タグ:大江湿原 ( 2 ) タグの人気記事

尾瀬 色づく二つの湿原から小渕沢を降り大清水へ         Ozenuma to Ōshimizu in Oze NP

Tuesday, September 29, 2015
f0308721_124495.jpg
尾瀬フリークの私が今年最後に訪れたルートは、尾瀬の喧騒を避け静かな山歩きができる富士見下から皿伏山を越えて尾瀬沼に至るルートだった。 070.gif
詳細はこちらを読んでね。⇒ “尾瀬 富士見下から皿伏山を越えて色づく尾瀬を行く     Fujimi to Ozenuma in Oze NP”

その日は、尾瀬沼の東岸に位置する尾瀬沼ヒュッテに泊まり快適な一夜を過ごした。 014.gif

下山ルートとしては、三平峠から大清水に降るルートが一般的である。三平峠のトレイルが尾瀬沼への表玄関とするならば、今回は裏街道とでも言うべき小淵沢ルートで大清水へ降ることにする。

私はこの小淵沢ルートでの下山は昨年(2014年)の夏にも歩いているので2回目である。
詳細はこちらを読んでね。⇒ “尾瀬 尾瀬沼から小淵沢田代を経て小淵沢を降る   Ozenuma in Oze National Park”

基本的に同ルートのブログは書かないのだが、今回は、富士見下から尾瀬沼を経由し大清水へぬける縦走路の一貫として完結したいので、簡単ではあるが再レポートする。 045.gif




f0308721_1291534.jpg
湖畔の尾瀬沼ヒュッテを出てから、近くにある尾瀬沼ビジターセンターで30分ほど時間を費やす。

センターの前からは朝日に輝く燧ヶ岳がくっきりと見え、朝からテンションが上る。 072.gif 060.gif




f0308721_129413.jpg
ビジターセンターから小淵沢田代へは、2つのルートがある。1つは尾瀬沼ヒュッテのキャンプ場から檜高山の北側の樹林帯を行くルートと、もう1つは古くからある大江湿原を経由するルートだ。

樹林帯のルートは急登で展望も無く、時間的にも余り変わらないので、大江湿原回りをお勧めする。 049.gif

ビジターセンターから湖畔沿いに北に行けば、大江湿原のシンボルである三本カラマツが見えてくる。三本カラマツはまだ紅葉していないが、大江湿原はすっかり草紅葉だ。




f0308721_1301338.jpg
黄金色に染まった湿原を10分ほど行けば、尾瀬沼に注ぎ込む大江川を渡る。川を渡った先で左に付いたトレイルに進めば、尾瀬の自然を守る運動に貢献した平野家の墓がある。




f0308721_1304876.jpg

f0308721_131423.jpg
墓がある丘は、“ヤバギランの丘”と呼ばれるほど、ヤナギランが群生している。

ヤナギランの花後は、こんなふうにクルクルになるんだね。 005.gif 045.gif

墓の前では、シラタマノキが今年も白い球形の実をつけていた。 056.gif




f0308721_131406.jpg
湿原の名脇役、ヤマドリゼンマイも色づいているね。




f0308721_1315966.jpg
大江湿原で見た、花の最終ランナーはこのエゾリンドウだった。




f0308721_1322037.jpg
大江湿原は、尾瀬では尾瀬ヶ原に次ぐ広さで、尾瀬沼周辺では一番大きい。木道を北に進めば福島側の登山口のひとつ沼山峠に続いている。

湿原の真ん中あたりで、小淵沢田代への分岐が現れるので右に曲がり、樹林帯に入る。




f0308721_132453.jpg

f0308721_1331341.jpg樹林帯に入り、1時間弱ほど徐々に高度を上げていけば、檜高山の北側のルートと合流する。




f0308721_1334267.jpg
分岐から真っ直ぐ東に進めば、日光連山が遠望できる小淵沢田代に着く。 072.gif




f0308721_134473.jpg
私が小渕沢田代を訪れたのは通算3度目になるが、今回が一番お天気が良く、池塘に青空が反映して最高に美しかった。 072.gif




f0308721_1343267.jpg
3週間前にここを訪れた時は、ウメバチソウやオゼミズギクの花が見られたが、さすがにもう花は無くすっかり秋の装いだ。



f0308721_1345118.jpg
湿原を過ぎ、樹林帯に入り10分ほど東に行けば、鬼怒沼林道(黒岩林道)と小淵沢ルートとの分岐に出る。

まだ記憶に新しいこの分岐を左に進み、長い黒岩林道で鬼怒沼まで縦走したのは、つい3週間前のことだ。⇒ “尾瀬 秋の尾瀬沼から鬼怒沼へテント泊縦走(前編) Ozenuma to Kinunuma in Oze National Park”




f0308721_1361985.jpg

f0308721_13639100.jpg
分岐を右に曲がり、緩やかに下る笹のトレイルに入る。

小淵沢の支流と思われる小さな沢に出るまでのトレイルはぬかるんだ悪路である。




f0308721_1373050.jpg
支流を徒渉してからは、小淵沢の左岸(川下に向かって左)の山腹を行く。林道に降り立ちまでの間は、ダケカンバを中心とした雑木林の中をいくが、落ち葉の積もったトレイルはソフトな地面でとても歩き易い。




f0308721_1375888.jpg
小淵沢田代から約1時間ほどで小淵沢林道に合流する。 “小淵沢田代入口” と書かれた古い標識があるが、ほとんど字は消えている。

そこからさらに林道を30分ほど降ると、奥鬼怒林道に合流する。合流地点には朽果てたワイヤー滑車のようなものが立っている。このワイヤーはここまでの小淵沢ルート上のいたるところで見かけた。




f0308721_1382626.jpg
奥鬼怒林道は中ノ岐沢の右岸に付けられた林道なので、右側からいくつもの支流が流れ込んでいる。写真の滝はオモジロ沢の出合いに落ちる滝である。




f0308721_1401634.jpg

f0308721_1403520.jpg
奥鬼怒林道を歩くこと1時間ほどで、本ルートのゴールである大清水に到着する。

大清水でタクシーを呼び、富士見下にデポした車まで戻った。シーズン中は戸倉にタクシーが待機していることが多いので、タクシー待ち時間は10分ほどだった。 059.gif





f0308721_1412384.gif
今回のルートは、前半が富士見下から皿伏山を経由して尾瀬沼まで、後半が大江、小淵沢の2つの湿原を経由し小淵沢ルートで大清水までというマイナーなルートだ。 その分、行き交うハイカーも少なく静かで歩き応えのある好ルートだ。

後半の小淵沢ルートは、大清水の表玄関である三平峠から尾瀬沼をめぐるループトレイル(周回ルート)としても使える。全長22kmとやや長くなるが、一ノ瀬までを低公害タクシーなどを使えば十分日帰りも可能だろう。

昨年から温めていたこのルートを歩き、私は、ほぼ尾瀬の全ルートを歩いたことになる。 来年は尾瀬国立公園の中でも北に位置する会津駒ケ岳や、帝釈山、田代山の方にいきたいな~ 060.gif


私のこのトレイルへの評価: 4★ 中級者向け
行程距離: 約11km(尾瀬沼ヒュッテ‐大江湿原‐小淵沢田代‐小淵沢林道‐奥鬼怒林道‐大清水)
標高差: 約720m
実動時間: 約5時間 (休憩、ビジターセンター見学込み)

f0308721_1423147.jpg

この情報は役にたちましたか? 下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.

にほんブログ村

にほんブログ村

by dream8sue | 2015-09-29 01:22 | 尾瀬 国立公園 | Trackback | Comments(0)

尾瀬 イワショウブ咲く過ぎ行く夏の尾瀬沼   Ozenuma in Oze National Park

Saturday, August 30, 2014 (The first half)
f0308721_0174453.jpg
尾瀬フリークまっしぐらの私が今回訪れたのは尾瀬沼。まずは定番の大清水から尾瀬沼一周をたどり、後半は大江湿原から小淵沢田代に登り、小淵沢(ニゴリ沢)を下降し大清水にもどるというトレイルだ。小淵沢(ニゴリ沢)トレイルは、三平峠越えのトレイルより尾瀬沼からの静かな下山路として利用できる。ただし、マイナーなルートなのでトレイルコンディションを事前にビジターセンターや、片品村観光課などに確認したほうが良いかもしれない。 034.gif
1日の山行であるが、ブログはポピュラーな尾瀬沼一周と、ややマイナーな小淵沢田代を経て小淵沢(ニゴリ沢)下降の2回に分けてある。




f0308721_0181826.jpg

前橋、高崎からのアクセス:JR上越線の沼田駅(又は新幹線の上毛高原駅)から大清水行きのバスに乗り、沼田駅から大清水まで約1時間30分(バス代:2,250円)

マイカー利用の場合は関越自動車道を沼田インターで降り、国道120号線で片品村に向かう。片品村の鎌田の信号を左折し国道401号線(沼田街道)に入る。戸倉バス停を右手に見ながら直進すれば、片品川に沿って大清水まで行く。(大清水駐車所料金:500円/1日)

私は前日に大清水登山口の大清水小屋に泊まった。(大清水小屋 1泊2食付:7,000円)




f0308721_19344093.jpg
大清水登山口には “大清水湿原” がある。大清水に着くと皆な先を急ぐことに気をとられて、この湿原の存在は意外と忘れられているかも知れない。大清水小屋の隣にある小さな湿原だ。




f0308721_19283282.jpgf0308721_0411257.jpg

大清水湿原の今の時季(夏の終わり)はこの2つの花がメインだった。花びらにある斑点を夜明けの星空に見立てたという、何ともしゃれたネーミングのアケボノソウと、ホラ貝を連想させるパープル色のツリフネソウだ。ツリフネソウは尾瀬以外の山でも結構見かける花だが、アケボノソウは今回初めて知った。綺麗な花だ。 056.gif




f0308721_0201243.jpg
2014年7月12日~9月19日までは、大清水~一ノ瀬間(約3km)で低公害車両試験運行が行われている。つまり無料で大清水と一ノ瀬間を送迎してくれるのだ。しかも早朝4時20分発便から、一ノ瀬16時発便までという、楽ちん思考ハイカーには実にありがたい。 043.gif  もちろん、低公害車に乗らず、しっかり歩きたいハイカーは写真、右側の旧道を歩くことも出来る。私?もちろん乗りました! 060.gif
また、この旧道は栃木県日光市に通じる “奥鬼怒林道(一般車両通行禁止)” の起点でもある。




f0308721_0205182.jpg
大清水~一ノ瀬間を低公害車で10分で走り、一ノ瀬休憩所で身支度を整えたら、いさ出発! 070.gif  トレイルは、はじめは沢に沿って行き、次第に三平峠からの尾根林に入って行く。




f0308721_021852.jpg
沢沿いのトレイルからは、支流にかかる小さな滝が見える。 072.gif




f0308721_19295246.jpg
三平峠までは、水量豊かな沢筋なので、高山植物が豊富だ。 アザミ、トリカブト、カニコウモリ、ヨツバヒヨドリなど、夏から秋に見られる花々が出迎えてくれる。
尾根路に差しかかる手前に “岩清水” の水場がある。冷たくておいしい水を汲んでいこう。049.gif




f0308721_022568.jpg
水場を過ぎると針葉樹林帯の登り坂になる。しばらく行けば三平峠に着く。 066.gif 一ノ瀬から1時間弱くらいだろう。 059.gif




f0308721_0223064.jpg
三平峠から20分くらいの緩やかな下り坂を歩けば、尾瀬沼湖畔の三平下(尾瀬峠)に着く。広い休憩場があるので一休みするには最適だ。 063.gif




f0308721_0231376.jpg
さて、ここからは楽しい尾瀬沼周遊ハイクだ。左(時計周り)に進み、小沼湿原を通り沼尻へ。そして浅湖湿原から大江(大江川)湿原へとつなげよう。湖畔をいくトレイルは背の高い樹木によって、尾瀬沼の展望は良くない。




f0308721_0233550.jpg

“この先、斜めになった立木があります。頭上に注意して通行してください” って、ちょっと過保護なノーティスではないか?って思うのは自己責任のアメリカ文化にどっぷりと浸かっていた私だけが感じるセンスなのだろうか?日本って親切?管理好き? 039.gif




f0308721_024895.jpg
湖畔トレイルの限られた展望スポットからの燧ヶ岳。皆な同じ写真撮ってるね。003.gif ヘリコプターのローターブレードのような(分かり図らい例えで申し訳ない。041.gif)シンメトリー(上下対称)な景色!005.gif まじ、ヘリのローターブレード(上で廻ってる翼?)ってこんな形なんだよなぁ~




f0308721_0243221.jpg
左に富士見峠への分岐を分けて進むと、ここにも限られた展望スポットがある。水芭蕉と水草が尾瀬沼の美しさを際立たせている。 072.gif




f0308721_0245217.jpg
尾瀬沼の方にばかり気を取られていると、足元にゴゼンタチバナが赤い実を付けていた。 056.gif もう秋だね。




f0308721_0251674.jpg
小沼湿原の少し手前の湖畔展望スポット。実際に見上げる空よりも、湖面に映った雲のほうかくっきり見える。 072.gif




f0308721_0264121.jpg
1羽の鳥が優雅に湖面を渡っていた。 058.gif




f0308721_1918426.jpg
やがて、湖畔から離れ樹林帯を行くと、突然、燧ヶ岳を背にして小沼湿原が現れる。 072.gif




f0308721_1919675.jpg
今秋の湿原の主役は、このイワショウブの花だ。尾瀬沼周辺の湿原のいたるところで咲いていた。赤みを帯びた花は蕾かと思ったら、逆で花後らしい。 056.gif 056.gif




f0308721_0284798.jpg
湿原にたたずむマツの木?の枝がとても綺麗だった。 072.gif




f0308721_0291534.jpg
小さな小沼湿原を通り過ぎると、大きな沼尻湿原に出る。沼尻は尾瀬沼と尾瀬ヶ原を繋ぐトレイルの起点でもある。沼尻休憩所は、尾瀬ヶ原から来るハイカーにも、尾瀬沼を歩くハイカーにとってもありがたい休憩所だ。私はいつもここで “天然水コーヒー” をいただく 063.gif ・・なんて・・私の嗜好などはどうでもいいことだが、041.gif 天然水って、ただの沢の水で入れたコーヒーってことだよね?ものは言いようで、美味しく感じるから不思議だ。041.gif



f0308721_0294717.jpgf0308721_0555196.jpg
休憩所の前には秋の代表花リンドウが、大きな蕾をたくさん付けていた。 056.gif
湿原には、ホロムイソウという世界で1科1種の植物も見られる。花期はすでに終わり、写真は果実の状態だ。




f0308721_0304143.jpg
沼尻から見える燧ヶ岳には、正面にナデッ窪ルートのルンゼが見えている。7月に登った時にはまだナデッ窪ルートには残雪が残っていた。→ 尾瀬 霧の燧ヶ岳と尾瀬沼に咲く花たち  Mt. Hiuchigatake and Ozenuma




f0308721_0314458.jpg
沼尻から大江湿原の手前までは、7月に歩いているので、早足で通り過ぎ割愛したい・・と思ったのだが、素晴らしい尾瀬の自然がそうさせてくれない。 072.gif 072.gif




f0308721_032304.jpg
7月に比べ、緑が濃くなっている。 072.gif 045.gif




f0308721_18584349.jpg
大きな木の根がトレイルに盛り上がって生えている。 005.gif




f0308721_0331557.jpg
初夏にはオレンジ色のレンゲツツジが咲いていた湖畔には、今はアザミに酷似しているタムラソウが彩りを加えている。タムラソウの花弁には気持ち悪いくらいの多くの虫がたかっていた。 020.gif 蜜が特別に美味しいのかな? 039.gif




f0308721_0334177.jpg
そしてまた、小さな森を通過する。薄暗がりの中でオオバタケシマランが赤い実を付けてその存在をアピールしていた。グミの実に似てるね。 011.gif




f0308721_034873.jpg
沼尻から40~50分で、浅湖湿原に着く。浅湖湿原は尾瀬の湿原の中で私が2番目に好きな湿原だ。(ちなみにベスト1は白砂湿原)初夏にはワタスゲで覆われていたここも今はイワショウブにとって変わっている。




f0308721_035118.jpgf0308721_0351441.jpg
脇役の花たちも個性豊かだ。バイオレット色がきれいなサワギキョウと、湿原のタンポポみたいなオゼミズギクとの競演は秋の尾瀬沼の定番だ。056.gif056.gif




f0308721_0355087.jpg
浅湖湿原を流れる小さな沢には何種類ものトンボが乱舞していた。水草に止まったトンボの羽が透明すぎて見えない。水面に映る羽の方がくっきり見えている。005.gif




f0308721_0361436.jpg
浅湖湿原から大江湿原に行く樹林帯。最近設置されたと思われる肌色の木道の木の臭いが何とも良い。 071.gif




f0308721_0363263.jpg
沼尻から約1時間、三平下から約2時間、大江湿原(大江川湿原ともいう)の南端に出る。そして、ここから大江湿原、小渕沢田代を越えて、小淵沢(ニゴリ沢)を下降する。→尾瀬 尾瀬沼から小淵沢田代を経て小淵沢を降る   Ozenuma in Oze National Park

f0308721_12223733.gif

やはり尾瀬は良い。
初夏とは違う明るい尾瀬だが、あまりに早く過ぎ去っていこうとする夏の尾瀬にどこか一抹の寂しさも感じる。
20年以上前に訪れた尾瀬沼への再訪であったが尾瀬沼は何も変わらず昔のままだった。


私のこのトレイルへの評価:5★ 初級者向け
行程距離:約10km (大清水‐三平下‐沼尻‐浅湖湿原‐大江湿原)
行動時間:約4時間(休憩込み)

f0308721_0373095.jpg


この情報は役にたちましたか?
役にたったと思われた方は下記の写真の部分をクリックしてください。Click Nowヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ 
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
by dream8sue | 2014-08-30 00:35 | 尾瀬 国立公園 | Trackback | Comments(0)