富津市 鋸山南壁でクライミング     Rock Climbing at Nokogiri-South face in Futtsu, Chiba

Friday, December 15, 2017
f0308721_19143942.jpg
寒いのが苦手な私は、冬になると極端に運動量が減る。
何とか温かな場所でハイキングやクライミングができないものかと頭を悩ませる時期である。
定番の伊豆のクライミングとも思ったのだが、今回は南房総のローカルクライマーご用達の岩場、鋸山南壁に行ってきた。



f0308721_19144456.jpg
ここは有料道路(1000円/ 16:30でゲートが閉まる)からしかアクセスできない私有地で、
黙認ということで使わせてもらっているらしいので、極めてプライベートなゲレンデである。

よって、アクセスの詳細は控えることにする。
間違っても、料金所のおじさんに “岩場はどこですか?” なんて尋ねないでね。
O(*≧д≦)oナイショヨ!!  

写真は、有料道路(車のみ通行可で、バイクも歩行者も不可)の途中から見た南壁。



f0308721_19145012.jpg
有料道路の路肩パーキングエリアから5分で岩場に到着。
石切り場跡の広~い敷地からは、広~い太平洋が見える。



f0308721_19145507.jpg
オーシャンビューが素敵!   ヾ(o≧∀≦o)ノ゙♪♪♪
海無し県民は海を見ただけでテンションが高くなる。 102.png



f0308721_19150174.jpg
南壁は、石切り場跡の岩場で、岩質は砂岩なので、クライミングはすべてトップロープで行う。
浮島ロックガーデン、林間フェイス、スミレのフェイスなどのいくつかのセクションに分かれている。



f0308721_19150683.jpg
こちらは、崩壊でクライミング禁止のエリア。



f0308721_19151243.jpg
フラワーロックガーデンは高さがあり、看板ルートの “フラワーライン 12b” は35mもあるクラック。
ォォォオオ(・д・oノ)ノ!! 

当然、こんな大物には触ることなく、下から口を開けて見上げただけ。 105.png



f0308721_19151722.jpg
新参者は、まずこちらのスミレのフェイスから。
フェイスの右側から回り込んで、フィックスロープのかかる易しい岩場を登ればトップロープをセットできる。

右端の “大房岬 5.6” は人口の穴が掘ってあるので、インドアクライミング感覚で登れる。
中央フレークを使う、 “ハルナ 5.7”  などで砂岩の様子をうかがう。



f0308721_19262263.jpg
スミレのフェイスと左の林間フェイスを分けるカンテは、 “ギャングエイジ 10a” で中間部の処理が難しい。



f0308721_19202574.jpg
カンテのすぐ左の湿ったコーナーは、 “宇宙の旅 5.8” だが、上部のダブルクラックに行くまでが難しい。



f0308721_19203069.jpg
そして、林間フェイスの左のコーナーが、 “海辺のパラダイス 5.10b” である。
見栄えもするし、名前もラブリーだが、一番砂っぽくて目に砂が入ったりして不快だった。
中間部に掘ってある穴の位置が微妙で、ムーブが分からなかった。

これが砂岩ではなく、花崗岩だったらな~と思ってしまう。
足元には小さな花が咲き、午後からはスミレのフェイスにも陽があたり、暖かくクライミングができた。 174.png

最後に、この岩場をボランティアで整備してくださっている のこぎりクラブの地元クライマーの方々に感謝いたします。

この岩場の使用に関しては、いくつかの注意事項があるので、興味のある方は下段のコメント欄に連絡ください。
折り返し のこぎりクラブの連絡先をお知らせします。


f0308721_19203713.jpg
下の “登山” をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the banner below, so that your access can be counted.

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村
by dream8sue | 2017-12-15 19:09 | Rock Climbing | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hikingbird.exblog.jp/tb/28884235
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 奥武蔵の岩場訪問 飯能市平戸の... 南房総市 富山の西尾根から伊予... >>