沖縄の旅 Day4 緑の渡具知ビーチと泊城公園のトゥマイグシク     Solo Trip in Okinawa Mainland

Sunday February 18, 2018
f0308721_18364798.jpg
沖縄の旅4日目は、沖縄の 海の自然 を満喫する旅として、前半は本島中北部の万座毛、アポガマ、残波岬と廻った。
後半は、本島中部、読谷村の西海岸にある渡具知(とぐち)ビーチと、トゥマイグシクという史跡のある泊城(とまりぐしく)公園へ行く。

渡具知ビーチ は、第二次世界大戦末期の沖縄戦でアメリカ軍が最初に沖縄に上陸した場所である。
一般住民を巻き込んだ悲惨な戦闘がここから始まった。 しかし、そんなことは無かったかのように海はただただ美しかった。



f0308721_18365303.jpg
渡具知ビーチと 泊城公園 は、隣接しているロケーションで、周囲には遊具のある公園やレストラン、BBQ施設などもあり、地元民に親しまれている。



f0308721_18365834.jpg
引潮の時間に訪れたので、渡具知ビーチはグリーンの浅瀬になっていた。



f0308721_18370398.jpg
浜をグリーン一色に染めているものの正体は海藻だ。 味噌汁にして食べたい! 111.png  110.png



f0308721_18370843.jpg
海岸にはいくつかの奇岩が・・・これはキノコ岩?



f0308721_18371493.jpg
f0308721_18371925.jpg
こちらの岩は、見る角度(ビーチ中央の東屋付近からみると)では、海へ向け口を開けるジンベエザメの姿に見えるジンベエ岩。



f0308721_18372570.jpg
浅瀬では釣りを楽しむ人や、浅瀬の生物と戯れる子供たちの姿がみられる。
海なし県(群馬県)から来た私も大はしゃぎ!  106.png  169.png



f0308721_18413227.jpg
浅瀬にできたサンゴの池には何やら海洋生物がいそうだね。  



f0308721_18413710.jpg
キャー!何これ? ナマコ?  キモイ!キモイ!キモイ!  149.png
見るのもおぞましい・・・決死の思いで写真を撮った。。
この手の生物はダメです! 毛虫とか、青虫とか、ナマコとか、絶対に無理!  140.png
ゴジラの天敵のモスラもNG! 私は俄然ゴジラの味方をする。
これを食べる人の気がしれない。 ヒィィ((ll゚゚Д゚゚ll))ィィ!!! 
触るのも無理なのだから、食べるなんて考えただけで失神しそう。 (*_*;



f0308721_18414251.jpg
こっちもかなりエグイが、ナマコよりはまだ凝視できる。
毒蜘蛛のタランチュラを彷彿させる生物だ。  144.png
海には毒をもった生物もたくさんいるので、良い子は海の生き物には素手で触ってはだめだよ。



f0308721_18414807.jpg
こんな美しい海岸ではあるが、遊歩道脇に無縁仏の墓など3つの墓がある。
戦争で亡くなった人の物だろうか?
墓の前に立ち、再び悲惨な歴史が繰り返されないように反戦の願いを込めて手を合わせた。



f0308721_18415437.jpg
渡具知ビーチの南側には トゥマイグシク (クマイグシクともいう)という史跡がある。

史跡前にある案内板に寄れば、先日訪れた 今帰仁城(下記リンク参照)に関わることで、
今から600年前、臣下の陰謀で城を追われた城主の子孫が、ここに逃げのび、仇討ちの機会をうかがったという伝説の場所。




f0308721_18420176.jpg
南側のアーチは、崩壊の危険があるので閉鎖させているが、右の階段から高台に登って回り込むことができる。
高台からはトゥマイグシクが見下ろせる。



f0308721_18420645.jpg
高台の先にある小さな岬から見たトゥマイグシク。



f0308721_18421233.jpg
f0308721_18450806.jpg
この小さな岬からの渡具知ビーチや東シナ海の景色が素晴らしい。 小さいけど絶景の見える穴場だ。 165.png  177.png



f0308721_18451551.jpg
高台には休憩舎もあり、周辺にはモンパノキという熱帯から亜熱帯の海岸や砂浜に生える常緑低木がみられる。



f0308721_18452151.jpg
足元にはムラサキカタバミが咲いている。 171.png
この花は、やんばるへ行く途中で寄った 大地大滝 (下記リンク参照)のトレイルでも見た。
そこのは日陰だったので花がしぼんでいたが、ここの花は開いていて綺麗だね。 171.png 172.png




f0308721_18501535.jpg
トゥマイグシクには、洞窟やトンネル状の穴が多く、昔から海に面した景勝地であった。



f0308721_18524963.jpg
トゥマイグシクの中は、清涼な空気に包まれた気持ちの良い場所だ。



f0308721_18525615.jpg
何故か壺の置かれた5mくらいの岩があり、壺の中に何が入っているのか気になったので登ってみた。
中には・・財宝が・・いや、サンゴの欠片とタバコの吸い殻があった。 129.png



f0308721_18530204.jpg
喉ぼとけを思わせるような洞窟がいっぱい。



f0308721_18530842.jpg
200人くらいビバーク可能な大きな洞窟の天井。



f0308721_18531541.jpg
洞窟からは対岸に大型リゾートホテル群が見える。 
2000年の沖縄サミットの時は、世界の首脳や要人が読谷村のホテルに滞在したらしい。


さて、滝縄の旅4日目は主に海の自然を堪能したが、ここまで来たら海に入らない方はない!
と言うことで、翌日は真栄田岬の青の洞窟でマーメイドになっちゃうぞ~!  110.png 


f0308721_18532661.jpg

下の “登山” をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the banner below, so that your access can be counted.

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村

by dream8sue | 2018-02-18 23:30 | 沖縄県エリア | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hikingbird.exblog.jp/tb/29655934
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 沖縄の旅 Day5 青の洞窟で... 沖縄の旅 Day4 万座毛と残... >>