沖縄の旅 Day3 大石林山で石灰岩の奇岩を見てガジュマルの森を歩く     Solo Trip in Okinawa Mainland

Saturday February 17, 2018
f0308721_23113612.jpg
沖縄の旅3日目は、やんばる国立公園の大自然を感じるべく、
西海岸から最北端の辺戸岬、そして、東海岸へと沖縄北部を一周する旅である。

メインは、石灰岩の巨岩、奇岩とガジュマルの木の織りなす庭園のような 大石林山 の散策。

大石林山(だいせきりんざん)は、2億年前の石灰岩が長い歳月をかけて雨水などに浸食された岩山。
そんな地形に、ガジュマルなどの亜熱帯植物が自生しているユニークな場所だ。

大石林山の公式サイトは下記リンク参照のこと

先に訪れた 比地大滝(前項参照)への道と国道58号が交わるポイントに “道の駅ゆいゆい国頭” がある。
ここには、やんばる国立公園を網羅するやんばる3村の観光案内所がある。

西海岸の大石林山、辺戸岬(へどみさき)あたりは有名だが、
もし、米軍基地が占める東海岸へ行くなら情報が少ないので確認することを強くお勧めする。

私は確認を怠ってしまって、東海岸にあるタナガーグムイ植物群のエリアが立入禁止になっていたことを知らず焦った。 



f0308721_22290606.jpg
“道の駅ゆいゆい国頭” から大石林山へは、国道58号を北上すること約30分。
東シナ海の海岸沿いを走る国道は爽快そのもの。
やがて、前方に大石林山のある安須杜(あしむい)の4峰が見えてくる。

私はナビ任せで走ったら国道から “茅打ちバンタ” という展望台経由の旧道に入ってしまった。 105.png
まあ、それはそれで展望が見れたので良かったが・・・  
国道58号をもっと辺戸岬方面へ走り、国頭村立北国小学校(沖縄県国頭郡国頭村宜名真535)の北側の道路に曲がった方が楽である。



f0308721_22291147.jpg
大石林山のパーキングにある受付で入園料(820円/大人)を払い、
10分ほどシャトルバス(無料)に乗り、山頂付近にある精気小屋(Caféや公衆トイレのある休憩所)まで行く。

シャトルバスを降りたとたんに、岩山を見渡せるロケーションに感動! 146.png

散策コースは4つ。
①巨岩・石林 コース(1.0km・約35分)
②美ら海展望台コース(0.7km・約30分)
③バリアフリーコース(0.6km・約20分)
④亜熱帯自然林コース(1.0km・約30分)

時間や体調に合わせて歩けるようになっている。
私? もちろん全コース歩くよ。 Here I go!  110.png
全コースを歩く場合は1~4の順番で歩けば時間ロスなく接続している。  



f0308721_22291601.jpg
まずは、①巨岩・石林コースへ入る。
亜熱帯の森の中に、こんな石灰岩のボルダーがいっぱい、
いや、石灰岩の荒野が亜熱帯の森になったのか? う~ん、なかなかユニークな場所だ。



f0308721_22292191.jpg
奇岩や巨岩の前には、それらを “ダルマ岩” “キノコ岩” などと、色々な形に見立てた看板が置かれている。

これは “巨人のこしかけ” ということなので、巨人になったつもりで座ってみようと試みたが、
針のように尖った石灰岩がいっぱいあって、とても座れたものではなかった。 106.png 105.png



f0308721_22292635.jpg
見応えのある石群があちこちにある。 146.png



f0308721_22293183.jpg
f0308721_22293694.jpg
足場の悪いところには、立派な木道が敷かれているので快適に歩ける。



f0308721_22331758.jpg
ガジュマル(熱帯地方に分布する常緑高木)と石灰岩が創るトンネルをくぐれば・・



f0308721_22332269.jpg
その先には “悟空岩” と命名されたカルストタワー(急速な溶食や浸食で出来たタワー状の石灰岩台地)がある。
ここから反時計廻りで、②美ら海展望台コースへ進む。



f0308721_22332877.jpg
おや、下を向いた恐竜がいる! 分かるかな?  101.png



f0308721_22333215.jpg
石林の壁の前には、日本人の大好きな、神のエネルギーが宿ったパワーストーン。・・って、ただのカルシウムの石じゃん。 106.png
私は科学しか信じないつまらない人間ですが、何か?  114.png



f0308721_22333869.jpg
この石門を3回くぐると新しく生まれ変われるという “輪廻 生まれ変わりの岩”
だから~、科学しか信じないって言ってるじゃん! 129.png

でも、もし生まれ変われるものならば、もう一度人生をやり直してみたいな~
今度は絶対に男に生まれて、世界制覇だな!  106.png



f0308721_22334530.jpg
f0308721_22335197.jpg
美ら海展望台からは、沖縄本島最北端の辺戸岬や大海原が望める。



f0308721_22335792.jpg
Oh~! 浸食の模様が美しい石灰岩。 177.png



f0308721_22381851.jpg
この岩のどこかにエイリアンが潜んでいる! どこか分かる?



f0308721_22382763.jpg
キャー! このエイリアン、怖い・・きっと地球侵略を企てる悪いエイリアンだな! 149.png



f0308721_22384241.jpg
展望台コースを降りきった所から③バリアフリーコースとなり、一際広い木道となる。



f0308721_22383359.jpg
休憩舎の下のドリーネという窪地には “鏡池” がある。 
バックのやんばる(山原)に巨岩コースがあるが、一見では分からない。
やはり、森の中を歩いてみないと見えない景色があるね。



f0308721_22384977.jpg
Wow! 見事なカルストタワーだ。 147.png 



f0308721_22385582.jpg
バリアフリーロード。 600mしかないのが残念。



f0308721_22390442.jpg
パパイアの実



f0308721_22455246.jpg
この花は、キンチョウというマダガスカル原産の花らしい。
マダガスカルって何処だっけ・・って、調べてみたら、アフリカ大陸の沖にある、日本よい大きな島じゃん! 105.png



f0308721_22473494.jpg
さて、①~③までのコースを一気に歩いて、精気小屋へ戻った。 181.png
しばし休憩した後は、④亜熱帯自然林コースを歩く。
亜熱帯自然林コースを行けば、シャトルバスを使わずに山を降ってパーキングまで戻ることができる。

このコースは、他のコースとは一味違っている。
石灰岩よりも、見上げるほど高いソテツや、巨大ガジュマルなどの亜熱帯の木々に圧倒される。



f0308721_22474274.jpg
Oh! いきなりソテツの群落がお目見えだ。 その数なんと6万本! 146.png 177.png  



f0308721_22475251.jpg
ソテツは、恐竜時代から生えている植物で、雌雄異種の花が咲く。(写真は雌花)

経済恐慌の食料難の時代には、ソテツの実や幹を食料にしたとか。 
ただし、ソテツには毒性があるので調理法次第では命とりになることもあったらしい。 148.png



f0308721_22475868.jpg
ガジュマルロードに進むと、何本もの気根を垂らした “幸せのガジュマル” が出迎えてくれる。
そう、これって、幹ではなく根なんだね。
しかも、木根ではなく “気根” って書くのが面白い。 



f0308721_22480597.jpg
こちらは、映画ゲゲゲの鬼太郎のロケ地になった “ムカデガジュマル”
映画のゲゲゲの鬼太郎は見たことは無いが、元祖ネコ娘にそっくりな知り合いがいるよ。 104.png



f0308721_22481565.jpg
それにしても、すごい数の気根だ。 153.png
ガジュマルは、英語で Walking Tree  ともいうらしいが、これだけあれば本当に歩き出しそうだよね。 104.png



f0308721_22482121.jpg
しかも、成長した気根はアスファルトやコンクリートも突き破る威力があるらしい。
どうりで、石灰岩など簡単に呑み込んで成長している訳だ。



f0308721_22482848.jpg
あら、大きな里芋の葉? いえいえ、サトイモ科ではあるが、こちらはクワズイモという、その名の通り食用は不可。143.png

トトロが傘にしてる植物だね。 
大きなものは人間が傘にして入れるほどの葉を持つが、樹液に毒があり触るとかぶれるので、
人間は傘にはしない方がいいよ・・大丈夫なのはトトロだけ。 ( ◠‿◠ )クスクス



f0308721_22511738.jpg
きた~! ガジュマル、オンステージ! 146.png
“御願(うがん/ 願いや祈りを現す沖縄の方言)ガジュマル” と命名された一際大きなガジュマル。



f0308721_22512540.jpg
日本最大級のガジュマルで、自然の神秘に遭遇したような、異空間に迷い込んだような不思議な世界だ。 147.png
ベンチに座って何時間でもたたずんでいたい・・。 168.png



f0308721_22513184.jpg
ガジュマルの木にはキジムナーという木の精霊が宿ると言われている。
この辺りで写真を撮ると、精霊が写ることがあるらしい。 150.png

・・って、私は科学しか信じないつまらない人間ですが・・まあ、このくらいなら夢があって良いかな~
ガジュマルの木の周辺で、ガザガザと音がしたら・・それは、きっと・・・・・うり坊🐗 だね。 hahaha 106.png



f0308721_22513877.jpg
だいぶ山を下って、もうすぐパーキングの車道へ出るというあたりには、
背の高いソテツが生えていて “アガイティーダ御嶽” という石門がある。
大石林山にはたくさんの御嶽所(拝み所)があり、ここもそのひとつのようだ。


石灰岩の巨岩、奇岩も、亜熱帯自然林も素晴らしかった。  177.png 177.png 177.png
さて、お次は展望台から見えていた、辺戸岬へGO!

私のこのトレイルへの評価: 5★ 初心者、初級者向け
距離:約3.5km/ 所要時間:休憩所での休憩込で約2時間(巨岩コース‐展望台コース‐バリアフリーコース‐亜熱帯自然林コース)

f0308721_22514562.jpg
下の“登山”をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the banner below, so that your access can be counted.

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村

by dream8sue | 2018-02-17 12:12 | やんばる国立公園 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hikingbird.exblog.jp/tb/29636325
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 沖縄の旅 Day3 沖縄本島最... 沖縄の旅 Day3 喜如嘉の七... >>