぱいだ。 043.gif

私のこのトレイルへの評価: 5★ 中級者向け
行程距離: 約15km(モウキ平‐千曲川源流‐甲武信岳‐三宝山‐武信白岩山‐大山‐十文字峠‐八丁坂‐モウキ平)
標高差: 約1,000m
実動時間: 約9.5時間 (登行4時間、甲武信岳から十文字峠まで4時間、下山1.5時間 休憩込み)

f0308721_20474947.jpg

この情報は役にたちましたか? 下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.

にほんブログ村

にほんブログ村

by dream8sue | 2016-06-04 20:11 | 秩父多摩甲斐 国立公園 | Trackback | Comments(2)

奥秩父 天理岳を越えて両神山へ     Mount Tenri to Ryōkami in Chichibu-Tama-Kai National Park

Sunday, May 22, 2016
f0308721_2132176.jpg
当初の計画では表妙義縦走の予定であったが、 “鷹戻し” がハシゴの修復のため登山禁止になってしまった。GWは混むだろうとGW後に計画したのがアダになってしまった。仕方なく急遽計画を変更して行ったのが、両神山の天理尾根(天武将尾根)である。
昨年の同時期に八丁尾根を登り、その時に東岳から見た前東岳から天理岳に続くこの尾根ルートがとても気になっていた。そして下山もハイカーの少ない七滝沢コースを降りことにした。
→ “奥秩父 アカヤシオ咲く八丁尾根から両神山   Mount Ryōkami in Chichibu-Tama-Kai NP




f0308721_21351398.jpg
<マイカーの場合(前橋方面から)>
アクセスルートは何通りもあるが、今回はローカル線で、鬼石町から県道13号線、44号線で南下して皆野町で県道37号線に合流し西へ走る。小鹿野町で県道279号線に合流し山道を終点まで行けば両神神社や両神山荘のある日向大谷に着く。
パーキングは3ヶ所(最奥のバス停近くは有料)で50台ほど駐車できるが、新緑や紅葉時期の週末などは満車になるので早めに出発することをお勧めする。  045.gif

<公共交通の場合>
日向大谷口は、両神山へ登る最もポピュラーな登山口なので公共交通機関があり、西武秩父駅から西武観光バスで小鹿野町役場へ行き、 小鹿野町営バスに乗り換え日向大谷口で下車する。
タクシー利用の場合には秩父鉄道の三峰口から約40分。また、日向大谷口には民宿の両神山荘があるので前泊するのもよいだろう。




f0308721_21353460.jpg
車道から両神神社(里宮)への近道の階段を登り、道標に従って右へ行き神社の前を通り植林帯へと入る。
いきなりの急登に、このルートのハードさが予想される。 042.gif
やがてトレイルが山腹をトラバースするように東へ向かう辺りからスギの木に混ざって竹が増えてくる。
登山口から約30分、 “天理岳は西なのに、こんなに東に行っていいのかな~” と思うころ天理尾根の楢尾沢峠(奈良尾峠)に着く。




f0308721_2136763.jpg
楢尾沢峠(奈良尾峠)からは方向転換して、天理尾根を西にガンガン行く。975mの最初の小ピークには黄色いテープが巻かれた石標がある。




f0308721_21363144.jpg
975mの小ピークを過ぎると尾根上には多くの岩が現れ、岩稜のヤセ尾根となってくる。




f0308721_2137115.jpg
次の1040mピークは岩峰で北側の急斜面を四足で登る。ここを下りで使う場合は滑落の恐れがあると思われる悪い斜面なので、特にお天気の悪い時は要注意だ。 008.gif 034.gif
楢尾沢峠(奈良尾峠)から約45分で1040mの岩峰に着く。いぜん藪尾根であるが、樹林の切れ間から左右の山並みが見えはじめる。左には両神山方面の稜線が見える。




f0308721_21371956.jpg
右(北側)には二子山の2つのピークが意外に間近に見える。 “二子山の西岳と東岳ってあんなに離れていたのかな~?” 039.gif
→ “小鹿野町 二子山上級コースから空中散歩   Futagoyama in Ogano, Saitama




f0308721_21382771.jpg
1040mピークから約20分で1,060mピーク、さらに15分程の登りで三角点のある1,083mピークに着く。同じよう藪尾根が続くなかで明確に位置を確認できる唯一のピークだ。




f0308721_21384379.jpg
三角点ピークを過ぎると、トレイルは南に回り込んでクサリが掛けられた岩場にでる。天理岳直下のクサリ場だ。




f0308721_2139447.jpg

f0308721_21391763.jpg
登山口から約2時間強、山頂直下のクサリを攀じ登れば天理岳(南峰/ 1,175m )山頂である。 042.gif 066.gif
山頂には錆びたトタン屋根のつぶれた祠があり、樹木に囲まれていて展望はあまり良くない。 015.gif
50m北側にある北峰にはしっかりした石祠がある。
木立の間から両神山の稜線と、そこへ続く天理尾根の急なラインがすごい! 005.gif
“あんな急な尾根を行くのか~” と改めて思うことだろう。 008.gif
天理岳に着いてホッとしている場合ではない。
本番はむしろここからである。 017.gif
トレイルは、北峰から少し戻った西側に続いている。
天理岳からは枯れたササ藪を下り、小ピークを越えてまた降る。




f0308721_21451359.jpg
天理岳から1時間弱で “禿岩” と呼ばれる岩場の下りとなる。このルートで私が一番いやらしいと感じた岩場だ。下部が垂壁なので慎重にスタンスとホールドを探しながらクライミングダウンする。




f0308721_21453266.jpg
禿岩の先もヤセ尾根が続くが、それなりにトレイルはついているので迷うことは無いだろう。




f0308721_2146774.jpg
禿岩から約40分、1,306m(スズの頭)のピークを過ぎると辺りがシャクナゲの群生地となる。シャクナゲは稜線近くまで結構長いシャクナゲ・ラインとして断続的に群生していた。そして、いよいよ勾配も増し、一気に約500mの登りとなる。登っても登っても樹林の中で飽きてくる。 042.gif 021.gif




f0308721_214618100.jpg
シャクナゲが疲れを癒してくれる。 056.gif 056.gif




f0308721_2026835.jpg
前東岳の登りに入ると、右側の深い渓谷、尾ノ内沢の岩場が現れる。八丁尾根の東岳から顕著に見える “大キギ” と、その下部にもピナクルのような岩塔が見える。 005.gif




f0308721_2147852.jpg
ピナクルをズームしてみた。写真では結構すっきりしたフェースに見えるが・・実際は? 004.gif




f0308721_21472645.jpg
前東岳へは急な岩場を木の根っこを掴みながら四足で登る。岩場から見える尾根は両神山の南尾根(梵天尾根)かな?




f0308721_21474726.jpg
シャクナゲに混ざって、ミツバツツジもちらほらとみられる。岩場には可愛いイワカガミも群生していた。 056.gif




f0308721_21481385.jpg
そして、いよいよ八丁尾根に突き上げる前東岳が眼前に迫てくる。もうひと登りだ! 042.gif 070.gif




f0308721_2148306.jpg
振り返ればだいぶ標高も高くなり、秩父の山々、遠くに西上州の山々が霞の中に浮かんでいる。 072.gif




f0308721_21485214.jpg
そして、ついに八丁尾根の東岳と剣ヶ峰の間の稜線に飛び出る。
天理岳から3時間強、登山口から5時間20分の長い登りであった。疲れた~! 042.gif
バリケードには “天理岳方面 登山道未整備のため自己責任で!” と書かれている。
はい、登山行為はすべて自己責任で行うものですからね。 034.gif




f0308721_21495860.jpg

f0308721_21503843.jpg
さて、八丁尾根に出てしまえば、山頂までは30分程の稜線歩きだ。ここからは猫も杓子も中高年も大好きな百名山なので割愛していこう。 041.gif
山頂直下のクサリ場を登り切れば、大勢のハイカーで座る場所もない両神山剣ヶ峰(1,723m)のピークだ。 066.gif
山頂にはいったいいくつの山名板があるの?って、思わせるほど来るたびに山名板が増えている。
岩場のピークということもあるが、その人の多さが何度来ても居心地の悪いピークだと私に感じさせる。 021.gif
1株のサクラの木だけが、 “お疲れ様” と長い尾根を登り終えた私を癒してくれた。 056.gif 043.gif




f0308721_21515323.jpg
下山は、猫も杓子も中高年も大好きな百名山、両神山の一般ルートなので割愛していこう。 041.gif
山頂から20分も降れば両神神社に着く。




f0308721_21522611.jpg

f0308721_21524220.jpg
両神神社からさらに20分も降れば七滝沢コースとの分岐に着く。

清滝小屋経由のコースと分かれて、七滝沢へ向かう北側のトレイルへ進む。




f0308721_20331766.jpg
七滝沢に掛かった木橋を渡り、沢に沿って東に向かうと “養老の滝” が現れる。その下には “霧降の滝” が懸かっている。 072.gif




f0308721_21533789.jpg
滝も急峻なら、滝に沿ってつけられたトレイルも急だ。膝に悪そうな急斜面をスリップしないようにゆっくり降りる。途中に一カ所クサリ場があるが、あまり必要性がないようなクサリだ。 039.gif




f0308721_20275120.jpg
ひとしきり急下降を終え沢床に着き、渓谷を見上げる。 072.gif




f0308721_21542350.jpg
沢筋にはやはり花が咲いていた。Oh~1年ぶりに見たラショウモンカズラ。上野村のシオジ原生林で初めてこの花を見た時は、名前がかっこいいな~と思ったが、名前の由来を聞いてゲゲゲの鬼太郎になった。なんでも武将が羅生門で切り落とした鬼女の腕に見立てたものとか・・ゲゲゲ 008.gif
→ “上野村 北沢渓谷にシオジ原生林を求めて   Shiozi forest in Ueno,Gunma




f0308721_2157455.jpg
沢を横切り七滝沢の右岸を大きく高巻きながら降る。途中、斜面が崩壊している場所を通過するが、元々あったと思われる木橋が落ちて、ワイヤーにぶら下がっていた。その後、急な尾根を降ってハシリドコロが群生する沢筋に戻る。




f0308721_21574751.jpg

f0308721_2158378.jpg
日向大谷まで4.2kmの道標に、 “まだ4kmもあるのか~・・” と、がっかりする。 007.gif
下降を始めて1時間30分、ピクニックテーブルのある “赤滝” に到着。 042.gif 063.gif
赤滝は、赤みを帯びた岩盤の上を流れる滝なのでこのネーミングのようだ。
残念ながら滝は絶壁帯に囲まれていて滝壺へは降りられない。
滝の上から滝をのぞき込むだけ。




f0308721_2159435.jpg
赤滝を過ぎて、急な尾根のスイッチバックで再び沢床に着く。ここにも滝が・・




f0308721_2159236.jpg
水際には星形の黄色い花、ヒメレンゲが一面に咲いていた。この花マンネングサとの違いが良く分からない。水際に咲くのがヒメレンゲ? 039.gif




f0308721_21594815.jpg
ほぼ滝が終わると再度、沢を横切り左岸のトレイルとなる。ここからのトレイルは七滝沢の高い所の山腹をトラバースして行くので七滝沢ははるか右下に深い谷となり、沢の音だけが聞こえてくる。




f0308721_2201385.jpg
日向大谷まで2.4kmの道標を過ぎると、石垣の積まれたトレイルとなり、清滝小屋ルートとの合流点 “会所” は近い。




f0308721_2211510.jpgf0308721_2213215.jpg
清滝小屋からのトレイルと合流し、ようやく表山道ともいうべきトレイルとなる。鳥居をくぐれば日向大谷までは1km強だ。




f0308721_2224167.jpg
そして、この残り1kmが、ちょうどガクウツギの開花期でウツギロードとなり、この花の香りに包まれながらの下山となった。 056.gif 056.gif
途中、天理岳から落ちる長尾沢を横切る。この長尾沢から諏訪神社という神社跡を経由して天理岳に登るルートもある。もちろん未整備のバリエーションルートであるが面白そうだ。 013.gif




f0308721_2233531.jpgf0308721_2235418.jpg
ウツギロードから日向大谷の高台に出る。眼下に両神山荘やパーキングを見下ろしながら、長かった1日の山行を振り返る。 043.gif

天理尾根は全体的にヤセた藪岩で、何カ所か四足で登るような岩場の急登もある。滝沢コースは全体的に勾配がきつく転倒、滑落注意である。 034.gif

私のこのトレイルへの評価: 4★ 中級~上級者向け
行程距離: 約11km(日向大谷‐楢尾沢峠‐1083m三角点‐天理岳‐禿岩‐1306mスズの頭‐八丁尾根稜線合流点‐両神山‐両神神社‐七滝コース分岐‐養老の滝‐赤滝‐会所‐日向大谷)
標高差: 約1100m (累積高低差はこれ以上)
実動時間: 約9.5時間 (登山口から両神山頂まで約6時間、山頂から七滝コースで下山約3時間、30分のランチ休憩込み)

f0308721_224484.jpg

この情報は役にたちましたか? 下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.

にほんブログ村

にほんブログ村

by dream8sue | 2016-05-22 21:30 | 秩父多摩甲斐 国立公園 | Trackback | Comments(0)