タグ:マラ岩 ( 1 ) タグの人気記事

奥秩父 雨の小川山で避暑クライミング     Rock Climbing in Ogawayama in Chichibu-Tama-Kai NP

Sunday, July 23, 2017
f0308721_635825.jpg
昨年からボチボチと訪れている小川山へ今年も恒例の避暑クライミングに行ってきた。 暑い下界からの逃避が第一目的だ。 小川山は高原レタスの産地で有名な長野県川上村にあり夏でもとても涼しい。 加えて、この日は小雨混じりの天気で寒いくらいの気温であった。 
  
正直な話、フリークライミングへのモチベーションはあまりわかない。 何故かな~?と考えてみた。 昔は結構入れ込んでフリークライミングをしていた時期もあったが、それでも12bが自己最高グレードだった。 そして長期アメリカ滞在などで10年以上のブランクと、帰国後の癌の治療で身体的衰えが生じた。 今さら頑張ってフリーが上達したところで過去のグレードを越えられるとは思えないし、戻すためにどれだけの時間を費やすのかと思うと気が遠くなる。 グレードに関係なくフリークライミングが楽しいという人は本当にフリーが好きな人だと思う。 元々私がフリーを始めたのはアルパインクライミングの技術向上の目的で始めたくらいだから、それほどフリークライミング自体が好きというわけではないのだろう。 

確かにフリークライミングにおける自己の身体能力への挑戦はアスリート感覚で楽しいし、それなりの充実感もある。 しかし、足元から切れ落ちた氷河の壁をノーロープでバイルとアイゼンだけでトラバースしなければならないようなアドレナリン全開の命を懸けたクライミングを体験してしまうと、アスリートでは物足りないのだ。 もちろん今の私はアルパインクライマーでも無いのでクライミングについて語ること自体がおこがましいのだが。

前置きが長くなってしまったが、下手くそな避暑クライマーもどきの私であるが、同行してくれた登れるクライマーたちの華麗な登りに心が躍る1日だった。 




f0308721_6362255.jpg
小川山へのアクセスは昨年の記事を参照してほしい。 → “奥秩父 小川山で避暑クライミング     Rock Climbing in Ogawayama in Chichibu-Tama-Kai NP”





f0308721_6375625.jpg
この日訪れたエリアは小川山屈指の三ツ星ルートがならぶマラ岩である。 前日にも激しい夕立があり岩場は濡れている。 乾いていそうなルートを探して、まずは “川上小唄 5.8” を登る。




f0308721_6382235.jpg
登れるクライマーたちはリードで登るが、私はトップロープ(TR)でもビビった!  ヒィィ((ll゚゚Д゚゚ll))ィィ!!!




f0308721_6384464.jpg
マラ岩から歩いて3分ほど上部にある “卒業試験 10b” をトライ中に小雨がばらつき岩が濡れてしまった。 




f0308721_639474.jpg
私は隣の “センター試験5.8” をTRでトライしたが、ボルトに足が・・・足が・・・乗ってしまった。 (ノω=;)ぅぅ…




f0308721_639377.jpg
マラ岩に戻って “レギュラー 10c” をTRでやらせてもらったが途中でギブアップ。 隣の “イレギュラー 10d” ではガイドがゲストを登らせていた。




f0308721_6395719.jpg
マラ岩の左にある妹岩の裏側に、思い出の “イエロークラッシュ12a” があるので見に行く。 とっても苦労してレットポイントした記憶がよみがえる。




f0308721_6401847.jpg
妹岩から下部にあるリバーサイドへ移動して “BUN BUN 11b” なるルートを登れるクライマーたちがトライ。 私は見ているだけで胸がいっぱい。 O(*゚∀゚*)oワクワク!  皆さん華麗でカッコいい~!
ということで、天気も悪いので午後3時には終了。 小川山は涼しいのでまた行きたいな~

f0308721_6404234.jpg
下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.

にほんブログ村

にほんブログ村

by dream8sue | 2017-07-23 06:33 | Rock Climbing | Trackback | Comments(0)