タグ:武甲山 ( 1 ) タグの人気記事

横瀬町 今夏の沢はじめは生川水系大持沢     Stream Climbing in Ōmochizawa, Yokoze, Saitama

Saturday, July 29, 2017
f0308721_13592387.jpg
何度か計画しては悪天で流れていた沢登りを決行。 だが、この日も南岸に台風が発生していて、いつ降り出してもおかしくない曇り空のもとの沢登りとなった。 
埼玉県横瀬町に流れる生川水系の大持沢は、ハイカーに人気の武甲山の南に位置する大持山の東面に切り込んでいる沢である。 特に悪い滝も無く、苔生した小滝が程よく連続する初級クラスの沢である。 




f0308721_545287.jpg<マイカーの場合>
武甲山登山口の一の鳥居パーキングをターゲットっする。
埼玉県秩父市から国道299号線を横瀬町方面へ南東に走り、 “生川入口” の信号を右折する。
信号から5kmほど砕石場が続く道を走る。
最後の砕石工場の先で道幅が狭くなって林道が始まる。
程なくして右側に御嶽神社の一の鳥居が見える。
この鳥居をくぐれば30台くらい駐車可能なパーキング(無料)がある。




f0308721_546614.jpg
大持沢へのアプローチは、一の鳥居の前を流れる妻坂沢を迂回するように “上大持橋” まで林道を歩く。 途中に妻坂峠へのトレイルを左にみる。 下山は一般ルートでここに戻ることになる。 次のカーブの所に流れている沢が子持沢で、カーブを曲がった先にかかる橋が上大持橋で大持沢への入渓ポイントだ。




f0308721_5462621.jpg
上大持橋から大持沢の左岸(川下に向かって左)を少し上流に歩いた所から沢に入る。 




f0308721_5464923.jpg
なかなか綺麗な沢だな~と思ったら、すぐに倒木が現れた。 どうやら左岸の斜面が崩れ落ちた結果のようだ。 その後は、美しい小滝が連続する。 小滝の右の木の根を登ったり・・




f0308721_5472549.jpg
右壁にフィックスロープが残置された3mの滝などを越えて行く。




f0308721_5512136.jpg
やがて、両サイドの岩壁にイワタバコが咲き乱れるようになる。 沢登りではよく見かける花だよね。




f0308721_5521740.jpg
その先も、やや倒木が気になるものの、おおむね気持ちのよい小滝が続く。




f0308721_5525111.jpg
おや、トイ状の8m滝はツルツルで難しそう。 左の岩を登れば問題なく越えられるのだが・・・




f0308721_5532488.jpg
せっかくロープを持ってきたのだから、ロープ確保して直登してみよう。  




f0308721_5543829.jpg
な~んて、滝と戯れていたら、入渓から1時間足らずで早くも二俣に着いてしまった。




f0308721_5551470.jpg
本流の右俣へ進むと、ますます美しい小滝が連続するので楽しい。 O(*゚∀゚*)oワクワク! 




f0308721_5553839.jpg
ガンガン水流通しに滝を越えて行く。




f0308721_5562792.jpg
木の根が水流に張り出した滝は・・




f0308721_5564511.jpg
その木の根をホールドにして越えて行く。




f0308721_5571749.jpg
イワタバコの他にもタマアジサイも多い。




f0308721_558398.jpg
ウワバミソウの生える瀞の先にも小滝が続く。




f0308721_5582057.jpg
奥の二俣を過ぎると苔むした渓相が色濃くなる。




f0308721_5592187.jpg
すると、作業道と思われる路が右岸に見え、ペチャンコになった作業小屋の跡がある。(樹林の中なので見落としやすい)




f0308721_605174.jpg
沢筋に戻って遡行を続けると、避けることができない倒木帯に入る。 沢を覆う倒木に “嘘でしょう!” とつぶやきながら倒木を跨いだりくぐったりして通過する。 幸い短い区間だったのでそれほど苦労ではなかった。




f0308721_6187.jpg
倒木帯の先には大岩が現れる。




f0308721_62081.jpg
大岩の左を廻り込むと、苔むした小滝がいくつも現れる。 この辺りはもう緑の沢と言ってもいいくらい苔と樹木でグリーンの世界だ。




f0308721_625273.jpg
滝と苔の岩に生える植物が素敵!




f0308721_63312.jpg
ここは玉川でも多摩川でもないけれど、タマガワホトトギスも咲いている。 ヾ(o≧∀≦o)ノ゙♪♪♪




f0308721_635975.jpg
水が冷たくなってきたな~と思っていると、2段10mの滝がかかるゴルジュ帯が現れる。 最後のお楽しみポイントだ。 あたりの空気が冷却され霧状にフィルターがかかったような空間が幻想的である。




f0308721_643671.jpg
梅雨明け直後で水量も豊富である。 1段目の滝を容易に越し・・




f0308721_653136.jpg
2段目の滝は、右上にチョックストーン(CS)がかかる滝だ。 まずは CSの下へ這い上がるため、頭上のホールドを掴むと、腕をつたって胸に水が入り込む。 濡れても寒くはない・・夏で良かった!  




f0308721_663460.jpg
CSの穴からシャワーのように流れる水流が綺麗だ。 この水流の横にあるもうひとつの穴からCSの上にぬけ出す。 暗くてホールドやスタンスがよく見えないので、ちょっとした洞窟探検のようだ。  O(*゚∀゚*)oワクワク! 




f0308721_673471.jpg
CSの滝を越えると、急に水量が少なくなり源頭の雰囲気となる。 涸れた沢筋を行くと、またもやペチャンコの廃屋に出くわす。 この先で沢が細くなり左右の尾根が迫ってくるので右寄りに進み植林の尾根を詰める。




f0308721_68235.jpg
ガラスの破片やトタンの散らばる植林の小尾根に出たら左方向に尾根を登ぼる。 すると岩稜となるので岩稜の右を巻く。 




f0308721_684828.jpg
その後再び植林帯に入るが、枝打ちされた倒木などが多く、右に左に歩き易い踏み跡を探しながらの厄介な登行となる。 この登りが最も疲れた。 


f0308721_691127.jpg
CS滝終了から約1時間10分ほどでようやく大持山に到着した。 すっかり霧が垂れこめて展望は全く無い。 沢靴を履き替えて一般ルート(妻坂峠経由)で下山する。




f0308721_695159.jpg

f0308721_610871.jpg大持山の肩から左(西)へ折れてザレた急な尾根をひたすら降る。 
1時間弱で地蔵が立つ妻坂峠に着く。 
峠周辺にはフタリシズカが群生していた。
ちなみに、妻坂峠を東方向へ直進すれば武川岳を経て正丸峠方面へのトレイルである。




f0308721_610408.jpg
妻坂峠からは左(北)へ曲がり、妻坂川沿いに30分も降れば一の鳥居へ戻れる。 この間は植林帯の退屈なトレイルである。


本ルートのマップ
私のこのルートへの評価: 3★ 沢登り初級者向け (沢グレード1級)
距離:約10km/ 所要時間:約6時間(武甲山一の鳥居登山口P 8:40‐上大持橋‐二俣9:40‐CS滝終了11:20 ‐大持山12:35‐12:50 ‐妻坂峠‐一の鳥居登山口P 14:30)
標高差: 約780m

f0308721_6111159.jpg
下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.
にほんブログ村にほんブログ村

by dream8sue | 2017-07-29 10:58 | Stream Climbing | Trackback | Comments(0)