タグ:水沢山 ( 1 ) タグの人気記事

渋川市 榛名山 春の水沢山でスノーハイク    Mizusawayama in Mount Haruna

Saturday, March 12, 2016
f0308721_2315422.jpg
私が昔、国体の山岳競技の選手だった頃に何度となくトレーニングで走った山、それが榛名山系の一座、水沢山(浅間山/1,194m)である。なので、ハイキングの対象として考えたことは無かったのだが、思わぬ3月の名残の雪に誘われて犬2匹を引き連れて歩いてきた。  070.gif




f0308721_23153857.jpg
<マイカーの場合> 今回のトレイルは、一般的な登山口 “水沢観音” から入山し、伊香保温泉街に下るPoint to Pointである。前橋から水沢観音へは、県道15号線を北西に走れば30分程で着くだろう。下山後は水沢経由高崎行きのバスかタクシーで登山口に戻る。

<公共交通の場合> JR渋川駅から伊香保温泉行のバス(関越交通/群馬バス)にのり、ビジターセンター前で下車。水沢経由高崎行きのバス(群馬バス/渋川市コミュニティーバス)に乗り換える。本数が少ないので事前に時刻をチェックしておく必要がある。 034.gif




f0308721_23203715.jpg
観音堂の左手にある急な石段を登る。




f0308721_23205682.jpg
階段を登り上げ、さらに左の木立ちに入って行く。 3月にしてはサラサラのパウダースノーなので思ったほど身体は濡れない。




f0308721_2321115.jpg
薄暗いスギ林を横切るとパーキングから直接登る路と合流するので左に進む。スギ林はすぐに終わり雑木林にさしかかると右の尾根に進む道標があるので尾根に取り付く。




f0308721_23212995.jpg
いきなり急な階段状のトレイルとなり、ひと登りするとベンチがあり、右側の奥には石碑がある。




f0308721_23215071.jpg
木段が整備され、昔のザレて、えぐれた沢状の歩きづらい路とは全く違っていた。気のせいか勾配も緩やかに感じられる。もっとも昔は20㎏の荷物を背負ってこのトレイルを駆け登っていたのだから、傾斜もきつく感じたのだろう。 041.gif




f0308721_23221052.jpg
やがて、 “休み石” と書かれた標識があるスポットに着く。ここには鳥の巣箱が設置されているので、たくさんの小鳥が飛んでいた。 043.gif




f0308721_23223051.jpg
休み石からは、さらに傾斜がきつくなる。石ころが多いトレイルとなり歩きづらくなってくる。 008.gif




f0308721_23225586.jpg
胸突き八丁の急登をこなし稜線に出ると、横並びになった石仏群が出迎えてくれる。




f0308721_23233424.jpg

f0308721_23235195.jpg石仏群からさらに0.4kmほど西に行けば、360度の展望が得られる水沢山のピークに着く・・はずなのだが、残念ながらこの日の展望は全く無し!  002.gif

展望が無いので、暖かなお茶を沸かして一休みした後は、さっさと下山にかかる。 063.gif




f0308721_23242116.jpg
山頂から水沢観音側にピストンするハイカーが多いとみえて、ピークから西側へはトレースも少なく積雪も多い。




f0308721_23243642.jpg
おまけに急な下降ポイントやヤセ尾根もあって、雪山気分全開だ。ワンワン 060.gif 003.gif




f0308721_2325366.jpg
ヤセ尾根の先は1,194mの小ピークで、そこにはアンテナ塔が建っている。




f0308721_23252255.jpgアンテナ塔からさらに西に降ると、林道上野原線にでる。林道を横切り林道と並行して作られたトレイルを(または林道を)右に行けば “つつじヶ丘展望所” がある。




f0308721_2326973.jpg
つつじヶ丘展望所周辺からは、西側に風穴がある二ツ岳の双耳峰が見える。この山は真夏の暑い時でも風穴効果で涼しく、麓に広がるオンマ谷にはイワタバコやタマガワホトトギスなど多くの花が見られるのでお勧めです。 049.gif




f0308721_23274268.jpg
東側には、歩いてきた水沢山とアンテナ塔が見える。




f0308721_23281238.jpgつつじヶ丘展望所から林道に降り、そのままカーブの所から木段を降り、再び山路に入る。

すぐに右側に “憩いの森研究館” への分岐を分ける。

この憩いの森コースを降り、県道に出て20分も歩けば水沢観音のパーキングに戻れる。

ちなみに、このコースは野外施設の一部なので草木が芽生えた頃に野鳥の声を聞きながら歩きたいトレイルだ。




f0308721_2328599.jpg
憩いの森コースの分岐を直進して尾根を降ると再び林道にでる。




f0308721_23294496.jpg
ここで “上の山公園” に入る。右奥には見晴台もあり、お天気が良ければ谷川方面まで見渡せる・・らしい。




f0308721_2330448.jpg
見晴台の西にあるロープウェイとスケートリンクの間を行き、長い階段の遊歩道を降れば、伊香保神社の境内に降り立つ。



f0308721_23302517.png
伊香保神社からは、観光客で賑わう石段街をバスターミナルまで降りる。 場違いな居心地の悪さを感じながらも、石段の左右に軒を並べる土産屋や射的ゲームなどの温泉街の雰囲気を楽しみながら歩く。
時間があれば、伊香保神社の近くにある源泉地(露天風呂や飲泉所あり)に立ち寄ってお湯につかるのも良いだろう。




f0308721_23305453.jpg
バスターミナルからは、正面に小野子三山の山群が綿帽子のような雲を被って鎮座していた。 072.gif




f0308721_10572374.jpg犬連れではバスにもタクシーにも乗れないので、1人がタクシーで水沢観音に戻りマイカーを運んでくる作戦で我々のスノーハイクは終わった。

私的には、まさかの水沢山ハイク、まさかのスノーハイクであった。が、トレイルも整備されていて、まるで初めて歩く山のような気がした。今度は新緑か紅葉シーズンのお天気の良い日にもう一度登ってみたいな。

私のこのトレイルへの評価: 4★ 初級者向け
行程距離: 約5.5km(水沢観音‐石像群‐水沢山‐アンテナ塔‐林道出合‐憩いの森分岐‐上の山見晴台 –伊香保神社- バスターミナル)
標高差: 約620m
実動時間: 約4時間 (休憩込み)


f0308721_23335387.jpg

この情報は役にたちましたか? 下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.

にほんブログ村

にほんブログ村

by dream8sue | 2016-03-12 23:13 | 群馬県エリア | Trackback | Comments(2)