大子町 奥久慈男体山から紅葉の縦走路を歩き月居山へ     Mount Okukuji-Nantaisan in Daigo, Ibaraki

Wednesday, November 21, 2018
f0308721_02385534.jpg
日本三大名瀑のひとつ袋田の滝で有名な茨城県大子町と常陸太田市の郡境に奥久慈男体山という山がある。

前日に、袋田の滝から北西にある生瀬富士の山稜を歩いた私達は、
翌日、生瀬富士とは反対側にある、この奥久慈男体山から袋田の滝方向へと歩いた。 070.gif 

縦走路に点在するモミジ谷や紅葉スポットに、期待していなかっただけに、その美しさに感動の嵐だった。 005.gif 038.gif 



f0308721_02390200.jpg
<マイカーの場合>
奥久慈までのアクセスは、前項を参照してほしい。

今回のルートは point to pointの縦走なので、マイカーを袋田駅にデポして、タクシーを利用して登山口の大円地まで向かった。
タクシーは、袋田駅から国道118号を南下し、西金駅近くの信号 “湯沢入口” を左折して県道を大円地パーキングまで。
(袋田駅=大円地パーキングまでのタクシー料金:4150円)

なお、袋田駅から西金駅まで電車利用の場合は、西金駅から登山口まで約4.5km、登り坂なので1時間強はかかるだろう。



f0308721_02390892.jpg
大円地パーキングから県道を少し戻り、大円地山荘という蕎麦屋の方へ進む。
県道からは、奥久慈男体山の高さ300mの岩壁が朝日に照らされて圧巻である。 005.gif



f0308721_02391323.jpg
蕎麦屋の先で、一般コースと健脚コースの分岐があるので、左の健脚コースに進む。 070.gif



f0308721_02391977.jpg
茶畑を右に見ながら、左方向の針葉樹林帯に入り、しばらく薄暗い森の中を登る。



f0308721_02392654.jpg
標高を上げるにしたがって、カエデやイヌシデ、シラキなどの広葉樹が増え、周辺はいつの間にか岩壁帯となる。



f0308721_02393230.jpg
そして、最初のクサリ場を登りきったところに展望岩があり、西側の眺望が見渡せる。



f0308721_02394809.jpg
北の空には奥久慈男体山が、岩壁の胸を広げて待っている。 “今、行くからね~”   101.png



f0308721_02425776.jpg
展望岩から先は紅葉の尾根にクサリ場が連続して現れる。 いくつものクサリ場をこなし・・・ 042.gif 



f0308721_02430532.jpg
最後にクサリ場という名のザレ場のような長い岩場を登れば東屋のある稜線に出る。



f0308721_02431018.jpg
東屋は日陰で寒そうだし、山頂まではすぐなので休まずに行く。 070.gif



f0308721_02431587.jpg
程なく、大きな石祠のあるピークに到着!



f0308721_02432261.jpg
ピークの先端は足がすくむほどの絶壁で、眼下にはモコモコした森と地平線のような山並みが広がる。



f0308721_02432825.jpg
石祠ピークの左に電波塔と、一等三角点がある奥久慈男体山(654m)のピークがあり、石祠ピークの絶壁を側面から見ることができる。



f0308721_02433454.jpg
男体山のピークでしばし休憩した後は、月居山までの長~い縦走路へと進む。  070.gif
東屋周辺では見事なブナの木が見られ、その美しさに1人感動するSue。  ブナっていいよね~ I love beechwood trees. 113.png



f0308721_02434048.jpg
トレイルは、奥久慈男体山から北へ伸びる尾根(大子町と常陸太田市の郡境)をたどる。



f0308721_02455910.jpg
山頂から0.5kmも歩かないで東側の持方登山口への分岐を右に分ける。



f0308721_02460679.jpg
トレイルはよくメンテナンスされていて、広葉樹の尾根は明るく落葉のクッションが心地よい。 060.gif 



f0308721_02461278.jpg
こんな可愛い植物の案内板が所々に付いている。 地元民の愛を感じるな~  037.gif 



f0308721_02461821.jpg
紅葉もまだまだ見られる。 



f0308721_02462542.jpgf0308721_02463202.jpg
 彼女が見上げているモミジは・・・こんな感じで青空に映えて、とっても素敵!



f0308721_02463968.jpg
小さなアップダウンを繰り返して辿り着いた分岐が、洋風居酒屋の白木屋・・じゃなくて~白木山との分岐。 041.gif  
ここから郡境稜線を離れて、左の谷間のトレイルへ降る。  070.gif



f0308721_02464539.jpg
谷間なので陽は当たらないが、落葉の季節の落ち着いた情趣が感じられて、これはこれで私は好きだな~   101.png



f0308721_02500698.jpg
そして、看板のある広い鞍部を通過する。 まだまだ先は長そうだ・・ふぅ~  042.gif 



f0308721_02501233.jpg
そして、また明るい尾根路となると、そこは紅葉祭りだ。 024.gif



f0308721_02501826.jpg
こんなにもモミジの木が多い山だとは思っていなかった。 005.gif 



f0308721_02502466.jpg
これは紅葉ではなく何かの実だと思うけど・・



f0308721_02503154.jpg
尾根の東側を巻きながら行くと、いくつものモミジの群落に出会う。



f0308721_02503953.jpg
奥久慈男体山からこの辺りまで約3時間、この辺りで紅葉を見ながらランチタイムにするのも良いだろう。 063.gif 



f0308721_02504907.jpg
または、その先の第2展望台(写真)や第1展望台で景色を見ながらのランチタイムも良いね。 063.gif 180.png



f0308721_02505628.jpg
第2展望台付近で羽根つきの羽根によく似た ツクバネ という植物を初めてみた。 005.gif 



f0308721_02540950.jpg
西側が絶壁の第1展望台への登りは短く、ピークには “鍋転山” と書かれた山名板と、屋根付きのベンチがある。



f0308721_02541672.jpg
その後、国道461号へ下る分岐を左に見送り、なおも尾根を北へ進む(地図の月居トンネル上)。 すると、またまた紅葉祭りとなる。



f0308721_02562252.jpg
ここまでも見事な紅葉スポットを通ってきたが、この周辺(月居山)の紅葉の迫力には思わず歓声が上がる。 024.gif  



f0308721_02563072.jpg
ワ━(〃゚∀゚〃)━オッ♪



f0308721_02563795.jpgf0308721_02564544.jpg
 尾根を登り上げれば、古城跡でもある月居山(つきおれさん:404m)である。
山頂で出合った地元ハイカーに寄れば、今年の紅葉は例年よりも良くないらしいが、初訪問の私達には他のエリアで見た紅葉よりも格段に良かった。



f0308721_02565121.jpg
さて、名残惜しいが下山にかかろう。 月居城跡碑の前を通って、北側のフィックスロープの張られた急坂を降る。



f0308721_02565714.jpg
ひと下りで月居観音堂のある広い路に出るので、左(西)方向へ曲がる。 ちなみに、ここを右へ行けば袋田の滝。



f0308721_02584219.jpg
林道に合流したら右へ曲がり、後は道なりに行けば国道461号に出る。 



f0308721_02584830.jpg
国道に合流する辺りに差しかかると、目線の先に前日歩いた生瀬富士から袋田の滝へ続く稜線が見えてくる。



f0308721_02585555.jpg
国道461号に出て、袋田駅まで歩く。 070.gif  070.gif 



f0308721_02590159.jpg
振り返れば、生瀬富士のある北西尾根と月居山。 この両方の山稜の間に袋田の滝がある。
2日間にわたり歩いた尾根が一望できて、最後にご褒美をもらったような嬉しい気分になった。 060.gif



f0308721_02590734.jpg
国道461号の “袋田の滝入口” の信号を右に曲がり、そのすぐ先で県道324号に入る。 070.gif 
久慈川に沿って南下し、踏み切りを横切って民家の間を抜ければマイカーを停めた袋田駅に着く。


奥久慈には他にも霊山、常葉鎌倉岳、竹貫鎌倉岳、鍋足山、篭岩など気になる岩稜、岩塔の山がある。
特に今回訪れた男体山の南側、大円地越から南へ伸びる奥久慈岩稜には鷹取岩、のぞき岩、小背負い岩、櫛ガ峰などの魅力的な岩峰、岩塔があり心そそられる。 
奥久慈はさしずめ茨木における、群馬の西上州的存在みたいである。 ぜひ再度訪れてみたいエリアだ。


本ルートのマップ は下記のヤマレコのリンクをクリックしてね (^_-)-☆ 


私のこのトレイルへの評価: 4★ 中級者向け
距離:約10km/ 所要時間:休憩込で約7.5時間(袋田駅=大円地P 7:15‐健脚コース分岐 7:25‐男体山 8:50/9:10‐第2展望台 12:10‐第1展望台 12:30‐月居山 13:20/13:30‐袋田駅14:40)
標高差: 450m

f0308721_02591375.jpg

下の “登山” をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the banner below, so that your access can be counted.

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村

by dream8sue | 2018-11-21 03:03 | 茨城県エリア | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hikingbird.exblog.jp/tb/30203730
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 安中市 妙義山の古典ルートを登... 大子町 生瀬富士の岩稜からモミ... >>