茅野市 蓼科湖から横谷渓谷と御射鹿池へ(後編)     Yokoya valley and Mishakaike Pond in Chino, Nagano

September 9-10, 2018
f0308721_02502034.jpg
蓼科湖から横谷渓谷(下記リンク参照)の滝を見ながら “おしどり隠しの滝” のある明治温泉まで歩いてきた。
“御射鹿池(みしゃかいけ)” は、明治温泉から徒歩10分くらいのところにある。

案内板によれば、御射鹿池は農業用のため池で、日本画家の東山魁夷画伯の “緑響く” やテレビCMなどで有名になったらしい。
酸性度の強い水質のため魚は棲息できないが、透明度が高く鏡のように周囲の風景を映し出す。




f0308721_02502636.jpg
明治温泉から一般車両通行禁止の車道を10分ほど歩き、湯みち街道と呼ばれる県道191号に出れば、そこに御射鹿池のパーキングが隣接している。
また、便数は少ないが茅野駅からのバス便もある。



f0308721_02503177.jpg
御射鹿池は、県道の東側にあり、県道と並行した歩道からしか見られない。
歩道には柵があり、立入禁止になっているので池の近くには近づけない。
そうなると、池の東側の景色をズームで撮るしかなく・・ つまり・・高性能のカメラ勝負ってことかい! 141.png



f0308721_02503717.jpg
ちょうど夕方で、西陽を背にして池の東側の湖面が輝いている。 本当にピカピカの鏡みたい! 146.png
私の安いカメラでは、これが限界・・



f0308721_02504518.jpg
湖水が流れ出る水路が池の西端にある。 
水に触れてみたが本当に温かい。 ため池効果ってすごいんだね~。 174.png



f0308721_03393009.jpg
写真は朝の光の中が良いらしいので、今夜はパーキングに野宿して(・・といっても簡易テントはある)朝を待つ。
周辺の山にもキノコがいっぱいあるので、暇つぶしにキノコも撮影。



f0308721_02505634.jpg
翌日は曇りで、朝方はパラパラと小雨も降った。 朝の光は・・残念ながら期待できない。 145.png



f0308721_02510167.jpg
朝霧が流れていく・・ まあ、これはこれで幻想的でいいんじゃない?
写真ではなく日本画の絵のように見えてくるから不思議である。



f0308721_02552190.jpg
水鳥が朝の湖面を静かに滑るように泳いでいく、その光景が実に美しい。 
東山魁夷画伯はこの光景をみて、水鳥の代わりに白い馬を描いたのではないだろうか・・と思った。



f0308721_02552784.jpg
パーキングの案内板に表示されている 東山魁夷画伯の “緑響く”   



f0308721_02553282.jpg
さて、何時間待っても、この日の天気は晴れそうにないので、帰るとしよう。
・・と言っても、御射鹿池(明治温泉入口)から茅野駅行きのバスは昼近くまでない。
なので、前日に歩いた王滝と横谷観音堂と明治温泉の三差路まで戻り “横谷観音入口” バス停まで行くことにする。



f0308721_02553747.jpg
分岐までは、広葉樹林の中のほぼ水平道である。

前日には気づかなかったが、この路にも鑑賞するに足りるキノコがいっぱいだ。
イエローのフリルが可愛らしい、まるでオレンジのパラソルのようなキノコ。



f0308721_02554506.jpg
くどいようだが、私は採取目的ではなく、キノコを鑑賞するのが好きなのだ。
高さ数センチの小さなキノコの撮影は、自分が小人になったかのような別世界が見れて楽しい。 060.gif 



f0308721_02555371.jpg
ホウキタケ系のキノコは、サンゴ礁のように美しいと思うか、グロいと思うか意見の分かれるところだ。



f0308721_02560066.jpg
三差路を直進して、次の分岐を右へ進めば、横谷観音堂への登り坂となる。



f0308721_02560686.jpg
三差路から20分くらいで “横谷観音展望台” に到着。



f0308721_03053454.jpg
茅野市街が一望でき、スカイコンディションが良い日なら日本アルプスの展望も得られる。



f0308721_03054054.jpg
眼下に落葉樹に囲まれた王滝の上段の滝がみえる。 白い流れが美しいね~。
紅葉時はさぞかし素晴らしいことだろう。 049.gif 



f0308721_03054842.jpg
横谷観音堂。 

観音堂に向かって右側のトレイルを行けばパーキングがある。
マイカーの場合は、ここから横谷峡入口まで歩き、バスかタクシーで戻る観光客、ハイカーが多いようだ。



f0308721_03055432.jpg
私はバスの時間待ちがあるので、観音堂の北にある “大瀧神社” まで行ってみた。

針葉樹林帯の中を、神社への長い階段(約10分)を登る。
なお、パーキングから、この階段路ではなく神社を往復できる別の路もある。



f0308721_03060134.jpg
ここでもキノコ祭りだ!



f0308721_03060869.jpg
キャー! トゲトゲ頭のちょっと怖そうなキノコ。 149.png ほこり生成中のホコリタケかな? 039.gif  



f0308721_03061531.jpg
Wow! キノコの周りも秋色で素敵~・・今回のキノコの写真の中で私が一番好きな1枚がこれ。 110.png



f0308721_03062387.jpg
大瀧神社。 ご神体は石!  129.png



f0308721_03081665.jpg
ところで、周辺の針葉樹林はカラマツかと思いきや、こんな細長い松ぼっくりがたくさん落ちていた。 005.gif 
後で調べてみたら オウシュウトウヒ(別名:ドイツトウヒ)というマツ科の針葉樹だった。



f0308721_03082261.jpg
パーキングへのトレイルを左に見送り、北側の広い路へ進んでみた。
どうやら別荘地に迷い込んだようだが、シーズン終わりの静かな別荘地を歩くのも悪くない。



f0308721_03083496.jpg
ほら、こんな可愛いキノコに会えた。



f0308721_03082856.jpg
キノコの横に転がったドングリもいいね。




f0308721_03084119.jpg
Wow! よく見かける典型的な ツルタケ?だよね~?



f0308721_03084688.jpg
別荘地から国道299号(メルヘン街道)に出た所が “渋川口” バス停だった。
メルヘン街道バスは渋川口には停まらないので、国道を15分ほど下って “横谷観音入口” のバス停まで行く。

横谷観音入口にある公衆電話ボックス。 
めっきり見なくなった公衆電話だが、こんな場所に残っていたとは・・ 110.png



f0308721_03085201.jpg
キノコばかりに目がいってしまうが、やはりこの花の存在感は半端ではない。 
悪魔の花 トリカブト。



f0308721_03090082.jpg
ウィークデイは3便(土日祝日は4便)しかないバスの始発10:20 の茅野駅行に乗る。


マイカー利用か、朝着の電車で来れば十分に日帰り可能なコースであるが、
御射鹿池の朝夕の撮影目的で1泊2日にして、御射鹿池と横谷渓谷の滝めぐりを楽しんだ。
紅葉にはまだまだ早い、高原の夏の終わりを感じさせる1人歩きだった。 070.gif 


本ルートのマップ は下記のヤマレコのリンクをクリックしてね (^_-)-☆ 


私のこのトレイルへの評価: 4★ 初級者向け
距離:約11km/ 所要時間:休憩込で約6時間(茅野駅11:55=蓼科湖前バス停 12:26‐蓼科湖‐石遊の湯入口‐横谷峡入口 14:00‐乙女滝‐霧降の滝‐一枚岩15:00‐王滝‐おしどり隠しの滝 16:00‐御射鹿池 16:30/8:30‐横谷観音展望台9:10/9:30‐渋川入口バス停‐横谷観音入口バス停10:00/10:20=茅野駅11:00)標高差: 約450m


f0308721_03102983.jpg

下のバーナーをクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the banner below, so that your access can be counted.

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへにほんブログ村

by dream8sue | 2018-09-10 02:46 | 長野県エリア | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hikingbird.exblog.jp/tb/30047001
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 那須 桜沢でスッカンブルーの沢... 茅野市 蓼科湖から横谷渓谷と御... >>