沖縄の旅 Day3 沖縄本島最北端の辺戸岬と安波のサキシマスオウノキ     Solo Trip in Okinawa Mainland

Saturday February 17, 2018
f0308721_10504820.jpg
沖縄の旅3日目、やんばる国立公園の大自然を感じる旅の前半は、
西海岸の 喜如嘉の七滝 と 比地大滝 という2つの滝見物、 大石林山(前項参照)での約2時間のハイキングを終えた。

引き続き後半は、沖縄本島最北端の辺戸岬(へどみさき)から、東海岸の植物群を見に沖縄北部をドライブする。



f0308721_10505575.jpg
まずは、大石林山から車で約5分の 辺戸岬 へ向かう。
大石林山から北へ約2kmで辺戸岬の広いパーキング(公衆トイレあり)に着く。
海岸には、いくつかのモニュメントが立っている。

その中に “祖国復帰闘争碑” という聞きなれない碑がある。
沖縄が日本に復帰したのを記念して建てられた碑のようだが、ただ単に復帰を祝うものでは無い。

とても長い文章が刻まれていて、観光気分の訪問者はまず全文を読むことは無いだろう。
しかし、急ぎ旅でないなら、ぜひ読んでほしい文章だ。 165.png
その思惟は熱く、ハンマーで頭をたたかれた気になる。 そして目頭が熱くなる自分がいた。 120.png 168.png



f0308721_10511482.jpg
隆起サンゴ礁の断崖絶壁からは、大海原が見渡せる。 177.png
断崖絶壁に柵などは無いので、足元要注意だよ。 122.png



f0308721_10510161.jpg
左方向には、先日訪れた 伊是名島(下記リンク参照)や伊平屋島が見える。
北には鹿児島県の与論島が遠くに見える。 ちなみに与論島までの距離は約28km。




f0308721_10510712.jpg
こんな岩しかない荒野にも植物が・・テリハクサトベラという植物。



f0308721_10512004.jpg
岬の後(南方向)には、先ほど歩いた大石林山のある安須杜(あしむい)の4峰が午後の光の中に浮かんでいた。



f0308721_10512799.jpg
さて、本島北部の西海岸を見てきたが、観光化された場所だけでは物足りない。
そこで、あまり手垢の付いていない東海岸へ行ってみよう。
まずは、タナガーグムイの植物群落へ向かう・・・が・・・

国道58号線は、県道70号線へと変わり東海岸を南北に走っている。
左に太平洋を見ながら、ひたすら、やんばるの森の中を走る山岳ドライブは、私は好きだ。 169.png
交通量も西海岸に比べて極端に少なく、出合う車は20分に1台くらいだ。

時々、路肩に車を停めて海岸を眺めてみる。 177.png



f0308721_10513548.jpg
東海岸は地味だ。 が、風車の基部を走る風景はまるで何かのCMのようじゃん!と、一人で盛り上がる。 169.png
要するにSueは、ハンドルを握っていれば上機嫌なのだ。 o(*゚∀゚*)oワクワク! 



f0308721_11074025.jpg
おや、こんな道路標識が・・鳥が飛び出し?  (?_?)  
そう、これが飛べない鳥、ヤンバルクイナ のことなのだ。 146.png

ヤンバルクイナは、やんばるの固有種で天敵がいなかった昔は飛ぶ必要が無かったので、地面を走りまわって餌をとる鳥になった。 
しかし、その後、人間が持ち込んだマングースやネコなどの天敵が現れ、飛べないので簡単に餌食になってしまった。 145.png
しかも、現在では交通事故で車にひかれるヤンバルクイナもいる。 148.png

やんばるの森の中を走るドライバーの皆さん、ケガや死んでいるクイナがいたら
環境省の野生生物保護センター(0980-50-1025)まで電話してくださいね。 

また、道路を歩いている鳥がいたら、それは飛べない鳥ヤンバルクイナかもしれないので、
自然に優しいドライビングをしてね。 (^_-)-☆



f0308721_11074677.jpg
絶滅危惧鳥なので、野生のヤンバルクイナに出合うことは難しい。
しかし、普久川ダムの手前で県道70号線から左に入った所に、 ヤンバルクイナ生態展示学習施設(下記リンク参照)と言うのがある。
生きたヤンバルクイナを一般公開している唯一の施設なので、興味がある人は立ち寄ると良い。

私は寄らなかったが、道の駅でヤンバルクイナの はく製は見たよ。 102.png
確かに、身体の大きさの割には羽の部分が少ないね~。 



f0308721_11075134.jpg
さて、そうこうしている間に、国頭村安波にある タナガーグムイ植物群落 のはずなのだが・・・

通称タナガーグムイは、、タナガーが“テナガエビ”のことで、グムイは“淀み”のこと。
テナガエビが多く生息している淵ということで、この名がついたらしい。



f0308721_11075716.jpg
しかし、ここを見つけるのは難しい。
何故ならば、以前あった道路標識や案内板が昨年から撤去させているからだ。

入り口が分からず、国道70号線を安波集落まで行ってしまい、Uターンして、それらしい林道を見つけたが・・
OMG! 149.png   入口はクサリで閉ざされ、管理者(沖縄防衛局)による立入禁止の案内が貼られていた。

この周辺の植物群落は国の天然記念物に指定されていて、当初は積極的に案内していたが、
過去に何度も死亡事故があり、ついに昨年(2017年5月)起きた米軍女性兵士の事故を機に立入が禁止されたようだ。 137.png

まあ、行くのも死ぬのも自己責任なのであるが、日本人はことさらに行政に責任を求める傾向が強い。
だから行政や自治体としては立入禁止にせざるを得なくなるわけだ。

山登りと一緒だね。 観光地?という意味では、山登り以上に危機管理の無い一般人相手だから致しかたないのだろう。
まして、管理者が防衛省となると、立ち入った場合は、刑事特別法違反(1年以下の懲役または罰金)になるのかな~? 149.png



f0308721_11081245.jpg
ということで、タナガームグイは諦めて、安波集落にある 安波のサキシマスオウノキ へGO!

安波のサキシマスオウノキは、安波川河口に群生している常緑高木で、
板根(板のような根)を発達させる木として有名らしい。 知らなかった!



f0308721_11082041.jpg
曲がりくねった板根が凄い! 初めて見た!  150.png



f0308721_11082713.jpg
板根は、ものによっては高さが2mくらいになる例もあるらしい。
ここにも1m以上ある板根をもつ木がある。



f0308721_11083369.jpg
おや、まあ~! こんな所に栗饅頭がいっぱい! 111.png
いえいえ、確かに栗饅頭くらいの大きさはあるが、これがサキシマスオウノキの実。
中身が入っていないのか?と思われるくらい軽く、海水にのって分散する。



f0308721_11083982.png
さて、時間も押してきたので、東海岸をそのまま南下して名護市方面へ向かう。
その道中、やんばる3村のひとつ東村を通過する際に奇妙な光景?を見た。

上の地図はやんばる国立公園の区域図で、ブルーが海域、グリーンが陸域である。
そして、グレーの部分は北部訓練場(アメリカ海兵隊基地)で、沖縄県における最大の軍事演習場である。
東村の北側はその北部訓練場が占めている。
やんばるの森の中で戦闘訓練してるんだね~

私が、北部訓練場の横を県道70号で南下していると、
おそらく基地反対派が集結していると思われる小さな小屋が県道沿いにあり、
その小屋の前に、県道を挟んで10人くらいの警官?機動隊員?が直立していた。

初めて見る光景に、何事が起っているのが全く分からず、交通違反でも取り締まっているのかと思ったくらいだ。
でも、寂しいくらいに交通量の少ない県道でそれは無いだろうと思いながら減速して走った。 139.png

そして、これが沖縄の基地問題だと気づいた時は、観光気分など一瞬にして吹っ飛んだ。
海が綺麗だ、森が綺麗だと浮かれていた自分が、ここに至って、
いかに平和ボケしたノー天気野郎だったかと気づき恥ずかしくなった。

沖縄が日米安保のために過度の基地負担を背負わされていて、それに伴う事故や事件も多発していることは知っていた。
しかし、それは情報として知っているだけのことで、実情は何ひとつ知ってはいないということを・・思い知った。

安保条約が日本国民の民意ならば、1県だけが負担を背負うのはおかしい。
沖縄線で日本(本土)の盾になった沖縄が、今なお基地問題で負担を強いらされているのだから、
不満の声が出るのは無理もないことだ。 133.png

反対派を見張っているのは、私同様に基地問題の痛みを知らない、警視庁などの本土の機動隊員なのだろうな~。


沖縄の旅3日目は、西海岸の滝も、大石林山も、辺戸岬の海も素晴らしかった。
でも、最後に東海岸をドライブして本当によかった。
美しい自然だけではない、琉球王国の時代から今に至るまで、常に2つの外圧に挟まれて揺れる島、それが沖縄なのだ。
そのことを知ることができた貴重なドライブだった。


f0308721_11084569.jpg
この情報は役にたちましたか? 下の“登山”をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the banner below, so that your access can be counted.

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村

by dream8sue | 2018-02-17 23:35 | やんばる国立公園 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hikingbird.exblog.jp/tb/29639541
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 沖縄の旅 Day4 万座毛と残... 沖縄の旅 Day3 大石林山で... >>