カテゴリ:中部山岳国立公園( 5 )

中部山岳 残雪と花の山 Day1 蓮華温泉から白馬大池     Lake Shirouma in Chūbu-Sangaku NP

Wednesday, August 9, 2017
f0308721_111538.jpg
動きの遅い台風の上陸によって山行計画がことごとく中止、延期になってしまった。 そんな中、台風一過のチャンスを狙って北アルプスの朝日岳へ行ってきた。 朝日岳は、ハイカーに人気の白馬岳の北にあり、中部山岳国立公園の最北に位置する訪れる者も少ない山である。 しかし、高山植物の多さには定評があり、植物観賞ハイクには最適である。 今回は蓮華温泉から時計回りに、白馬大池から三国境まで主稜線を歩き、三国境から北へ進み(白馬岳には行かずに)朝日岳に行くルートである。 

なお、文中の植物名については備忘的に書いているだけなので、種名に関しては定かではありません。 間違った記載などあれば教えていただけると嬉しいです。 (^_-)-☆





f0308721_1216.jpgf0308721_122180.jpg
<マイカーの場合>
上信越自動車道から長野自動車道に入って更埴ICで降り、県道70号線~県道31号線で小川村を通りぬける。 国道148号線に合流したら北上し白馬村から小谷村へ入る。 “平岩” の信号で右折してJR大糸線の平岩駅の手前の交差点を右折して県道505号線に進む。 山道を約20km(けっこう長く感じる)走った最奥に蓮華温泉のパーキングがある。 パーキングは30台くらい駐車可能な大きなものであるが、温泉客やキャンプ場などのパーキングも兼ねているので、遅い時間だと週末などは満車になってしまう。

バスは糸魚川駅行が4本/1日(7/15~8/20)あるのみで、それも8/26からは2本/土・日・祝日のみ運行と極端に少なくなる。 静かな山を歩きたい私にはハイカーが少ないのは有難いことだが、アクセスの悪さは改善してほしいなどと身勝手なことを考えてします。 

初日の朝は、台風の余波で朝から本降りの雨であった。 雨が止むのを待っての遅いスタートとなったので予定を変更して、(当初は蓮華温泉から反時計回りに朝日岳まで行く予定であった)本日は白馬大池までのショートハイキングとする。 

パーキングのすぐ先に白馬岳蓮華温泉ロッジがあり、トレイルは小屋の裏から二手に分かれている(写真右)。 左は露天風呂へ続く路で、右のトレイルが白馬大池へ続くトレイルである。 時間があれば露天風呂に入ったり、火山噴気帯を見たりするのもいいだろう。 露天風呂はともかく、火山噴気帯を見る機会はなかなか無いので寄ってみたかったな~。 残念!




f0308721_134615.jpg
パーキング周辺にオオウバユリがたくさん咲いていて、初めて見るその大きな花にびっくり。




f0308721_14333.jpg
トレイルに入ると、小沢をいくつか横切りながら緩やかに登って行く。 降雨続きの後だけに山腹から流れだす水なども多く、トレイルコンディションはウエットで歩きづらい。




f0308721_154658.jpg


f0308721_15585.jpgf0308721_161323.jpg
でも、水が多いところには花も多い。 特に多く目についたのがタマガワホトトギス(写真上)とエゾアジサイ(写真左)だ。 沢筋にはウワバミソウ(写真右)も花をつけていた。




f0308721_17467.jpg

f0308721_172143.jpg

30分も登れば目の前が開け、対岸の崩壊斜面が見えてくる。 

アキノキリンソウや、オトギリソウ(シナノオトギリかな?)などを見ながら登っていくと、“蓮華の森” から針葉樹林帯と自然林が入り混じるようになる。




f0308721_182830.jpg
台風の余波で時々、小雨がぱらつくが、雨具を着るほどでは無かった。 道案内するかのように2羽の小鳥が私の前をちょろちょろと飛んで行く。 1羽は首回りが赤い。 何ていう鳥かな?




f0308721_184689.jpg
時々、倒木などもあるが概ね整備されたトレイルなので迷うことは無い。 




f0308721_19937.jpgf0308721_192941.jpg
花も多く、ソバナ、オタカラコウ、ミヤマカラマツ、ヤマハハコ、ハナチダケサシなど夏山の定番の花が出そろっている。 実を付けているのはタケシマラン(写真左)かな? キヌガサソウ(写真右)も30㎝はあろう葉を広げ、拳ほどの白い花びらの中央にすでに実を付けている。




f0308721_1101436.jpg
イチヤクソウがいたる所に咲いている。 おや?この株はイチヤクソウにしては線が細いな~? コイチヨウランかしら?




f0308721_1103023.jpg
キャー!目玉おやじ(ギンリョウソウ)がにらんでる! 今回のお笑い大賞。 ヾ(o≧∀≦o)ノ゙hahaha




f0308721_112252.jpg
やがて苔むしたツガの森に入り、高度を上げて行く。




f0308721_11235100.jpg
苔の星が綺麗~  ワ━(〃゚∀゚〃)━オッ♪




f0308721_1125238.jpg
森林限界が近くなると、風雪で曲がった樹木がまるでギリシャ神話のメデューサのうねった毒蛇頭髪の様に見える。




f0308721_113993.jpgf0308721_1132453.jpg
日当たりの良くなった山腹にはますます花が増え、大きなアザミ(写真左)やオレンジ色が目をひくクルマユリ、ハクサンオミナエシ(写真右)などが現れる。




f0308721_1143522.jpg
蓮華温泉から約2時間30分で “天狗の庭” に着く。 天狗の庭は大岩が転がる山腹に高山植物が咲き乱れる場所である。 ここまでがウエットな地盤だったので腰を下ろして休む気になれず、ここで最初の休憩をとる。




f0308721_1145758.jpgf0308721_115867.jpg
f0308721_1153147.jpgf0308721_1154412.jpg
天狗の庭周辺は花盛り! 




f0308721_1165046.jpg
花の周りは蝶々もいっぱい!




f0308721_11733.jpg
雨も上がり、西側の雪倉岳方面の稜線が見えてくる。 やはりハイキングはお天気次第でテンションも上がるね ♪




f0308721_11719100.jpg
天狗の庭を過ぎ、南側の小ピークの西側を巻くように登って行く。 途中に小沢が流れる湿原性のお花畑を横切る。 




f0308721_1173575.jpg
モミジカラマツやイワイチョウが斜面いっぱいに咲いている。




f0308721_1175431.jpgf0308721_118731.jpg
水場ではよく見かけるオオバミゾホオズキ(写真左)は一見スミレの花の様にも見えるが、スミレの仲間ではないらしい。 こちらの白いスミレ(写真右)もよく見かけるけど何だろう? ツボスミレかな?




f0308721_19305953.jpg
ダイモンジソウも今回のルート上ではけっこう見かけた。 里山で見るものより、やや小ぶりだからミヤマダイモンジソウかな?




f0308721_11929.jpg

f0308721_1191923.jpg

この巻き路が結構長い。 

大岩がゴロゴロした路は濡れていて滑り易い。

水流のある沢や沢状のルンゼをいくつもトラバースしながら標高を上げる。




f0308721_1195495.jpg
花の撮影に足を止めてばかりで、天狗の庭から約3時間で白馬大池へ到着。 蓮華温泉からコースタイムの倍の6時間かけてのゆっくりペースでの到着である。




f0308721_1201446.jpg
大池のまわりは高山植物の群生地。 




f0308721_1203321.jpg
イワカガミやイワイチョウ、アオノツガザクラにハクサンコザクラ、タテヤマリンドウなどが見られるが、圧倒的にチングルマが多い。




f0308721_1204897.jpg
これはツガザクラの実かな・・?




f0308721_121628.jpg
濡れたサンカヨウの花を思わせるハクサンイチゲ。 ハクサンイチゲも濡れると透明になるんだね。




f0308721_1212783.jpg
大池周辺の小ピークにはまだ雪渓が残っている。




f0308721_1214548.jpg
雪解け水はアヤメの群落を育て、雲上の花園を形成している。




f0308721_122421.jpg
スクリュー形の白花はエゾシオガマかな?




f0308721_1353389.jpg
山小屋の前にはムカゴトラノオ?と思われる群落も見られる。




f0308721_1355391.jpgf0308721_1361867.jpg
大池の湖畔には白馬大池山荘があり、今夜はここでテント泊(1000円/1人)




f0308721_1365732.jpg
時間が早いのでテント設営後に大池周辺を散策してみた。 




f0308721_1371014.jpg
白馬乗鞍岳方面(栂池方面)へのトレイルからはハイカーが続々とやってくる。 溶岩のボルダーがゴロゴロするトレイルなので足場が悪い。 




f0308721_137249.jpg
大池の湖面を覗いてみれば、イワイチョウの花が美しく咲き・・




f0308721_1373995.jpg
サンショウウオがたくさん泳いでいた。 大池にサンショウウオが生息しているなんて知らなかった!

ここのサンショウウオは小さくて可愛らしいが、初めて見たサンショウウオはカリフォルニアで見たので、大きくてキモかった。 → “Salamander に会えるトレイル ― Trabuco Canyon Trail & Holy Jim Falls ―”

サラマンダー2回目体験はこちら → “ジャングル・アドベンチャーの滝  Harding Canyon Falls in Santa Ana Mountains”




f0308721_1375341.jpg
湖畔に生えるハイマツの周りをカゲロウが飛んでいる。 カゲロウは寿命が短い生命体らしいが、命を燃えつくすように激しく飛び交う姿は、カゲロウというはかなげな言葉とは裏腹なエナジェティックなものを感じる。 




f0308721_1381914.jpg
白馬大池には昔、栂池方面から登ったことがあるが、こんなに綺麗な場所だったことに気づかなかった。 登山への目的意識が違うと景色まで違って見えるんだな~。 

霧もすっかりはれて、小蓮華山から白馬岳方面への稜線が見えている。 明日は稜線散歩が期待できそうだ。




f0308721_1383727.jpg

本ルートのマップ
私のこのトレイルへの評価: 4★ 初級~中級者向け
距離:約4km/ 所要時間:約6時間(蓮華温泉9:30‐天狗の庭 12:00‐白馬大池 15:30)
標高差: 約910m



f0308721_1391260.jpg
下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.

にほんブログ村

にほんブログ村

by dream8sue | 2017-08-09 01:56 | 中部山岳国立公園 | Trackback | Comments(3)

中部山岳 冷たい雨の横尾谷右俣から天狗原    Yokōtani in Chūbu-Sangaku National Park

October 8-9, 2016
f0308721_186281.jpg
今年2016年の夏はお天気が悪く、高山ハイキングの計画をたてようにも3日と好天が続かない。 今年も高山ハイクは無理かな~と諦めていたのだか、某山岳会の秋山合宿に参加させてもらえることになり同行した。  057.gif
ルートは、昔、何度も通った上高地からの槍、穂高エリアである。 しかも、ハイキングとしてはバリエーションルートの横尾谷右俣から天狗原を周回するルートである。 009.gif
しかし、10月の3連休前半は雨模様の予報だ。 え!この天気で行くの? はい、山岳会は行くのですね~ そうでした、私も昔は山岳会に所属していたが、多少の雨風など物ともせずに行ってたな~ でも、今は試練より快適さが優先のお気軽ハイカーだし、久しぶりの団体行動にも免疫が薄れているしな~・・どうなることやら・・  025.gif




f0308721_17171597.jpg
上高地は長野県の一大観光地なので、アクセスに関しては、マイカーは元より、公共機関も直通バスなどの利用もあり大変アクセスし易い。 → 上高地公式サイト 
上高地は、自然保護のためマイカー規制がされていることは、ハイカーに限らす周知のことである。 私達は、沢渡のパーキングからタクシーで上高地へ入った。 上高地バスターミナルから梓川に沿って舗装道路を上流に5分も歩けば、上高地のシンボルである河童橋に着く。 




f0308721_17193867.jpg
さて、上高地から横尾までは “梓川街道” と呼ばれるほぼ平坦な路(約10km)を歩く。 ハイカーなら誰でも知っている街道なので、説明は省略してもいいよね~  
明神に向かう途中で明神岳が見えてくるが、雲がかかっている。 紅葉もまだまだね。 昨年、徳合峠越えして見た明神岳の紅葉は見事だったな~ 045.gif  → “中部山岳 栄枯の歴史をたどる徳本峠越え(霞沢岳K1と明神池) Kasumisawadake in Chūbu-Sangaku National Park”




f0308721_17204212.jpg
上高地から梓川の左岸(右側)を約3km(約1時間)歩いて明神に到着。 042.gif




f0308721_17213146.jpg
明神から徳沢へ続く路を歩いていると、キーキーと何やらけたたましく鳴く声がする。 Wow! Small monkey 005.gif 037.gif




f0308721_17214848.jpg
トレイル脇にある古池の透き通った水と古木がとても風情がある。 072.gif




f0308721_172252.jpg
辺りはまだグリーンが多いが、路肩のトチノキに秋の気配を感じる。




f0308721_17223055.jpg
梓川の流れと、対岸の山。この山のバックは前穂高岳だけど、雲の中。




f0308721_17225542.jpg
などど、久しぶりの梓川街道にウキウキしながら歩くこと約3.5km(約1時間)で徳沢に到着。 042.gif 063.gif




f0308721_17231267.jpg
徳沢から新村橋の分岐を左に分け、梓川の流れを見ながら歩くこと約4km(約1時間10分)で横尾に到着。 042.gif




f0308721_17233695.jpg
横尾山荘の前からルートが分かれる。 梓川に架かる横尾大橋を渡り涸沢方面へ進む。 この横尾大橋は近代的な作りであるが、面白いほど揺れる。 060.gif  024.gif




f0308721_1724946.jpg
Oh~、我が青春の壁、屏風岩が霧の中に見えてきた。 016.gif




f0308721_17242851.jpg
横尾から本谷橋までは横尾谷を眼下に見ながら谷の左岸(右側)を行く。 070.gif




f0308721_17245783.jpg
横尾から1時間強で本谷橋に到着。 ここから谷は涸沢と横尾谷に分かれる。 穂高岳のベース涸沢を目指すハイカーは橋を渡って尾根路を進んでいく。 私たちはここから横尾谷の沢ルートに入る。




f0308721_17252499.jpg
沢ルートと行っても、クライミングとしての沢登りルートではなく、あくまでハイキングのバリエーションとしての位置づけの沢登りである。 だから登攀具も沢登りのシューズも履いていない。 水流に入らないように川岸を行くのだが、これが沢登りより厄介だ。 025.gif




f0308721_17275649.jpg
左岸の踏み跡を探しながら進む。 雨も小雨、時々本降りという感じで、水流を避けて歩いていても、いつしか靴が濡れてくる。 007.gif




f0308721_17281933.jpg
判然としたトレイルなどは無く、岩を攀じ登ったり、高巻きしたりと時間と体力を消耗する。 しかも大パーティーの動きは鈍い。 008.gif




f0308721_17283797.jpg
対岸の樹木がうっすらと紅葉している。 072.gif




f0308721_17292531.jpg
ようやく二俣に到着。 やれやれだ。 042.gif  しかし、ここからが幕営予定地の黄金平(右俣源流部の湿原)までが長かった。  008.gif




f0308721_17294045.jpg
右俣に入ると、沢の傾斜が増してルートも一段と分かりづらくなってくる。 時にはロープを出して渡渉しなければならず、パーティーの動きはますます遅くなる。  002.gif




f0308721_17301883.jpg
右岸から左岸に渡りフィックスロープの張られた大きな岩を攀じ登る。 左岸の踏み跡が無くなり、右岸へ渡り岩場を登るが、前の人が登るのを待つ時間が増えると、身体がどんどん冷えていく。 孤高のクライマー、加藤文太郎はきっとこうして、他人に付き合って死んだのだろうな~、彼1人だったら生きて帰れただろう・・と往年のクライマーに思いをはせる。




f0308721_17312088.jpg
あ~あ・・とうとう日が暮れてしまった。 ヘットライト歩行はルートを見定めるのにさらに時間を取られる。 幕営地到着は午後6時。 雨も本降り、深夜に至っては横殴りの雨となる。 当然、眠ることも出来なかった。  002.gif  025.gif




f0308721_17314789.jpg
睡眠時間はおそらく1時間くらいだろうか。 寝不足のまま朝となり、雨の中のテント撤収。 黄金平から横尾尾根のコルを目指して出発。 とにかく寒い。 早く歩いて身体を温めたい。 歩け、歩け! 振り返れば、バックには屏風岩がモンスターの様に霧の中に浮かんでいる。  005.gif  008.gif




f0308721_1732655.jpg
横尾尾根のコルまでは急登に加え、足場の悪いガレ沢、草付きの尾根をひたすら登る。 心臓は苦しいが、立ち止まると身体が冷えるので休まず登る。  042.gif  070.gif




f0308721_17322729.jpg
横尾尾根のコルが見えてきた! この山行における最高地点である。 無雪期の横尾尾根は初めてだ。 横尾尾根を歩くときは決まって積雪期だった。 女2人で厳冬期の北鎌尾根を登って、この横尾尾根を下降した記憶がよみがえる。 




f0308721_17325221.jpg
ようやくたどり着いた横尾尾根のコルからは、南岳への一般ルートが合流しているので踏み跡も明瞭となる。 雨も上がり視界も良くなる。が、寒くて雨具は脱げない。 002.gif




f0308721_17332150.jpg
コルからは天狗原へ降り、天狗池などを通り、槍ヶ岳へのポピュラーな登山道である槍沢へ合流する。 天狗池は想像していたより小さく、晴れていれば槍ヶ岳が映る美しい場所のようだが、雨の天狗池は・・・。 002.gif  057.gif
槍沢ルートに合流して、槍沢のU字谷を降る。 途中、水俣乗越からのトレイル分岐を左に分け、槍沢ロッジへと降る。




f0308721_17341441.jpg
槍沢ロッジの少し手前には、旧槍沢小屋跡地でキャンプ指定地になってのいるババ平がある。  私の記憶にあるババ平は、ただの草地のキャンプ地だったが、今は水道も綺麗なトイレも設置された立派なキャンプ地になっている。 時の流れを感じさせられるな~。  039.gif




f0308721_17343413.jpg
槍沢ロッジからは、梓川の美しい流れを見ながら、横尾~徳沢~明神~上高地と梓川街道をひたすら歩く。  070.gif  042.gif




f0308721_1735366.jpg
2日間、メインの横尾谷右俣から天狗原までは雨の山行だった。 この標高での10月の雨は非常に身体を冷やす。 両日とも朝6時から夕方6時まで12時間行動であった。 久しぶりにアルパイン魂に触れる山行であった。 057.gif

本ルートのマップ:yahoo! map
私のこのトレイルへの評価: 4★ 上級者向け
行程距離: 約34km(上高地バスターミナル~明神~徳沢~横尾~横尾本谷右俣~黄金平~横尾尾根のコル~天狗原~槍沢ロッジ~横尾~徳沢~明神~上高地バスターミナル)
標高差: 約1200m
実動時間: 約24時間 (8日12時間/ 9日12時間)

f0308721_17352615.jpg
この情報は役にたちましたか? 下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.

にほんブログ村

にほんブログ村

by dream8sue | 2016-10-09 17:13 | 中部山岳国立公園 | Trackback | Comments(0)

中部山岳 栄枯の歴史をたどる徳本峠越え(霞沢岳K1と明神池)  Kasumisawadake in Chūbu-Sangaku NP

Saturday, October 24, 2015
f0308721_128684.jpg
徳本峠越えの2日目は、上高地へ下山する前に、霞沢岳を往復することにする。

私がこの山の存在を知ったのは、登山を始めた20代の頃に読んだ新田次郎の小説の中でだったと思う。

また、それから何年か後に、岳人列伝という村上もとか著作の漫画でも厳冬期の霞沢岳を舞台にしたエピソードがあった。 045.gif

気になる山ではあったが、その存在は余りに地味で、血気盛んな若き日の自分には、穂高の峰々を前にこの山に登る価値が見出せなかった。 044.gif

頭の片隅にありながら訪れる機会のないまま年月だけが経ち、もう登ることはないだろうな~と思っていたが、その機会がまさか癌の治療を終えた今年訪れるとは。 039.gif

前日の島々谷から登る徳本峠のレポートはこちらをチェックしてね。紅葉と渓流が素晴らしいです。⇒
“中部山岳 栄枯の歴史をたどる徳本峠越え(紅葉の島々谷川) Tokugotoge in Chūbu-Sangaku National Park”
“中部山岳 栄枯の歴史をたどる徳本峠越え(二俣~徳本峠小屋) Tokugotoge in Chūbu-Sangaku National Park”





f0308721_1293664.jpgf0308721_1294927.jpg
徳本峠から霞沢岳へは、樹林帯の尾根路で往復6~7時間を要する。標高差は510mであるが、アップダウンを繰り返すため累積標高差は930メートルもある。 008.gif

予約した午後3時30分のバスに乗るためには小屋を早朝4時くらいには出発する必要がある。 014.gif

真っ暗な中、ヘットライトをつけて小屋を出る。(上の徳本峠&徳本峠小屋の写真は前日に撮ったもの)




f0308721_1313261.jpg
久しぶりに(本当に何十年ぶりだろうか・・)ヘットライトの明かりで登る山路だ。

小屋からは概ね樹林帯の中を行くトレイルなので暗くても危険な場所は無い。

小屋を出て、5分ほどで明神への分岐を右(北)に見送る。

そこからは西の尾根に取り付くが、いきなりスイッチバックの急登が続く。

暗闇の中、光沢のあるイワカガミの葉だけがライトを反射して光っていた。

急登を1時間ほどこなすと、ジャンクションピークに着く。 042.gif

この辺りからようやく白んでくる。こんな朝焼けを見るのは何年ぶりだろうか。ちょっと感激だな~ 043.gif




f0308721_1324028.jpg
トレイルは、展望の無いコメツガやシラビソなどの針葉樹林の中を行く。

ジャンクションピークから下った所に小さな池?湿地帯?があるらしいが、秋のシーズンには涸れてしまうのか、それらしい池は発見できなかった。




f0308721_1332059.jpg
ジャンクションピークからは、長い下りが続き、南側の展望が開けたポイントからは霞沢が一望できる。

昔は、この霞沢も穂高へのアプローチとして登られていたというから驚きだ。 005.gif 038.gif

もちろん、あくまでバリエーションルートとしてで、メインは徳本峠越えであるが。




f0308721_134828.jpg
ジャンクションピークからおそらく200mくらいは降っただろう・・ってことは、帰りはここを登るのか~!

なんて考えていると、小ピークへの登りとなり、木の幹に “P2” と書かれた2,261mのピークに着く。




f0308721_1344413.jpg
2,261mのピークを少し降ると、左側が大きく崩壊した斜面が見える。

朝日は差してきたが、残念ながら霞沢岳には厚い雲がかかっている。 002.gif




f0308721_1352171.jpg
崩壊地の淵を通り、ザレ場を登ると、K1ピークが眼前に立ちはだかる。 005.gif トレイルは、中腹から右手側を巻いて登る。




f0308721_1354897.jpg
K1ピークの東側をトラバースするように進み、途中に生えるダケカンバの根元をよじ登る。高度感もぐんぐん増してくる。




f0308721_1362162.jpg
K1直下のトレイルは、ナナカマドなどの灌木帯で覆われた急坂で、ガレた斜面は丸太の階段で補強されている。登るに従って霧が濃くなり、歩いてきた山並みにもガスがかかっている。 002.gif




f0308721_1371763.jpg
胸突き八丁の急登にあえぎながらも、足元のコケモモの実にほっと一息つく。 042.gif

この実は食べられるものなのか分からず(実際は可食)同行メンバーと、誰が先に試食するかワイワイと戯れた尾瀬のハイキングを思い出す。 003.gif ⇒ “尾瀬 富士見下から皿伏山を越えて色づく尾瀬を行く     Fujimi to Ozenuma in Oze NP”

実際に食べた感想は、甘みの少ない酸味のつよい味だ。 
011.gif




f0308721_1383974.jpg
そして、徳本峠小屋をスタートしてから約4時間強、ようやくK1ピークに到着。 066.gif

K1ピークは、360度の大パノラマが広がる・・はずなのだが・・霞沢岳方面も手前にあるはずのK2すら見えない。当然、北に見えるはずの穂高連峰も見えない。 002.gif

K1ピークから霞沢岳までは往復約1時間であるが、この霧では展望も無いだろうし、私はピークにこだわるピークコレクターでもない。帰りのバスの時間もあるので、ここで引き返すことにした。 029.gif

ちなみに、ピークを現す “P” ならわかるけど、なんでK1とかK2という “K” のアルファベットを使うのかな?

ヒマラヤのK2という山はカラコルム山脈にある2番目に高い山ということで、 Karakoramのイニシャル “K” が使われているけど、もしかして、これを真似て霞沢=Kasumisawaの “K” かな?だとしたら笑える。 041.gif




f0308721_1401416.jpg
なんて、愉快な想像をしながら20分ほど霧がはれるのを待ったが、はれないので下山にかかる。

ところが、おやおや、私が下山にかかると、先ほどまで霧に覆われていた空が明るくなってきた。どうも霞沢岳は私のことが嫌いなようだ。嫌いな女が去ったので、そのベールを上げたのか!? 058.gif

K1の急斜面を降りながらギリギリ穂高連峰が見えた。

航空気象学もかじっているので、穂高連峰上空の雲の形が気になる。 “Virga” という雲かな~日本語では何ていうのかなぁ~・・・尾流雲かな? 039.gif

この雲は、雲から落ちる水滴や氷の粒子が地面に到達する前に上空で蒸発してできる状態で、雲の周辺の空気が低湿度で、ある程度温度が高いことを意味する。

空を飛ぶには厄介な雲だが、今日は良いお天気になるぞ!ってことで、霞沢岳もこの時間から晴れていくもよう。




f0308721_1412885.jpg
ほら、視界が良くなった! 058.gif




f0308721_1415198.jpg
朝は霧に覆われていた霞沢岳が見えてきた。 058.gif 朝からこの天気がほしかったな~




f0308721_1434865.jpgf0308721_1471195.jpg
アップダウンの多いこのトレイルは下山も登りと同じくらいに時間がかかる。でも朝には見えなかった樹林帯の中の植物たちに会えるので、さほど苦にならない。

ヘットライトを反射していたイワカガミをはじめ、赤い実をつけているツルリンドウなどなど。

ジャンクションピークへの登りでは、写真左のロゼット状に葉を広げる植物が群生していた。後でしらべたら、なんとショウジョウバカマではないか!早くも中心に芽のようなものがあるね。 005.gif

ショウジョウバカマは、湿原に他の高山植物より一足早く春の訪れを告げるようにピンクの花を咲かせる(写真右)




f0308721_148116.jpg
長い登り返しを終え、ジャンクションピークに到着。すっきり眼下の山並みが見える。 072.gif




f0308721_148272.jpg
そして、ジャンクションピークから徳本峠への下りでは、朝は真っ暗で見えなかった前穂高岳、奥穂高岳の高峰がそびえる。上高地から見る穂高とは一味違う眺めだ。 072.gif




f0308721_1484193.jpg
そのすそのには梓川の流れが白く蛇行してる。 072.gif




f0308721_149436.jpg
徳本峠との分岐(右が徳本峠)に戻る。

K1までの往復に約6時間ほどかかった。霞沢岳まで往復するなら7時間はみておきたい。 034.gif

下山は左のトレイルに進み、白沢沿いの路で明神まで行く。

徳本峠から明神間のルートは、よくメンテナンスされているので問題ない。




f0308721_1505080.jpg
分岐からしばらくは展望のきかない樹林帯の路をスイッチバックに降る。

すぐに白沢支流の黒沢に沿って急坂を下るようになる。

30分ほど降ると沢(水場)がある。

水場からさらに下って2つの沢を横切れば、眼前に明神岳が迫る。





f0308721_151219.jpg
対岸の山肌にみえるダケカンバの白い幹が美しい。 072.gif




f0308721_1514784.jpg
峠から1時間ほど降ると傾斜が緩み、路幅の広い針葉樹林の森(林道)に入って行く。 070.gif




f0308721_152490.jpg
林道は約1kmくらいあり、あたりが自然林になり明るく開けてくれば明神は近い。 072.gif




f0308721_1523910.jpg
明神の徳本峠登山口である白沢出合に到着すると、横尾街道(上高地~横尾までの林道)に合流するので、槍ヶ岳や穂高岳への登山者、明神散策の観光客で大賑わいだ。 005.gif

白沢出合からは明神岳の峰々が天を刺すようにそびえている。 072.gif




f0308721_1532297.jpg
白沢出合から西に少し行ったところに明神館があり多くのハイカーや観光客で賑わっている。

明神館から明梓川を渡った対岸に明神池がある。せっかくだから明神池に立ち寄ることにする。

明神池を見るには、明神館の北側に掛かる橋を渡り、嘉門次小屋の横を通って穂高神社奥宮で拝観料(¥300)を払う必要がある。何故なら、明神池は神降地らしい。まあ、山岳宗教の一種なんだろね~。





f0308721_1552286.jpg
宗教とは無縁の私であるが、神社の私有地?に立ち入って美しい景色を見させていただくということでお金を払ってみさせてもらった。

明神池を訪れるのはおそらく4度目だと思うけど、そのうちの2回は残雪期&冬期だったので(神社は閉鎖していた)お金は払っていない。神様、タダ見しちゃってごめんなさい。 日本の神様ってお金が大好きだよね~ 041.gif 065.gif 065.gif 065.gif




f0308721_1545353.jpg
カラマツがいい仕事してますね~




f0308721_1554473.jpg
水草がいい仕事してますね~ ちなみに、ここにはイチョウバイカモという珍しい水草があるらしい。 034.gif




f0308721_1571043.jpg

f0308721_1565131.jpg

明神から上高地バスターミナルまでのトレイルは過去に何度となく歩いている路だ。でも、よく考えてみると残雪期の5月と夏か冬にしか通っていない気がする。 072.gif




f0308721_1572832.jpg
この黄金色の明神岳を見るのは初めてだ。 072.gif




f0308721_1575739.jpg
カラマツの落葉が、トレイルに黄色の絨毯を敷き、沢を黄色く縁どっていた。 072.gif




f0308721_1582161.jpg
小梨平も黄金ワールドだった! 005.gif 072.gif 043.gif

週末の上高地は、周知の事実の混雑ぶりなので、人気スポットのカッパ橋などはスルーした。 021.gif

霞沢岳に行かなかったので、1時間の時間調整に明神池に寄って、15時30分のバスに調度よい具合にバスターミナルに到着した。 059.gif

2日間の徳本峠越えの山旅は、栄枯の歴史に思いを馳せ、紅葉に心躍らせ、渓流のせせらぎに心が洗われる旅だった。 043.gif


私のこのトレイルへの評価: 5★ 中級者向け
行程距離: 約17km(徳本峠小屋‐霞沢岳往復(約9km)‐明神館‐明神池‐明神館‐小梨平‐上高地バスターミナル)
標高差: 約510m gain / 約1,100m down
実動時間: 約10.5時間 (休憩、明神池散策込み)

f0308721_1592038.jpg

この情報は役にたちましたか? 下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.

にほんブログ村

にほんブログ村
by dream8sue | 2015-10-24 02:05 | 中部山岳国立公園 | Trackback | Comments(0)

中部山岳 栄枯の歴史をたどる徳本峠越え(二俣~徳本峠小屋)     Tokugotoge in Chūbu-Sangaku NP

Friday, October 23, 2015
f0308721_0362816.jpg
栄枯の歴史をたどる徳本峠越えは、前半の島々谷川に沿った6kmに及ぶ林道歩きと、後半は島々谷川の北沢と南沢を分ける二俣からの渓流歩きに変わる。

南沢に入ると、今までの林道とはぐっと趣を変え、深い瀞の上にかかる赤や黄色の紅葉が絵はがきのように美しい。 072.gif

前半の燃えるような紅葉の林道歩きはこちらから⇒ “中部山岳 栄枯の歴史をたどる徳本峠越え(紅葉の島々谷川) Tokugotoge in Chūbu-Sangaku National Park”




f0308721_039176.jpg f0308721_0384726.jpg
島々谷南沢沿いのトレイルに入ると、いよいよ山路となる。

二俣のすぐ先に、 “じゃがりこチーズ味” じゃなくて~ “あがりこサワラ” の案内板がある。 041.gif

周辺には、あがりこ型樹形という奇妙な形のサワラの木が数本みられる。 005.gif




f0308721_0402211.jpg
南沢右岸(下流に向かって右側の岸を右岸、左側を左岸という)から始まり、いくつもの橋を渡り左右の岸を縫うように進む。 070.gif

二俣から徳本峠までは約10kmもある。栄枯の歴史をたどるトレイルは思った以上にロングルートだ。




f0308721_0412491.jpg
“行き橋” で右岸から左岸に渡る。




f0308721_042285.jpg
0.5kmほど歩き、“戻り橋” で左岸からまた右岸に渡る。 071.gif




f0308721_0431071.jpg
南沢の清流と紅葉、そして深山の静寂が私を日常から遠ざけていく。 043.gif




f0308721_0432671.jpg
足下の流れはけっこう激しく岩を噛み、紅葉を映えさせている。 072.gif




f0308721_043579.jpg
トレイル脇には、苔むした石垣の炭焼き釜なども残っていて、往時を偲ばせる。




f0308721_0442098.jpg
沢に近いトレイルは、時にこんなブリッジ状の崩れ方をする。 005.gif




f0308721_0444287.jpg
そして、激しく土砂崩れを起こし、通行を困難にさせる。 008.gif




f0308721_045093.jpg
いくつもの山のヒダは沢になり、トレイルを切断している。




f0308721_0453347.jpg
すべての小さな流れは、南沢へ流れ込んでいく。




f0308721_0455912.jpg
“瀬戸下橋” で右岸から左岸へ




f0308721_0462987.jpg
どこまでも続く流れは美しく、魚になってこの清流を遡ってみたいと思わせる。




f0308721_047494.jpg
“離れ岩”のある “瀬戸上橋” で左岸から右岸に渡り返す。




f0308721_0475029.jpg
標識には “離れ岩” とあるが、横からは何故離れ岩なのか分からない。が、橋の上から下流を見て納得。確かに岩が離れている。 045.gif




f0308721_0481079.jpg
湿った大岩の下に桟道が付けられている。 ここの景色はまるで中国の水墨画のようだ。 072.gif




f0308721_048526.jpg
トレイルを切断している流れを飛び石で横切る。こんな崩れた路も落葉模様で楽しい。 072.gif




f0308721_0492282.jpg

f0308721_0494227.jpg
一際大きな流れの “ワサビ沢” が左から合流している。

午後の陽射しが差し込み、紅葉が一層輝き、まさに黄金の世界に紛れ込んだ感覚になる。

What a lovely trail Tokugotoge is! 049.gif 003.gif




f0308721_0504710.jpg
ハイキングポールに落葉が刺さって、カエルの串刺し・・じゃなくて~カエデの串刺し状態。 041.gif




f0308721_0515277.jpg
二俣から5.2km、2時間20分ほどで、ようやく “岩魚留橋” に着く。  名前の付いた橋は、岩魚留橋が最後である。




f0308721_0522687.jpg
岩魚留橋で左岸に渡った高台には、廃屋になりつつある “岩魚止小屋” が建っている。 バックの紅葉に陽射しが差して美しい。 072.gif




f0308721_0525958.jpg

f0308721_0533964.jpg
さすがにここまで来ると、朝からの疲れが出てくる。 042.gif

小屋の縁側に座ってひと休みして行こう。 063.gif

一息ついて、ふと頭上を見ると、ギョギョ! 005.gif

物干しになんとヘビの皮が干してあった。 008.gif




f0308721_0545940.jpg
岩魚留周辺には、山葵沢、岩魚留沢、中ノ沢などの多くの支流が南沢に流れ込んでいる。

この先しばらくは左岸沿いに辿るが、小さな橋をいくつも渡る。 071.gif




f0308721_105434.jpg
沢は樹林の中に続き、流れはどんどん細くなっていく。




f0308721_11235.jpg
この橋は使用不可能! 005.gif 046.gif




f0308721_12776.jpg
丸太橋をいくつも渡る。 こんなラダーも設置されている。




f0308721_124956.jpg
そうそう、二俣からのトレイルでは、この妖精のイヤリング(ツリバナの実?)もたくさん見かける。 056.gif 043.gif




f0308721_131925.jpg
低木もいい仕事してますね~ 072.gif




f0308721_135570.jpg
岩魚留から2.6km(徳本峠まであと2km!)地点の橋を渡ると、トレイルが沢筋から離れ北側の山腹に入る。いよいよ高度差400mの徳本峠への急登が始まる。 013.gif




f0308721_143771.jpg

f0308721_145724.jpg
ロングルートの最後の登りはきつい。 042.gif

途中には “ちから水” と書かれた湧き水がある。

とても美味しい湧き水だ。 011.gif 063.gif

振り返れば小嵩沢山方面の山並みに残照があたっていた。 058.gif




f0308721_161378.jpg
かなり足が重くなってきた。 042.gif ゆっくり、ゆっくりと後ろを振り返りながら最後の登りをこなす。 066.gif

スイッチバックのササ原の急斜面を登りきったところが徳本峠で、徳本峠小屋の前にとび出る。




f0308721_162748.jpg
徳本峠小屋は、1923年(大正12年)に開業し、上高地へのメインルートとして多くの人に利用されていた。1933年(昭和8年)に上高地にバス路線が引かれてからは徳本峠を利用する人は少なくなったが、昔ながらの峠のランプ小屋として今も親しまれている。 035.gif

旧館(休憩所)は2011年に国の有形文化財に登録されているらしい。正直、建物自体はただの古い木造小屋で、文化財の価値とは、ずばり歴史そのものにあるんだな~って思った。 039.gif




f0308721_171243.jpg
無雪期ギリギリで訪れることができた徳本峠越えは、燃えるような紅葉と、美しい渓流を私にみせてくれた。 072.gif

そして、徳本峠小屋は、槍・穂高周辺にしてはこじんまりとしたアットホームな小屋で、小屋のファンが多いというのも納得できる。 045.gif

小屋のベンチに座り、沈みゆく夕日をみながら、この路を歩いた過去の多くの岳人たちに思いをはせる。こんな山旅もたまには良いかも知れない。 049.gif

翌日は霞沢岳への登山と、明神池の散策をして上高地へ下山した。⇒ “中部山岳 栄枯の歴史をたどる徳本峠越え(霞沢岳K1と明神池) Kasumisawadake in Chūbu-Sangaku National Park”



私のこのトレイルへの評価: 5★ 中級者向け
行程距離: 登山口から約17km/二俣から約10km(安曇野支所バス停‐徳本峠登山口‐変電所‐小嵩沢渓流入口‐二俣‐岩魚止小屋‐徳本峠小屋)
標高差: 登山口から約1,400m
実動時間: 登山口から約9時間 (休憩、渓谷への寄り道込み) 

f0308721_18715.jpg

この情報は役にたちましたか? 下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.

にほんブログ村

にほんブログ村
by dream8sue | 2015-10-23 23:09 | 中部山岳国立公園 | Trackback | Comments(2)

中部山岳 栄枯の歴史をたどる徳本峠越え(紅葉の島々谷川)     Tokugotoge in Chūbu-Sangaku NP

Friday, October 23, 2015
f0308721_146442.jpg
“徳本” と書いて(とくごう)と読ませる。標高2,135mのこの峠は、1933年(昭和8年)にバス路線が開通するまでは、上高地へのメインルートであったことは岳人ならば誰もが知っているであろう。しかし、かつての自分がそうであったように、岳人という人種は、槍ヶ岳や穂高岳の頂に目を奪われ、栄枯の歴史などには無頓着である。

近代登山の父、ウォルター・ウェストンや、孤高の人、加藤文太郎も歩いたこの路を、いつかは自分も歩いてみたいと思っていた。 039.gif
彼らはあの時代に、頂への憧れと自分への試練を抱えてこの路を歩いたであろう。そんな路を私は、病気と向き合い、すでに岳人ではない自分を受け入れる儀式のような気持ちで歩いた。 003.gif

不本意ながら、2日間の山行レポートがさまかの3 serial (紅葉の島々谷川 / 二俣~徳本峠小屋 / 霞沢岳K1と明神池)になってしまった。本当は1レポート1ルート完結、または1日完結としたいのだが・・・それほど見所満載ってことかな? 003.gif




f0308721_232169.jpg
行程は、マイカーでも電車でも前夜発1泊2日となるだろう。私は歴史をたどる旅らしく、行きは新幹線も使わずローカル線でアクセスし、前夜は松本にて宿泊。 014.gif

アルピコ交通(松本電鉄)上高地線の始発で新島々駅(7:02着)まで行き、そこから上高地方面行きのバスに乗り国道158号線を西に走る。徳本峠入口のバス停には道路工事のため(2015年現在)止まらないので、 “松本市役所安曇支所” で下車となる。

帰りは疲れていたので上高地から長野駅直通バス(せせらぎ号/片道¥2,900~¥3,400)を利用。 新幹線で長野駅から高崎駅まで50分。 059.gif




f0308721_1493323.jpg
安曇支所バス停より島々谷川へ向かって民家の通りを行く。郵便局、駐在所と過ぎれば、農産物加工センターの隣に “徳本峠入口” のりっぱな道標がある。

ここから島々谷川の二俣まで車の通れる林道を約6.5kmほど歩く。始めは、民家の脇のサクラ並木を川の流れと紅葉を見ながら歩く。のっけから素敵な景色に出迎えられてテンションが上る。 060.gif




f0308721_1503359.jpgf0308721_1504730.jpg
0.3kmほどのサクラ並木が終ると、獣避けゲートがあり、その先に徳本峠歩道案内板がある。

ベンチもあるので、これからの長い道のりに備えてひと休みしながら身支度を整えよう。 063.gif

案内板によれば、ウォルター・ウェストンはこの峠を11回も越えているそうだ。 005.gif

また、この路は江戸時代から明治時代まで、木材の搬出や炭焼きなどの生活を支えるルートでもあったそうだ。 027.gif




f0308721_1515266.jpg
歩き出してすぐに、先が浅く2つに裂けた袋状の形をした実を見つけた。葉が三つ葉なのでミツバウツギの実かな? 039.gif




f0308721_1521566.jpg
林道は紅葉の最盛期で、谷間から見上げる山々が紅く染まって美しい。 072.gif




f0308721_1525394.jpg
案内板から10分くらいで、林道が一際広くなっている場所がある。

マイカーの場合は、ここが駐車場として利用されているようだ。

林道の紅葉を見るだけでも十分楽しめるので、日帰り山行にはマイカー利用が便利だ。




f0308721_1551832.jpg
単調な林道歩きと思いきや、予想外の美しさに、谷に掛けられた吊橋に寄ったり、川の淵まで降りたりと寄り道三昧だ。

支流が滝となって島々谷川へ流れ込んでいる。

陽だまりの路肩には、ムシトリナデシコやメマツヨイグサなどもまだ咲いていた。 056.gif




f0308721_154182.jpg
しばらく行くと、変電施設が現れる。両岸の紅葉に陽が当たって凄く綺麗~ 072.gif




f0308721_156993.jpg
変電施設からしばらく行き、左岸(下流に向かって右側の岸を右岸、左側を左岸という)から右岸へ、右岸からまた左岸へ渡り、しばらくは左岸を行く。右側には山の斜面が迫っている。




f0308721_1563911.jpg
渓谷沿いのトレイルと、背の高い樹木。何だか南カリフォルニアの West Forkを思い出すな~

“ピカイチ渓流美ならここ!    West Fork - San Gabriel River in Azusa” 




f0308721_232380.jpg
林道は紅葉のトンネル、紅葉の並木道状態だ。




f0308721_234128.jpg
山の上にはガスが掛かっているけど、本日はずう~っと谷の中だから問題ないな。




f0308721_241291.jpg
どこを見ても、額縁にはまった紅葉の絵みたい。 072.gif




f0308721_243524.jpg
右手に一枚岩の壁が現れる。林道を作るために削ったんだろうな~ 039.gif




f0308721_245726.jpg
対岸に見える、白い樹木の枝ぶりが綺麗だ~ 072.gif




f0308721_251779.jpgf0308721_253133.jpg
しばらく行くと、左に “床沢渓流入口” の標識がある。

スイッチバックのの階段を降りきりと吊橋が掛かり、対岸から床沢の流れが合流している。




f0308721_26141.jpg
この渓谷は水際まで降りられるので流れの音を聞きながら紅葉狩りが楽しめる。 072.gif




f0308721_271715.jpg
島々谷川は明るい谷で、床沢渓谷入口のすぐ先に、本流を堰き止めた砂防ダムがある。このあたりが二俣までのほぼ中間点(登山口から約3km)である。




f0308721_273736.jpg
砂防ダムの先に、車止めのバリケードがある。




f0308721_281720.jpg
バリケードを少し行くと、 “小嵩沢渓流入口” の標識があり、大きな吊橋がある。




f0308721_283473.jpg
ここの紅葉が実に素晴らしい。 072.gif 072.gif




f0308721_284892.jpg
この吊橋は高い位置に掛けられているので渓谷が一望できる。下流の紅葉。 072.gif




f0308721_2915100.jpg
上流の景色。 072.gif




f0308721_294717.jpg
山肌の紅葉にズームしてみれば、針葉樹の緑と広葉樹の赤や黄色のコントラストが美しい。 072.gif




f0308721_2101833.jpg
眼下の河原に自分の影が写っていた。 005.gif 043.gif

対岸まで渡ってみたかったのだが、何やら野猿の住みかがあるようで、キーキーと凄い鳴き声がするので怖くなって途中で引き返した。 008.gif




f0308721_211220.jpg
半分だけ紅いモミジの葉!  005.gif 043.gif




f0308721_2112986.jpg
燃えてます! 005.gif

AB型(血液型)の習性?で何でも理論的に考えてしまう癖がある。モミジの葉が紅く変化するのは、葉の中にアントシアンという色素ができるからだ。 034.gif

ちなみに、モミジの語源は “色をもみ出す” であるそうだ。秋の妖精の手によって色がもみ出されると思うほうがメルヘンチックでいいね。 037.gif




f0308721_213023.jpg
さて、だいぶ道草をくってしまった。二俣まで先を急ごう。林道をまたいで島々谷川に流れ込んでいる沢がある。




f0308721_2132232.jpg
日当たりの良い場所では、燃える秋がまだまだ現れる。枯れていく生命が眠りにつく直前にすべてのエナジーを燃え尽きようとするかのようだ。




f0308721_2135275.jpg
紅葉の遅い日当たりの悪いポーションも、しっとりしていて落ち着くな~ 043.gif




f0308721_2152821.jpg
再び右岸に渡ると林道が洪水状態になっている。靴を濡らさないように水流を避けて歩いていくと、洪水の原因がわかった。左の山腹から支流が林道に落ちていたからだ。 005.gif




f0308721_2171486.jpg
黄葉は、モミジの紅い葉とは紅葉のシステムが違う。こちらは葉緑素が無くなり、もともとあったカロチンという色素が目だってくるだけだ。 034.gif




f0308721_2173777.jpg
林道が徐々に川床に近くなってきた。林道から外れてまたまた河原遊び。単独だと寄り道が多くなってしまうのはいつものこと。 003.gif




f0308721_2181994.jpg
二俣に近い場所に “戦国落人悲話” の碑がたっている。 いつの時代も戦いは悲しいね。 002.gif

悲話の碑の先で、右に進むトンネルが見える。が、トンネルには行かず右岸を直進すれば二俣はすぐだ。




f0308721_219794.jpg

f0308721_2192695.jpg
寄り道ざんまいして登山口から約3時間で二俣に到着。 042.gif

おそらく普通に歩けば、歩き易い平坦路なので2時間くらいだろう。

島々谷川の北沢と南沢を分ける二俣には東京電力の取水場がある。

2つの沢が清流を湛えながら合流している。

トイレやベンチがあるので、休憩ポイントとして最適だ。 063.gif

二俣までの林道は、燃えるような紅葉ロードであった。 072.gif

二俣から先も紅葉に加え渓流美も見られる素敵なトレイル歩きが楽しめる。
続きはこちらをチェックしてね。⇒ “中部山岳 栄枯の歴史をたどる徳本峠越え(二俣~徳本峠小屋) Tokugotoge in Chūbu-Sangaku National Park”



私のこのトレイルへの評価: 5★(春・秋限定) 初級者向け
行程距離: 約7km(安曇野支所バス停‐徳本峠登山口‐変電所‐小嵩沢渓流入口‐二俣)
標高差: 約200m
実動時間: 約3時間 (休憩、寄り道込み) 注:徳本峠小屋までは約9時間行程

f0308721_2212378.jpg

この情報は役にたちましたか? 下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.

にほんブログ村

にほんブログ村
by dream8sue | 2015-10-23 02:23 | 中部山岳国立公園 | Trackback | Comments(0)