カテゴリ:愛知県エリア( 2 )

新城市 山全体が天然記念物の鳳来寺山     Mount Horaiji in Shinshiro, Aichi 

Sunday, February 19, 2017
f0308721_182341.jpg
仕事で愛知県に滞在して、早2ヶ月が過ぎた。 社員寮という名のお城に閉じ込められたお姫様状態。 これは自力で城から脱出して自然の野山へ向かうエピソード2である。 006.gif
豊田市の猿投山(さなげさん)に引き続き神社仏閣に由来する山である鳳来寺山(ほうらいじさん)へ行ってきた。 鳳来寺山は、大河ドラマの舞台になっている三河(愛知県東部)に位置する標高684mの宗教色の強い山である。 このタイプの山は好きではないのだが、山全体が国の名勝であり、天然記念物に指定されているということなので一見の価値があるのではないかと思い訪れた。 (Top写真は新城市のポスターより)




f0308721_1861072.jpg
<公共交通の場合>
名古屋方面からJR東海道本線(豊橋行き)で豊橋駅まで行き、JR飯田線に乗り換えて、本長篠駅にて下車。 本長篠駅前バス停から豊鉄バスの “田口” 行き(田口新城線)で鳳来寺バス停降車。
土日祝日はバスの便が少ないので事前に時刻表を確認しておいた方が良い → 豊鉄バス時刻表
バス停の隣は無料パーキングになっているので、マイカー利用の場合はこちらに駐車可能だ。




f0308721_1875310.jpg
バス停横の三叉路を右に進むと、門前町の風情を残す参道が続く。 鳳来寺山は、 “声の仏法僧” と言われるコノハズクが生息することでも有名らしい。 登山口(表参道石段下)の手前にある鳳来寺自然科学博物館ではコノハズクの鳴くビデオが見られる・・と案内板に書いてあった。 003.gif




f0308721_1882220.jpg
この日は、天気は良いものの風の冷たい日であった。が、参道には白梅や蝋梅が咲き、気持ちをほっこりさせてくれた。 056.gif 043.gif




f0308721_1884381.jpg
バス停(パーキング)から1.2kmほどで登山口ともいうべき、樹林帯の中に続く石段の下に着く。 061.gif




f0308721_1891628.jpg
まずは1425段の石段を鳳来寺本堂まで登る。 1425段!長ッ! 005.gif 008.gif




f0308721_189463.jpg
右手の樹林帯の奥に岩壁が見えてくると、やがて徳川家光が1630年に着工したという仁王門が現れる。 仁王門は国の重要文化財に指定されているらしい。 027.gif 045.gif




f0308721_18102276.jpg
仁王門を過ぎても、いや、むしろ過ぎてから延々と石段が続く。 008.gif




f0308721_18105262.jpg
仁王門からさほど離れていない場所に、日本一高いとされる樹齢800年以上の “傘杉” がある。




f0308721_1811711.jpg
高さ約60m! 大きい! 005.gif




f0308721_18113884.jpg
さらに進むと、城壁を思わせる石の壁が現れる。 石壁の上から左(西)へ馬の背岩展望台へのトレイルを分ける。下山はこちらの馬の背岩展望台を経由して登山口まで戻ることにしよう。 045.gif




f0308721_1812152.jpg
休むことなく石段を登って、パーキングから約1時間で鳳来寺本堂に到着。 本堂のバックにそびえる大岩壁がすごい! 1425段の石段を登らないと本堂まで来れないのか?といえば、そんなことはない。 東側に鳳来寺山パークウェイという車道があるので、一般参拝者も容易に来られる。 
ちなみに、土日祝日には鳳来寺山パークウェイのパーキングまでアクセスするバス便があるので、石段登りを避けたいハイカーはバスを利用する方法もある。 034.gif




f0308721_18123753.jpg
さて、本堂からは、本堂の西側バックサイトの石段を登り山腹に着いたトレイルを行く。 石段とスチールの階段を交えながら急登をこなして不動堂の前を通る。




f0308721_18131433.jpg
“六本杉” を過ぎて西方向に尾根を廻り込むように奥の院へ向かう。 奥の院の手前には “清浄水” という井戸?がある。 水源など無さそうなドライな地形なので “え!こんな所に?” と驚く水場だ。




f0308721_18134494.jpg
朽ち果てた奥の院から尾根を北に10分ほど行くと、木立に囲まれた展望の悪い鳳来寺山頂である。 066.gif




f0308721_18142993.jpg
鳳来寺山頂から5分ほど北へ行った所に、展望の良い瑠璃山(695m)があるので寄って行こう。 瑠璃山の小さな岩塔に立てば北側には宇連山などの奥三河の山々が連なっている。 そして、その山々へは良く整備された東海自然歩道が続いている。 また、遠方には南アルプスの白い頂も望める。 072.gif 




f0308721_1815767.jpg
東側の展望も素晴らしい。 青い山脈の上空には飛行機雲が空の道を描いていた。 072.gif 043.gif
どこまでも奥三河の山々へ歩いて行きたくなるが、ランチタイムを終えたら、鳳来寺山へ戻り、そこから東に続く自然観察路を周回し本堂へ戻ることにする。 063.gif 070.gif




f0308721_18155329.jpg
鳳来寺山頂からやや下り坂のトレイルを行くと、程なくして天狗岩?かと思われる岩場(実際は名無しの岩場)が現れたので、岩の上に登ってみた。 




f0308721_18162253.jpg
南側の展望が開け、三河湾がはるか遠くで輝いていた。 072.gif




f0308721_18165547.jpg
さらに良く踏まれたトレイルを行くと、壊れそうな休憩舎のある天狗岩に着く。 042.gif




f0308721_18172139.jpg
アルプスの山のような迫力はないが、無数に重なり合う山々が創り出す複雑な地形こそが奥三河の魅力なんだね。 045.gif




f0308721_1817401.jpg
眼下には鷹打場展望台と思われる岩場が見えている。




f0308721_18181899.jpg
では、その鷹打場へ向かって先を急ごう。 緩やかなトレイルは所々で大岩の横をすり抜ける。




f0308721_18184832.jpg
そして陽当たりの良い鷹打場展望台に到着。 鷹打場は展望も良く、石のテーブルもあるので休憩ポイントには最高の場所だ。 063.gif 043.gif




f0308721_1819334.jpg
先端の岩場の先は断崖絶壁なので、はしゃぎすぎて落ちないようにね。 034.gif




f0308721_18195023.jpg
鷹打場分岐に戻り、鳳来寺方面(西)へ進む。 070.gif




f0308721_18201140.jpg
歩き易い緩やかな山路をしばらく降れば東照宮に着く。 東照宮から鳳来寺本堂までは西に300mだ。




f0308721_18203571.jpg
本堂から表参道の石段を降り、石の壁の上から馬の背岩展望台方向へ進む。 070.gif




f0308721_18205728.jpg
辺りは深い森で、樹木の基部には緑の葉が覆っている。  043.gif




f0308721_18211667.jpg
馬の背は短いヤセ岩稜で、岩稜の先には古い休憩舎がある。 そこからは鳳来寺本堂が見える。




f0308721_18214090.jpg
稜線に目をやれば、鳳来寺山方面の岩峰も見えている。 072.gif  この辺りの山は、かつての火山活動の名残りをとどめる火成岩でできているらしい。




f0308721_18215710.jpg
馬の背岩展望台からは、やや荒れた感じのトレイルを仁王門まで下る。 042.gif




f0308721_18222567.jpg
仁王門からは往路でバス停まで戻る。 帰路は馬の背岩展望台へ回ったことで膝に悪い長~い石段の下りを避けることができた。 瑠璃山や鷹打場展望台からは、700mに満たない低山とは思えない素晴らしい景色を楽しむことができた。 何てったって山全体が天然記念物だからね。 049.gif

本ルートのマップ:yahoo! Map
私のこのトレイルへの評価: 4★ 初~中級者向け
行程距離: 約8km(鳳来寺参道入口‐石段下‐仁王門‐鳳来寺‐鳳来寺山‐瑠璃山‐鳳来寺山‐天狗岩‐鷹打場展望台∸東照宮‐鳳来寺‐馬の背岩展望台‐仁王門‐階段下‐鳳来寺参道入口)
標高差: 約500m
実動時間: 約5.5時間 (バス停~鳳来寺 約1時間、鳳来寺~瑠璃山 約1時間、瑠璃山~鷹打場 約1.5時間、鷹打場~バス停 約1.5時間、休憩0.5時間込み)




【おまけ:石雲寺のセツブンソウ】
f0308721_18225390.jpg
マイカー利用なら、鳳来寺山から名号へ移動して石雲寺のセツブンソウを見に行こう。 うめの湯(新城市名号字袋林28‐2)という温泉施設が向かいにあるので、うめの湯をターゲットにするとよいだろう。
私は、初めて見るセツブンソウに大感激。 節分の時季に咲くのでセツブンソウと言うらしい。 節分は過ぎていたがセツブンソウは満開だった! ハクサンイチゲを小さくしたような花だな~と思ったら、同じキンポウゲ科の花のようだ。

f0308721_18234287.jpg
下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.

にほんブログ村

にほんブログ村

by dream8sue | 2017-02-26 18:41 | 愛知県エリア | Trackback | Comments(6)

豊田市 猿投山の東海自然歩道と七滝を歩く     Mount Sanage in Toyata, Aichi

Sunday, January 29, 2017
f0308721_1949566.jpg
仕事で愛知県に滞在して、早1ヶ月が過ぎた。 群馬よりも暖かいと思ったら大間違いで、寒いし雪は降るしで、部屋に幽閉状態の毎日。 お城に閉じ込められた姫は王子様によって助けられる展開のはずなのに・・・。007.gif  誰も助けに来てくれないので自力で城を脱出して自然の野山に飛び出したのであった。 041.gif 
完全awayの知らない土地で、車も無いので、アクセスが比較的容易でメジャーな山ということで、豊田市の猿投山(さなげさん)に行ってきた。 猿投山は、豊田市から北に位置する標高628mの典型的な里山で、冬でも多くのハイカーが訪れている。  034.gif




f0308721_19503087.jpg

f0308721_19504710.jpg
<公共交通の場合>
名古屋方面から豊田市駅までは地下鉄と名鉄の2通りの行き方があるようだが、私は豊橋方面の電車に乗って、知立駅で名鉄三河線(猿投行)に乗り換えて豊田市駅まで行った。 
豊田市駅前(西口)からは、とよたおいでんバスの藤岡・豊田線で “猿投山神社前” で下車。 バス停に降り立てば猿投神社の門が目の前に見える。
豊田駅から猿投神社前までバス片道、約30分で、運賃は300円。
 



f0308721_19515361.jpg
猿投神社を左手に見ながら、舗装道路を北へ進むと登山者パーキングが現れる。 決して狭くはないパーキングは満車状態で、猿投山の人気がうかがえる。 005.gif




f0308721_19522583.jpg
猿投神社から登山口までは、舗装道路(林道)を1,6kmほど歩く。 林道は猿投川に沿っているので途中に赤い水車(トロミル水車)なども見られる。 ちなみにこの林道も東海自然歩道の一部である。 関東圏ではあまり馴染みがないが、東海自然歩道とは、東京の八王子から大阪府箕面市までの約1700kmの長距離自然歩道のことである。 034.gif 027.gif




f0308721_19525566.jpg
“お倉岩” という三角の岩を過ぎると、左側に木段で始まる猿投山登山口が現れる。 




f0308721_19531584.jpg
登山口には “御門杉” という大きな杉の木がある。




f0308721_19533016.jpg
山路に入れば、辺りは針葉樹林の森で、トレイルはよく整備されている。




f0308721_19534918.jpg
林床には大きなシダの群落がみられる。




f0308721_19543548.jpg
登山口から15分ほど登ると、林道が交差し、その林道を横切るかたちでトレイルが続いている。 さらに30分ほど登ると休憩舎が現れる。 神社から1時間以上歩いたので、休憩するにはちょうど良い場所だ。 042.gif 063.gif
しかし、ハイカーが多くてうんざりだ。 おばちゃんパーティーはうるさいし、避けることが難しい狭いトレイルで後ろからトレイルランナーにぴったりと追いつかれ、 “さっさと歩け!” 的なプレッシャーを感じながら歩かされて実にuncomfortable なトレイルだ。 021.gif




f0308721_19545942.jpg
休憩舎から少し登った所で、武田道との分岐に着く。 下山はこの武田道で降りるか、七滝コースを行くか迷うところだ・・・う~ん、考え中・・ 039.gif




f0308721_19552846.jpg
武田道の分岐から100mくらい登ると、 “大岩展望台 2分” の道標がある。 トレイルから右斜面についた踏み跡を追い、大きなボルダーの中をぬって3分ほど登った所に大岩展望台がある。




f0308721_1956090.jpg
大岩の上からは豊田市が一望できる。 072.gif




f0308721_19562385.jpg
大岩展望台から東海自然歩道に戻り、左に自然観察路のトレイルを分け、右に少し降れば再び林道に合流する。 東の宮経由で猿投山に登るには、林道を左に50m行けば公衆トイレと東の宮への鳥居があるので、鳥居をくぐって針葉樹林帯を登る。 070.gif




f0308721_1956464.jpg
針葉樹林帯をスギやヒノキの人工林にしては雰囲気が違うな~と思いながら歩いていると、猿投山周辺はツガの原生林である標識があり納得した。 045.gif




f0308721_19571675.jpg
林道の鳥居(東の宮入口)から東の宮まではわずか1kmほどだが、ツガをはじめ常緑樹が多く歩いていて気持ちの良いトレイルだ。 043.gif




f0308721_19573875.jpg
東の宮の手前100mで左に自然観察路へのトレイルが分かれる。 分岐を直進して東の宮境内へ進むと、3本のサクラの大木が迎えてくれる。 春のお花見山行もいいだろう。 冬期の今はツバキの花が咲いていた。 056.gif




f0308721_200725.jpg
東の宮からコンクリート階段を降りて北西方向へ進むと、南アルプスや御嶽山が望めるビューポイントがある。 




f0308721_2003868.jpg

f0308721_201569.jpg
そして、その先には猿投山名物?の “カエル岩” がある。 

両サイドとも目が描かれていて、口もある。 037.gif




f0308721_2013775.jpg
猿投山へは、決して急ではないがダラダラと長い尾根を行く。 いくつかある小ピークは直登しても巻き路を歩いてもさほど変わらない。




f0308721_2022087.jpg
東の宮から30分ほどで、雪の残る猿投山ピークに到着。 山頂からは北東方面の景色だけが見える。 ハイカーも多く、陽当たりも悪く寒いので休憩することなく下山した。 044.gif 025.gif




f0308721_2025070.jpg
東の宮までは同ルートで戻り、しばし休憩した後に、自然観察路へ回ることにした。 070.gif




f0308721_2032285.jpg
野鳥が飛び交う自然観察路には、何者かが住んでいたと思われる根っこホールがあった。 人間の子供くらいなら入れる大きさの穴だ。 005.gif




f0308721_2034768.jpg
自然観察路に入ったとたんにハイカーがいなくなった。 常緑樹はアセビの他にもヤブツバキや、ヒサカキというツバキ科の樹木が多く生えている。 真冬に緑の森を歩けること自体が私にとってはとても嬉しいことだ。 060.gif




f0308721_2041359.jpg
そうこうしていると、 “御船岩” という2つのミニ戦艦のような岩が現れ、岩の上に立つと展望が開ける。




f0308721_2043177.jpg
御船岩からさらに西へ行くと、コンクリート造りの急な階段が現れる。 なにやら人工物の気配を感じながら階段を降りると、そこは西の宮だった。




f0308721_2045112.jpg
西の宮からは南の石段をおりて人工林の森をぬければ、再再度、林道に合流する。




f0308721_208097.jpg
さて、この林道を左に行けば武田道へのトレイルにつながるようだが、滝や渓流好きの私は “菊石・七滝” の案内に心を奪われてしまった。 迷わず右へ進む。 070.gif 




f0308721_2065899.jpg
渓流(広沢川)に沿って、舗装道の林道をしばらく行くと、三叉路の分岐に “血洗いの滝” という案内板が現れる。 血洗いの滝は、七滝の1番目の滝で、三叉路を右に150mほど行ったところにある小さな滝だ。




f0308721_2082196.jpg
水辺にはシダ類の他にも心躍る植物がみられる。 どこかで見たことがある、このロゼット状に葉を広げる植物はショウジョウバカマかな?




f0308721_2084833.jpg
三差路の分岐まで戻り、林道を南に行くと、 “二ッ釜の滝” という三条の滝がある。 この滝は滝壺まで行けるので楽しい。 そして、そのまま川床に沿って右岸(川下に向かって右側)に遊歩道が始まる。 070.gif




f0308721_2091697.jpg
遊歩道を歩き出して程なくして “白霧の滝” が現れるが、遊歩道からだと近すぎて滝の全容が見えない。 遊歩道と林道は橋で簡単に行き来ができるので、一旦林道に出て全容を写真に撮り、また遊歩道に戻った。




f0308721_2094369.jpg
さらに川下に降ると、 “千鳥の滝” と “白菊の滝” の案内標識がでてくる。




f0308721_2010532.jpg
何段にもなったいる千鳥の滝の下流に、二条の白菊の滝が横たわっている。 




f0308721_20102833.jpg
そして七滝6番目の “乙女の滝” はくの字型をした一筋の滝である。




f0308721_2011055.jpg
一気に6つの滝が続き、気分も上々だ。 060.gif  遊歩道で唯一の休憩ベンチが川の中に設けられている。 もう少し暖かい時期なら清流を見ながら一息つきたいところだ。




f0308721_20113194.jpg
休憩舎の川下には、1931年(昭和6年)に国の天然記念物に指定されている “猿投山の球状花崗岩” がある。 花崗岩の結晶が菊花の花弁に似ているので“菊石”とも呼ばれている珍しい花崗岩である。 でも、遠目に見た感じではただの岩だった。 003.gif




f0308721_2012321.jpg
滝めぐりの遊歩道と垂れ下がった大きなシダ類が、昨年の冬に行ったタスマニアのトレイルを思い出させる。
タスマニアに興味のある方は、こちらから → “Traveling in Tasmania by Solo Japanese woman <Day 2>     タスマニア横断ドライブと滝めぐり  Mount Field NP in Tasmania AU”





f0308721_20133082.jpg
遊歩道から林道に合流する。  ここから猿投神社までは林道をまだ4kmも歩かなければならない。 林道は広沢川に沿ってさらに南に進む。 途中で砂防ダムなども出てきてしまって、“あれ?七滝のはずだけど・・6滝しかなかったような・・?” 039.gif




f0308721_20135238.jpg
と、諦めかけた時、林道から深い川床に向かって急なトレイルが現れた。 トレイルを降りて行くと、いい感じの渓流に降り立つ。 072.gif




f0308721_20142852.jpg
川床を少し上流へ行けば高さのある “広沢大滝” が現れる。 Wow! 最後に大物がお目見えだ! 005.gif 049.gif




f0308721_20144479.jpg
しかも、滝の基部まで行けるので、マイナスイオンを身体中に注入できる。 016.gif




f0308721_20151996.jpg
退屈な林道歩きかと思いきや、終始、沢音を聞きながら歩ける楽しい道であった。 林道の所々に廃屋跡などを見るようになり、里に下りてきた感じになったころ武田道登山口に着く。




f0308721_2015451.jpg
武田道登山口を過ぎると、広沢神社(広沢天神)入口があり、その先で林道から分かれ左の “さなげウォーキングコース” に入る。 




f0308721_20161448.jpg
のんびりムード全開の田園風景の中を東に行く。 畑のあぜ道で早咲きのタンポポやオオイヌノフグリなどを発見して、しばし温かな気分に浸る。 056.gif 043.gif




f0308721_20163158.jpg
おや、大きな檻があちらこちらに設置されているよ。 イノシシ、二ホンシカ、二ホンサル捕獲の為に豊田市農政課が設置したものらしい。 この檻に入ってみたい衝動に駆られるのは私だけ? でも、城からぬけ出して、檻から出られなくなったら洒落にならないので、檻に入りたい衝動を抑えた。 でも、三つ子の魂百までだから、三歳児のSueだったら絶対に入っているね。 041.gif




f0308721_2017759.jpg
畑路から里山小屋の前を通りぬけると湿地帯となる。 里も変化があって里歩きも悪くないね。 060.gif




f0308721_2018216.jpg
そして、東海環状自動車道の高架下を通って、住宅地を通りぬければ猿投神社の門前通りに出る。
猿投神社前から豊田市駅行きのバスは 14:38 の次は 16:50 まで無いので、バスの時刻はあらかじめ調べておこう。

幽閉された姫の1日大冒険は、人気の東海自然歩道と冬でも楽しい七滝めぐりの約1ヶ月ぶりのハイキングであった。 060.gif

本ルートのマップ: yahoo! map
私のこのトレイルへの評価: 4★ 初~中級者向け
行程距離: 約12km(猿投神社‐大岩展望台‐東の宮‐猿投山‐東の宮‐御船岩‐西の宮‐七滝遊歩道∸広沢神社‐猿投神社)
標高差: 約500m
実動時間: 約6.5時間 (休憩込み)

f0308721_20192776.jpg
この情報は役にたちましたか? 下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.

にほんブログ村

にほんブログ村

by dream8sue | 2017-01-29 19:44 | 愛知県エリア | Trackback | Comments(6)