茅野市 蓼科湖から横谷渓谷と御射鹿池へ(前編)     Yokoya valley and Mishakaike Pond in Chino, Nagano

September 9-10, 2018
f0308721_21002067.jpg
このところ北アルプスや南アルプスの高山ハイキングが続いたので、好きな滝を見ながらの癒し系ハイキングがしたくなった。

カリフォルニアに暮らしていた時に友人に誘われて始めたWaterfalls Watching Hikeであるが、
日本では名瀑といえば、どこも観光地化されていて、パーキングから10分で滝が見れる・・みたいなのが多い。

そんな中で、私が今回選んだ場所は長野県茅野市の横谷渓谷(川の名前は渋川)である。
北八ヶ岳の西面、蓼科高原の観光地であるが、サンダル履きで歩けるような遊歩道ではない。

横谷渓谷だけでは物足りないので、横谷渓谷から3kmほど北にある蓼科湖と、
渓谷の南東に位置する人気のフォトジェニックスポットの御射鹿池をつなげて歩くことにする。 070.gif


横谷峡遊歩道のマップは蓼科中央高原観光協会のHPから。

f0308721_21002607.jpg
<公共交通の場合>
群馬からだとお隣の長野県なので北回りの方が距離的には近い。
しかし、公共交通機関を駆使していく場合は長野経由よりも東京経由の方が早い。
私は青春18きっぷで各駅電車に揺られること6時間で茅野駅に到着。

茅野駅からのバス路線もいささか複雑で、地方路線にありがちな少ない便を考慮しなくてはならない。
横谷渓谷に焦点を合わせるなら、メルヘン街道バスで国道299号(メルヘン街道)の “横谷観音入口” か “横谷峡入口” バス停下車となる。
横谷観音からスタートした方が下り坂になるので楽である。 私は逆回りだったので、ずっと上り坂だった。 042.gif

御射鹿池にピンポイントで行くなら、奥蓼科渋の湯線の “明治温泉入口” で下車すれば、御射鹿池のパーキングに降り立つ。
ただし、特定日運行など運行日の期間があるので要注意。

私と同じく蓼科湖をスタートにするなら、北八ヶ岳ロープウェイ線の “蓼科湖前” で下車。 
野駅から約30分(810円)

茅野駅のバス乗り場にアルピコ交通の案内所があるので、自分のプランにあった路線を窓口で相談すると良い。



f0308721_21003109.jpg
蓼科湖は灌漑用に作られた人造湖であるが、スワンボートの浮かぶ典型的な観光地で茅野市の観光資源の一つとなっている。



f0308721_21003726.jpg
隣接する “彫刻の森公園” に寄ってみた。
人工芝かと思わせるほどメンテナンスの行き届いた公園であるが、綺麗過ぎてどうも落ち着かない。



f0308721_21004839.jpg
芸術作品よりも芝生の中から頭をのぞかせている飴色のキノコの方が私の感性にはグッときた。  106.png



f0308721_21005491.jpgf0308721_21005996.jpg
蓼科湖の湖畔を東に向かってぶらぶらと歩けば、ゲンノショウコウ や ツユクサ が足元を埋め尽くしていた。



f0308721_21010470.jpg
水辺には ツリフネソウ が咲き乱れている。



f0308721_21025510.jpg
蓼科湖から離れ、さらに東側へ進めば路が2手に分かれる。
左へ行けば “蓼科散策路” で横谷峡への近道である。 が、私は右の “信濃路自然歩道” に進み石遊の湯を経由して横谷峡へ行く。



f0308721_21041496.jpg
標高1200mくらいなので、植物は季節的に ハギ などの定番の花くらいであるが、
ユニークな形のキノコたちがニョキニョキと生えていて楽しい。 060.gif
分岐付近の針葉樹の根元に大きなキノコを発見!



f0308721_21041977.jpg
かなりグロいキノコであるが、その大きさには驚いた。 005.gif 



f0308721_21042503.jpg
信濃路自然歩道と言ってっも、舗装された道路で自動車も走れる道である。
しかし、自然林に囲まれた静かなトレイルなので、ゆっくりと歩ける。



f0308721_21045155.jpg
路肩の落葉の中にもキノコがいっぱい。 

採取目的ではないので、あくまでビジュアル的に美しい形のキノコに目がいく。
 キノコの名前にも詳しくはないが・・これ・・ ハナオチバタケ?だよね~  039.gif



f0308721_21050093.jpgf0308721_21050726.jpg
毒キノコも含めて、今が旬のキノコ祭り!  



f0308721_21051369.jpg
ゴルフ場のフェンス横を通って南下していくと、開けた伐採地となって石遊の湯への分岐に出る。
伐採地では、クルミの大木の下にグリーンの実を付けた植物が群生していた。何の実かしら?



f0308721_21074713.jpg
“石遊の湯”は、露天風呂のみの野趣満点の立ち寄り湯。 049.gif
マイカー利用ならハイキングの後にぜひ寄ってみたいスポットだ。



f0308721_21075231.jpg
石遊の湯の入口の前を右(東)へ曲がり、民家の脇を南東方向へ行くと “楢ノ木池” という ため池がある。
ため池のまわりでは、たくさんのトンボが短い命を謳歌していた。



f0308721_21080099.jpg
ため池の南側をまわって別荘地みたいな林の中を10分ほど歩けば国道299号線の “横谷峡入口” に出る。

横谷峡入口のバス停前には公衆トイレや土産屋などもある。
マイカーの場合は、国道から渓谷側へ少し入った所にパーキングがある。



f0308721_21080729.jpg
バス停横の 遊楽庵 の中に観光案内所があるので、ハイキング前に立ち寄っていこう。



f0308721_21081312.jpg
さて、いよいよ横谷渓谷の滝めぐり(乙女の滝~おしどり隠しの滝まで約3km)スタートである。
横谷峡入口から5分ほどで “木戸口神社” があり、神社の右側のトレイルに進み、渓谷側に少し降れば “乙女の滝” である。



f0308721_21081989.jpg
乙女の滝は、崖の上からしぶきをあげて落ちてくる豪快な滝だ。

ここまではパーキングから近いこともあり、観光客が多い。
いつまでも滝の前を占領していちゃついているバカップルが邪魔だ! 
皆な写真を撮りたいんだからさ~本当に邪魔なの! ・・決してうらやましい訳ではないからね! 128.png



f0308721_21082506.jpg
乙女の滝からトレイルに戻って少し先の脇道へ入ってみる。
脇道は川岸まで下っていて、まあまあ綺麗なナメ滝があった。
沢登りをしていると綺麗な滝をたくさん見るので、この程度の滝には感動が薄い。 



f0308721_21083201.jpg
しばらく川音を聞きながら渋川に沿って行くと・・
ほのかに甘い匂いのする木(おそらくカツラの木)の下は、落葉で地面がイエローに染まり、側らにはキノコが生えていた。 う~ん、秋を感じるね~ 045.gif



f0308721_21101237.jpg
やがて、一旦、渓流から離れてヘアピンカーブの坂道を登り “横谷温泉旅館” の玄関先を通って、敷地内の通路から旅館の裏側に廻り込む。



f0308721_21101898.jpg
北側の山腹からも湧水が流れていて、オタカラコウ の群落をみる。 056.gif 



f0308721_21102498.jpg
その後、トレイルは再び渓谷に接近し “霧降の滝” が現れる・・が、流れが少なく、たいして綺麗な滝ではない。



f0308721_21103070.jpg
続いてお目見えの “鷲岩” は、なかなか見事な岩だと思う。 紅葉の時がいいだろうね~



f0308721_21103807.jpg
紅葉には早いけど、私はこのキノコの山?渓谷?が気に入った。 こんな可愛いキノコにも会えたよ。



f0308721_21104702.jpg
穴空きキノコは ホコリタケ かな? 



f0308721_21105358.jpg
屏風岩の案内板に寄れば、鷲岩の先の左岸(川下に向かって左側)岩壁は冬季には氷瀑群となるらしい。



f0308721_21110189.jpg
おそらく、このあたりの岩壁かな・・夏はグリーンの岩壁だね。 



f0308721_21114667.jpg
“一枚岩” は40mくらいの一枚岩盤であるが、これも沢登りをしてると、どうってことの無いナメだ。
でも、岩盤が赤渋で茶色?赤?っぽいのがいいね。



f0308721_21115319.jpg
ふぅ~・・見どころ満載でちょっと疲れた。

滝場やベンチの置かれた休憩場所には、マイナスイオンを数値化した標識がある。
これって必要かな~? 充分気持ちが良いのだから、数字で表してしまうと、なんかな~・・ 039.gif



f0308721_21120195.jpg
さて、お次は “王滝” であるが、東屋のある展望台まではちょっと登り坂なので汗がでる。
おまけに、渓谷側の高い巻き路も荒れている。 絶対にサンダルやヒールの靴では無理だよ。 046.gif 



f0308721_21120870.jpg
Wow! 2段に落ちている王滝、いいじゃん! 049.gif
王滝展望台まで登ってこないと見られない、横谷渓谷での一押しの滝。 spectacular!



f0308721_21121675.jpg
王滝からさらに尾根をひと登りで観音堂と明治温泉との分岐に出る。
観音堂は帰りに寄るので、まずは右へ進み、明治温泉にある “おしどり隠しの滝” へ行こう。



f0308721_21122305.jpg
おしどり隠しの滝へは、水平にカットされた山路を30分ほど歩く。 
途中のザレた斜面には、このトレイルの規模にしては立派過ぎるような鉄橋が架かっている。



f0308721_21123009.jpg
やがて、尾根から渓谷へ階段状の路を降って行くと、おしどり隠しの滝に降り立つ。 
左岸に建つ建物が、一軒宿の明治温泉で、創業120年だとか。 (゚д゚)!



f0308721_21123541.jpg
おしどり隠しの滝の下流を鉄板橋で渡り、階段を登れば明治温泉の前に出る。 公衆トイレもある。
一般車両の通行禁止の車道を10分ほど歩けば、御射鹿池のある県道に合流する。


御射鹿池の美しさは後編をチェックしてね。
紅葉にはまだ早い横谷渓谷であったが、変化に富んだ滝や奇岩、たくさんのキノコ鑑賞が楽しめた。 060.gif 

to be continued ・・・


本ルートのマップ は下記のヤマレコのリンクをクリックしてね (^_-)-☆ 


私のこのトレイルへの評価: 4★ 初級者向け
距離:約11km/ 所要時間:休憩込で約6時間(茅野駅11:55=蓼科湖前バス停 12:26‐蓼科湖‐石遊の湯入口‐横谷峡入口 14:00‐乙女滝‐霧降の滝‐一枚岩15:00 ‐王滝‐おしどり隠しの滝 16:00‐御射鹿池 16:30/8:30‐横谷観音展望台9:10/9:30‐渋川入口バス停‐横谷観音入口バス停10:00/10:20=茅野駅11:00)
標高差: 約450m


f0308721_21140337.jpg

下のバーナーをクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the banner below, so that your access can be counted.

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへにほんブログ村

by dream8sue | 2018-09-09 20:36 | 長野県エリア | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://hikingbird.exblog.jp/tb/30046606
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pochi23 at 2018-09-14 00:33 x
大きなキノコ、カラカサタケ。
食べたことあるけど、結構おいしかった。
Commented by dream8sue at 2018-09-14 03:50
> pochi23さん
OMG! このキノコ、食べられるの!!!!三( ゚Д゚) are you sure?
いや~いや~いや~無理っす!
私、イケメン好きなので、こんな強面のキノコは恐ろしく食べる気になれません! o(*≧д≦)oムリ!
<< 茅野市 蓼科湖から横谷渓谷と御... 南アルプス 白峰三山縦走 Da... >>