<   2013年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Big Bear Lake 周辺のハイキング Ⅰ ― Pine Knot Trail ―

Sunday, September 29, 2013
f0308721_943476.jpg
夏には夏にしか歩けないトレイルに行こう!
f0308721_9251792.gif

ということで冬は雪に覆われてしまう、標高7,000feet(2,100m)のBig Bear Lake周辺のハイキングに行ってきた。
Big Bear は暖かな南カルフォルニアにおいて冬にスキーができる数少ないスキーゲレンデ
f0308721_9254346.gif
、夏はLA近郊の避暑地として親しまれている。
フリーウェイを乗り継いで1時間、さらに山道1時間、初めて訪れたBig Bear Lake!!!!!
f0308721_9251749.gif
f0308721_9251792.gif

資料によれば、面積は日本の十和田湖を一回り大きくした感じ、らしい。


f0308721_955360.jpg
Pine Knot Trailの入山口はレイクの南側になる“Aspen Glenピクニックエリア”からはじまる。ここはSan Bernardino National Forestの管轄になるので、駐車券(Adventure Pass )が必要だけれど、街に近い公園ハイキングとは違って、自然の息吹を身体全体で感じられる国有林だ。
森はやっぱりいいな~
f0308721_925251.gif


f0308721_9627100.jpg
トレイルは緩やかな登り坂が続くが、標高が高いので、歩き出してすぐに息が切れる。
頑張って30分も歩けば、だんだんと身体が慣れてきて(インシュリンがでて)楽になる。
それにあたりはすでに紅葉が始まっていて、黄金色の広葉樹が美しい。


f0308721_97211.jpg
そして、だんだんと高度を上げ、振り向けば木立の間からBig Bear Lakeが、空の青さよりももっと濃い紺色の湖面をのぞかせている。
片道2時間のドライブをして来た甲斐があった。“自然は生きている”と実感できるフィールドに身を置くことの幸せを感じる。これに癒されない自然派人間はいない。。でしょ?043.gif
もしいるなら名乗り出てください。私がもっともっと素敵なコースを案内して差し上げます。003.gif 

f0308721_9103615.jpg
登り出して2時くらいで広葉樹から針葉樹の森に変わる。そして林の中にぽっかりと広がる草原が現れる。ここはいくつかのトレイルが交わる交差点。


f0308721_17194787.jpg
Pine Knot Trailの標識を忠実にたどれば、すごに“Deer Group Campground”に到着だ。日曜日の今日はたくさんのキャンパーで賑わっている。


f0308721_17201964.jpg

キャンプ場のすぐ前にも草原が広がっていて良い感じだ。
f0308721_925251.gif



f0308721_914119.jpg
キャンプ場の喧騒をさけて、キャンプ場から少し先の小高いピーク、“Ground View Point”まで登ってランチにしよう。。
ピークから見渡す樹木は、トレイルの名が現すように、pine 松の木ばかりだ。。マツタケもいっぱいあるのかな???


f0308721_916124.jpg
一年中温暖な南カルフォルニアに暮らしていると、気づかないうちに秋が過ぎ、冬になっている感じがする。
Big Bear Lakeの紅葉もあと一月くらいで終わってしまうだろうな~
たまには遠出をして小さな秋を見つけながらのハイキングも良いものだ。4★


Click now↓ 応援クリックお願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
by dream8sue | 2013-09-29 08:20 | Los Angeles area | Trackback | Comments(0)

洞穴めぐりハイキング ― Dripping Cave in Aliso and Wood Canyons Wilderness Park ―

Saturday, September 28, 2013
f0308721_9262359.jpg
今週も先週に引き続き私の住んでいるOrange Countyエリアの公園ハイキングに行ってきた。
近くのハイキングはいつでも行ける気軽さがいいね。朝寝坊してゆっくり家を出ても充分歩ける。
Aliso and Wood Canyons Wilderness Park はフリーウェイ5番を南下して、Alicia Parkway で降りて南に5マイルいったところにある。
f0308721_9251749.gif
f0308721_9251792.gif


f0308721_9262313.jpg
私はいつもの通り路駐したが、路駐が嫌な人は、隣接の有料駐車場で$3を場内に備え付けの券売機で清算する。


f0308721_92623100.jpg
この公園にはピクニックエリアや、自生の植物を集めた植物園などもあり、家族連れにはもってこいの場所だ。レンジャーステーションもあるので、気軽にトレイル情報なども尋ねると良い。電話中の彼はレンジャーです。


このてのState Park(カルフォルニア州立公園)のトレイルは、1マイルにも満たない短いトレイルに名前をつけて細かく繋げているところが多い。
今日私が歩いたコースを書き出すと、、Aliso Creek Trail-Cave Rock-Dripping Cave-Oak Grove Trail-Car Wreck Trail-West Ridge Trail-Mathis Canyon Trail-Coyote Run Trail-Wood Canyon Trail-Aliso Creek Trail East と、とてもじゃないが1度では覚えられないコースだ。トレイル地図はパーク内の掲示板に無料配布で設置してある。または公式サイトからもダウンロードできる。(下記リンク参照)
ここの見所は Dripping Caveを始めとする、いくつかのケイブ(洞窟・洞穴)である。


f0308721_9262410.jpg
始めは植物園の脇から舗装道路を南に向かって歩き出す。
ハーフマイルほど歩くとすぐにAliso Creek Trailが舗装道路と平行して歩くように作られている。
そして、その舗装道路はAliso Creek(小川)に沿って作られている。


f0308721_9262477.jpg
Aliso Creek Trail は日陰がないので帽子やサンブロックのクリームなどはしっかり塗っておいたほうが良い。
f0308721_925787.gif

しかし、日差しはまだまだ強いが、海が近いせいか?風はさわやかでとても歩き易い。もう秋なのかな?


f0308721_9262470.jpg
1.5マイルほどで、トレイルが大きく方向を変え、北に向かう。
すぐにCave Rock の分岐が現れる。ケイブの中は日陰で一休みするのに調度いい。


f0308721_926246.jpg
Cave RockからDripping Cave までは0.5マイルくらいだ。こちらのケイブはだいぶ規模が大きい。


f0308721_12133517.jpg
ケイブの中はこんな感じ。。
ここまではトレイルも広く、ベビーカーを引いたお父さん、お母さんでも来れる。
この2つのケイブスポットのほかにもいくつかのケイブが、トレイル沿いにある。


f0308721_9262528.jpg
さて、ケイブ見学の後はOak Grove Trail とMathis Canyon Trailの分岐。ここからOak Grove Trail(左)いよいよ道幅も狭くなり、傾斜も出てくる。


f0308721_9262519.jpg
Oak Grove Trail は途中からCar Wreck Trailに名前を変える。この辺りはルートファインディングが難しい。怪しい踏み跡があるので正規ルートを見失わないように気をつけよう。


f0308721_9262549.jpg
傾斜のきつい斜面にあえぎながら一汗かいたころ、West Ridge Trailにでる。ここからは
Orange Countyが一望できる。

登ったら、降りる。。谷から尾根に登り、また降りる。。登山でも、ハイキングでも何でこんなことするんだろうね・・?よくわからないけど、ま、楽しいからいいか。。
f0308721_925472.gif


f0308721_925251.gif
下降は Mathis Canyon Trailで一気に降る。そして Coyote Run Trailで Wood Creek(小川)沿いに上流に上り、Wood Canyon Trailに合流して今度は下流に下る。歩くことが嫌いな人から見たら、まったくもって意味のわからない行為だ。。


f0308721_9262666.jpg
Coyote Run Trailはいい感じのトレイルだ。小川のせせらぎ有り・・・


f0308721_9262624.jpg
植物鑑賞あり・・・
f0308721_925251.gif



f0308721_9262643.jpg
森林浴できるオークの林あり・・・
f0308721_925251.gif


f0308721_9262787.jpg
おまけにPoison Oak(ウルシの一種)の説明つきだ。
f0308721_925698.gif

ただ、一つの難点はバイカー(自転車乗り)とトレイルを共有しているので、音もなく後ろから現れるバイカーにドキッとさせられることが度々ある。。


f0308721_9262792.jpg
Wood Canyon Trailに合流し、1マイルほど下ったところに、Old Corralという柵囲いが、家畜がいなくなった今も残されている。なんか西部劇っぽい・・と感じたのは私だけ?


f0308721_926274.jpg
いい感じに陽が西に傾いてきた、さあ、おうちに帰ろう!
f0308721_92542.gif
f0308721_9254856.gif
f0308721_9251792.gif



f0308721_9262777.jpg
帰りは小川の対岸のトレイルAliso Creek Trail East で駐車場まで戻ろう。
最後の最後にもう一度、Alison Creekを徒渉して終わり。

手軽に来れる場所だし、トレイルもたくさんあるので、今回廻れなかったトレイルはまた春先に歩きたい。
ケイブを見るだけのコースなら5マイル/2,5時間.
今回私が歩いたコースは11マイル/6時間コース。3★ バイカーと共有でなければ4★なんだけどなー
f0308721_9253319.gif


Aliso and Wood Canyons Wilderness Park Trail Map



↓ よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
by dream8sue | 2013-09-28 00:00 | Los Angeles area | Trackback | Comments(0)

Anaheim にある小さな公園 ― Oak Canyon Nature Center ―

Sunday, September 22,2013
f0308721_772774.jpg

昨日のMt.Baldyハイキングの心地よい?筋肉痛をほぐすために、今日はゆる~いお散歩をする事にした。
Mt.Baldy 登山のレポートも読んでね。→Old Mt.Baldy Trail からの Mt.Baldy (10,068feet/3,068m) 登山
AnaheimにあるOak Canyon Nature Centerは団体や個人向けに一年中ワークショップを開催している公園だ。国立、州立の自然公園が財政の問題からセンターを閉鎖する所が多い中で、小さいながらもローカル(Anaheim City) で頑張っている自然を生かした公園だ。
この公園内には小川が流れていて、トレイルもこの小川に沿って作られている。“わが町の癒しの公園”と言った面持ちだ。
f0308721_9251584.gif


f0308721_782195.jpg多くの公立公園が高い駐車料金を設定している中で、何と嬉しい無料駐車場(寄付$2は自主的に)

f0308721_791716.jpg
出発地点のネイチャーセンターでトレイルの地図がもらえる。


f0308721_710991.jpg
いくつかのトレイルがあるが、長いトレイルをすべて繋げても3マイル程度ではないだろうか?
私は日当たりの良い丘の中腹に沿っているトレイルから歩き出すことにした。サボテンの群生や、侵食によってできた洞穴などを見ながらゆっくりと歩く。


f0308721_7113169.jpg
やがてトレイルは小川に向かって下降し、対岸についたOak(ブナの木)の林の中を歩くトレイルになり風景が変わる。


f0308721_7121789.jpg
トレイルは小川を何度も越えるので、要所要所に橋が渡してある。


f0308721_7125174.jpg
このての公立公園にありがちなのは、犬や馬の糞がトレイル上にあったり、ゴミの管理が悪かったりするところが多いのだが、この公園はしっかり管理がされていて、犬連れも、馬や自転車の乗り入れも禁止している。


f0308721_713385.jpg

公園の中央にはイベント施設があり、ここで結婚式や各種イベントが催されたりする。
f0308721_9262289.gif

地元民に愛されている小さな公園、こんなのが近所にあったら朝晩の散歩に凄くいいのにな~ 
3★ 2miles/3.2km, 高低差200feet/60m, 1時間

Oak Canyon Nature Center 公式サイト


↓ 応援クリックお願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
by dream8sue | 2013-09-22 12:36 | Los Angeles area | Trackback | Comments(0)

Old Mt.Baldy Trail からの Mt.Baldy (10,068feet/3,068m) 登山

Saturday, September 21, 2013
f0308721_13164537.jpg
LA周辺で一番高い山にSan Gorgonio Mountain(11,499'/3,500m)という山があるが、San Gorgonio が日本の富士山とするなら、Mt.Baldyボールディー(別名 Mt.San Antonio サンアントニオ)は北岳という感じだろうか。
Mt. Baldyにはスキーリフトを使って肩まで登れるコースもあり、気軽にアプローチできるせいかSan Gorgonioより高い人気を誇っている。
何本かあるルートのなかで、今回私がトライしたトレイルは一番長く、一番傾斜がきついコースだ。
13マイル(21km), 高度差5,744フィート(1750m), 垂直度?900 vertical feet per mile
ってどんだけ???よくわからないけど、私の感覚では日本3大急登のひとつ甲斐駒ヶ岳の黒戸尾根あたりかな??しかも高所だから、とにかく疲れた~!これはハイキングというより、立派な登山だ。


f0308721_12572418.jpg
下界のお天気が朝から曇りがちだったので、出発を躊躇したが、山際に着くとすっきりとした好天だった。
f0308721_925787.gif

このトレイルはBaldyタウンのビジターセンターの裏手から、Mt.Baldyの南側にある尾根をいきなりがんがん登りだす。
f0308721_925924.gif


f0308721_12581552.jpg
登山口から1.8マイルで”Bear Flat”。ここは高い背丈の草原が松ノ木の樹林帯の合間に群生している。


f0308721_12595881.jpg
トレイルはすぐに長い長いスイッチバックになり、登山口から2.5時間くらい登ったところで、ようやく尾根道が始まる。
昨日は朝から午後まで眼下に雲海が広がっていた。こんな雄大な雲海を見るのは久しぶりだ。


f0308721_1303350.jpg



傾斜はどんどんきつくなり、私のふくらはぎはすでに悲鳴を上げている。042.gif 008.gif
植生も高山独特の大きな松の木と、低いブッシュのコントラストになってくる。



f0308721_132535.jpg
トレイルの3分の2くらい登ったところに 狭くもないのに、幅が狭いという意味の”The Narrows”というリッジが現われる。
誰が命名したか知らないが、戸隠山の蟻の戸渡りのほうがよっぽど狭いわい!あたしゃ冬にアイゼンはいて渡ったけど、サーカス団員になれるかもって思うほどのバランス感覚の持ち主よ!
ちなみに、この英語 Narrow は”ナァロー”とは発音しない、ネイティブスピーカーは”ネェロー”と発音しまーす。034.gif


f0308721_1331995.jpg
バランス感覚抜群の私も、このあたりから高度の影響がてき面に現れ、私の心臓は悲鳴の連発だ。
そんな私の横を、足の長~い金髪のお姉ちゃんが涼しい顔をして通り過ぎていく。
情けなや、アジア人のちっちゃいおばさん・・と自分を卑下しそうになる。。
f0308721_9251390.gif
 が、こんな時いつも思い出すのは、山岳会の先輩の言葉。

“ピークのない山はない、諦めずに高みを目指して歩いていればいつか必ずピークに立てる。今お前が対峙すべきは山ではない、内なる自分だ”

と、今にして思えば、ずいぶんと臭いせりふだか、20歳そこそこの若きクライマーSue は瞳を輝かせて先輩の言葉にうなずいていたのだ。045.gif
先輩!私はおばさんになった今でも、貴方の言葉を胸に山を登っていますよ~。
f0308721_925472.gif
 
f0308721_9251584.gif

f0308721_1342121.jpg
そして山頂まで3分の1を残すあたりから、100m進むごとに姿を変える雄大な景色。その展望にしばし疲れを忘れる。


f0308721_136884.jpg
これらの景色に背中を押されながら、内なる自分と対峙して歩いていると、だんだん傾斜が緩くなってきた。
そして、何やら賑やかな声が聞こえた、と思ったら突然だだっ広いMt.Baldyの山頂が現れた。071.gif 056.gif
山頂から東に伸びている尾根がリフトで肩まで登降可能な最も短いコースBaldy Notch and Devels Backbone Trailだ。


f0308721_1392779.jpg

山頂では小麦色に日焼けしたカルフォルニアガール達がワインでメンバーの誕生日を祝っていた。私の誕生日に友人が誕生日ハイキングを企画してくれて、やはり山頂でワインとプチケーキを堪能したことを思い出した。綺麗な景色の中で楽しい仲間と祝う誕生日は最高の思い出だ。Happy Birthday!
f0308721_9251671.gif
f0308721_9251654.gif

春が満載の誕生日ハイキングはこちらでチェックしてね→― Micholas Flat via Malibu Spring Trail in Malibu ―


f0308721_13144675.jpg
さて、帰りは西に大きくそびえるWest Baldy(西岳)を登ってから下山するとしよう。
見た目は結構遠く感じたが、15分の登りで登れてしまった。
そして、いつも下山では思うことだが、こんなに長かったのかーと、トレイルの長さを改めて認識する。


そして、最後のスイッチバックの下りで、またまた人生で初めての体験。なんと野生のタランチュラに出くわした。
f0308721_925698.gif
f0308721_925726.gif
こいつ、でかいです! 005.gif


f0308721_13153055.jpg

登り6時間、下り3時間、休憩時間1時間、きっかり10時間。実にやり甲斐があり、満足のいくトレイルだ。
間違いなく5★。。ただし、You must be in good physical condition!
この日はとにかく雲海が綺麗で、午後にはまるで墨絵のような幻想的な山々のシルエットが見られた。049.gif


Click now↓ 応援クリックお願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
by dream8sue | 2013-09-21 01:05 | Los Angeles area | Trackback | Comments(0)

往年のクライマーを育てた岩場でクライミング     Rock Climbing in Stoney Point

Sunday, September 15, 2013
f0308721_1330143.jpg
I participated in rock climbing workshop, which is organized by outdoor shop. It was the first time in decade to do rock climbing to me.
Stoney Point in Chatsworth, many of America’s luminaries cut their teeth here; Royal Robbins, Yvon Chouinard, Bob Kamps, Ron Kauk, John Long, and John Bachar to name but a few.

久しぶりに、というか10年ぶりくらい?に岩登りがしたくなって、アウトドアショップの岩登り講習会に参加した。
Chatsworthにあるこの岩場は、往年の名クライマー達が通った“地元の岩場”って感じの岩場。群馬ならさしずめ榛名の黒岩ってとこだろうか。
Royal Robbins, Yvon Chouinard, Bob Kamps, Ron Kauk, John Long, and John Bachar といったアメリカのロッククライミング史上に大きく貢献したメンバーが足しげく通った岩場なんだと思うと、忘れていた(ほとんど消えてますが・・笑)クライマー魂が少しだけ熱くなった気がした。


f0308721_9261258.jpg


My body became chubby because I had an American life that ate a lot of junk food. That why, I thought that I can not climb even one step. But, surprisingly I could climbed well. I enjoyed rock climbing with top rope. Since I was able to climb in the historic rocks of rock climbing, it was a good memories for me.

ジャンクフード食べまくりの6年間のアメリカ生活で、すっかり重くなった身体なので一歩も上がらないかと思っていたが、トップロープで楽しく登らせてもらい、良い思い出ができた。

f0308721_9261327.jpg

この情報は役にたちましたか? 下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.

にほんブログ村

にほんブログ村
by dream8sue | 2013-09-15 00:36 | Rock Climbing | Comments(0)

十字架がそびえるトレイル ― Azusa Peak and Glendora Peak via Garcia Trail ―

Saturday, September 14, 2013
f0308721_15523010.jpg

Azusa Peakアズサ・ピーク と Glendora Peakグレンドォラ・ピークのあるAzusaの夏はとても暑く、標高も低い山なので、予想通り暑い暑いハイキングとなった。


f0308721_1685745.jpg

ここはLAの北にあるSan Gabriel Mountains(Angeles National Forest)の山域になるが、カレッジや大学が多い町に近く、トレイルヘット(入山口)も住宅街からすぐのところにあるので、週末にはたくさんのハイカーで賑わっている。
LAの北を東西に走るFW210をAzusa Avenue アズサアヴェニュー(Route 39)で降り、北に約2マイル行くと、Sierra Madre Avenueシアラマドラアヴェニューとの交差点になる。右折で東に向かい、1.1 miles走ると左側にLA County Fire Station消防署がある。そこがトレイルヘッドだ。駐車は消防署の前の道に路駐となる。


f0308721_1631820.jpg
このトレイルは往復4.6マイル(約8km)と短いながらもAzusa Peakまでの斜度がきつく山のふもとから一気に高度を上げる。Azusa Peakには十字架が建設されている。


f0308721_1634552.jpg
Azusa Peakから更にFire Road(林道)を30分くらい登るとGlendora Peak(3547ft/1081m)に着く。Glendora Peakからの眺めは北にはSan Gabriel Mountainsの山々がそびえ、南にはLAの町並みを一望できる。


f0308721_1639462.jpg

山頂からはリッジ通しで登ってきた林道の途中に戻れるトレイルがある。
小さなケルンが積んであるところが林道との分岐になる。


f0308721_16395162.jpg
手軽に取り付けるロケーションと、急な傾斜を有するトレイルということで、トレーニング場としての貴重価値には特化しているが、森林浴効果が期待できるトレイル好きの私としては樹木の少ないこのトレイルは3★の普通評価かな。


Click Now↓ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ 
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
by dream8sue | 2013-09-14 00:17 | Los Angeles area | Trackback | Comments(0)

夏だ!飛び込みができるトレイルだ!― Hermit Falls in Angeles National Forest―

Sunday, September 8, 2013


Devil's Canyon Trailでヒートアップした身体を冷やすため、さっそく1時間のドライブをしてHermit Fallsに行った。
ここはLAのダウンタウンからもアクセスしやすい場所なので、週末はたくさんのハイカーや家族ずれで賑わう、とても人気エリアだ。

滝までのトレイルは森林浴も渓流散策もできる気持ちのよい路だ。

f0308721_9261027.jpg



Hermit Fallsはクリフジャンプができる滝としても人気が高く、たくさんのジャンパーがさまざまな高さからクリフジャンプに挑戦していた。
三回転ヒネリで飛び込む人とかいて、見ているだけの私のようなギャラリーも自然と楽しくなる。

f0308721_9261023.jpg



中には男性も尻ごむ高さから飛び込む女性ジャンパーもいる。
ジャンプ
f0308721_9251792.gif


f0308721_7283794.jpg



そして着水
f0308721_925726.gif


f0308721_9261167.jpg


残念なことに人がたくさん集まる所にありがちな、ゴミの残置が気になるトレイルだ。
暑い夏場に水遊びのできるトレイルという利点はあるけど。。。3★かな。。。


f0308721_925634.gif

にほんブログ村
f0308721_925656.gif

にほんブログ村
by dream8sue | 2013-09-08 09:57 | USA 滝を見るトレイル | Comments(0)

デビルの熱地獄トレイル ― Devils Canyon Trail in Angeles National Forest ―

Sunday, September 8, 2013

f0308721_1603646.jpg
久しぶりAngeles National Forest方面にハイキングに行く。
Devil's Canyon Trailは、往復7マイル、高低差1500フィート、3.5時間、Moderateのコース。

このエリアは少し内陸に位置していて、標高もさほど高くはないので夏は凄く暑い。
わかってはいたのだが、帰りに同じエリアのHermit Fallsによって水遊ぶでもして帰ればよいかと思い、安易に出かけてしまった。

これらのトレイルは入山口が山腹の高いところから始まり、谷底に下っていくルートだ。
まさに行きはよいよい帰りは怖いだ。


f0308721_161949.jpg
谷底までは樹林帯の中を行くので日差しを和らげてくれる。行きは1500フィートを一気に降りる。


f0308721_1613457.jpg
谷間の渓谷沿いには南カルフォルニア特有の植物が見られる。


f0308721_1615290.jpg
目的地のTrail Campground(簡易なキャンプ場)で昨夜から泊まっていたというバックパッカー(ハイカーより重装備の登山者のこと)としばし雑談をしながのランチタイムを楽しんだ。


f0308721_1621748.jpg
さて、登りは来た路なのに、こんなに長かったかと思いながら、まさにデビルの熱地獄に耐えながらの登行になった。

ハイキングと登山の違いは何か?
ハイキングを始めてわかったことだが、ハイキングのほうが登山よりも季節やお天気を選ばなくてはいけないということだ。
もちろん登山でも天候や時期は大切だか、登山はピークに立つ(またはルートを完登する)という大義名分ともいえる目的がはっきりしているので、例えお天気が悪い中を登ったとしてもピークに立つこと自体で登山者の要求は満たされる。生粋のクライマーにいたっては安全に誰でも登れる夏山よりも、厳しさがます冬山のほうが彼らの優越感は刺激されたりする。
一方、ハイキングは目的地はあるにはあるが、そこに至るまでのプロセスも含めて総合的に評価される。プロセスの中のさまざまなファクター(動植物の形態、地層や地理的面白さ、もちろん景色も含めて)が実は大変重要なのである。だからそのトレイルの適切な季節や天候や気温などを見極めなくてはいけないのだ。
別の言い方をすれば、登山が個人の力を試す内面的な要素が強いとするなら、ハイキングは自然界がもたらす条件をいかにうまく察知して遊ぶかという、外的要素が強いということだ。
つまり何が言いたいかというと、夏にDevil's Canyon Trailに行っては行けない!ということだ。。(x_x)
ルート自体は面白いトレイルだと思う。ガイド本では4★ルートとしてお薦めグレードがついている。が、今回の私の評価は3★だ。
今度は渓谷に水が流れている早春に行ってみたい。きっとはるかに素晴らしい充実感に浸れるのではないだろうか。。


↓ 応援クリックお願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
by dream8sue | 2013-09-08 09:02 | Los Angeles area | Trackback | Comments(0)

セコイア国立公園周辺のハイキング

August 31 - September 1, 2013
f0308721_7483934.jpg

セコイア国立公園(カリフォルニア州)にハイキングに行ってきました。


f0308721_7495727.jpg

初日は “The Needles” その名の通りまさにアニメの“天空の城ラピュタ”にいる気持ちになります。
このニードルの山頂には数年前まで展望小屋があったのですが、山火事で焼き落ちてしまって今は小屋の鉄柱が残るのみです。最後の階段から岩の山頂に移る数歩が実に怖いです。008.gif
f0308721_925924.gif


f0308721_7503642.jpg

ここにはクライミングのルートもあるので、ロッククライマーも楽しめますよ。
あと、ここは正確にはセコイア国立公園に入る少し手前で、フリーウェイ190を東に行ったところです。最後の3マイルは林道がダートなので、ハイクリアランスの車のほうがいいです。私のMiata号は登山口の1.5マイル手前でギブアップ。お陰で5マイルの往復路のはずが8マイルに・・007.gif
でもトレイルは私好みのトレイルでアクセスの悪路を差し引いても堂々の5★でーす!056.gif


f0308721_752010.jpg

2日目は早朝4時にはモーテルを出発。暗いうちにセコイア国立公園に入って主な観光スポットを見て歩き、早めの時間に目的のハイキングトレイルの入山口に着く予定で行動開始!

朝6時、初めに訪れたのはMoro Rockという展望の良い岩山、と言っても500段の階段が設置された観光岩山です。
ピークでご来光を見ながらの朝食タイムは最高でした。058.gif 049.gif
f0308721_925787.gif
f0308721_925251.gif


f0308721_7523359.jpg

次に訪れたのは"Gem of the Sierra シエラの宝石"と言われる樹林帯の中にある草原“Crescent Meadow ”です。
私はこの朝、人生で初めて野生の熊に遭遇しました。 005.gif 私の20m先をのそのそと、朝の獲物を求めて歩いているではありませんか!鼓動は高鳴り身体は硬直して足が動きません!008.gif でも、幸いにも私は彼のタイプではなかったようで、彼は私と目を合わす事もなく、どこかに行ってしまいました。。 042.gif ほっ。。。

f0308721_753065.jpg

“Crescent Meadow ”に向かう途中には“Tunnel Log ”という大きなセコイアの倒木をくりむいた楽しいトンネルもあります。070.gif

f0308721_754338.jpg
そしてセコイア国立公園と言えばなんと言っても有名なのが千年セコイアです。
セコイア博物館の前にある“Sentinel”と“ The General Sherman tree”を見てまわりました。
“ The General Sherman tree”は推定樹木年齢2000年~2700年、幹の円周は何と31mです。005.gif
f0308721_925698.gif


f0308721_853140.jpg
セコイア博物館


f0308721_89468.jpg

簡単に観光スポットめぐりを終え、9時には今回の旅の目的である、“Pear Lake Trail(9200フィート/2800m)”の入山口に向かう。
このルートは途中Watchtowerという見晴らしの良い岩場やHeather LakeやAster Lakeという美しいレイクを経由して、最後に岩の要塞に囲まれた孤立感のあるPear Lakeまでの往復12マイルのトレイルです。
この標高での12マイル(約20km)のハイキングは少しきついですが、苦労に見合うだけの素晴らしい内容です。
途中のHeather Lakeは樹林帯に囲まれた風情のあるレイクです。
12マイルが無理な人は、ここまででも十分楽しめます。049.gif056.gif


f0308721_757348.jpg

Watchtowerからの雄大な風景。


f0308721_7573074.jpg

Heather Lake とPear Lakeの間にある、こじんまりしたAster Lake


f0308721_758155.jpg

そして岩の城に守られているかのようなPear Lakeは、まさに天国です!032.gif
日帰りではもったいない、本当にここで泊まりたいって思いました。文句なしの5★です。
f0308721_925251.gif


シャトルバスで、巨木めぐりや洞窟見学もいいですが、少し森の奥に足を踏み入れるだけで、もっともっとセコイアの森の素晴らしさが実感できます。
短いハイキングコースもありますので、ぜひ機会があったらハイキングに挑戦してみてください。049.gif


Click now↓ 応援クリックお願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
049.gif

by dream8sue | 2013-09-01 09:42 | Sequoia NP | Trackback | Comments(2)