尾瀬 美滝がいっぱい中ノ岐沢小渕沢     Stream Climbing in Obuchizawa, Oze National Park

Thursday, July 26, 2018
f0308721_00500563.jpg
大好きな尾瀬国立公園だが、まさか沢登りで訪れることになるとは思ってもいなかった。 

小淵沢(ニゴリ沢)は、尾瀬の東の玄関口である大清水から日光へ続く奥鬼怒林道に沿って流れる
中ノ岐沢(片品川の支流)へそそぐ沢で、源頭には尾瀬にしては静寂な小渕沢田代の湿原がある。


沢登りでは “右岸 or 左岸” という場合は、川の下流を向いて右側が右岸、左側が左岸である。 
滝の “右壁、左壁“ というような場合は、本人から見て右側あるいは左側の壁となるので混同しないように。 034.gif 




f0308721_00501154.jpg
<マイカーの場合>
関越自動車道 沼田ICより国道120号線で片品村に向かう。
片品村の “鎌田” の信号を左折し国道401号線(沼田街道)に入る。
戸倉バス停を右手に見ながら直進すれば、片品川に沿って大清水まで行く。 (大清水駐車所料金:500円/1日)



f0308721_00501766.jpg
大清水より奥鬼怒林道(右の道)を日光方面へ進む。

ちなみに、左の道は尾瀬沼へ続く一般ルートで、シーズン中は一ノ瀬までシャトルバスが運行している。



f0308721_00502290.jpg
奥鬼怒林道を小淵沢林道入口まで3kmほど歩く。 途中に獣避けネットをくぐる。 



f0308721_00502792.jpg
2kmほど歩くと、左側に中ノ岐沢へ注ぎ込むオモジロ沢が出合い、オモジロ滝が懸かっている。



f0308721_00503356.jpg
その後、小淵沢林道入口を左折して、さらに2kmほど坂登る。 042.gif
最初に小淵沢に架かる橋が入渓ポイント。 橋の左側(右岸)の薮の中に踏み跡がある。

私達は、橋の先のカーブを曲がった所(小淵沢田代登山口)から入渓したが、急下降の悪い斜面の割には距離を稼げないので、橋から入渓する方が良い。



f0308721_00503886.jpg
さて、入渓して驚くことは沢の水の冷たさだ。 奥多摩あたりの温い水に比べて非常に冷たい。 005.gif  149.png



f0308721_00504328.jpg
入渓早々、3mくらいの幅広のナメや小滝が連続して現れる。



f0308721_01014203.jpg
ナメが綺麗~・・  177.png       ワ━(〃゚∀゚〃)━オッ♪



f0308721_01014852.jpg
3m幅広の滝



f0308721_02580507.jpg
3mスダレ状の滝など、フリーで登れる滝が続くので楽しい。 060.gif 
続く6mスダレ状の滝は、左端を登ればロープ確保無しでも登れるが、滑っているので要注意。 034.gif



f0308721_01020046.jpg
鏡のような透明な水にちょっと感動。 146.png



f0308721_02581485.jpg
中間地点で現れる、15mスダレ状の滝は左右の壁どちらからも登れるようだが・・



f0308721_01021805.jpg
右壁を棚まで登ってブッシュ沿いを左上するルートが比較的易しそうなので、そのラインをロープ確保して登った。



f0308721_01024354.jpg
陽が当たって暖かそうな5mトイ状の滝の前で一休み。 181.png 063.gif  
下界はうだるような暑さだというのに、何とも贅沢な時間を過ごしているな~。 045.gif  



f0308721_01025375.jpg
その後も3段5mとか2段10mの連瀑が続き飽きさせない。



f0308721_01061893.jpg
2段10mのスダレ状滝は、左壁の水流脇を登るが、非常に滑るのでロープ確保して登る。



f0308721_01062535.jpg
その上流、6m滝も右壁から取り付いて水流の中の横バンドをトラバースして左上にぬける。



f0308721_01063598.jpg
ジャーン! そして現れたラスボスの2条10mの直滝! 
こいつを倒さないとゲームは終わらない。   ォ━━ヾ(o・∀・o)ノ゙━━オ!! 



f0308721_01064128.jpg
ってことで、右側のスダレ状の滝にカッパを着て突撃! 
下部の狭いクラックに突っ込んだとたんに頭から水をかぶる。 008.gif   

左の壁にはフットホールドが無く、クラックに入れた右足を左足に踏みかえたいのだが、どうにも狭くて踏みかえができない。 148.png
滝からの放水で息ができない。 クラックの中に右手をジャミングして身体を安定させ息継ぎする。
何とか左足をクラックに入れ、スダレ状の流水の奥の空間に潜り込む。  042.gif

オブザベーションでは、スダレ状の下から左上するライン読みだったのだが、早く放水から逃れるべく右のバンドに這い上がってしまった。
バンド上の苔の付いた岩はフットホールドに乏しく登れないので、頭上のブッシュをハンドトラバースして落口へぬけた。 042.gif

いや~まいった・・まいった。 105.png
笑いたい方は下のYou Tubeでお楽しみください。

ちなみに、左岸に巻き路があるので、通常は巻いた方が早い。


This video was taken by Nami.



f0308721_01064868.jpg
直滝を越えれば、後は平凡な沢歩きである。 070.gif
詰めは蛇行しているので意外に長いが、最後まで水線を追えば藪漕ぎ無しで小淵沢林道に下る登山路に出る。



f0308721_01065527.jpg
登山路を左に3分ほど行けば、小淵沢田代と奥鬼怒へ続くトレイルの三差路分岐に着く。
三差路を左(西)へ行けば小淵沢田代の湿原である。

ちなみに、三差路を右(東)へ行けば、福島県と栃木県の県境尾根をたどり、鬼怒沼まで15kmの縦走路である。
この間にエスケープルートは無く、ビバークを強いられるロングルートであるが、
観光地化した尾瀬国立公園の中にありながら、静寂と原始の趣が味わえる健脚向きのルートである。
興味のある方は、下記のリンクを参照してね。 




f0308721_01070106.jpg
小淵沢田代の湿原は、尾瀬の他の湿原に比べ、訪れるハイカーも少なく素朴な雰囲気がある。
板が敷かれただけの木道は、例年は湿原からあふれ出る水で濡れているのだが、猛暑の今年はカラカラに乾燥している。 174.png



f0308721_01070972.jpg
小淵沢田代にある唯一の池塘にはオタマジャクシが泳いでいた。



f0308721_01131784.jpg
さて、下山であるが小淵沢田代から三差路分岐に戻り小淵沢林道に降るのが最短で約2時間。 059.gif
私達は、尾瀬が初めてというメンバーがいたので、尾瀬沼から三平峠経由で下山することにした。

小淵沢田代を横断して西端の分岐を左(西)へ折れ、1911mピークを巻く樹林帯を尾瀬沼へダイレクトに下る。
ちなみに、右(北)は尾瀬では尾瀬ヶ原に次ぐ大きさの大江湿原へ行くトレイルである。

小淵沢田代から1時間弱で尾瀬沼の湖畔に建つ尾瀬沼ヒュッテ脇に出る。



f0308721_01132319.jpg
三平峠へ向かう湖畔歩きでは、尾瀬の観光ポスターのような風景が見られる。 177.png 177.png 



f0308721_01132993.jpg
尾瀬沼山荘の建つ三平下まで来れば湖は見納めである。 ここから三平峠までの登りが始まる。



f0308721_01133722.jpg
20分程の登りで三平峠に着く。 
ここからシャトルバス乗り場の一ノ瀬までは、標高差350mの下り坂であるが、意外と長く感じる。 042.gif 
その間はブナやカエデの広葉樹林で、山小屋が閉まる10月中旬頃の紅葉は実に素晴らしい。 177.png



f0308721_01134442.jpg
途中にある “岩清水” の水場で、美味しい天然水で喉を潤しながら、三平峠から1時間弱で一ノ瀬に到着。

シーズン中は、一ノ瀬と大清水間はシャトルバスが30分間隔で運行している。 (一ノ瀬発の最終は16:30なので注意)
それにしてもシャトルバスの片道700円は高い! せめて500円くらいにならないかな~  141.png

シャトルバスの走る一ノ瀬‐大清水間の道は歩行者の通行は可能であるが、歩くなら旧登山道も並行しているので、そちらの方が良いだろう。
尾瀬沼経由の下山時間は約3.5時間、シャトルバス利用でこのタイムなので、下山は小淵沢林道まわりで下った方が早いだろう。 059.gif

小淵沢の遡行は、手頃な滝が連続していて飽きない。 詰めもなだらかで藪漕ぎも無いので快適。


本ルートのマップ は下記のヤマレコのリンクをクリックしてね (^_-)-☆ 


私のこのルートへの評価: 4★  1級程度
距離:約17.5km(うち約3.5kmシャトルバス) / 所要時間:休憩込で約9.5時間(大清水 6:00‐奥鬼怒林道-小淵沢林道-入渓 8:00‐三差路分岐 11:50/12:10‐小淵沢田代湿原 - 尾瀬沼13:10/13:30‐三平峠 14:20‐一ノ瀬15:05/15:30‐大清水 15:40)
標高差: 約700m


f0308721_01135111.jpg

下の “登山” をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the banner below, so that your access can be counted.

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村

by dream8sue | 2018-07-26 00:39 | Stream Climbing | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://hikingbird.exblog.jp/tb/29960351
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2018-08-01 18:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by dream8sue at 2018-08-01 19:58
> ホングウヒデヤスさん

OMG!!!!! Hi Hide!!!!!!
Thank you for contacting me. I am surprised that you find Sue is me. I miss the days in Canada I spent with you and my friends.

良く分かったね~動画効果かな?
バンクーバーで過ごした日々は楽しくて素敵な時間でした。
その後、私はUSAで10年ちかく暮らし、3年前に日本に帰国しました。

私もクライミングを本格的に再開したのは今年からです。
短い人生です。 好きなことして楽しみましょう!

I wish that you have a spectacular life.
Commented by ホングウヒデヤス at 2018-08-17 08:10 x
好子さん

お返事遅くなりました。
10年間もアメリカに居たんですね、なかなか楽しい人生を送ってますね。
私は帰国後、大学を卒業して、カメラメーカーに就職して、今は東京で働いています。
バンクーバーに居た頃から、カメラは好きだったので。

ちなみに、私は帰国後、近況報告のために、好子さんにメールしたんですが、メールアドレスが変わってしまったみたいでメールが届かなくて…。
でも、こうして、ブログを見つけて、メッセージが送れて良かったです。スッキリしました。
いゃー、インターネットって凄いですね(笑)

ではでは、今後も時々ブログを拝見させてもらいますね!
Commented by dream8sue at 2018-08-24 08:53
> ホングウヒデヤスさん

アメリカは航空留学で、ヘリコプターで西海岸の空を飛びまくっていました。
残念ながらFAA(アメリカ航空局)のライセンスなので日本では飛べません。
好きなことを仕事にできる人生はとても幸せなことだと思います。これからも頑張ってください。
ちなみに、好子はNGです。今はSueでスーで~す!
<< 前橋市 赤城山の沼尾川源流はオ... 出羽三山 出羽三山の主峰 月山... >>