中部山岳 八峰キレットを越えて Day1 八方尾根から五竜山荘     Mount Goryu in Chūbu-Sangaku National Park

Monday, August 20, 2018
f0308721_15051176.jpg
2018年8月下旬、私は中部山岳国立公園に属す南岳から北穂高岳の大キレット越えを終えたその足で長野県北安曇郡白馬村へ向かった。
五竜岳から八峰キレットを越えて鹿島槍ヶ岳、爺ヶ岳へ縦走するために、白馬駅で同行者と合流した。

今回の縦走は、初日の五竜、3日目の種池はテント泊で、2日目のみ八峰キレットに建つキレット小屋に宿泊とする。

夏山の、しかも有人小屋が営業している人気ルートは、お金さえ払えば何でも手に入る。  
それを当てにして軽量化に徹して極力荷物を減らしたつもりであるが、体力の衰えた今の私には3泊4日のテント装備がずしりと重い。 144.png

一抹の不安はあるものの、どんな景色が、どんな出会いが、どんな体験が待っているのか楽しみである。 o(*゚∀゚*)oワクワク! 



f0308721_15051926.jpg
八峰キレットを越える山旅の初日は、乗り物を乗り継いでお手軽に取り付ける八方尾根から五竜岳キャンプ場を目指す。

白馬駅からタクシーかマイカーでケーブル山麓駅(八方ゴンドラリフト“アダム”乗場)まで10分足らず。
私達は白馬駅から1.6kmほど西にある八方の湯の西側パーキング(無料)に車を停めた。
そこからケーブル山麓駅まで民宿やホテルが建ち並ぶ集落の中心地を抜けて約20分(約1km)ほど歩いた。


f0308721_15052545.jpg
ケーブルカー(ゴンドラ)が昇るにつれて、白馬連峰が迫り、眼下には白馬村の町並みが広がる。
すぐ下では牛の群れが草を食んでいる。 Wow! アルプスみたいだね~  101.png



f0308721_15053042.jpg
そして、ケーブルカーは標高1700mの黒菱平まで一気に上がる。
白馬三山を背景にした、そのアルペンチックな景色に思わず歓声が上がるだろう。  060.gif  



f0308721_15053550.jpg
黒菱平でリフトに乗り継ぎ、村営八方池山荘(公衆トイレ、登山ポストあり)まで昇る。
標高差で1000m以上を汗もかかずに上がれてしまうのだから、 “アダム”ちゃん(八方ゴンドラリフト)さまさまだ。 041.gif 



f0308721_15054053.jpg
さて、リフトを降りたら、いよいよ自分の足で歩かなければならない。

なだらかな尾根を少し登れば、前方(北西方向)には白馬三山(鑓ヶ岳・杓子岳・白馬岳)、
小蓮華山に乗鞍岳などの北アルプスの山々が展開する。  177.png



f0308721_15054583.jpg
ふり返り東側に目を向ければ、雨飾山、妙高山、戸隠山(下記リンク参照)、高妻山、飯綱山などの、
どれも登ったことのある北信の山々が一望でき、おのずとエキサイトしてしまう。  060.gif 




f0308721_15055072.jpg
そして、前方左手(南西方向)には、これから向かう五竜岳と鹿島槍ヶ岳が高く、そして遠くにそびえている。
ォ━━ヾ(o・∀・o)ノ゙━━オ!!  



f0308721_15101476.jpg
八方尾根には、第1、石神井、第2、八方、第3、丸山ケルンと、いくつかのケルンが作られていて、悪天候時の水先案内となる。



f0308721_15101961.jpgf0308721_15102492.jpg
なだらかな草地には高山植物がたくさん咲いている。 056.gif  056.gif  056.gif  



f0308721_15102945.jpg
気の早い植物は、早くも紅葉を始めている。 146.png



f0308721_15103586.jpg
歩きだして1時間30分ほどで八方池に到着。 多くの観光客やハイカーで賑わっている。



f0308721_15105049.jpg
特に変哲の無い小さな池であるが・・



f0308721_15104434.jpg
白馬連峰が水面に映る景観は素晴らしい。  177.png 177.png 177.png
まさに、この絵はがきのような景色を見たくて、多くのハイカーが訪れるのだろう。 045.gif 



f0308721_15105809.jpg
池の畔は雲上の花園である。  056.gif  056.gif  056.gif 
季節的にクガイソウ、タムラソウ、タカネマツムシソウ、ワレモコウ、カライトソウ(写真)などのパープル系色の花が多い。



f0308721_15144809.jpg
ハッポウタカネセンブリ という、私が初めてみる花は八方尾根特産種らしい。  056.gif 
センブリという名前に聞き覚えがあったので、後で調べてみたら、ドクダミやゲンノショウコと共に民間薬の薬草なんだね。



f0308721_15153218.jpg
八方池から稜線に戻り、振り返れば、八方池のまわりにいるハイカーが砂糖に群がる蟻のようだ。  037.gif 



f0308721_15154086.jpg
その後、ダケカンバの灌木帯を抜け、尾根の左側(南側)を巻きながら丸山ピークを目指す。  070.gif



f0308721_15154681.jpg
樹林帯から陽当たりの良い南の斜面に入ると、ここもお花畑。  056.gif  056.gif  056.gif 



f0308721_15161695.jpg
勾配がきつくなる頃に、左手に “扇雪渓” と呼ばれる残雪がある。 
涼を求めて寄ってみたが、今年の猛暑で雪渓は小さくなっていて、それほど涼しくはなかった。  (ノω=;)ぅぅ…

扇雪渓でオランダから来たというカップルと、彼らの日本列島の旅話で盛り上がった。
彼らは、この後に沖縄に飛ぶらしいが、ぜひ日本での旅を楽しいものにして帰ってほしい。



f0308721_15162564.jpg
扇雪渓から程なくケルンの立つ丸山に到着。 大パノラマに時を忘れてしまう。



f0308721_15182499.jpg
丸山を過ぎると、灌木類は無くなりハイマツとなる。

そして、八方尾根と言えば、やはりこの眺めだろう。
右手に連なる白馬連峰から不帰嶮(不帰ノ嶮)は、まさに八方尾根のハイライトだね。 049.gif  049.gif 



f0308721_15183031.jpg
左には五竜岳の雄姿が迫り、バックに控える鹿島槍ヶ岳。



f0308721_15212997.jpg
今までの広い尾根からヤセ尾根になってくると、右手の不帰嶮がどんどん大きく見えてくる。



f0308721_15240194.jpgf0308721_15240999.jpg
白馬三山から天狗ノ大下り、キレット、不帰一峰、二峰の針峰、そして唐松岳。 
昔、登山を始めたばかりの頃に軽装備で歩いた懐かしい思い出がよみがえる。 ふぅ~今日の装備は重いな~   042.gif 



f0308721_15245103.jpg
やがて、脆そうな岩稜に作られた階段トレイルを登りきれば国境稜線である。



f0308721_15250179.jpg
国境稜線に出た所に唐松山荘があり、唐松岳までは20分の距離。 
時間と体力があれば唐松岳を往復したいところであるが、両方とも持ち合わせないので・・登らない。 041.gif 



f0308721_15250815.jpg
唐松山荘のテラスは剣岳の展望台だ。 黒部渓谷を隔てて、剣岳や立山連峰の眺望が素晴らしい。 177.png 177.png
これで充分満足、ここで帰ってもよいのだが、それでは何もために重荷を背負ってきたのか分からない・・ってことで、先へ進もう。



f0308721_15252077.jpg
本日は五竜岳の基部にある五竜山荘を目指す。 まずは目の前にある牛首岳の岩場をこなさねば・・  070.gif



f0308721_15253184.jpg
見るからに脆そうな赤茶けたガレ山の牛首岳は、クサリの連続で降る。



f0308721_15303742.jpg
クサリ場とガラ場を終えると威風堂々とした五竜岳が迫る。 五竜岳って、こんなに大きかったんだね~。 146.png



f0308721_15304763.jpg
大黒岳との鞍部に差しかかると、午後になり霧が湧いてきた。 140.png



f0308721_15305465.jpg
朝からの疲れも出てきて、大黒岳への登りがとても長く感じる。 042.gif 

歩くのが辛くなった、ちょうどその時、周辺をパトロールしている長野県の職員と思われる男性と出会った。
この先のトレイルコンディションなどについて教えてもらったり、励まされたりして元気をもらう。



f0308721_15310180.jpg
余裕が戻ると、シラタマノキ や トリカブト など高山植物にも目が向く。

紅葉を始めた ウラシマツツジ の中に、コバノコゴメグサ(写真) が咲いている。 
この2つは一緒にあることが多いけれど仲良しなのかしら? 

共存できる対象があるって、実はとても幸せなことだと1人ぼっちのSueは実感する今日この頃である。 037.gif 



f0308721_15310717.jpg
尾根の様子が変わり、白岳への広く開けた砂地の登りとなる。 
最後の登りで一息つきながら、長かったトレイルを振り返る。 よく歩いたな~  042.gif



f0308721_15311251.jpg
白岳のピークの手前から右(西側)の巻き路に入り、ひと下りすれば、待望の五竜岳山荘(五竜岳キャンプ地)がある。
ふぅ~長かった~ 初日のこの日が4日間の中で一番長い距離を歩いた。 042.gif 

さて、翌日は五竜岳を越えて、岩場の続く八峰キレットまでの岩稜帯を行くよ。 070.gif  


to be continued ・・・


本ルートのマップ は下記のヤマレコのリンクをクリックしてね (^_-)-☆ 



私のこのトレイルへの評価: 5★ 初級~中級者向け
距離:約16km/ 所要時間:休憩込で約10時間(八方の湯P 7:00=八方池山荘 8:00/8:15‐第2ケルン下公衆トイレ 9:45/9:15‐扇雪渓 10:50/11:20‐丸山ケルン 11:45‐唐松山荘 13:00/13:30‐大黒岳 15:30‐五竜山荘 17:00)
標高差: 約800m (ケーブルカー山麓駅からは約1870m)


f0308721_15311806.jpg

下のバーナーをクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the banner below, so that your access can be counted.

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへにほんブログ村

by dream8sue | 2018-08-20 15:35 | 中部山岳国立公園 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hikingbird.exblog.jp/tb/30062647
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 中部山岳 八峰キレットを越えて... 中部山岳 大キレットを越えて ... >>