湯河原町 湯河原幕岩でクライミング     Rock Climbing at Makuiwa in Yugawara, Kanagawa

Wednesday, January 3, 2018
f0308721_22054960.jpg
伊豆の湯河原幕岩は、冬に訪れたい暖かな岩場として関東近郊のクライマーに人気が高い。
しかし、意外と冷たい風が吹くことも多いので防寒対策を怠ってはいけない。  116.png

湯河原幕岩には多くのエリアがあるが、立入禁止のエリアもあるので気をつけたい。
幕岩を訪れるのは数十年ぶりという私であるが、昔は登られていたエリアが、現在は登攀禁止になっていたりして、時の流れを感じるな~。 105.png



f0308721_22055970.jpg
<公共交通の場合>
JR東海道線湯河原駅より幕山公園行きのバスで約15分(260円/片道)
幕岩公園行きのバスは本数が少ないので時間確認が必要。
また、湯河原駅より鍛冶屋行きバス(本数も多い)で “森下公園前” バス停で下車、幕山公園まで徒歩約25分。
梅祭りの期間中は幕山公園まで臨時直通バスもあるのでチェックする価値あり。

<マイカーの場合>
車では、真鶴道路から国道135号に出てすぐの吉浜交差点を右折。
道なりに進み東海道線と新幹線のガードをくぐった先の交差点を幕山公園方面へ。



f0308721_22060867.jpg
幕山公園には4000本のウメの木が植えられていて2月~3月は梅祭りで賑わう。
梅はまだ咲いていないが、スイセンやツバキの花が咲いていて気持ちがホッコリする。  178.png
また、足元の枯れ草の中をよく見ればスミレが咲いていたりして、やはり暖かいエリアだと感じる。 110.png



f0308721_22061636.jpg
たくさんあるエリアの中で、特に人気が高いのは幕山の東側に位置する茅ヶ崎ロックである。
その茅ヶ崎ロックは、さらに桃源郷、希望峰と言った岩峰や岩塔のセクションに分かれている。
週末ともなると人気の高いセクションには人だかりができ、人気ルートは常に順番待ちとなる。 140.png



f0308721_22063436.jpg
そのひとつが、桃源郷である。 
その中の、 “ダイアモンドヘッド 5.11c” (左)と “ダイアモンドヒップ 5.11a” (右)は★★の人気ルートだ。

同行者はダイアモンドヒップをオンサイトしたが、そんな高グレードには触ることもできない私・・でも大丈夫!
ダイアモンドヒップの右壁には “シルクロード 5.7” とか “いんちきするな 5.8” などのイージーなルートもある。
幕岩には短いルートが多く、傾斜もないので気軽に取り付けることも人気の理由だろう。



f0308721_22064734.jpg
せっかくだから、いくつかのセクションをハシゴしてみた。
こちらは、桃源郷の上部に位置するアリババの岩場である。



f0308721_22065678.jpg
岩場の名前になっている “アリババ 5.10b” に果敢にトライする同行者。 166.png



f0308721_22071235.jpg
アリババの岩場の右横に位置するシンデレラフェイス。
“シンデレラ 5.7” は長いフェイスを登る★★ルートで、楽しい。 169.png 



f0308721_22105368.jpg
そして、シンデレラフェイスからさらに右上段へフィックスロープを使って登り上げた所が、ガリバーの岩場。



f0308721_22110112.jpg
とりあえず1本登っておこう。
左端の “あかずきんちゃん 5.9” を登る。

陽射しがあればポカポカであるが、陽が陰ると急に冷え込む。
湯河原駅行きの最終バス16:10に乗るために15:30には撤収したが、冷えてくるので調度よい感じだ。
東面なので、午前中の早い時間から登り、午後は早めに切り上げる方が良いかもしれない。 165.png


f0308721_22110891.jpg
下の “登山” をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the banner below, so that your access can be counted.

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村

by dream8sue | 2018-01-03 22:00 | Rock Climbing | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hikingbird.exblog.jp/tb/29163384
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 箱根 金太郎の里から登る金時山... 群馬の駅からハイク vol.1... >>