群馬の駅からハイク vol.14:東吾妻町 観音山でマインを探検して童心にかえる     Mount Kannon in Higashiagatuma, Gunma

Tuesday, April 10, 2018
f0308721_21015260.jpg
今年2018年になって3度目の 群馬の駅からハイク は、群馬県東吾妻町にある岩櫃山のお隣の観音山。
2014年の秋に岩櫃山を歩き、その時に観音山の存在を知った。

岩櫃山の人気に比べて、観音山の存在は影が薄いが、山中にはマイン跡が開放されていて、インディ・ジョーンズになって探検気分が味わえる。 ヘッドライト必携だよ。 034.gif
他にも洞穴がたくさんあるので、歩き慣れたハイカーなら自己責任の下で、廃墟のような岩場めぐりも可能。



f0308721_21015962.jpg
前回の岩櫃山ハイキング同様、ハイキングの拠点駅はJR吾妻線の群馬原町駅である。 

スタートは群馬原町駅から国道145号線にそって西へ0.5kmほど行ったこの道標から。
ここから国道の高架をくぐり不動沢川に沿って上流に進む。 070.gif 



f0308721_21020318.jpg
トレイルヘッドの観音山不動の滝までは、春の花を愛でながら里歩きを楽しむ。 070.gif 



f0308721_21020848.jpg
高架をくぐる手前の集落では、シダレザクラが満開を迎えていた。 179.png
今年のソメイヨシノの開花は早く、すでに散ってしまったが、この遅咲きのサクラに嬉しくも2度目のお花見。 169.png



f0308721_21021311.jpg
不動沢川の堰堤にも花がいっぱい。 056.gif 056.gif



f0308721_21021838.jpg
群馬原町駅から20分ほどで観音山入口の標識が現れるので、この分岐を右に行く。



f0308721_21022373.jpg
よく見れば、道路の土手にもミヤマエンレイソウ(シロバナエンレイソウ)や、カタバミ、スミレなどの花がたくさん咲いていた。 056.gif



f0308721_21022897.jpg
分岐から赤い観音橋を渡り不動沢川の左岸(川の下流を向いて左側)を行けば不動の滝のパーキングである。
パーキング周辺もサクラが満開。 179.png 179.png

オレンジ色が鮮やかなヤマブキの花に、蜂がしきりと蜜を求めていた。
やはり、芽吹きの頃のハイキングは、自然と心が弾むね。  o(*゚∀゚*)oワクワク! 



f0308721_21393620.jpg
観音山の案内板の先にあるお堂からは、不動の滝が新緑のモミジと、ヤマザクラに彩られていた。 177.png 179.png



f0308721_21394157.jpg
滝壺まで降って、しばしマイナスイオンに癒される。 101.png



f0308721_21394916.jpg
清涼感のある不動の滝の川辺には、水を好む山野草が小さな蕾を付けて群生していた。

また、不動の滝の西側にも “第3石門” などの面白い洞窟があるので寄ってみると良い。
岩櫃山の下記リンク参照。 




f0308721_21395501.jpg
不動の滝でしばし遊んだ後は、いよいよ観音山へ登ってみよう。

観音山の案内板に寄れば、観音山にはこんなにもたくさんの洞窟、洞穴があるようだ。 153.png
う~ん、期待感が高まるね。 O(*゚∀゚*)oワクワク! 



f0308721_21400765.jpg
そして、トレイルヘッドから50mも歩かないで、すぐに最初の洞穴 “胎内窟” の2つの穴がある。
右のハシゴから登って、左の穴へ降りられる。



f0308721_21401384.jpg
胎内窟の反対側には “北向観音窟” があるが、結構足場が悪い洞窟なので気をつけてね。 034.gif



f0308721_21401984.jpg
トレイルをさらに登ると “金彫穴” がある。
ここでヘッドライトを付けて坑内の探検をする。 070.gif 

ちなみに、この様な廃墟の鉱山跡を探検したのは、2013年にLA郊外の Millard Canyon(下記ブログ参照)が初めてであった。 




f0308721_21402563.jpg
生命線のようなロープが通路に沿ってセットされている。
ヘッドライトの光だけで真っ暗な坑内を歩くのは怖い! 140.png

子連れハイキングなら、きっと子供たちは “怖い!怖い!” と言って、大はしゃぎすることだろう。
お金を使って下手なアミューズメントパークに行くより、よほど楽しい。 169.png

1人探検のSueも “怖い!怖い!” を叫びながら、ドキドキしながら歩いた。
大人でも狭くて暗いところは怖いのです! 135.png



f0308721_21515124.jpg
狭いところでは、幅1m、高さ1.5mも無い。 ギャップには鉄ハシゴが掛けられている。



f0308721_21515847.jpg
やっと出口の明りが見えた! ホッ・・(;^_^ )



f0308721_21520324.jpg
トレイルに戻り、観音山のピークを目指す。
“象ヶ鼻” から東側へは入山禁止のテープが貼られているので、入る場合は自己責任であることを留意あれ。 034.gif

また、西面に伸びる迷いトレイルなどもあるので、そちらに引き込まれないように注意のこと。 034.gif



f0308721_21520973.jpg
岩場の多いトレイルを登っていくと、陽当たりのよい尾根となり、ヤマツツジが増える。 178.png
今にも咲きそうな大きな蕾の木が目立つ。 1週間もすれば観音山が赤く染まることだろう。 056.gif 



f0308721_21521607.jpg
更に登った見晴し台からは、近くに貯水池が見える。



f0308721_21522244.jpg
東側には山腹に岩峰をもち岩山が見えている。



f0308721_21523023.jpg
そして、程なく観音山の山頂に到着。 066.gif  063.gif
不動の滝から距離にして0.4kmと短いので、観音山往復なら子連れハイクでも十分可能である。



f0308721_22012462.jpg
しかし、観音山ピークにある “南大岩窟を経て登山口へ” という道標の路は、現在は荒れているので要注意である。 034.gif



f0308721_21523840.jpg
観音山山頂からは、榛名山が東吾妻町の町並みのバックに大きく見えている。



f0308721_22032845.jpg
要注意の路は、ピークの東側の尾根から急な針葉樹林帯を降り、観音山の南東側へ回り込む。
すると、右側に岩場が現れ、東西に続いている。



f0308721_22033507.jpg
最初の岩壁が “東大岩窟”である。
高さのある大岩壁の洞穴には何体もの石仏や石像が置かれている。



f0308721_22034157.jpg
東大岩窟から西へ向かうと、土砂崩れ、倒木、落石などでトレイルは消えている。 140.png



f0308721_22034767.jpg
中途半端に置かれた、石仏などの人工物がルゥイン感(ruin)を一層かもしだしている。



f0308721_22035575.jpg
旧トレイルらしき踏み跡を探しながら岩壁の基部を行くと “大日の窟” のプレートがあった。



f0308721_22040104.jpg
その岩場にひっそりと咲く、ヒカゲツツジが美しい。



f0308721_22040751.jpg
ヒカゲツツジの下に空いた洞穴が “秘密の窟” で、快適にビバークできそうな広くてフラットな洞穴である。



f0308721_22061290.jpg
さらに西へ行くと、明るい広場をもつ “南大岩窟” が横長に続いている。



f0308721_22061900.jpg
壁の上部はせり出していて、ロッククライミングで有名な二子山のようだ。 005.gif 



f0308721_22062469.jpg
ここにも壁の中段に洞穴があり石像が置かれている。



f0308721_22062976.jpg
岩のクラックに沿って根を伸ばすリョウブの木?の生命力が凄い! 005.gif 



f0308721_22063636.jpg
このような鉄橋まで設置され、かつては多少のテコ入れがされていたようだ。

現在、南東面のトレイルは崩壊がひどく、立入禁止となっていて、ほとんど歩かれていない。
行政的にメンテナンスができないのだろうが、冒険ランドのような面白いトレイルなのに、実にもったいない気がする。 039.gif 



f0308721_22064332.jpg
登りで見た “像ヶ鼻” に行き着きループトレイルが終わる。
ここから不動の滝までは往路を戻る。 

時間的には、この後、岩櫃山への継続も十分可能である。 059.gif 
私は、岩櫃山には何度か登っているし、温泉とビールの魅力に負けて小野上温泉駅で途中下車して湯につかる選択をした。 167.png
車を使わない駅からハイクは、そんな楽しみ方もできるのがいいね。 イイネ━(〃゚∀゚〃)━♪

本ルートのマップ は下記のヤマレコのリンクをクリックしてね (^_-)-☆ 

私のこのトレイルへの評価: 4★ 初級~中級者向け(観音山往復だけなら初心者でもOK)
距離:約4km/ 所要時間:休憩込で約3.5時間(群馬原町駅 10:00‐不動滝 10:30/10:50‐観音山 11:30/12:10‐不動滝 13:00‐群馬原町駅13:40)
標高差: 約170m


f0308721_22064855.jpg

下の “登山” or “ハイキング” をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the banner below, so that your access can be counted.

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへにほんブログ村

by dream8sue | 2018-04-10 20:51 | 群馬の駅からハイク | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://hikingbird.exblog.jp/tb/29727906
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pochi23 at 2018-04-18 21:12 x
知らんかった、面白いところがあるんだね。
有笠へ行ったついでに、遊びに行ってみようかな。
Commented by dream8sue at 2018-04-19 00:29
> pochi23さん
私も観音山の存在は最近まで知りませんでした。
お隣の岩櫃山とセットで楽しむハイカーが多いようです。
マイカーなら不動の滝まで入れるので、1時間くらいでマイン探検と、廃墟の洞窟巡りができますよ。
<< 安中市 妙義山 新緑の風穴尾根... 下仁田町 群馬チームで登った高... >>