沖縄の旅 Day2 世界遺産の今帰仁城跡と備瀬のフクギ並木道     Solo Trip in Okinawa Mainland

Friday February 16, 2018
f0308721_18093260.jpg
昔ながらの沖縄の風景が残る 伊是名島 (前項参照)から、沖縄の本部半島にある運天港に着いたのが午前10時。
この日は、沖縄本島の西にコブのように飛び出た本部半島を遊びつくす予定だ。

まずは、運天港から国道505号線を西に30分程走り、
世界遺産に登録されている 今帰仁城跡(なきじんじょう) へ向かう。

正確には、世界遺産に登録されたのは、 “琉球王国のグスク及び関連遺産群” としての9つの遺跡で、
今帰仁城はその中のひとつということだ。
単体での評価ではなく、9つの遺跡全体が琉球の歴史と文化を物語っているという見解である。 

今帰仁城跡を案内してくれたガイドいわく、何百年も続く祈りの儀式などが残る、
“沖縄の精神文化” が評価されたものである。・・そうだ。

ちなみに、その他8つの遺跡は、首里城跡、座喜味城跡、勝連城跡、中城城跡、
園日屋武御嶽石門、玉陵、識名園、斎場御嶽である。

私には、そのすべてを見てまわる時間は無いので、
旅の最終日までに首里城跡と中城城跡、斎場御嶽を見ることにした。


世界遺産 今帰仁城跡の公式サイトは下記リンク参照のこと

f0308721_18094019.jpg
今帰仁城は広い。 城としては世界最大級らしい。

パーキングのビルで入場券(400円/大人)を買い、本門の前で提示しないと本門から先へは入れない。
本門の裏側にある2つの小部屋は、当時の入城者を見張る監視部屋。



f0308721_18094677.jpg
本門から城の中心部へと向かう階段は戦後に造られたものだが、右横に旧道もある。
階段の両サイドには桜並木があり、開花もドンピシャで、予期せぬ嬉しいお花見ができちゃった。 169.png

この桜はカンヒザクラという品種で、ソメイヨシノよりも花の色が濃い。 179.png
沖縄で桜といえば、このカンヒザクラのことらしい。 知らなかった! 116.png



f0308721_18095401.jpg
途中の大庭には “カラウカー” という常に水をたたえている場所(泉?)がある。
当時は女官が髪を洗ったり、水占い?などをした場所らしい。

水のある場所は緑も多い。
花は終わっていたが、ツワブキの群落に癒される。 179.png



f0308721_18100444.jpg
主郭には、火之神の祠や発掘の出土品の石標などがある。

裏門側の城壁から谷間をのぞく。
今帰仁城に井戸はなく、おそらくこの谷から水を上げていたようだ。
だったら、この川に毒を流せば一発で城は落とせるじゃん! 106.png 



f0308721_18101253.jpg
城壁をよく見ると、波を打ったような造りになっている。
これは、城壁の突起部分に待機して、両サイドから攻めてくる敵を撃つことができる造りなのだ。



f0308721_18101854.jpg
城内(と言っても石垣しか残っていないが・・笑)の見学を終え本門の外に出て、下から城壁を見上げる。
上からの眺めも良かったが、下から見上げる城壁には圧倒されるものがある。 146.png

建築技術の未熟な時代に、よくぞここまで高い城壁を作ったものだ。
自然石をそのまま積み上げる野面積み(のづらづみ)という方法で、最も古い年代の石垣工法らしい。


なお、敷地内には今帰仁村歴史文化センターが併設されている。
入場券は共通料金となっているので、時間があれば是非立ち寄ることをお勧めする。



f0308721_18102208.jpg
さて、今帰仁城跡の見学が終わったら、ランチ休憩を兼ねて本部町にある 備瀬のフクギ並木道 へ行こう。

私は、前日に行った伊是名島の集落でフクギ並木を初めて見た。

葉が肉厚なフクギの木は、防風林の役割と共に、防火林としても適している。
さらに、海に面した集落では潮害から家屋を守るのにも役だっている。

何よりフクギ(福木)という幸せそうな名前がいいね~。 102.png



f0308721_18102843.jpg
国道505号線から県道114号に入って、本部半島の北端を目指せば、
そこがフクギ並木道で有名な本部町備瀬の集落である。

メインロードは、狭いが普通に車が通りぬけている生活道路である。
そんな中を、歩く速度よりも遅い水牛車が観光に一役かっている。



f0308721_18103356.jpg
フクギの並木は、車の入らない路地の方が美しいので、ぜひ、路地に入って見たほうが良い。

メインロードには、カフェや食堂もあり、週末ともなるとたくさんの観光客で賑わっている。
ここの住人たちは、観光客に自宅の庭先を歩かれて、いい迷惑かもね~ 105.png



f0308721_18104056.jpg
フクギ並木の路地をぬけて海岸沿いの歩道へ出ると、海を隔てて伊江島が見える。

その伊江島に切立った山が見える・・城山である。
このシェイプは一度みたら忘れられないね。 
It’s so cool !!!!!


さて、お次は、沖縄観光では必ず立ち寄りスポットとなる沖縄美ら海水族館へGO!  

f0308721_18104595.jpg
下の “登山” をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the banner below, so that your access can be counted.

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村

by dream8sue | 2018-02-16 18:03 | 沖縄県エリア | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hikingbird.exblog.jp/tb/29619744
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 沖縄の旅 Day2 美ら海水族... 沖縄の旅 Day1 サイクリン... >>