上信越 志賀高原で池めぐり(大沼池~木戸池)     Mount Shiga and many lakes in Jōshin'etsu-kōgen National Park

Saturday, July 14, 2018
f0308721_09525840.jpg
志賀高原は、上信越高原国立公園のほぼ中央に位置し、2000m級の山々が連なっている。
周辺はスキー場も多く、リフトやケーブルカーを使って気軽にハイキングが楽しめる。
そんな中でも、多くの沼池や湿原を歩く “池めぐりコース” はハイカーに人気がある。


前半に歩いた、硯川トレイルヘッドから志賀山、四十八池を経由して大沼池に至るまでの様子は下記リンク参照のこと。




f0308721_09530505.jpg
さて、後半は大沼池からは大沼林道をつないで西側へ移動し長池から田ノ原湿原、木戸池までのセクションを行く。 070.gif 
約3kmの大沼林道はダート道で一般車両は通行禁止となっている。



f0308721_09531132.jpg
単調な道ではあるが、路肩の草花などを見ながら、のんびりと歩く。
ゴゼンタチバナ、イチヤクソウ、チダケサシ、ハナニガナ、ヤマハハコなどの花が次々にお目見えする。

葉が白く変色して昆虫を呼び寄せるマタタビもこの時期によく見かける。
おや、ピンクに着色している葉があるけど・・ミヤママタタビかな?



f0308721_09531709.jpg
花の多いところには蝶などの昆虫もたくさん舞っている。



f0308721_09532246.jpg
しばらく右手(北側)に横湯川の渓谷を見下ろしながら西へ向かっていたが、
林道が大きく南へ湾曲するポイントで、県道までのショートカットのトレイルが分岐する。
林道歩きよりも、はるかに楽しそうなので迷わす右の山路へ進む。 070.gif 

トレイルは、森を抜けて横湯川の支流(清水沢)に沿って西へカーブする。
支流に沿って標高を下げて行くと、左に 逆池 があるが、樹林に遮られているので、下ばかり見ていると見落してしまうだろう。



f0308721_09532838.jpg
薄日の差し込む針葉樹林の森には・・う・う・宇宙人が潜んでいる・・銀星人だな! 005.gif



f0308721_09533346.jpgf0308721_09533922.jpg
ウエットな山路には花がいっぱいだ。 056.gif  056.gif 



f0308721_09591515.jpg
そして、山路を降りきれば支流に架かる橋を渡る。
透きとおった水中に敷かれたパイプが、まるで人造人間の縫い目みたいだ。 037.gif 



f0308721_09592143.jpg
人造人間の橋から程なく県道(471号)で出る。 
池めぐりコースの長池方面へは、県道を左に曲がり “大沼池入口” バス停まで行くのだが、
右へ100mほど行った所に清水名水公園があるので寄っていこう。



f0308721_09592682.jpg
清水名水公園は、公園とは名ばかりで何もないが、志賀の源水がある。
私が休んでいる15分くらいの間にも、たくさんの人がマイカーで水を汲みに来ていた。
私も、とりあえず空の水筒はすべて満たした。

また、近くを清水沢が流れているので、涼風が火照った身体をクールダウンしてくれる。 
休憩にはもってこいの場所である。



f0308721_09593287.jpg
さて、名水をたくさん飲んだ後は、池めぐりの後半戦に取りかかろう。
まずは、県道を大沼池入口バス停まで行き、パーキングの西側(公衆トイレの右側)の薮に覆われた木道に入る。



f0308721_09594937.jpg
あたりは木漏れ日が差し込む明るい針葉樹林帯で、その中へ踏み込んでいくこの感じが好き。
この坂を登りきった先にはどんな風景がまっているのだろう・・なんて、想像しながら・・



f0308721_09595699.jpg
おや、この兎の耳みたいな蕾はツルアリドオシかしら?



f0308721_10000401.jpg
確かそろそろ長池のはずなのだが・・なぜか突然スキー場に出てしまう。
あれあれ?・・仕方なくロープ柵に導かれながらゲレンデをリフト乗場まで登る。



f0308721_10001298.jpg
リフト乗場から尾根を越えて行くと、信州大学自然教育施設の建物に行き着き、その脇に長池へのトレイルがついている。
いよいよ池めぐりセクションの始まりだ。



f0308721_10042392.jpg
長池に続く湿原はヤマドリゼンマイで埋め尽くされている。
コバギボウシや、ヒヨドリバナ、キバナノヤマオダマキ(写真)がトレイルを飾る。



f0308721_10043185.jpg
湿原の先には 長池 が、名前の通り東西に長く横たわっている。
志賀高原では3番目に大きな池なのに、流れ込む川は無く、雪解け水や雨水、地下水が溜まったものだというから驚きである。



f0308721_10043852.jpg
池畔の南側はコメツガなどの針葉樹の原生林、北側は伐採後に生えてきたダケカンバなどの2次林となっている。



f0308721_10044800.jpg
光沢のある赤?褐色?の大木が目に留まる。 クロベという木らしい。 赤だけど黒ダベ~



f0308721_10045691.jpg
長池のすぐ西側には、小さいが透明度の高い 上の小池 がある。
すご近くを国道292号が走っているので、趣に欠けるのが残念だ。



f0308721_10051031.jpg
小さな湿原を木道で渡った先には・・



f0308721_10052001.jpg
岩穴がいくつかありヒカリゴケが外光を反射してグリーンの光を放っていた。
OH~久しぶりに見た・・ヒカリゴケ!



f0308721_10052870.jpg
さらに、南の尾根を登れば、石に根を張った針葉樹の空洞にもヒカリゴケが生育していた。



f0308721_10070510.jpg
f0308721_10071360.jpg
尾根を登りきれば、酸性度が高く水中生物が少ないと言われる 三角池 がある。
魚は少ないかもしれないけれど、鑑賞するにはとても美しい池である。



f0308721_10072191.jpg
三角池の先で国道を横切り、対岸の山路を降っていくと、広大な 田ノ原湿原 に入る。



f0308721_10073028.jpg
田ノ原湿原は、標高1610mにある志賀高原の典型的な高層湿原で、長野県の天然記念物になっている。



f0308721_10074571.jpg
高山植物も多く、バイオレット色が美しいコバギボウシが花盛りだった。



f0308721_10075481.jpg
f0308721_10080860.jpg
高原の花と言えば、ニッコウキスゲを忘れてはいけないね。


ちなみに、志賀高原のピークのひとつ、東館山の山頂にある高山植物園にはニッコウキスゲの大群落があり、
ケーブルカーやリフトで気軽にアプローチできるらしいので、興味がある人は立ち寄るとよい。



f0308721_10081738.jpg
田ノ原湿原と木戸池の間の小高い丘から見た田ノ原湿原の全景。



f0308721_10105894.jpg
その小高い丘から階段状のトレイルを降れば、すぐに 木戸池 に着く。
この池は酸性度が低いので、フナ、ワカサギ、ニジマスなどが放養されている。 大きなコイも泳いでいた!



f0308721_10110748.jpg
木戸池の東側をまわって、国道に出る。



f0308721_10112483.jpgf0308721_10111571.jpg
ササに混じってクルマユリも咲いてた。  ヤナギランは、まだこれからだね。



f0308721_10113024.jpg
あて、西側の池めぐりは木戸池で終わり、後は硯川のトレイルヘッドまで戻るだけ。

本当は、ひょうたん池をまわって、始めに寄った渋池に戻りたかったのだが、
木戸池からひょうたん池までのトレイルは荒れているとの情報を得たので断念した。



f0308721_10113768.jpg
木戸池キャンプ場の水道施設の脇を通り、国道の東側を行くトレイルに入る。



f0308721_10114363.jpg
涸れ沢を渡り、国道と並行に作られたトレイルを南下する。



f0308721_10114955.jpg
ダケカンバとササ原の中を20分ほど歩けば熊の湯近くの国道に飛び出る。
後は、国道を左に5分ほど行けばスタート地点の硯川である。


東西の沼池群をつなぐ池めぐりコースは思った以上に長く、見どころも多かった。
美しい沼池にラブリーな湿原、何種類もの高山植物も満載で楽しい。
残念ながら一部、国道や県道を交差しているので人工の臭いは否めない。


本ルートのマップ は下記のヤマレコのリンクをクリックしてね (^_-)-☆ 


私のこのトレイルへの評価: 4★ 初級~中級者向け
距離:約17km/ 所要時間:休憩込で約8.5時間(硯川登山口 7:30‐渋池‐志賀山 9:00/9:20‐四十八池 10:00/10:30‐大沼池 11:10/11:35‐名水公園 13:00/13:15‐長池‐三角池‐田ノ原湿原‐木戸池‐硯川登山口 16:00)
累計高低差: 約500m

f0308721_10151098.jpg

下のバーナーをクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the banner below, so that your access can be counted.

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへにほんブログ村

by dream8sue | 2018-07-14 23:18 | 上信越高原 国立公園 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hikingbird.exblog.jp/tb/29947481
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 奥多摩 日原川水系 倉沢谷塩地... 上信越 志賀高原で池めぐり(渋... >>