タグ:利平茶屋 ( 1 ) タグの人気記事

桐生市 赤城山 花盛りの利平茶屋周辺尾根から三段ノ滝     Mount Akagi in Kiryū, Gunma 

Tuesday, May 16, 2017
f0308721_1822152.jpg
長年、群馬県に住民票を置きながら初めて赤城山に登ったのはアメリカ在住から戻った2014年であった。 赤城山の素晴らしさに目覚め、この2年間でほとんどのルートを登ってしまった。 そして最近では地図に無いバリエーションルートを行くようになった。 今回のルートは赤城山の東面にある利平茶屋ルートの周辺(北側の尾根から南側の尾根)を周回するものである。 利平茶屋ルート自体も、前橋市方面からアクセスするルートに比べてマイナーである。 そのマイナーなルートのバリエーションということで興味をそそられた。

注意:このルートは一般登山道ではありません。 入山に際しては読図や未整備のトレイル歩きの経験が必要であることを留意してください。  




f0308721_182325100.jpg
<マイカーの場合>
アクセスは桐生市の利平茶屋森林公園をターゲットする。 
群馬県側から日光方面に向かって国道122号線を北上する。
わたらせ渓谷鉄道の水沼駅の手前で左折して県道62号線に入り、一の鳥居跡の交差点を左折して県道70号線を6kmほど走れば利平茶屋森林公園の広いパーキングに着く。

ちなみに、近くにはアカヤシオが咲く、赤城山の展望台のような栗生山もある。 → “桐生市 栗生山は赤城山の展望台     Mount Kuryū in Kiryū, Gunma”





f0308721_18245654.jpg
利平茶屋森林公園からは、鳥居峠にダイレクトに突き上げる一般トレイルがある。しかし、今回は、パーキングの目の前の尾根を詰めるルートなので、公園方向には行かずにパーキングの北側の林道(一般車の車止めあり)に進む。 300mほどで左の尾根に登る踏み跡に入り、適当な斜面から尾根上に上がり、ひたすら尾根上を行く。




f0308721_18255076.jpgf0308721_1826279.jpg
林道周辺には早速、フデリンドウやヒトリシズカなどの春の野花が咲いていた。




f0308721_18265643.jpg
薄い踏み跡をたどる尾根路は、藪も無く歩き易い。




f0308721_18271120.jpg
尾根上にはオオカメノキと思われる木がたくさん生えていて、まさに今が満開である。




f0308721_18272422.jpg
新緑もこの辺りの標高が一番きれいだ。




f0308721_18274065.jpg
新緑と花を楽しんで歩いていると、パーキングから40分ほどで1207mのピークに着いてしまった。 ここまでは尾根もなだらかである。が、この先から傾斜も増し岩場もでてくる。




f0308721_18275458.jpg
この尾根は、鳥居峠の北側の稜線へ突き上げるもので、見えている右のピークを目指していく。 この辺りのアカヤシオは散っていたが、ミツバツツジの蕾やモミジの新葉が美しい。




f0308721_18281030.jpg
岩場が現れるようになると、こんなガレた斜面のトラバースもあるので慎重に歩こうね。




f0308721_18282369.jpg
傾斜が一段と増して、ハングした岩小屋のような岩を左から巻く。




f0308721_18283614.jpg
足場の悪い岩場が続く。 トンガリ帽子のようなミツバツツジの新葉が陽に照らされてシルバーに輝いていた。




f0308721_18285352.jpg
岩場をひとしきり登り、振り返って見れば、眼下には赤城山の長いすそ野の景色が広がっている。




f0308721_1829739.jpg
標高を上げたのでアカヤシオもまだ咲いている。




f0308721_18292048.jpg
足元には小さな白花のフモトスミレも、踏みつけてしまいそうなくらい、たくさん咲いている。




f0308721_18293562.jpg
そして、岩場が終わり稜線に近くなると、アカヤシオの群落が満開状態だ。 赤城山の東面の稜線にアカヤシオが咲くことは、昨年(2016年)行った銚子の伽藍で知ったが、こちらの方が凄いかも!
→ “前橋市 赤城山 アカヤシオ咲く銚子の伽藍      Chōshinogaran in Mount Akagi, Gunma”




f0308721_18303670.jpg
お約束の青空とアカヤシオ。




f0308721_1830537.jpg
バックの山並みは日光方面かな?




f0308721_18311480.jpg
尾根に沿って長い群落なので歩きながら楽しめる。 岩場を過ぎると気持ちの良いササ原の尾根となる。




f0308721_18313357.jpg
やがて、黒檜山や駒ケ岳から続く稜線に合流すると、一般トレイルなので道標も出てくる。 左(南)に曲がり鳥居峠へ降ろう。 鳥居峠の北側に篭山という小さなピークがあるが、こちらもアカヤシオでピンク色に染まっている。




f0308721_18314886.jpg
西側の木立の間から覚満淵が見えてくる。




f0308721_1832329.jpg
アカヤシオばかりに目を奪われるしまうが、地面では清楚なヒメイチゲ?も顔を出していた。 




f0308721_1832238.jpg
覚満淵の西に鎮座する山は、山頂にいくつもの電波塔が建つ地蔵岳だ。 
→ “前橋市 赤城山 霧の地蔵岳と大沼一周     Jizodake in Mount Akagi,Gunma”





f0308721_18344738.jpg

f0308721_183721.jpg
覚満淵バックにある湖が大沼で、その奥のスカイラインが出張山から五輪峠までの山々だ。
 → “前橋市 赤城山 環境ガイド養成講座で歩いた出張峠から陣笠山     Debari to Jingasa in Mount Akagi”




f0308721_1834798.jpg

利平茶屋森林公園から約2時間40分で鳥居峠(1,391m)に到着。 
鳥居峠までは車で入れるので、ウィークデイにも関わらず観光客で賑わっていた。
山行の途中で観光地を通ることがあまり無いので、気がゆるむ。
食堂でビールなど買って、ゆっくり1時間のランチタイムを楽しむ。




f0308721_18351950.jpg

f0308721_1927132.jpgf0308721_19272286.jpg
さて、ランチライムを済ませたら南の尾根に向かおう。 食堂の建物の裏脇から林道に入る。 この林道にもタンポポ、スミレ、ワチガイソウなど可愛い花々が脇を固めている。




f0308721_184116100.jpg
“程なくして左に “御神水” を経由して利平茶屋へ下るトレイルを分ける。 
→ 前橋市 赤城山 霧の長七郎山と幻想的なオトギの森      Choshichirosan in Mount Akagi”




f0308721_18413811.jpg
この林道は途中で途絶えている道で、途中の脆い斜面の土砂崩れがすごい。 




f0308721_18415519.jpg
稜線は小地蔵(1,574m)の東面あたりと思われるが、土砂が砂防ダムをも飲み込んでいる。 




f0308721_18421199.jpg
鳥居峠から約30分で林道終点。 ここから直前の尾根を降る。




f0308721_18423091.jpg
降りだしてすぐに小尾根が分かれるので左の沢を見ながら左方向の尾根に入る。 右の尾根にも踏み跡があるので誘われないように気をつけてね。 私たちは誘われて迷走してしまった! (*_*;




f0308721_18443291.jpg
軌道修正して左の尾根に戻る。 このエイリアン?というかイカのお化けのような木がある尾根を降るのが正解。




f0308721_18445321.jpg
ところが、安心したのも束の間、左側がえぐれた、今にも崩壊しそうなナイフリッジの通過を強いられる。 ここマジで怖い! こんな核心部があるなんて知らなかった! 




f0308721_1844419.jpg
細いだけではなくリッジそのものが危うい感じで、リッジ上の石も不安定で不用意な力は加えられない。 でも石の上を通るしか路は無い。 まさにNo way!だ。 上手く説明できないが、そうFragile! 荷物の “割れ物注意“ と同じ感覚かな。  ヒィィ((ll゚゚Д゚゚ll))ィィ!!!




f0308721_18452051.jpg
核心部を越えれば後はラブリーな尾根。 アカヤシオ咲く尾根には・・




f0308721_18453751.jpg
シャクナゲも咲いているし・・




f0308721_18455398.jpg
オオカメノキの花も満開で、トリプル・コラボレーションだ。 Soooo Gorgeous!!!!




f0308721_18461769.jpg
そして、利平茶屋公園からの一般道に合流する。 ここでトレイルは、尾根コースと谷コースに分かれる。 私たちは “三段の滝” のある谷コースへ進む。




f0308721_18463951.jpg
この辺りはシャクナゲ群生地である。




f0308721_18465550.jpg
アカヤシオと入れ替えのようにシャクナゲが咲きだしている。




f0308721_18471280.jpg
地面に落ちたアカヤシオの花を踏みながら、シャクナゲ群生地の中を降ると谷間の堤防にでる。 ここからは谷沿いの巻き路となる。 




f0308721_18473382.jpg
クサリ場のトラバースは足場が悪いので慎重にね。




f0308721_18474751.jpg
そして最後に三段ノ滝(別名:山崖の滝)に降り立つことができる。 新緑に包まれた白い水の流れが美しい。




f0308721_1848990.jpg
フラットになった川筋のトレイルを少し降れば利平茶屋からの広い遊歩道に合流する。 




f0308721_18482666.jpg
グリーンの色が明らかに濃くなっている。 100mの標高ごとに変化する芽吹きの季節。 それを肌で感じられるのもこの時期のハイキングの楽しさだね。




f0308721_18493292.jpg
おや? 小沢の片隅にイエローの花が・・今年お初のクサヤマブキ(ヤマブキソウ)の花だ。 




f0308721_18495336.jpg
そして、吊橋を渡れば利平茶屋自然公園の敷地に入る。 休憩舎の裏には昔のケーブルカー跡もあり哀愁を感じる。




f0308721_18503368.jpg
パーキングまでは、バンガローの建ち並ぶ敷地内をぬければすぐである。

初めから終わりまでたくさんの花を見て歩けるトレイルだった。 バリエーションなのでただのお花見山行とは違いルートも楽しめる。 歩き慣れたハイカーにはお勧めのトレイルだと思う。

本ルートのマップ
私のこのトレイルへの評価: 4★ 上級者向け
距離:約8km / 実動時間: 約6 .5時間(利平茶屋公園9:20 ‐1207mピーク10:00‐鳥居峠12:00/13:00‐林道終点13:30‐三段ノ滝15:00‐利平茶屋公園16:00)
標高差: 約500m
f0308721_18515824.jpg
下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.

にほんブログ村

にほんブログ村

by dream8sue | 2017-05-16 18:53 | 群馬県エリア | Trackback | Comments(0)