カテゴリ:神奈川県エリア( 2 )

山北町 西丹沢 ミツマタの花咲くミツバ岳     Mitubadake in Yamakita, Kanagawa

Saturday, March 28, 2015
f0308721_5231869.jpg
私にはあまり馴染みのない西丹沢に、ミツマタの花が咲くミツバ岳という山がある。和紙の原料らしいが、見たことが無いこの花に誘われて電車に揺られ行ってきた。 070.gif
Wow! 本当に枝が三つに分岐している!だからミツマタね~ 005.gif 045.gif




f0308721_5235418.jpg
<公共交通の場合> JR新宿駅から小田急線に乗り換え新松田駅まで行き、そこからは小田急湘南バスで西丹沢自然教室行きに乗り、丹沢湖畔の “浅瀬入口” で降りる。
バスは1時間に1本程度の便しかない(平日に至ってはさらに少ない)のであらかじめ時間のチェックをしておこう。 → 小田急湘南バス時刻表

<マイカーの場合> 関越自動車道~首都圏中央連絡自動車道~東名高速道路と乗り継ぎ、大井松田ICでおり、国道246号線に入り西に約30kmほど走る。“清水橋” の信号で右折し県道76で北に走る。道の駅山北の前を通り過ぎ、しばらく走ると丹沢湖を渡る。すぐ左に県道729のトンネルを分ける三差路の所が“浅瀬入口”のバス停である。
駐車場はバス停から県道76を北に少し行った “城山” の信号を右折し、郵便局の先の左側にある。またはトンネルをくぐり県道729を西に走り、滝壺橋までの間の路肩にある。




f0308721_5254432.jpg
トレイルはミツバ岳と権現山を通るループトレイルなので、どちらの方から登っても同じ路を歩くのだが、バス停で降りたほとんどのハイカーがミツバ岳から登るべく丹沢湖の湖畔を西に向かって歩いていった。ならば私たちは集団の喧騒を避けるべく逆ルートの権現山から登ることにする。トンネル脇の階段を登り、鉄塔の脇を抜け植林帯に入って行く。 070.gif




f0308721_5261172.jpgf0308721_5262265.jpg
トレイル脇には、マムシ草やスミレなどの春を感じさせる草花が出迎えてくれる。 056.gif 043.gif




f0308721_527197.jpg

f0308721_5271147.jpg
いきなりきつい登りであるが、30分ほど登ると尾根上に出る。

そこは標高661mの滝ノ沢ノ頭と思われる。

そこから権現山方向(北西)に尾根伝いに行く。

周辺はツバキの木が目立つ。

中にはまだ花をつけている木もある。 056.gif




f0308721_528079.jpg
やがて明るい自然林の雑木林になる。キブシ?の花もあちこちに見られる。




f0308721_5285031.jpg
木立の間から、丹沢湖が見え隠れする標高になると、いきなり目の前に黄色い球状の花が現れる。ミツマタの群落である。 056.gif




f0308721_529108.jpg
一見、蜂の巣のように見える球状であるが、球状の中の一つ一つの花はウツギのような円錐形の小さな花が集まっている。遠くに富士山が見えている。富士山とミツマタの花、お約束のショットだね。 003.gif




f0308721_5293277.jpg
ミツマタの群落を過ぎ、権現山まで0.8kmの標識にたどり着く。 001.gif “いよいよ1kmをきったぞ” と喜んでいたが、実はこの道標から山頂までが一番きつい登りだ。 042.gif




f0308721_5295893.jpg

f0308721_5301137.jpg
常緑樹のトンネルから傾斜がきつくなる。

20歩歩いては止まって呼吸を整える。

まるでヒマラヤ登山みたいに登高が苦しい。 042.gif

ついつい下ばかりを見て歩いてしまう。

ふと顔を上げると、目の前に白い綺麗な花が目に入った。

葉はよく見かける常緑樹であるが・・シキミかな? 039.gif

初めて見る花に感動、こんなに綺麗な花を咲かせる木だったのか! 056.gif




f0308721_531554.jpg
やがて傾斜が緩やかになり、権現山まで0.3kmの道標が現れる。 “もう少しだ、頑張れ!山頂は近いぞ~!” 070.gif




f0308721_531305.jpgf0308721_5314665.jpg
登山口から約2時間30分、権現山(1,019m)に到着だ。 066.gif 山頂は東西(南北?)に長く、落葉樹林に囲まれているので、葉を落とした今の時期はとても明るいピークだ。 060.gif 063.gif




f0308721_533752.jpg
葉を落としていると言っても、中にはもう春の息吹を感じさせる樹木もある。山頂周辺が新緑に包まれた頃はさぞかし美しいことだろう。 072.gif




f0308721_5332890.jpg
この日は、汗ばむほどのポカポカ陽気で、ランチタイム後は昼寝でもしたくなる気分であったが、ミツバ岳を目指して下降に取りかかろう。 058.gif 019.gif ここで注意しなければならないことは、ミツバ岳への案内標識は無いということだ。 034.gif うっかりすると北側の二本杉峠(道標あり)へ向かってしまいそうだが、ここは南西に進む。樹木などに赤ペンキがしてあり、踏み跡もあるので注意していれば分かるはずだ。




f0308721_534158.jpg
下降に入ってからも、一切の道標はないので、踏み跡を見失わないように気をつけよう。コンディションも滑り易く、ハイキングポール(ストック)があれば良いと思うことだろう。標高をだいぶ下げた(約180mくらい)あたりから、ミツマタの木があちこちに現れるようになる。 056.gif 072.gif




f0308721_534417.jpg
トレイルから離れた山中のあちこちに黄色いボンボン(ミツマタの花)が咲いている。 056.gif




f0308721_5351249.jpg
そして権現山から約1時間弱の下降で、手書きの標識だけがあるミツバ岳(835m)に着く。




f0308721_5355011.jpg
日当たりの良い南側には満開のミツマタの花が咲き、その先には富士山がそびえている。残念ながら午後の光の中なので肉眼では見える富士山も写真には上手く写らない。 強く念じれば見える人には見えるかもしれない。 003.gif




f0308721_53646.jpg
そして東側には、ミツマタの群落の先に青い湖面の丹沢湖が横たわっている。 072.gif




f0308721_5362372.jpg
周辺はミツマタの畑状態だ。 056.gif 060.gif




f0308721_5365392.jpg
ミツバ岳を後にし、ほどなく植林地帯に入る。スイッチバックを繰り返す路は意外と長く感じる。でも、ここにもミツマタが咲いていて楽しい気持ちにさせてくれる。

日当たりの良い自然林にしか自生できないのかと思いきや、針葉樹林帯の中にもたくさんのミツマタがあり、生命力の強い植物なのかも知れないと思った。生命力に欠ける私としては実にあやかりたいパワーである。 003.gif

西日の差す薄暗い樹林帯に白いミツマタが幻想的に浮かびあがる。青空に映える黄色いミツマタとは別の美しさがある。 072.gif




f0308721_5375944.jpg
そして、ミツバ岳から降ること1時間弱、左の谷底から沢の音が聞こえてくるようになれば登山口は近い。最後の急な斜面を降れば、丹沢湖畔の滝壺橋の脇に飛び出る。橋から見える3段の滝は、滝壺に倒木があり、期待していたよりだいぶ荒れている感じがする。 002.gif




f0308721_5384983.jpg
丹沢湖畔にそって、権現山登山口(浅瀬入口バス停)まで約30~40分ほどの車道歩きである。湖畔のサクラが見れるかと思ったが、まだ一分咲き程度で、ほとんどの木がぷっくらとした蕾の状態だった。 056.gif 072.gif




f0308721_54940100.jpg
ここのところ植林地帯の奥武蔵縦走や、岩稜帯の西上州のハイクが多かったので、久しぶりの花見山行だ。
初めて見るミツマタの花畑も圧巻であったが、まさに春の陽だまりハイクと言うにふさわしい里山だ。
わざわざ群馬から出かけていくだけの価値があるだろう。 049.gif
少なくとも群馬に野生のミツマタの花が見られる山を私は知らない。
ハイキングトレイルとしては完成度は低く、コンディションはあまり良くない。
ハイカーの少ない西上州なら分かるが、結構な人数のハイカーが訪れている山にしては歩きづらいトレイルだ。

私のこのトレイルへの評価: 4★ 中級者向け
行程距離: 約8km(浅瀬入口バス停‐権現山‐ミツバ岳‐滝壺橋‐浅瀬入口バス停)
標高差: 約700m
実動時間: 約5時間 (休憩込み)

f0308721_5503100.jpg

この情報は役にたちましたか? 下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.

にほんブログ村

にほんブログ村
by dream8sue | 2015-03-28 03:42 | 神奈川県エリア | Trackback | Comments(0)

南足柄市 矢倉岳から足柄古道を歩く     Mount Yagura in Minamiasigara, Kanagawa

Thursday, January 1, 2015
f0308721_5443268.jpg
前日に城ヶ崎海岸でラブリーなハイキングを楽しんだ私は、寒い群馬県に帰ることを嫌い、もう一泊し小田原から近い足柄峠に向かった。おにぎりを立てたような特徴的な山容をした矢倉岳 (870m) を登り、山頂で富士山の展望を楽しんでから、私の好きなコル(足柄峠)を歩くハイキングだ。 058.gif




f0308721_5451887.jpg
<公共交通の場合> JR高崎駅から湘南新宿ライン快速で小田原駅まで行き、伊豆箱根鉄道大雄山線に乗り換え大雄山駅に行く。大雄山線は全長10kmの小さな鉄道だ。
駅前の大雄山(関本)から地蔵堂行き(箱根登山バス)に乗り矢倉沢バス停で下りる。

または新宿で小田急小田原線に乗り換えて新松田駅で下車し、そこから同じく地蔵堂行きバスに乗る方法もある。後者の方が運賃は若干安上がりのようだ。どちらの駅からもバスの本数が少ないので、事前にバス時刻などを確認しておこう。 034.gif




f0308721_5473325.jpgf0308721_5474482.jpg
矢倉沢バス停から登山口までは里歩きなので、いささか分かりずらい。矢倉沢バス停は三叉路にあるので、バス路線から離れ北に曲がり(県道726号線の標識がある)川を渡る。矢倉沢の集落に入ると、家の壁に“矢倉岳ハイキングコース”と書かれている。この家は一般の民家なのかしら?だとしたら何てハイカーに親切な家だろう。040.gif 左折して少し行くと杉林があるので、そこを右折する(写真の今にも消えそうな道標がある)




f0308721_5483346.jpg
民家の細い道に入るが、各分岐には道標があるので迷うことは無いだろう。神社の前を左に行くとだんだんと坂道になってきて、集落から離れていく。 070.gif




f0308721_5485124.jpg
坂道の途中に道路を挟んで2軒の廃屋をみて、その先の分岐を左折すれば、風力発電装置のある茶畑に出る。茶畑の脇に獣除けの柵が設置された道が続いているので、柵を開けて進めば、いよいよ山路らしくなってくる。




f0308721_549920.jpg
登山道に入ってからも、分かりずらい所には道標が設置させている。




f0308721_5492855.jpg
前半は展望のないスギ林のトレイルを黙々と登る。 070.gif 042.gif




f0308721_5495933.jpg
でも、トレイル脇にはアオキなどの常緑樹が多く、時々立ち止まって植物観察しながらのんびり歩く。このアオキの赤い実は11月〜翌年5月頃まで付いている。実(身)持ちがいいね~って、違う意味か? 041.gif




f0308721_550189.jpg
全般的にトレイルの侵食が強く、深くえぐれている。 002.gif




f0308721_5505328.jpg

f0308721_5512862.jpg
矢倉沢バス停から1時間強、ようやくスギ林の登りが終り、辺りが自然林になり明るくなってきた。 058.gif

この周辺だけフラットであるが、この先も急傾斜のトレイルが続くので、ここで休憩してから先のトレイルに取り付こう。 063.gif

この根元の穴は? きっと誰かの家だよね~?039.gif 037.gif




f0308721_5534660.jpg
ガラッと雰囲気が変わり、葉を落とした明るい広葉樹の森を進む。 042.gif




f0308721_5541143.jpg
“水源の森林” そうだね、アメリカから帰国して、日本は “緑と水の国” だということを実感した。森林が元気でないと私たちが毎日使う水を安定的に確保できないからね。頑張れ神奈川県!私にできることがあったらお手伝いいたします。 040.gif 035.gif 003.gif




f0308721_5543747.jpg
枯れ葉色のキノコ。保護色? 041.gif




f0308721_555018.jpg
矢倉沢のバス停から約2時間、山頂に近くなり、トレイルには薄っすらと雪が・・やがてススキの原が現われれば、そこは矢倉岳 (870m) の山頂だ。 066.gif 042.gif




f0308721_5552492.jpg
山頂部はススキが一面に生えた平坦な裸地である。360度の眺望があり、富士山、金時山や明神ヶ岳などの箱根山地の山々、丹沢山地などを望むことができる。特に富士山を眺める展望台として人気が高い。 005.gif 072.gif 049.gif




f0308721_5564198.jpg
富士山頂付近には雲がかかっていて少し残念ではあるが、元旦から初富士を見ることができて良い年明けになった。かな・・ 039.gif
いつの頃からだろうか?お正月とかクリスマスなどのイベントが嫌いになったのは・・家族のいない私は、家族との楽しい思い出があるこの時期が嫌いだ。 044.gif 山頂で暖かなコーヒーを沸かしながら、前にもこんな感傷に浸った記憶があるなぁ~と思った。そうだ、あれはBig Bear Lakeのハイキングの時だ。11月のThanksgiving Day感謝祭の日の1人ハイキングだ。ターキーを焼きパンプキンパイを食べながら人々は家族そろってThanksgiving Dayを祝う。そんな中、私は1人でBig Bear Lakeを訪れ、アメリカの雄大な自然に感動し、自然に癒されていた。 → “Big Bear Lake 周辺のハイキング Ⅳ  Cougar Crest Trail to Bertha Peak”




f0308721_5572436.jpg
富士山から左に目をやれば、金太郎伝説で知られる金時山が南側にそびえている。金時山から足柄峠にかけての山々が足柄山と呼ばれている。金時山にもいつか登ってみたいな~ 045.gif
さて、山頂で休憩した後は、その足柄峠を目指して下山する事にしよう。電車、バスでのアクセスの場合は、こういったポイントからポイントを繋ぎ(縦走形式)入山口に戻ることなく行程を展開することが出来るからいいよね。 049.gif




f0308721_5574542.jpg
矢倉岳山頂から、しばらくは富士山の秀麗を見ながら北西に進む。やがて急傾斜の下り坂になり、薄っすらと雪の着いたトレイルは滑り易いので、足元に気を取られながら降りきると、そこは“山伏平(やまぶしだいら)”という樹林帯の中の分岐だ。右に洒水ノ滝へのトレイルを見送り、左に曲がると、すぐに地蔵堂へ行くトレイルと万葉公園へ行くトレイルの分岐があるのでの、右に曲がり万葉公園を目指そう。 071.gif




f0308721_558636.jpg
山伏平からスギ林の山腹を30分ほど行けば、たくさんの句碑があちこちに建てられた万葉公園に着く。




f0308721_5585469.jpg
万葉公園内にはたくさんの樹木が植えられ、樹木のネームプレートはもとより、その木にちなんだ句なども表示されている。新緑の頃など楽しいだろうな~ 039.gif 072.gif




f0308721_5592066.jpgf0308721_5593410.jpg
ケヤキ、マユミ、サカキ、シキミ、イタヤカエデ、コナラ、ウラジロガシ、ネムノキ、カラタチ、カツラ・・おっと、私の髪の毛はカツラですが、、何か? 041.gif
冬枯れの今の時期はどの木も判別が難しい。そんな中で緑の葉をつけたアセビとヤブツバキの木だけは私でも判別できた。 056.gif




f0308721_604030.jpg
万葉公園から車道脇に付けられたトレイルに沿って西に行くと足柄峠に至る。古代、足柄峠は西国と東国を結ぶ要路であった。車道を少し行けば静岡県との県境となり、静岡県側には足柄城跡や関所跡のある足柄峠城址公園、聖天堂などがある。富士山の景色が素晴らしい景勝地でもあるので観光客に人気がある。時間があるようなら寄ってみると良いだろう。 049.gif




f0308721_61429.jpgf0308721_611837.jpg
私は足柄峠城址公園には行かず、県境の道路標識から左に入ったところにある足柄明神社の鳥居をくぐり足柄古道にぬけた。 071.gif
足柄古道は足柄峠から、寄りの集落で路線バス便のある地蔵堂地区までの旧足柄道、約3kmを “古道” として整備したものだ。“古道” という響きに惹かれて足柄古道を降った。




f0308721_62439.jpg
足柄古道は、途中までは石畳の敷かれた風情ある路だったのだが・・ 072.gif




f0308721_623297.jpg
古道を1kmも行くと車道に出てしまう。そして、車道を横切り、また古道に入る。

カーブの多い車道をショートカットするように、何度も車道と古道を交互に歩く。

短いところでは100mくらいで車道に出てしまって、何だか興ざめである。 015.gif




f0308721_632749.jpg

古道の最後は車道歩きになり、相の川を渡り左下に茶畑が見えてくれば足柄古道も終点である。

大きな観光案内板のある三叉路で右折しバス停のある地蔵堂に向かう。 070.gif




f0308721_642285.jpg
三叉路から0,3kmくらいで地蔵堂に着く。バス停は地蔵堂の左側にあり、茶店もあるのでバス待ちの時間調整には便利だ。 063.gif 矢倉岳山頂から地蔵堂までは、万葉公園での散策も含め約2時間30分くらいだ。 059.gif




f0308721_051408.png
私のこのトレイルへの評価: 4★ 中級者向け

行程距離: 約11km(矢倉沢‐矢倉岳‐足柄万葉公園‐足柄峠‐足柄古道‐地蔵堂‐夕日の滝‐地蔵堂)

高低差:約600m

実動時間:約5.5時間(休憩込み)






【おまけ】 夕日の滝
f0308721_663844.jpg
金太郎が産湯をつかったという “夕日の滝” は地蔵堂から歩いても往復30~40分くらいなので立ち寄ると良い。酒匂川の支流内川にかかる落差23m、幅5mの滝である。地蔵堂から南西にある集落をぬけていく。集落の中には “金太郎生家跡地” や “金太郎の遊び石” などもある。また、猟犬供養塔の前にはイノシシの皮が吊るしてあったりして、野生的なにおいのする里だ。

f0308721_672387.jpg

この情報は役にたちましたか? 下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ

by dream8sue | 2015-01-01 00:18 | 神奈川県エリア | Trackback | Comments(0)