奥武蔵の岩場訪問 飯能市の阿寺の岩場     Rock Climbing at Adera in Hannō, Saitama

Sunday, December 24, 2017
f0308721_00064502.jpg
前日に埼玉県飯能市東吾野の平戸の岩場を訪ねた私たちは、同じ東吾野にある阿寺の岩場にも寄ってみた。
平戸の岩場と同様、地元の大野文雄氏によって開拓、管理されているプライベートロックである。
よって、一般公開(2013年公開)されてはいるものの、使用に際しては細かな利用規定があるので、よく確認して使わせていただこう。



f0308721_00065292.jpg
<マイカーの場合>
埼玉県飯能市から国道299号で秩父方面へ向かう。
西武池袋線の東吾野駅近くの信号 “医療介護センター” を過ぎ、200m先の自動販売機のある三叉路を右折する。
すぐに左カーブして川に沿って上流へ3kmほど走れば、大きく右カーブする所に簡易トイレと“阿寺の岩場”の標識がある。
標識の前に10台くらい駐車可能なパーキングスペースがある。(500円/1日)

<公共交通の場合>
西武池袋線の東吾野駅下車。
東吾野駅から同上のルートを緩やかな登りで3kmくらい、1時間弱ほどの歩きとなる。



f0308721_00065844.jpg
標識から砂利道の林道を5分ほど歩けば左手に阿寺の岩場が見えてくる。
左の脇道を降れば岩場の基部に着く。
また、パーキング下の簡易トイレから沢を渡って、樹林帯を登っても行ける。



f0308721_00070425.jpg
よく整備された岩場は、ピクニックテーブルもあり、まさにゲレンデという雰囲気造りがされている。
掲示板には、岩場の利用規定や使用料の支払い方法なども書いてあるので、初めての人は必ず目を通しておこう。

阿寺の岩場は、高さ30m、幅50mくらいで、5.7~5.9の易しいグレードのルートが多いので、入門者や初級者の練習に最適である。
また、脆い岩も多く、 “ヘルメット着用義務” がルールとなっている。



f0308721_00071040.jpg
左端にある “どんこちゃんスラブ” には、
“登ってみんしゃい右 5.8” と “登ってみんしゃい左 5.7” の2本のルートがある。
傾斜はゆるいが、鏡のようにみがかれたスラブは大変滑り易い。  144.png



f0308721_00071650.jpg
壁のほぼ中央にある “大野カンテ 5.6” は高さもあり入門にはお手頃のルートだ。
大野カンテを境にして、左面の様子。



f0308721_00072152.jpg
右面は、 “フェイスメーカー 10b/c” などのある垂壁と、
“エビフライエフェクト 5.9” などのハングしたフェイスからなる。



f0308721_00072836.jpg
右面の垂壁と、ハング帯を分ける “北山カンテ 5.9” は、私的にはこのエリアでの一番のお勧めルートだ。 165.png



f0308721_00101078.jpg
岩場の右端に沢が流れているので、水場には困らない。が、その反面、
地面が濡れていたり、下部の岩からも染み出しがあるのでロープが濡れないように気を使わなくてはならない。



f0308721_00101646.jpg
また、メインの岩場の他にも、簡易トイレの対岸にも小さな岩場がある。

2日続けて阿寺の岩場で遊んだが、とりわけ日曜日の混雑には閉口した。 140.png
奥武蔵には、その混雑ぶりで悪名高き日和田山の女岩&男岩があるが、
早くも、阿寺の岩場も同類の激混み岩場となるのだろうか。

また、初級者が多いせいか、見ていてハラハラするような危険なロープワークも見られた。 153.png
しっかりしたリーダー、経験者の同行が求められる。 

f0308721_00102210.jpg
下の “登山” をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the banner below, so that your access can be counted.

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村

by dream8sue | 2017-12-24 23:59 | Rock Climbing | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hikingbird.exblog.jp/tb/29009757
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 群馬の駅からハイク vol.1... 奥武蔵の岩場訪問 飯能市平戸の... >>