タグ:Devils Canyon Trail ( 1 ) タグの人気記事

デビルの熱地獄トレイル ― Devils Canyon Trail in Angeles National Forest ―

Sunday, September 8, 2013

f0308721_1603646.jpg
久しぶりAngeles National Forest方面にハイキングに行く。
Devil's Canyon Trailは、往復7マイル、高低差1500フィート、3.5時間、Moderateのコース。

このエリアは少し内陸に位置していて、標高もさほど高くはないので夏は凄く暑い。
わかってはいたのだが、帰りに同じエリアのHermit Fallsによって水遊ぶでもして帰ればよいかと思い、安易に出かけてしまった。

これらのトレイルは入山口が山腹の高いところから始まり、谷底に下っていくルートだ。
まさに行きはよいよい帰りは怖いだ。


f0308721_161949.jpg
谷底までは樹林帯の中を行くので日差しを和らげてくれる。行きは1500フィートを一気に降りる。


f0308721_1613457.jpg
谷間の渓谷沿いには南カルフォルニア特有の植物が見られる。


f0308721_1615290.jpg
目的地のTrail Campground(簡易なキャンプ場)で昨夜から泊まっていたというバックパッカー(ハイカーより重装備の登山者のこと)としばし雑談をしながのランチタイムを楽しんだ。


f0308721_1621748.jpg
さて、登りは来た路なのに、こんなに長かったかと思いながら、まさにデビルの熱地獄に耐えながらの登行になった。

ハイキングと登山の違いは何か?
ハイキングを始めてわかったことだが、ハイキングのほうが登山よりも季節やお天気を選ばなくてはいけないということだ。
もちろん登山でも天候や時期は大切だか、登山はピークに立つ(またはルートを完登する)という大義名分ともいえる目的がはっきりしているので、例えお天気が悪い中を登ったとしてもピークに立つこと自体で登山者の要求は満たされる。生粋のクライマーにいたっては安全に誰でも登れる夏山よりも、厳しさがます冬山のほうが彼らの優越感は刺激されたりする。
一方、ハイキングは目的地はあるにはあるが、そこに至るまでのプロセスも含めて総合的に評価される。プロセスの中のさまざまなファクター(動植物の形態、地層や地理的面白さ、もちろん景色も含めて)が実は大変重要なのである。だからそのトレイルの適切な季節や天候や気温などを見極めなくてはいけないのだ。
別の言い方をすれば、登山が個人の力を試す内面的な要素が強いとするなら、ハイキングは自然界がもたらす条件をいかにうまく察知して遊ぶかという、外的要素が強いということだ。
つまり何が言いたいかというと、夏にDevil's Canyon Trailに行っては行けない!ということだ。。(x_x)
ルート自体は面白いトレイルだと思う。ガイド本では4★ルートとしてお薦めグレードがついている。が、今回の私の評価は3★だ。
今度は渓谷に水が流れている早春に行ってみたい。きっとはるかに素晴らしい充実感に浸れるのではないだろうか。。


↓ 応援クリックお願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
by dream8sue | 2013-09-08 09:02 | Los Angeles area | Trackback | Comments(0)