<   2017年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

魚沼市 玉子石が見守る池塘群と紅葉の平ヶ岳     Mount Hiragatake in Uonuma, Niigata 

Sunday, September 24, 2017
f0308721_20395832.jpg
平ヶ岳は尾瀬の北西に位置し、山頂付近は広大な湿原が広がっている。 
尾瀬国立公園が大好きな私は、以前から尾瀬周辺の湿原をもつ山々(平ヶ岳や会津駒ケ岳、帝釈山、田代山など)が気になっていた。
でも、平ヶ岳はアクセスもアプローチも長い道のりという理由からなかなか行く気になれなかった。
しかし、今回は百名山狙いのメンバーたちに同行させてもらい無事に日帰りハイキングをすることができた。

平ヶ岳は、このエリアでは最も新しく開かれた山で、1966年(昭和41年)に鷹ノ巣の清四郎小屋の手によって路が開拓されるまでは、
尾瀬や奥利根をフィールドとするスペシャリストだけの世界であった。 125.png
そんな玄人好みのエリアに私のような若輩者が日帰りで登れるようになったのだから開拓者様様である。
楽園のような山上湿原の美しさを知ってしまったら、ちょっとくらい泥んこ路でも何てことはない。 104.png




f0308721_20400605.jpg
<マイカーの場合>
関東からは、東北自動車道の西那須野塩原ICで降り、国道400号線で塩原温泉を越えて国道352号線へ繋ぎ福島県の檜枝岐村へ入るのが道路状況は良さそうだ。
平ヶ岳登山口は、国道352号線で尾瀬の燧ヶ岳などの登山口である御池を通り越して行くと、鷹ノ巣の少し手前にパーキング(無料)がある。
公衆トイレ、登山ポスト有。




f0308721_20401200.jpg
早朝まだ暗いうちにパーキングを出発し、しばしの林道歩きから下台倉沢に架かる木橋を渡った先で細い山路に入る。
植林地の左山腹をたどって尾根筋に出れば、1時間もしないで視界のきくヤセ尾根となり下台倉山までの長い稜線が現れる。




f0308721_20402498.jpg
右側(北)には下台倉沢が切れ落ち、左側(南)には只見川を隔てて双耳峰の燧ヶ岳が美しいシルエットと共に浮かび上がる。 177.png




f0308721_20403375.jpg
夜が明ける頃には、 “前坂” と呼ばれる急坂になり、所々でフィックスロープのセットされた岩場の登行となる。 119.png




f0308721_20403929.jpg
尾根には豪雪に耐えた何本かの針葉樹があるが、その枝ぶりにしばし見惚れてしまう。 150.png




f0308721_20405459.jpg
灌木の根元には小さな花が咲いている。  
葉も花もパープルが濃いママコナ?ミヤマママコナ?  178.png




f0308721_20410118.jpg
ホツツジも満開だ。 178.png




f0308721_20465787.jpg
消耗激しい急坂であるが、徐々に標高を上げていくと、右前方に鷹ノ巣山の岩壁が見えてくる。
この辺りから紅葉が見られるようになる。 177.png




f0308721_20470617.jpg
真っ赤! 113.png




f0308721_20471352.jpg
一際急な岩場を乗り越せば下台倉山は近い。




f0308721_20472119.jpg
岩場は登りよりも下降が悪い。
長丁場の山なので、下山時には疲れた身体でこれらの岩場を下降しなければならない。 105.png




f0308721_20473002.jpg
やがて急登が終わり、なだらかな平地になり、ピークらしくないピークの下台倉山に着く。 166.png




f0308721_20473747.jpg
台倉山へは、小ピークのアップダウンを繰り返しながら、ツガやマツなどの針葉樹林を抜けて行く。
右奥に平ヶ岳が見るが、それはあまりにも遠く、思わず気を失いそうになった。 149.png




f0308721_20474669.jpg
稜線の左(東側)は紅葉が進んでいる。 177.png




f0308721_20475470.jpg
下台倉山から紅葉の尾根を快適に歩くこと1時間弱で台倉山に到着。 
三角点はあるが山名柱は無い。
燧ヶ岳の展望が良い。 右下に見える白い霧に覆われた辺りが尾瀬ヶ原だろう。




f0308721_20520486.jpg
台倉山からはしばらく展望の無いコメツガの原生林を行く。
程なくしてこのルートで最初の水場 “台倉清水” がある。
水場は右に少し下ったところに流れているようだが、渇水期には涸れることがあるらしい。 131.png




f0308721_20521722.jpg
台倉山から2つ目の水場 “白沢清水” 辺りまでは泥んこ路である。 148.png
裾汚れが気になる人はスパッツが必携かも。
木道も多くなるが、濡れていて非常に滑り易いので転ばないように慎重になる。 116.png




f0308721_20522601.jpg
木道の脇に、こんなに綺麗な実を付けたマイヅルソウが生えていた。 178.png




f0308721_20523498.jpg
こちらも赤い実だけど、何の実かな? 178.png
後で調べたら、ツルシキミという有毒植物のようだ。
美味しそうな実だけど食べちゃだめだよ。  Σ(-`Д´-ノ)No!! 




f0308721_20524439.jpg
樹林帯の途中には、倒木でトレイルが寸断されている個所もあるが、台倉山から約1時間強で白沢清水(鷹ノ巣清水)に着いた。
白沢清水はササの地面からチョロチョロと湧き出ている泉のようだが、とても飲む気にはならない。 141.png




f0308721_20525799.jpg
やがて黒木の森からササ原の斜面となり一気に視界が開ける。 174.png




f0308721_20530593.jpg
明るい尾根にはリンドウが咲いている。 178.png
全体的にはオヤマリンドウが多いようだが、これは三段重ねのエゾリンドウのほうかな・・?




f0308721_20531310.jpg
北側後方には奥只見湖と、それを取り囲む新潟と福島の青い山々が連なっている。 177.png




f0308721_20580025.jpg
南側には平ヶ岳から伸びる尾根の向こうに尾瀬の至仏山や笠ヶ岳が頭を出している。
私はどちらも登っているが、静かで鋭い山容の笠ヶ岳の方が好きだな。




f0308721_20581252.jpg
草原も随所に現れてくる。 そこには遅咲きのイワショウブが数株咲いていた。 178.png




f0308721_20582421.jpg
尾根上部にある小岩峰を登り切れば・・




f0308721_20583649.jpg
右(北側)に荒沢岳の稜線が見えてくる。




f0308721_20585411.jpg
そして左には平ヶ岳のピークがどっしりとした山容を見せている。




f0308721_20590909.jpg
小岩峰の先は低灌木帯で、色づいたツツジが紅葉のパッチワークのようだ。 池ノ岳は目前だ。




f0308721_20591887.jpg
f0308721_21192406.jpg
そして、青い姫ノ池の畔に飛び出す。
その開放感と美しさに、今までの疲れが一気に吹き飛ぶ。 101.png 169.png 181.png














f0308721_20592422.jpg
姫ノ池の南側には、山というより広い丘のような平ヶ岳が見える。 177.png




f0308721_21034578.jpg
姫ノ池の畔で休憩した後は、先に平ヶ岳山頂に行き、その後で玉子岩へ行くことにする。
姫ノ池からすぐ南に玉子石への分岐があるので、ここは南へ直進する。
鞍部の草原で水場からのトレイルを合わせて、さらに南へ進めば、今度はシラビソの林を登り返す。




f0308721_21035502.jpg
シラビソの林ではツツジの紅葉が見事だった 150.png 177.png




f0308721_21040341.jpg
シラビソの林をぬけ、木道の敷かれた草原になるが、ここでもツツジが色を添えている。 177.png




f0308721_21041277.jpg
山頂付近は緩やかな登りで、広い草原に敷かれた木道が山頂へ導いてくれる。




f0308721_21042011.jpg
平ヶ岳山頂は苗場山と肩を並べる広大な湿原が広がっている。





f0308721_21042878.jpg
案内板のある休憩テラスの右奥に、山名柱が立つ標高2141mのピークがある。 166.png




f0308721_21044305.jpg
すぐ左(南側)には手が届きそうな距離に尾瀬の景鶴山や与作岳の稜線が横たわっている。
この近さなのに平ヶ岳が尾瀬国立公園には属していないことが不思議だ。




f0308721_21045733.jpg
南の白沢山方面へ続く稜線を左に見て、右へ少し行ったところでトレイル(木道)は終わっている。
周囲すべてが山々に囲まれた湿原である。




f0308721_21092519.jpg
雪解けの水をたっぷり含んだ大地には多くの池塘がある。 
夏だったら高山植物も豊富だろう。
バックには、北西方向に越後三山、奥利根源流の山々が見える。




f0308721_21093504.jpg
さて、山頂から一旦降って、池ノ岳の西にある玉子石まで行こう。 バックは池ノ岳。




f0308721_21094586.jpg
シラビソの林を抜けると分岐のある湿原へ戻る。




f0308721_21095388.jpg
シラビソの林の中では、ゴゼンタチバナが赤い実をたくさん付けていた。 赤い実が多いね。 109.png




f0308721_21100666.jpg
分岐のある湿原へ降り、分岐を左へ進み、水場を経由して玉子石へ向かう。




f0308721_21101676.jpg
樹林帯の中の水場は、小さな沢(平ヶ岳沢)が流れているので、できればここで給水しておきたい。




f0308721_21102482.jpg
水源に近いせいか? 窪地なので残雪が遅くまであったのだろうか? ここにだけは、まだお花畑が存在していた。
ミヤマリンドウと思われる小さなリンドウがたくさん咲いている。 178.png




f0308721_21103535.jpg
セリ科の植物も一面に咲いている。 178.png 178.png 178.png




f0308721_21130307.jpg
水場を後にして、西の斜面を登った所にも大きな池塘がある。
現在は、この池塘の側に作業用のプレハブ小屋が2棟建っている。




f0308721_21131115.jpg
さらに左手に平ヶ岳を見て、草原を西へ行く。 
グリーンとブラウンの草紅葉のコントラストが面白い。




f0308721_21132307.jpg
針葉樹林の森と草紅葉のコントラストが美しい。 177.png




f0308721_21133314.jpg
ツツジの紅葉も加わって、もう美しさが止まらない! 113.png
この先で右から中ノ岐登山口からのトレイルが合流する。




f0308721_21134200.jpg
さらに行くと小さな池塘があり、バックには越後三山が勢揃いする場所がある。
中央の中ノ岳は見えるが、中ノ岳の左右に位置する八海山と越後駒ケ岳は残念ながら雲に隠れていた。 145.png




f0308721_21135413.jpg
平ヶ岳から歩くこと約40分、シラビソの樹林の向こうに丸い大岩がひょっこりと現れた。
玉子石だ! 129.png




f0308721_21140600.jpg
2つの石が積み上げられている様にも見えるが、1つの花崗岩が風化によって削られ芯だけが残った形らしい。
自然の成せる技は実に興味深い。
このまま風化が進めばいつか2つに分離してしまうのかな~?
この玉子石を見たいなら今が駆け込みセールかもしれないね。 102.png
ちなみに、この玉子石を見た時、群馬県の妙義山のバリエーションルート(西大星)にある “お坊さん岩(仮称)” を思い出した。





f0308721_21141598.jpg
玉子石が見守っているのがこの池塘群である。 177.png
これらの池塘群へ行くトレイルは無い。
バックには平ヶ岳から剣ヶ倉山、滝ヶ倉山へと続く山並みが見える。

利根川源流の馬蹄形の稜線に位置している平ヶ岳であるが、見えている山々の反対側が利根川源流部であり
自然環境保全地区という特別なエリアになっている。
何せ利根川は首都圏の大切な水瓶として重要な一級河川だからね。
このエリアが汚染されてしまったら首都圏のライフラインのみならず、日本の経済活動に多大な影響を及ぼすことになるだろう。
な~んてことを考えているハイカーは私だけ? 104.png




f0308721_21191656.jpg
さて、いつまでも去りがたい紅葉の丘であるが、下山路も長いのでそろそろ下山にかかろう。
玉子石から水場方面へ戻り、平ヶ岳沢の源頭にあるキャンプサイト(5張り程度の小さなサイトで緊急用のみ使用可能?らしい)
を通りぬけ池ノ岳へ戻る。




f0308721_21193591.jpg
帰路は同ルートの下降である。 
燧ケ岳を望みながら池ノ岳直下のササ原を降る。




f0308721_21194362.jpg
泥んこトレイルの樹林帯を抜け、台倉山、下台倉山の紅葉を見ながら稜線を行き、最後は長~いヤセ尾根を降る。
夜明け前の暗い中を歩いてきたので、ヤセ尾根がこんなに長く、そして素敵なトレイルだということを下降で改めて知る。
往路では見られなかった植物や、紅葉を楽しみながら歩くことができた。
しかし、ヤセ尾根は部分的にナイフエッジなうえに、ザラザラして滑り易いので、疲れた身体にはきついが最後まで気を抜いてはいけない。

噂通りのハードな道程であったが、その分、草紅葉の湿原と青い池塘を見た時の感動は大きかった。
風化によって姿を変えてきた玉子石が、変わることなく太古の昔からそこで池塘群を見守っている景色は、
まぎれもなく地球の神秘と言えるだろう。
平ヶ岳の雄大な景色の中に身を置くと、その神秘に遭遇できた自分もまた地球が創造した生命の一物でしかないことを感じる。


本ルートのマップ は下記のヤマレコのリンクをクリックしてね (^_-)-☆ 

私のこのトレイルへの評価: 5★ 中級者向け
距離:約22km/ 所要時間:休憩込で約13時間(平ヶ岳鷹ノ巣登山口 4:30‐下台倉山 7:00/7:10‐台倉山 8:00‐白沢清水9:10‐池ノ岳 10:30/10:50‐平ヶ岳11:50/12:00‐玉子石 12:40‐池ノ岳13:20‐白沢清水 14:20‐台倉山 15:00‐下台倉山 15:50/16:00‐平ヶ岳鷹ノ巣登山口17:30)
標高差: 約1300m

f0308721_21195168.jpg
この情報は役にたちましたか? 下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.

にほんブログ村にほんブログ村

by dream8sue | 2017-09-24 20:23 | 新潟県エリア | Trackback | Comments(0)

中之条町 登る時季を間違えた高間山     Mount Takama in Nakanojō, Gunma

Thursday, September 21, 2017
f0308721_12254205.jpg
良い天気になるという予報を信じて上信越高原国立公園の志賀高原を訪れた。 
しかし、天気予報に反して空模様が良くなかったので、高原ハイキングはあっさり諦めて、草津温泉にある嫗仙(おうせん)の滝を見に行った。

1時間ほどの滝見物が終わり、中途半端な時間ではあるが、さらに1~2時間くらいのハイキングならできそうだったので、短時間で手軽に登れる中之条町にある高間山を訪れることにした。
しかし・・ササの生い茂る時期に登る山ではなかった。  135.png




f0308721_12255305.jpg
<マイカーの場合>
群馬県長野原町の国道145号線の交差点 “新須川橋” で、国道292号線に入り六合村方面へ向かう。 
交差点から3kmほど走ると右に旧道への分岐があるので、旧道に入り集落を抜けて山路へ進む。
この旧道は登山口まで7kmくらいであるが意外と長く感じる。
途中で高間集落の林道に合流したら右折し、次の二俣分岐を左に行けば、高間山登山口(木の幹に似せた道標がある)に着く。 
3台くらい駐車可能なスペースが設けてある。
高間山登山口と林道を挟んで反対側(南側)へ行く路は王城山へ続いている。 




f0308721_12260001.jpg
ここまでの林道も草木が生い茂っていたが、登山口周辺もうっそうとしている。 140.png
訪れる時期を間違えたと直感した。
登山口にはイエローが鮮やかなヤクシソウが咲いていた。 178.png
もうひとつ、イエローの花が咲いている。
キバナコスモスかと思って観察してみるが、どうもコスモスのような可憐さに欠ける。 
後で調べてみたらオオキンケイギクという北米原産の外来種であった。 
1880年代に導入されたが、繁殖力が強く現在では特定外来生物(日本の侵略的外来種)として、栽培や販売が禁止されている嫌われ者だ。 
当初は河原への侵入であったが、今では自然度の高い森林へも進出しているらしい。
まさに、こんな山奥でも見られるなんて・・知っていたら駆除しておいたのにな~!
でも、まあ考えてみれば、勝手に観賞目的で導入しておいて、在来種に悪影響だから法律で禁止するって・・これも日本人のエゴだよな~




f0308721_12260795.jpg
ここで見られた花はこの2種類だけで、あとはクマザサだけ。
登山口からいきなりトレイルを覆い隠すほどの成長ぶりで、クマザサをかき分けて歩く。 148.png




f0308721_12292071.jpg
枯れ果てた倒木にたくさんのキノコが宿っていた。
1つ2つなら可愛いが、ここまでの大ファミリーになるとキモイ! 149.png




f0308721_12292771.jpg
10分もしないで中間点に着く。 ササしかない。 131.png




f0308721_12293798.jpg
中間点からは勾配がきつくなり、その分だけ腰丈くらいだったササが背丈ほどになる。
気付けば、あたりはカラマツの植林帯になっていた。
この山はカラマツが紅葉する晩秋から新緑の初春に登るのが一番良いだろう。
何でこんな半端な時季に来てしまったのかと後悔しながら、ただただササを漕ぐ。




f0308721_12295621.jpg
それでも本気登りして、中間点から10分で高間山(1342m)ピークに着く。
展望は無く、ササ原に立てられた山名柱と小さな三角点を、ミズナラの大木が見守っていた。
20分で登った山頂から、下山は駆け下るように降りて10分で登山口に着いた。
登る時季を間違えたとは言え、全然面白くない山である。 152.png

中之条町観光協会発行のトレッキングパンフレットに載っていたので来てみたが、林業従事者以外の人が登る価値がある場所とは思えない。
何が楽しくてこの山を一般ハイカーが登るのだろうか?
確かに短時間で登れ、ルートも単調なので初心者でも手軽に山歩きを味わえる、、であろうが・・
こんな山へお父さんがはりきってファミリー登山で子連れできたら、家族のブーイング間違いなしだ。 106.png
中之条町、東吾妻町、長野原町の三町の境であり、古くから地元民に親しまれていたという理由からトレッキングマップに載せたのだろうが、トレイルの評価とは別の次元かな~
他のハイキングと抱き合わせで行くならまだしも、わざわざ行くほどの山では無い。 
実際、中級ハイカーたちは、近くにある王城山との2座を登るハイカーが多いようだ。
登るなら私も王城山の方をお勧めする。 165.png


本ルートのマップ は下記のヤマレコのリンクをクリックしてね (^_-)-☆ 

私のこのトレイルへの評価: 2★ 初級者向け(夏はササが路を隠すので初心者はNG。 1年間に50~80日はハイキングをしているが、5年に1度の評価2★のルートであった。)
距離:約1.2km/ 所要時間:約0.5時間(林道登山口 15:40‐高間山 16:00‐林道登山口 16:10)
標高差: 約180m



 【おまけ】旧太子駅跡
f0308721_12300361.jpg
国道292号線に戻り、北へ車で5分(約3km)ほど走った所に旧太子(おおし)駅跡がある。
国道292号線を走る度にいつも見えていたコンクリートの塊であるが、まさか閉鎖になった駅だったとは思わなかった。
近年、八ッ場ダムの建設に伴って路線が付け替えられているJR吾妻線であるが、こちらの太子駅は時代を遡ること1971年に廃駅となっている。
太子駅は、日本鋼管群馬鉄山の専用線として1945年(昭和20年)に開業したもので、遺構されているコンクリート構築物は鉱石積み出し用のホッパー(鉱石の貯蔵槽)である。
1945年って終戦の年だよね。 きっと開業当時は軍事目的で作られた駅だったのだろうな~
高間山のハイキングはさえなかったが、思わぬところで歴史遺産を見れて良かった。  


f0308721_12301092.jpg
この情報は役にたちましたか? 下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.

にほんブログ村にほんブログ村

by dream8sue | 2017-09-21 23:14 | 群馬県エリア | Trackback | Comments(0)

草津町 老女の血が流れているような嫗仙の滝     Osen falls in Kusatsu, Gunma

Thursday, September 21, 2017
f0308721_22551529.jpg
志賀高原の池めぐりハイキングのつもりで出かけてみたが、天気予報に反して朝から霧が垂れこめ、気温も低くて意気消沈。 140.png
高原ハイキングはあっさり諦める。 128.png
しかし、せっかく遠方まで来たので、かねてから見てみたいと思っていた草津温泉にある嫗仙(おうせん)の滝を見に行くことにした。 
久しぶりの滝を見るハイキングだ。 169.png
一言で “赤い滝” というには違和感がある。
嫗とは老女という意味があるらしいが、それはまるで老女が流す血の色のようだ。 150.png




f0308721_22582727.jpg
草津温泉は一大温泉観光地なので温泉街までのアクセスは問題ないと思う。
が、嫗仙の滝は温泉街から少し離れている場所にある。 
加えて草津温泉は道が入り組んでいるので分りづらい。 122.png

長野原町から草津町へ国道292号線で北上し草津温泉へ入ると、六合村(中之条町)を経由する国道292号線と合流する信号 “草津” に突き当たる。 
この信号を右折して1.6km(約5分)ほど六合村方面へ走ると、右に “嫗仙の滝” の案内板があるので右折する。あまり目立たない看板なので注意してね。
あとは左へ左へとルートを取っていくと、周りが森林になってくる。
森の中を少し走り左側に創価学会の研修道場をみて、直進すればどん詰まりに嫗仙の滝パーキングがある。
とにかくパーキングへたどり着くまでが核心だ。 102.png




f0308721_23010947.jpg
パーキングに設置させている滝までの遊歩道の案内板。
歩行時間は個人差があるが、行きは下りで約20分、帰りは急登なので40分くらい、往復1時間は見ておこう。
私はもっとかかったよ。 (*_*;




f0308721_22584253.jpg
休憩舎までは、ほぼ平坦なトレイルである。




f0308721_23043143.jpg
あたりはナラやマツの木の自然林で、木漏れ日が綺麗だ。 177.png




f0308721_23052483.jpg
木漏れ日の下では、アキノキリンソウやオクモミジハグマ?(写真)などの花も咲いている。 178.png




f0308721_23053155.jpg
おや、チゴユリがササの下で地味に実を付けている。 178.png




f0308721_23053727.jpg
程なくして小さな分岐が現れる。
迂回路の案内板があり、親切にも “帰りにご利用ください” とあるので帰路で歩くことにする。




f0308721_23065125.jpg
分岐の先には休憩舎がある。 ここから先のトレイルはやや勾配がつよくなる。
キュウケイシャ(急傾斜)になるから、キュウケイシャ(休憩舎)で休憩していく? ヾ(o≧∀≦o)ノ゙・・ 152.png 149.png




f0308721_23065953.jpg
ナラの木が多いので、こんな青いドングリもいっぱい落ちている。




f0308721_23070876.jpg
クリの木もたくさん生えているので足元にクリのイガがいっぱい。
風に吹かれて落ちたクリのイガが、歩いてくる私の前に転がってくる。
これほどクリの木が多いトレイルは初めてだ。
クリのイガが頭に当たったら笑えるね。 110.png
ついつい栗拾いに興じてしまって、なかなか先へ進まない。 ヾ(o≧∀≦o)ノ゙♪♪♪




f0308721_23071452.jpg
木の実の森は、キノコの森でもある。
Wow! マシュマロみたいな白くてフワフワのキノコ。
でも、白いキノコは毒キノコが多いと聞くが・・
おや、誰かにかじられているけど、森の動物は毒気には免疫があるのかしら?




f0308721_23104157.jpg
これはまた、サンゴ礁のような美しいキノコ。 150.png




f0308721_23104874.jpg
キャー!傘妖怪みたい! 153.png




f0308721_23105660.jpg
と、栗拾いやキノコ鑑賞が楽しいトレイルであるが、先ほど分かれた迂回路の分岐と合流する。
その先はさらに傾斜の増した山腹をスイッチバックしながら降りて行く。




f0308721_23110515.jpg
山腹から岩が転がる尾根に出ると、嫗仙の滝がかかる小雨川の沢音が聞こえてくる。
右の木立の間から嫗仙の滝がチラッと見える。




f0308721_23132382.jpg
はやる気持ちで谷へ下って行けば、大きなコナラの木がある。
また、今回は確認しなかったが、小雨川を対岸に渡った所には樹齢300年を超えるカツラの巨木もあるようなので興味があれば見に行くと良い。
林野庁が推薦する巨木百選に選ばれた高さ30m、周囲6mの夫婦カツラで、紅葉は10月中旬くらいとのこと。 165.png




f0308721_23133278.jpg
パープル色のツリフネソウが咲き乱れる川床に着くと、赤茶けた岩肌が特徴的な嫗仙の滝が現れる。 150.png
この滝は落差35mで、マジェンタカラーの岩盤を伝う白い流線が美しい。 177.png




f0308721_23134172.jpg
滝壺までは右端の浅瀬をたどって行けるが、下段のナメが滑るので、ササを掴んで足元に注意しながら登る。




f0308721_23134879.jpg
滝壺の近くに迫ると、霧状のしぶきが身体を濡らす。
正面から見る滝は、横幅が広く、左右で岩盤の色が異なっている。




f0308721_23135652.jpg
滝にある洞穴をズームして見れば、苔が生えた洞穴だけはグリーンに染まっている。




f0308721_23153554.jpg
滝の下流には、プチ吹割の滝のような河床を割くような流れも見られる。


1時間ほどのハイクでこの滝が見られるなら、わざわざ降りてきた甲斐があるだろう。
せっかくだから、道の駅で買ったリンゴなど食べながら、ゆっくりとこの滝を眺めて帰ろう。




f0308721_23154328.jpg
帰りは急登が待っている。
しかし、思ったより早く迂回路の分岐に着いた。
“ツツジやカエデの多い自然林です。ゆっくり散策を楽しんでください” と書かれてあるので、ゆっくり自然を楽しみながら歩こう。




f0308721_23155327.jpg
ツツジの時期には遅く、カエデの紅葉にはまだ早い。
でも、見上げるコナラの大木の何と美しいことか。  177.png




f0308721_23172412.jpg
そして、こちらもキノコがいっぱい。
栗拾いはしても、キノコは見るだけ。 
自分で採取したキノコほど怖い物はない。  ( ◠‿◠ )クスクス
落葉の布団から頭をしている小さなキノコが可愛らしい。




f0308721_23173093.jpg
キノコも植物観察と同じくらい、その形や色が面白い。
森の小人が雨宿りしていそうなキノコ。




f0308721_23173763.jpg
こちらはポテトチップみたいに薄いキノコ。

赤い滝にナラの巨木、木の実やキノコ鑑賞と、たった1時間のハイキングとは思えないほど盛だくさんだった。
トレイルの案内板には、 “嫗仙の滝コースは上級者向きです” と書かれてあったが、これは滝見物の観光者向けかな? 
多少なりともハイキング経験のあるハイカーなら距離が短いこともあり初級者でも問題ないかと思われる。

本ルートのマップ は下記のヤマレコのリンクをクリックしてね (^_-)-☆ 


私のこのトレイルへの評価: 4★ 初級者向け
距離:約1.5km/ 所要時間:滝見物、栗拾い込みで約1.5時間(嫗仙の滝P 11:00‐休憩舎‐嫗仙の滝‐迂回路‐嫗仙の滝P 12:30)
標高差: 約150m
f0308721_02085917.jpg
この情報は役にたちましたか? 下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.

にほんブログ村にほんブログ村

by dream8sue | 2017-09-21 22:49 | 群馬県エリア | Trackback | Comments(0)

富士 青い富士山を見ながら鬼ヶ岳から王岳を歩く     Mount Onigatake in Fuji-Hakone-Izu National Park

Friday, September 15, 2017
f0308721_00481120.jpg
まさに嵐の前の静けさ、台風18号が上陸する前日に富士箱根伊豆国立公園の北、御坂山塊の鬼ヶ岳から王岳を歩いてきた。
台風の影響で朝から雲がたれこめていたが、時間が経つにつれて雲の切れ間から富士山が顔を出してくれた。 174.png




f0308721_00481735.jpg
<マイカーの場合>
中央自動車道河口湖ICで降り、国道139号線(富士パノラマライン)で西へ走る。
森の駅風穴の信号 “富岳風穴前” から2kmほど西へ走った三叉路を右折して県道21号線に入る。
県道を4kmほど東へ走れば西湖の西端にある無料パーキング(西湖根場浜駐車場)に着く。
綺麗な公衆トイレもあり、30台くらい駐車可能なパーキングである。




f0308721_00482203.jpg
パーキングの前にあるバス停(漁眠荘前)から漁眠荘の前を通って北へ向かう。
漁眠荘の隣にあるキャンプ場の脇を通りぬければ “鬼ヶ岳登山道入口” の道標がある。
小川(東入川)に沿って、ススキの生えた林道から山路へ入って行く。
正面に見えるはずの雪頭ヶ岳(鬼ヶ岳の南方にあるピーク)は雲の中で見えない。 134.png




f0308721_00482893.jpg
林道はすぐに堤防に突き当たり、堤防を左からまわり込んで川の右岸(川下に向かって右)を行く。




f0308721_00492104.jpg
林道は沢に吸収され、さらに大きな堤防が現れる。
この堤防の下流を渡り右手のヒノキ植林地から堤防の左岸へ登る。




f0308721_00492838.jpg
ヒノキ林をひと登りで堤防の高さに達する。




f0308721_00494327.jpg
ヒノキ林からカラマツ林へと変わり、しばらく薄暗く急な登りが続く。




f0308721_00495082.jpg
Wow! 苔の切株にキノコの花が咲いている。  150.png




f0308721_00511311.jpg
植林帯を左へトラバースしながら斜上していくと、雪頭ヶ岳の西尾根上に出る。 
そして、あたりがブナなどの自然林に変わる。




f0308721_00511922.jpg
山腹には見なれない花が・・シモバシラというシソ科の花らしい。  178.png
冬になると枯れた茎に霜柱が出来ることでついた和名のようだ。 
私はまだ茎にできる霜柱(氷柱)を見たことは無い。
私が知っている霜柱は、地中の水分が凍結して地表が盛り上がる霜柱のほうだけだ。
幼い頃は、その霜柱を踏みつけて、足の裏でサクサクとなる音と感触を楽しんだものだ。 110.png




f0308721_00512631.jpg
やがて、ブナ林に岩や石が増えてくれば稜線は近い。




f0308721_00513609.jpg
おや、この花も初めて見る花だ。  178.png
細い枝の先に花を付けるハンカイシオガマという花のようだ。




f0308721_00531964.jpg
樹林帯が終われば雪頭ヶ岳の南斜面に飛び出る。
南側の展望が開け、振り返れば西湖が輝いて見える。  177.png




f0308721_00532770.jpg
朝は雲に隠れていた富士山も “頭を雲の上に出し~♪” の歌詞通りだ。 169.png
なお、雪頭ヶ岳のピークは狭いうえに展望もイマイチなので、この雪頭ヶ岳直下の草原で富士山を見ながら休憩する方が良い。  181.png




f0308721_00533439.jpg
しかも、このあたりは夏から秋にかけては高山植物が多く見られる場所だ。 178.png
ウメの花を思わせるウメバチソウを見ると、 “あ~もう夏が終わるんだな~” と淋しく感じてしまう。 139.png




f0308721_00534234.jpg
同じ秋の花でも、こちらのマツムシソウは素直に秋の訪れを感じることができるのは何故だろう・・  154.png




f0308721_00535349.jpg
おや、またまた初めて見る花だ。  150.png 178.png
オオナンバンギセルという葉緑素を持たない寄生植物で、ススキなどのイネ科の植物の根に寄生する珍しい花らしい。




f0308721_00540531.jpg
展望地を過ぎて、フィックスロープのセットされた岩場を2カ所ほどこなせば雪頭ヶ岳(1710m)に着く。 166.png
雪頭ヶ岳山頂はとても狭い岩頭であるが、東側の十二ヶ岳方面がよく見える。  177.png

2014年に毛無岩から十二ヶ岳を歩いたことがあるが、なかなかスリルのある岩場が続いていた。 
鬼ヶ岳と王岳は、その十二ヶ岳から西側へ連なる稜線である。





f0308721_00541640.jpg
雪頭ヶ岳から一旦ギャップに降り、ハシゴのセットされた岩場を登り返す。




f0308721_00543926.jpg
岩場の上に立つと、これから向かう鍵掛峠から王岳への稜線が見える。  177.png




f0308721_01002299.jpg
岩場の先でガレたヤセ尾根を慎重に越え、樹林の中を少し行けば鬼ヶ岳の山頂はすぐだ。




f0308721_01003743.jpg
大きなボルダーが中央にある鬼ヶ岳(1738m)の山頂は、甲府盆地を取り巻く山々がよく見える。




f0308721_01012064.jpg
ピークの端には一角獣の角のような岩が天を刺している。  114.png




f0308721_01012915.jpg
さて、鬼ヶ岳のピークで遊んだ後は、王岳への縦走路へ進もう。




f0308721_01030278.jpg
適度な陽当たりがある樹林帯が続き、トレイル脇にはトリカブトの群落が多い。  178.png




f0308721_01025100.jpg
ミヤマママコナの花も多い。  178.png
ハクサンフウロと、ハナイカリ(写真)がポツリポツリと咲いている。
私は、このハナイカリは春に咲くイカリソウと同族だと思っていた・・が、違ったようだ。
イカリソウはメギ科の多年草で、このハナイカリはリンドウ科の一年草なんだね。




f0308721_01031973.jpg
鬼ヶ岳と王岳のほぼ中間地点にある鍵掛峠までは、岩場の多いアップダウンを繰り返しながら250m程の下降となる。




f0308721_01035761.jpg
岩場の上から振り返って鬼ヶ岳を見る  177.png




f0308721_01050351.jpg
岩場の下りにはフィックスロープがセットされた個所もある。
南側は絶壁なので、特に下りの場合は注意してね。 




f0308721_01051455.jpg
大きなボルダーが行く手をふさぐが、お助けロープを使ってボルダーの右側のクラックを登る。




f0308721_01052529.jpg
ツキヨタケと思われるキノコが古木に鈴生りになっていた。 150.png
以前、戸隠山でも見かけたが、やはり鈴生りだった。





f0308721_01053853.jpg
そして、鬼ヶ岳から約1時間で鍵掛峠に着いた。 
ここから左(南)へ分かれるトレイルは本沢川沿いを歩いて根場まで行く路だ。




f0308721_01071233.jpg
Wow! 久しぶりに綺麗な形のトモエシオガマを見る。  178.png




f0308721_01071960.jpg
鍵掛峠から王岳へは小ピークをいくつも越えて行く。
そのひとつのピークがここ、1589mピークには標石がある。
木の枝に “鍵掛” と書かれたテープが巻かれ、マスコットが掛けられていた。  110.png




f0308721_01073008.jpg
その後も、ただの稜線の小突起に “吉沢山” とマーキングしてあったりして、御丁寧なことだ。
吉沢さんちの山なのかしら? ( ◠‿◠ )クスクス
ブナの木も多く残る稜線であったが、王岳へ近づくにつれササがトレイルを隠すようになる。  140.png




f0308721_01074457.jpg
吉沢山?あたりからは西湖が左下に今までとは違う角度で見えるようになる。  177.png




f0308721_01092997.jpg
そして、三角点と石祠のある王岳(1623m)に到着。  166.png
鍵掛峠から1時間40分、結構長い縦走路であった。




f0308721_01094351.jpg
ピークの北側は樹林帯で展望は無いが、南側は切り開かれていて青い富士山が良く見える。  177.png




f0308721_01101416.jpg
王岳で休憩した後は、西へわずかに降った所から西湖根場浜へ下山する。
直進する路は、五湖山から精進湖方面への縦走路である。




f0308721_01104003.jpg
分岐を左に曲がり南斜面(王岳南稜)に入ると、上部は足場の悪いササ原の急下降となる。 140.png
足を滑らせないように慎重に降ると、やがて広いササ尾根となる。




f0308721_01122021.jpg
尾根路は途中から(道標あり)西入川の上流を絡めたスイッチバックのトレイルになる。
急下降が終わり、涸れ沢を渡れば林道に出る。




f0308721_01123040.jpg
荒れた林道をひたすら降れば、手入れのされた植林帯から里道へ出る。




f0308721_01123758.jpg
里道を直進すると左側に “西湖いやしの里根場(野外博物館)” の茅葺屋根の集落が見えてくる。 
右側は、いやしの里のパーキングで、登山者用のパーキングも併用されている。
いやしの里パーキングの出店で買い物をしたり、トイレ休憩したりして民家の脇を通って西湖根場浜のパーキングまで歩く。




f0308721_01124470.jpg
里はコスモスが咲き、ススキの穂が秋風にそよいでいた。 秋だな~  

トレイルの面白さは、以前に登った毛無山から十二ヶ岳の方が俄然エキサイティングである。
また、鍵掛峠から王岳、王岳から西入川への下りは、夏季はササが伸びているので初春や晩秋の方が歩き易いかもしれない。 
ともあれ、台風が上陸する前に、富士山を見ながらのハイキングができて良かった。

本ルートのマップ は下記のヤマレコのリンクをクリックしてね (^_-)-☆


私のこのトレイルへの評価: 3★ 初級~中級者向け
距離:約10km/ 所要時間:休憩込で約7.5時間(根場P 7:00‐雪頭ヶ岳 9:30‐鬼ヶ岳 10:00‐鍵掛峠 11:00‐王岳 12:30/13:00‐林道合流 13:40‐根場P 14:30)
標高差: 約830m(累積高低差 約1170m)
f0308721_01125218.jpg
この情報は役にたちましたか? 下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.

にほんブログ村にほんブログ村

by dream8sue | 2017-09-15 01:20 | 富士箱根伊豆 国立公園 | Trackback | Comments(0)

中部山岳 新穂高温泉から黒部五郎岳で見た花     Mount Kurobegorō in Chūbu-Sangaku NP

Wednesday, September 6, 2017
f0308721_23291070.jpg
9月の上旬、3日間の新穂高温泉から登る黒部五郎岳で見た花の一覧。  178.png  179.png

なお、文中の植物名については備忘的に書いているだけなので、種名に関しては定かではありません。 間違った記載などあれば教えていただけると嬉しいです。 (^_-)-☆




f0308721_23295002.jpg
新穂高温泉から登る黒部五郎岳のハイキングは、2日間の晴天の下に雄大な展望を楽しむことができた。 
しかし、3日目は天気が悪く朝から雨の中の下山となった。  143.png
黒部五郎小舎からの三俣蓮華岳への登りは、小舎の裏手の樹林帯の急登で始まる。 
この路が流水溝のようなトレイルで、雨降りでは、まるで沢登りのようだ。  148.png
同ルートの下降なのでルートガイドは前記を見てね。 




f0308721_23293753.jpg
まずは、新穂高温泉から鏡池までの標高1000mから2000m付近の花。
って、いきなり園芸種じゃん!
新穂高温泉バスターミナルから舗装道路を歩いて、車止めゲートの前に咲いていた花で、ルドベキアという外来種。 
高山植物じゃないけれど、小さなヒマワリみたいで結構インパクトがあった。




f0308721_23365872.jpg
新穂高温泉から蒲田川左俣沿いの林道を4.5kmほど上流にあるワサビ平のブナ林で見つけた花。
キキョウ科のツルニンジン。
外側が白緑色で内側に紫褐色の斑点があるのが面白い。




f0308721_23371832.jpg
林道から左俣谷の右岸を行く小池新道は花盛りだ。 
ピンク色の細長いベル形をしたジャコウソウ(シソ科)




f0308721_23372606.jpg
こちらもシソ科の花だけど、、何だろう?
 



f0308721_23373320.jpg
もうひとつ、こちらもシソ科のミソガワソウ。 皆な似ているね。




f0308721_23374079.jpg
おや、変形したサクランボ? と思ったら・・ツリバナの実のようだ。 




f0308721_23383266.jpg
3枚の花弁が反り返り、象の鼻のように曲がった雌しべが特徴のミヤマホツツジ。




f0308721_23383806.jpg
アザミの花はトゲが痛いので好きではないが、ここのアザミは葉の切れ込みが浅く、トゲが目立たないタテヤマアザミ。




f0308721_23384706.jpg
背高のっぽのサラシナショウマ。




f0308721_23385576.jpg
この赤い2つの実は、トウヘンボク・・じゃなくて・・スイカズラ科のオオヒョウタンボク。




f0308721_23400534.jpg
やはりいました! 悪魔の植物トリカブト。




f0308721_23401648.jpg
標高約2300mの鏡池はほぼ森林限界である。
湖畔に生えているオオシラビソが湖面に反映している。
他にも、登山口からこの標高までに見られた花は、ヒヨドリバナ、クロトウヒレン、クルマユリ、ハクサンフウロ、ウラジロタデなどもあった。
鏡池から稜線にかけて植生も変わってくる。




f0308721_23405274.jpg
ウメバチソウは今が旬だね。




f0308721_23410186.jpg
秋の代表花、オヤマリンドウ。
トレイル脇には蕾のまま咲かずに枯れている株も結構ある。 おやま~ ( ◠‿◠ )




f0308721_23411034.jpg
アキノキリンソウもここでは小ぶりのミヤマアキノキリンソウかな。




f0308721_23412249.jpg
ウサギギクはもう枯れている株が多かったけど、ピチピチの株をみっけ!  




f0308721_23413406.jpg
Wow! なんて大きなミヤマシシウドの花。 150.png  まるで大輪のキクの花みたいだね。




f0308721_23414308.jpg
真っ赤なナナカマドの実がグリーンの葉と紺碧の青空に映えていた。




f0308721_23441860.jpg
ベニバナイチゴは鏡池から上の稜線や、五郎カールでも見られた。
大きな実は一見すごく美味しそうだけど、実際はまだ渋みが強い。 141.png




f0308721_23442597.jpg
こちらもイチゴだけど、地べたをはっているノウゴウイチゴ。 
実が生っていないのか?って・・美味しいので誰かが食べちゃったのかも・・ ( ◠‿◠ )クスクス
私は北海道の南暑寒岳に登った時に花を見たよ。 




f0308721_23443200.jpg
今回は久しぶりにハイマツの海を見た。 
稜線の西側斜面には高山帯のハイマツ低木林が広がっている。




f0308721_23443842.jpg
ハイマツの低木林の縁にはコケモモやガンコウランなどが生えている。
おや、ゴールドのキノコだ!  104.png




f0308721_23572062.jpg
双六岳(2860m)の砂礫台地では、トウヤクリンドウが広範囲で群生していた。




f0308721_23572920.jpg
ここまで多くのトウヤクリンドウを見たのは初めてだ。




f0308721_23574451.jpg
三俣蓮華岳から黒部五郎岳へ向かう稜線に咲いていたイワギキョウ。




f0308721_23575534.jpg
アオノツガザクラの実。 花は下向きなのに、実は皆な上を向いている。




f0308721_23582732.jpg
チングルマは、すでに花穂になっているものが多いが・・




f0308721_23583447.jpg
所々でまだ花も咲いている。
 



f0308721_23584205.jpg
ハクサンイチゲも咲いていた。
今年はこの花を上信越高原国立公園の平標山でたくさん見た。




f0308721_23585130.jpg
そして、ハイキングの目的地、黒部五郎岳(2840m)周辺は花の宝庫だった。




f0308721_23590410.jpg
黒部五郎岳の稜線ルートで見たセリ科の白花はシラネニンジンかな?




f0308721_23591354.jpg
ミヤマリンドウも多い。




f0308721_23592248.jpg
一際鮮やかなイエローの花は・・? う~ん・・高山の岩場に咲く小葉が3枚ってことでミヤマキンバイかな?




f0308721_23592925.jpg
ヨツバシオガマだね。




f0308721_00042033.jpg
五郎カールでは雪解け水がたくさんの植物を育んでいる。 ミヤマダイモンジソウ。




f0308721_00042740.jpg
モミジカラマツが清流の近くに咲いていた。




f0308721_00043384.jpg
ミツバオウレンもフレッシュだ。 
他にも花後ではあるがイワイチョウやコバイケイソウ、マイヅルソウ、ヒロハナユキザサ、ゴゼンタチバナ、タケシマラン、ミヤマダイコンソウなども見られた。
下山日は雨の中だったが、同ルートのピストンだったので、往路で見た花を再度チェックしながら歩いた。


本ルートのマップ は下記のヤマレコのリンクをクリックしてね (^_-)-☆
 

私のこのトレイルへの評価: 5★ 中級者向け
距離:約18km/ 所要時間:休憩込で約10時間(黒部五郎小舎 6:00‐三俣蓮華岳‐双六小屋 9:30/10:00‐弓折乗越11:00‐鏡平山荘 11:45/12:20‐わさび平小屋‐新穂高温泉 16:00)
累計標高差: 約+520m / -1780m

f0308721_14020949.jpg
下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.

にほんブログ村にほんブログ村

by dream8sue | 2017-09-06 23:24 | 中部山岳国立公園 | Trackback | Comments(0)

中部山岳 新穂高温泉から登る黒部五郎岳(後編)     Mount Kurobegorō in Chūbu-Sangaku NP

Tuesday, September 5, 2017
f0308721_11473734.jpg
北アルプスの懐深くに位置する黒部五郎岳へのハイキング2日目は、双六小屋から双六岳、三俣蓮華岳、黒部五郎岳の三座を登り、締めは黒部五郎岳のカールで遊ぶ。 
黒部五郎岳の稜線ルートは思っていたよりルート整備がされていて、中級クラスのハイカーなら問題なく歩ける。 
何よりカール壁の上を歩く爽快感は抜群だ。 
そして雪解け水の流れるお花畑の五郎カールはまさに自然庭園そのもの。 




f0308721_11474577.jpg
標高2550mの双六小屋の朝は、キリっとした空気に包まれている。




f0308721_11475314.jpg
双六小屋からは、朝陽を浴びながらハイマツの群落の中を急登して台地に出る。
ここから三俣蓮華岳へは、右に水平な巻き路、中腹を行く近道、左の稜線に出て双六岳を経由する3つのトレイルに分かれる。




f0308721_11480287.jpg
天気が良いので、展望のよい稜線コースに進む。
いきなりの不安定なガレ場?岩場?の急登で双六岳南稜?南東尾根?に上がる。




f0308721_11512123.jpg
双六岳の南稜に出ると南西方向に笠ヶ岳の秀峰が見える。 
笠ヶ岳ってこんなに綺麗な山だったのかと改めて思う。 




f0308721_11512907.jpg
双六岳南稜の広い稜線台地は、私のような凡人にはただの石ころのトレイルにしか見えないが、
実は砂礫の並び方など雪の凍結融解によって砂礫が動く寒冷な土地での独特な地形現象がみられる・・・らしい。 
なるほど~ 自然って面白いね。 




f0308721_11513711.jpg
トウヤクリンドウの群落を見ながら、緩やかな登りで双六岳(2860m)山頂に着く。 166.png 
山頂は360度の大パノラマが楽しめる。 110.png




f0308721_11514796.jpg
双六岳から三俣蓮華岳へ向かう稜線は、展望も良く、花も咲き、自然と心がウキウキしてくる。 169.png




f0308721_11515443.jpg
双六岳から広い稜線を少し降った所で、右(東)から中道からのトレイルが合流する。 




f0308721_12063391.jpg
さらに北へ進み2854mピーク(丸山)を登る。 
振り返り双六岳方面を見れば、双六岳のバックに笠ヶ岳が頭を出している。 
槍みたいでカッコいいね~ 




f0308721_12071264.jpg
東側には、本物の槍ヶ岳が逆光の中に黒いシルエットを浮かべている。




f0308721_12071918.jpg
2854mピークから水俣蓮華岳へ伸びる稜線の東側にはまだ残雪がみられる。




f0308721_12080792.jpg
双六岳から1時間強の登行で、三俣蓮華岳のピークに到着。  166.png
三俣というネーミング通り、ピークの東は長野県、北は富山県、南西エリアは岐阜県である。




f0308721_12081409.jpg
三俣蓮華岳からの展望は素晴らしい。
北側には北アルプスの庭園、雲ノ平から水晶岳や鷲羽岳が手の届きそうな距離に迫る。
眼下には三俣小屋がミニチュアの家のようだ。  




f0308721_12082539.jpg
三俣蓮華岳の展望を楽しんだ後は、黒部五郎岳のベースとなる黒部五郎小舎へ向かう。
三俣蓮華岳の道標に従って西側のハイマツ林のトンネルへ進む。




f0308721_12083281.jpg
三俣蓮華岳から西へ降ると、右へ三俣山荘方面へのトレイルの分岐がある。
ハイマツ林を直進して行けば、黒部五郎岳が真正面に見えてくる。




f0308721_12094437.jpg
右(北)側には雲ノ平の南面の尾根が、まるでスカートの裾のように黒部源流へ落ち込んでいる。  153.png




f0308721_12095597.jpg
雲ノの平の台地には雲ノ平小屋がポツリと建っている。  
この風景を見て、眼科のオートレフという視力検査機の赤い屋根の家を連想するのは私だけ?  ( ◠‿◠ )クスクス




f0308721_12100372.jpg
遠くから見た黒部五郎岳は隣の薬師岳と比べて見劣りがしたが、近くで見ると、なかなか立派な山容だ。  127.png
黒部五郎岳の東面はスプーンですくったようなカール地形になっている。 




f0308721_12101191.jpg
その黒部五郎岳の肩越しの遠くに見える山は白山だ。 いつか登ってみたいな~
  



f0308721_12102765.jpg
黒部五郎岳が真正面に見える丘の西側から、五郎平(カールの末端に広がる平野)へ一気に300mほど下降する。
流水溝のような岩床のトレイルで、大雨の時などは水が流れ込んでくるだろうな~と思いながら下降したが、翌日は見事にその通りになった。  
Oh My Gosh! ヒィィ((ll゚゚Д゚゚ll))ィィ!!!




f0308721_12132068.jpg
大下りして五郎平に建つ黒部五郎小舎に着く。 
秘境気分の味わえる静かな山小屋が今夜のねぐらだ。
まずはチェックインして、余分なに荷物をデポしてから黒部五郎岳へ向かおう。




f0308721_12133335.jpg
黒部五郎岳へは、東面のカール(五郎カール)に付けられたトレイルで登るのが一般的である。
が、今回は展望のある稜線ルートから登り、下山で五郎カールを通ることにした。




f0308721_12134200.jpg
黒部五郎小舎のキャンプ場の脇から灌木の沢筋に入る。
灌木帯はすぐに小沢の草原に変わる。




f0308721_12135245.jpg
小沢から石の多いガレをひと登りすると・・
“ここはチングルマの畑ですか!” というほどのチングルマの群落が現れる。 




f0308721_12140316.jpg
その先で黒部五郎岳から伸びる2518mの小ピークへ飛び出す。
稜線に出たら、しばらくはミヤマリンドウの咲きほこる緩やかな稜線歩きだ。




f0308721_12141016.jpg
穏やかな稜線は徐々に露岩の突き出た稜線へと変わっていく。




f0308721_12141757.jpg
稜線からは、東面のカール地形が一望できる。
ピークから切れ落ちているカール壁がすごい!   150.png




f0308721_12142466.jpg
カールの末端は五郎平と呼ばれ、五郎沢(黒部源流の一支流)へと大草原が広がっている。 
上級者向きになるが、五郎沢から本流を遡行して三俣蓮華岳の北側巻き路から五郎小舎へ戻るループも面白そうだ。

そういえば、昔、黒部源流(上ノ廊下)の遡行を計画して入山したが、台風のため高天原新道(その頃ですでに廃道化していてササの藪漕ぎなどのある不明瞭な路であった)の縦走に変更して、高天原から雲ノ平~水晶岳~野口五郎岳~烏帽子岳と縦走してブナ立尾根を降ったことがある。
憧れの黒部源流遡行はついにかなうことがなかったな~   (ノω=;)ぅぅ…




f0308721_12181493.jpg
稜線の左(南)側は、岐阜県側で双六川の源流を挟んで、笠ヶ岳や乗鞍岳、さらに遠くには2014年に火山災害のあった御嶽山までも見える。
あの噴火は今頃(秋)の出来事だったような・・亡くなられた方のご冥福を祈ります。




f0308721_12182208.jpg
トレイルは、カール壁の際をハイマツと岩場を縫うように高度を上げる。
途中ですれ違ったハイカーたちは、ライチョウと出会ったようだが、私達は残念ながら見ることはできなかった。 134.png




f0308721_12183388.jpg
そして、最後の岩場の登りをこなせば黒部五郎岳の山頂は近い。




f0308721_12184191.jpg
黒部五郎小舎から休憩無しの約2時間で黒部五郎岳(2840m)に到着。 166.png
可愛らしい地蔵と山名板だけが、岩だらけの山頂に置かれている。




f0308721_12184920.jpg
山頂からの360度の展望。 
東側には槍ヶ岳から穂高連峰の山並みがのぞいている。




f0308721_12185759.jpg
南側にそびえる笠ヶ岳が気になる。 
う~ん・・もう登るしかないな~  GO!!GO!!ヾ(>∇<*)o!!




f0308721_12191636.jpg
北側には鹿島槍ヶ岳や白馬岳、立山方面の山々が見る。

さて、下山はピークから左(北西)へ200mほど降った黒部五郎岳の肩(北西側へ太郎平への路が合流している)から、東側のカール壁に見えているトレイルを降る。




f0308721_12192868.jpg
黒部五郎岳の肩から、コバイケイソウの生えた斜面を降ると大小のボルダーが転がるカールの底に着く。
カール底に流れる雪解け水のせせらぎには、池塘やお花畑が広がっている。 Lovely!  110.png
ダイモンジソウにモミジカラマツ、ミツバオウレンもまだ咲いていた。   178.png




f0308721_12251656.jpg
五郎平へは右手のカール壁の下を右へ右へと行く。
先ほど歩いていた稜線は、このカール壁の上になる。 
壁の下はお花畑が広がっている。 178.png




f0308721_12244453.jpg
イワイチョウやイワカガミ、コバイケイソウの花期は終わっていたが、ここでもベニバナイチゴが真っ赤に実っていた。  178.png




f0308721_12255609.jpg
カールの中には個性的な岩塊がゴロゴロしている。 カミナリ岩は真っ二つ! 150.png 




f0308721_12262004.jpg
かつて日本が大陸だった頃(って、どんだけ大昔?)、このカールは氷河だったことに思いをはせる。
久しぶりに地球という惑星のエナジーを感じる山行だ。 
これも北アルプス最奥の地だからこそ感じる自然なのかもしれない。
もっとゆっくりと、いつまでも自然を体感しながら五郎カールに留まりたいが・・名残惜しい気持ちでカールを振り返る。

そういえば、もっとダイナミックな形での地球のエナジーを感じた場所があったな~
そこは生命体を寄せつけないような、まさにデビルしか住めないDevils Chair(悪魔の椅子)だ。





f0308721_12262882.jpg
五郎平までは、湿地帯の草原を降り・・




f0308721_12263638.jpg
ダケカンバの林を抜け、小さな沢をいくつか横切れば・・・




f0308721_12264605.jpg
今夜の宿である黒部五郎小舎が見えてくる。

2日間で出会った多くの高山植物は最後にまとめて記載してあるので、植物に興味のある方はそちらをチェックしてね。 109.png


本ルートのマップ は下記のヤマレコのリンクをクリックしてね (^_-)-☆ 


私のこのトレイルへの評価: 5★ 中級者向け
距離:約11.5km/ 所要時間:休憩込で約9時間(双六小屋 5:30‐双六岳 6:40‐三俣蓮華岳 8:00/8:20‐黒部五郎小舎 9:40/10:10‐黒部五郎岳12:15/12:45‐黒部五郎小舎 14:20)
累計標高差: 約+800m / -1020m

f0308721_12265694.jpg
この情報は役にたちましたか? 下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.

にほんブログ村にほんブログ村

by dream8sue | 2017-09-05 11:37 | 中部山岳国立公園 | Trackback | Comments(2)

中部山岳 新穂高温泉から登る黒部五郎岳(前編)     Mount Kurobegorō in Chūbu-Sangaku NP

Monday, September 4, 2017
f0308721_18044740.jpg
北アルプスのほほ真中に位置する黒部五郎岳周辺は高山植物とカールの見られる美しい場所だ。 
今回は、そこへ黒部源流の最短ルートの小池新道から訪れた。 

初日は新穂高温泉から双六小屋(前編) 
2日目は双六岳、三俣蓮華岳、黒部五郎岳の三座を登る(後編) 
たくさんの高山植物は最後にまとめて記載する。(花編)




f0308721_18045655.jpg
<マイカーの場合>
北アルプスの岐阜県側の登山基地、新穂高温泉へ。
群馬県からは長野経由が一般的で、国道18号(または上信越自動車道東部湯の丸IC下車)で上田市から丸子町の三才山トンネル(有料)を越えて松本市へ入る。 
松本からは国道158号線で上高地方面へひたすら走る。
中ノ湯(上高地への釜トンネル入口)で安房峠道路(有料)に入り平湯IC口で国道471号線に合流し北上する。
しばらく山道を走ってから、奥飛騨温泉郷の大橋を渡り三叉路の “栃尾” の信号を右折して、県道を10分(約7km)ほど走れば新穂高温泉である。
無料パーキングは、観光案内所のあるバスターミナルより約1km弱手前、左側にある深山荘の隣にある。




f0308721_18050263.jpg
無料パーキングから新穂高温泉バスターミナルまで川沿いの道を歩き、観光案内所から橋を渡って蒲田川左俣沿いの林道に入る。
10分ほど舗装道路を歩くと、登山ポストのある車止めゲートがある。 
ここから約4kmの林道歩きでワサビ平のブナ林に着く。
途中には北陸電力の取水小屋があり、笠ヶ岳へ登る笠新道の登山口を左に見る。




f0308721_18050878.jpg
サワビ平では美しいブナ林を眺めながら、わさび平小屋で一休み。




f0308721_18090625.jpg
わさび平小屋から上流へ1kmほど歩くと、奥丸山方面へ行く橋(進入禁止のロープが張られている)の手前から左に入り、左俣谷の河原へ伸びるトレイル(小池新道)に入る。
ちなみに、奥丸山は蒲田川を左右に分ける中崎尾根上のピークである。 奥丸山から西鎌尾根の千丈沢乗越へ通じるルートがあるようだ。




f0308721_18091418.jpg
ヒヨドリバナが咲き乱れる河原からダケカンバやナナカマドなどの低木林の斜面に入る。
所々で岩礫の崩壊地などを横切り、木橋のかかる秩父沢へ向かう。




f0308721_18092016.jpg
小池新道入口から1時間ほどで秩父沢に着く。秩父沢の先で出合う秩父小沢で美味しい水を補給しておこう。




f0308721_18093044.jpg
その先の “イタドリヶ原” にはイタドリがいっぱい。
小池新道は弓折岳の稜線の東側なので冬の北西風がもたらす多量の積雪のため背丈の高い針葉樹は成長できない。
見られるのは雪圧に耐えられるダケカンバなどの低木林である。
さらに、雪が多くて低木も生えない谷筋や斜面は草木植物の世界である。
イタドリヶ原やシシウドヶ原などはまさにその見本である。




f0308721_18093937.jpg
イタドリヶ原の先の “シシウドヶ原” まで広大な草原の急な登りが続く。




f0308721_18193559.jpg
シシウドヶ原から右へ曲がり、弓折岳の東面に位置する鏡平へ向かう。
途中には “熊の踊り場” などの湿原がある。ここは雨で増水すると川になる。 ォォォオオ(・д・oノ)ノ!! 




f0308721_18194483.jpg
やがて、標高約2300mの鏡池に着く。 
休憩テラスにはベンチもあるので、ゆっくりとランチ休憩をしたい場所だ。




f0308721_18195159.jpg
槍ヶ岳から穂高連峰が湖面に映る光景は “amazing!” の連発だ。
 



f0308721_18240961.jpg
鏡池から100m先に鏡平山荘があり、山荘の周りにも小池や池塘がある。




f0308721_18241762.jpg
こちらの池には、弓折岳が反映している。 
これから登る弓折乗越へのトレイルも見えている。




f0308721_18242628.jpg
東側には槍ヶ岳が大きくそびえて見える。




f0308721_18243564.jpg
弓折乗越へは、山荘から一旦、西へ進み、中段まで登ってからスイッチバックして北へ登る。
中段から上は、トレイル脇にたくさんの高山植物が咲く明るく開けた登りとなる。




f0308721_18272160.jpg
鏡池から1時間ほどで弓折乗越に着く。
東面の景色が最高だ。 まさにこのルートは槍・穂高の展望台だ。
眼下には鏡池や山荘が小さく見える。




f0308721_18273335.jpg
槍ヶ岳の穂先をズームして見れば、北鎌尾根の西壁が圧巻である。




f0308721_18274294.jpg
稜線に出て南側に目を向ければ、抜戸岳から笠ヶ岳への稜線が続いている。




f0308721_18305045.jpg
双六小屋へは北の稜線を進む。
休憩用ベンチが置かれた “花見平” の砂地が現れる。 
名前が示す通り、周辺はお花畑である。




f0308721_18275166.jpg
槍ヶ岳と穂高連峰の雄姿を右手に望みつつ、足元の高山植物を愛でながらのラブリーな稜線漫歩である。
それにしても、こうして見ると槍穂の大キレットのギャップは本当に大きい。
先週、南岳まで迫っておきながら悪天でまだ大キレットを越えていないんだよな~





f0308721_18333275.jpg
右手東側のお花畑に対して、左手の西斜面にはハイマツの低木林が樹海を形成している。
これほどまでのハイマツの群落を見たのは久しぶりだ。




f0308721_18334555.jpg
花見平の先にある池塘群の周辺はナナカマドの群生地で、真っ赤な実を付けたナナカマドが見事であった。




f0308721_18335793.jpg
やがて、右手の稜線が迫って来る。 
双六小屋から槍ヶ岳へ続く西鎌尾根だ。
ちなみに、私は昔、積雪期に硫黄尾根から西鎌尾根に這い上がり、槍ヶ岳まで登っているので、西鎌尾根の半分くらいは歩いている。




f0308721_18340963.jpg
さらに小さなアップダウンがあり、鞍部には “くろゆりベンチ” が見えてくる。
くろゆりベンチと言うくらいだから、きっとクロユリが咲くのだろう。
まだ見たことがないが、いつか見てみたい、恋の花・・クロユリを。




f0308721_18342206.jpg
午後になり槍ヶ岳に霧が湧いてきた。




f0308721_18343004.jpg
そして、ようやく双六岳南峰直下の谷間に双六小屋が見えてきた!





f0308721_18364181.jpg
双六山荘が建つ凹角状の谷間は、かつて氷河が存在したと思われるカール地形である。
それにしても鷲羽岳が素敵すぎる!  ワ━(〃゚∀゚〃)━オッ♪




f0308721_18365148.jpg
小屋の前には双六池があり、高山植物の花園となっている。
コルなので風通りは非常に良い。 っていうか、寒い!
外は寒いければ、今夜は双六小屋に泊まってヌクヌクだ。 110.png

本ルートのマップ は下記のヤマレコのリンクをクリックしてね (^_-)-☆ 


私のこのトレイルへの評価: 5★ 中級者向け
距離:約13km/ 所要時間:休憩込で約9時間(新穂高温泉 6:00‐わさび平小屋 7:40/7:50‐秩父沢 9:15/9:45‐イタドルヶ原 10:30‐シシウドヶ原11:20‐鏡池 12:15/12:45‐弓折乗越13:45‐双六小屋 15:10)
標高差: 約1470m

f0308721_18365953.jpg
この情報は役にたちましたか? 下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.

にほんブログ村にほんブログ村

by dream8sue | 2017-09-04 17:59 | 中部山岳国立公園 | Trackback | Comments(0)