タグ:雨池 ( 1 ) タグの人気記事

北八ヶ岳 雨池で紅葉狩り     Ameike in Northern Yatsugatake

Saturday, October 4, 2014
f0308721_20231087.jpg
日本に帰国して初めて行ったハイキングトレイルが北八ヶ岳の双子池だった。5月のまだ残雪がいっぱいのスノーハイクだった。その時に雪の無い北八ヶ岳もぜひ歩いてみたいと思った。そして今秋、双子池から南に位置する雨池に行くことができた。070.gif 060.gif
雨池へのトレイルはいくつかあるが、麦草峠に駐車可能であれば茶臼山や縞枯山などの縦走と合わせて訪れることが出来る。が、紅葉シーズンの麦草峠は渋滞が激しく駐車スペースを確保することが難しい。
麦草峠に駐車できなかった我々は北八ヶ岳ロープウェイ(ピラタス蓼科ロープウェイ/往復1,900円/片道1000円)からアプローチすることにした。ロープウェイ山麓駅(標高1,771m)から山頂駅(同2,237m)までの高低差466mを約7分で駆け上がり、降り立った山頂には、ハイマツやコメツガなどの低木が溶岩台地を覆う “坪庭自然園” が広がっている。




f0308721_20233542.jpg
<マイカーの場合(前橋方面から)>
上信越自動車道を佐久ICでおり、県道141号で南下し “浅間中学西” の信号を右折、県道44号/中山道を西に行く。 “百沢東” で斜め右に折れて県道144号に入り、南に少し行ったら “望月” で左折し県道152号で南下を続ける。 県道40号、192号/ビーナスラインと乗り継ぎ更に南下する。 ロープウェイ山麓駅への曲がり角には立派な案内板があるので、案内板を左折すればロープウェイ山麓駅に至る。

<公共交通の場合>
バスがJR東日本中央線茅野(ちの)駅から出ている。 茅野駅西口アルピコ交通バス乗り場 2番のりば “北八ヶ岳ロープウェイ” 行き(約60分)




f0308721_20275686.jpg
山頂駅を出発して坪庭自然園を左に見ながら、右の平坦な道を行く。10分も歩けば縞枯山荘に着く。さらに縞枯山と雨池山の谷間に付けられた木道を進む。071.gif




f0308721_20282713.jpg
右手に “縞枯れ現象” で有名な縞枯山を見ながら笹が生茂るトレイルを雨池峠に向かって東に進む。071.gif




f0308721_20284858.jpg
モコモコの笹原に霧がかかり幻想的だ。072.gif




f0308721_20293266.jpg
ロープウェイ山頂駅から約1時間で雨池峠に着く。

雨池峠は雨池山(北)、縞枯山(南)、雨池方面(東)、ロープウェイ駅(西)への交差点である。




f0308721_20303296.jpg
雨池方面に進むとトレイルは急な下り坂になり、大きな石が出てきて歩きづらい。周辺は深い針葉樹林帯であるが、所々から遠くの紅葉が垣間見れる。 072.gif




f0308721_20305454.jpg
雨池峠から30分も下ると、突然、大石川林道/大河原峠線に合流する。 この林道は現在、ここから双子池までの間(北方面)は落石により危険なため立入禁止となっている。 034.gif

 


f0308721_20311311.jpg
林道を右に折れ、車道のような広い林道をしばらく南に行く。072.gif 071.gif




f0308721_20315579.jpg
林道脇にはクマザサが生茂り、白樺やカエデなどの紅葉が見られる。072.gif




f0308721_20323184.jpg
林道を30分も南に行くと、雨池への標識(迂回登山道)があるので、標識に従ってカラマツなどの針葉樹の森の中を進んでいく。

5分程進むと木立の向うに雨池が見えてくる。




f0308721_2033963.jpg
トレイルは雨池の西岸に飛び出る。針葉樹の森からいきなり湖畔の色とりどりの景色が飛び込んできて、思わず歓声を上げてしまうだろう。って、実際に歓声を上げたのは私だけ?041.gif




f0308721_20333449.jpg
池の北側には水位がある。 057.gif




f0308721_2034031.jpg
池の南側の水は枯れ上がり、湖面は緑の草で覆われている。渇水時と雪解け、梅雨時季とでは池の水位が大きく異なるのがこの池の特徴だ。雨が少ない年は池全体が枯れてしまうらしい。 005.gif 058.gif




f0308721_20345499.jpg
湖畔をズームしてみれば、赤や黄色の紅葉がいっぱいだ。 072.gif




f0308721_2036943.jpg
素晴らしい景色を堪能しながら、湖畔でゆっくりランチタイム。 063.gif こんな贅沢なランチはないね。 043.gif 045.gif
水位の少ない今の時季は、雨池の岸辺(南岸)を歩いて麦草峠への分岐に向かうことができる。岸辺には大きな岩がゴロゴロしている。 005.gif




f0308721_20364323.jpg
雨池南岸で池と離れて、南に向かう。 071.gif なお、湖畔周遊コース(1,4km)もあるので時間が有れば一周してみるのも良いだろう。 049.gif




f0308721_20381759.jpg
雨池南岸から最後の湖畔の景色を楽しむ。 072.gif




f0308721_20383167.jpg
池の西側には茶臼、縞枯山が見える。 072.gif

 


f0308721_20385344.jpg
雨池に別れを告げて木道のある湿地帯を進む。木道の入口にも見事な紅葉が。ナナカマドかな? 072.gif




f0308721_203913100.jpg
笹原の中に敷かれた木道を10分も歩けば、再び大石川林道/大河原峠線(麦草峠への分岐)に合流する。

林道を左(南)に行けば麦草峠に至る。

私たちはロープウェイ駅に戻るので右(北)に進み、往路である雨池峠に戻る。071.gif




f0308721_20402544.jpg
雨池峠からロープウェイ駅に戻る途中で、坪庭自然園に立ち寄った。坪庭は横岳と縞枯山の鞍部に広がる約10万坪の溶岩台地だ。遊歩道は1周約1kmで30分もあれば廻れるだろう。




f0308721_20404326.jpg
夏は多くの高山植物が咲き誇る。秋は花は無いが、溶岩台地に生えたハイマツやコメツガなどの常緑針葉樹とのコントラストが楽しめる。 072.gif
晴れていれば眼前に横岳が見えるのだが、この日は残念ながら霧が濃くて見えなかった。 002.gif



f0308721_334350.jpg

麦草峠に駐車できなかった我々は、このハイキングの帰りに麦草峠に戻り、せめて白駒の池だけでも歩くことにした。 → “北八ヶ岳 秋の白駒の池ひと巡り   Shirakomaike in Northern Yatsugatake”


私のこのトレイルへの評価:5★(秋限定) 初級者向け

行程距離:約5km(北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅‐雨池峠‐雨池‐大石川林道麦草峠分岐‐雨池峠‐坪庭-山頂駅)

高低差:約170m 行動時間:約4時間(休憩込み)



f0308721_3343145.jpg
この情報は役にたちましたか? 下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.

にほんブログ村

にほんブログ村
by dream8sue | 2014-10-04 03:07 | 八ヶ岳エリア | Trackback | Comments(0)