佐久市 佐久の岩場でクライミング     Rock Climbing in Saku, Nagano

Sunday, November 16, 2018
f0308721_22153146.jpg
長野県佐久市にある佐久の岩場は、知る人ぞ知る、いわば地元ご用達の岩場。
開拓当初(40年くらい前?)はクラックルートが主体であったようだが、現在ではクラックはほとんど登られて無く、ボルトルートがメインである。

そのボルトも劣化している物が多いが、最近、地元のボランティアによってリボルトされている。
そんな地元クライマーに愛され、維持されている貴重な岩場である。 110.png

岩質は凝灰岩で、岩の全面に横筋が入ったような模様が特徴的である。
この横筋は、一見カチホールドに見えるが、実は指のかかりが悪いスローパーが多いので、見た目に騙されて取り付くと痛い目にあうよ。 034.gif

2018年の冬と秋に何度か訪れた佐久の岩場を備忘録として簡単に記録する。


追記: 今秋の一般公開に先駆けて 2019年4月1日 から佐久の岩場は有料化となりました。 
岩場の入口周辺にパーキングが設置され、“駐車料・環境整備代” という名目で、“1000円/1人(JFA会員は500円)” の実質的な岩場使用料が徴収されることなりました。

パーキングは岩場へのアプローチの狭い林道の途中に3、4ヶ所に分散されています。
砂利を敷いただけのスペースに “駐車場” と書かれた井出工業の看板が置かれています。




【ひなたエリア】
f0308721_22145642.jpg
いくつかあるエリアの中で、冬場の日当たりの良いのが、その名の通り【ひなたエリア】である。
陽当たり良好だが、風が通るので、風の強い日は要注意かも。 034.gif
5.9~5.10くらいの比較的易しいルートが多く、いつも数パーティーが取り付いている人気エリア。



f0308721_22150478.jpg
そんな中で “ネクスト・ウィーク 5.11b” は、下部のハング越えが難しい5.11のルート。



【黄昏2エリア】

【黄昏エリア】は、1と2があるが、2の方が午前中の陽当たりが良いので冬場にはお勧めだ。 049.gif 
f0308721_22205964.jpg
【黄昏2エリア】の初めの一歩は、 “道しるべ 5.10a” からっしょ!  049.gif 



f0308721_22210520.jpg
道しるべ の右隣にある “万華鏡 11a”  
地元クライマーからの最新情報によれば、アンカーのボルトがだいぶ錆びているとのことなので、TRなどの使用に際しては注意されたい。 034.gif



f0308721_22213615.jpg
道しるべ の左隣にある “天使の誘惑 10a” こちらも上部の土壌が壁側へはみ出してきているとのこと。
トライするなら、左の “テレパシー 10c” の方が安全かも? 034.gif



f0308721_22214228.jpg
比較的新しいルートで “登竜門 5.11a” は、この岩場では稀な被り系ルート。 



【黄昏1エリア】

f0308721_09553909.jpg
黄昏1エリアには、佐久の岩場の看板ルート “イエローキャット 11b” がある。



【奥の奥の院エリア
f0308721_22214854.jpg
【奥の奥の院エリア】と【奥の院エリア】は、1日中陽当たりが良く、風当たりも少なく、周辺に雪が残っていても暖かかった。 049.gif 

しかし、ルート名もグレードもはっきりしない。 
佐久の岩場の特性を知ったうえで、ルートを見極めて取り付くこと。



f0308721_22244852.jpg
奥の奥の院にあるつるつるのフェイスの岩。



f0308721_22245381.jpg
ボルト3本くらいの短いルートのあるフェイス。



f0308721_22250057.jpg
中間にクラックのある5.10cくらいのルートは、中間のクラックと上部のフェイスが難しい。
ザラザラの岩質なので、ジャミングすると痛い!痛い!  135.png



【奥の院エリア】
f0308721_22250566.jpg
奥の院エリアの比較的すっきりした10cのルートは、下部の凹角から上部のフェイスへと変化があって面白い。 049.gif 



f0308721_22251152.jpg
その右横のクラックと側壁を登る5.11a のルート。 見栄えがするね~ 049.gif  



f0308721_22251652.jpg
さらに右へ行くと、 ハング越えの “君といつまでも 5.11+” があり、このルートから右側は古いTOPOに記載がある。



f0308721_22252261.jpg
その右側の平面壁には5.11台が3本横並びにある。

・・と言った具合に、TOPOがあって無いようなものなので、TOPOはあてにならない。
古~いTOPOに各自で付け加えたり、修正したりして目安にしているのが現状である。



【道の駅エリア】

【道の駅エリア】は、佐久の岩場の中では比較的新しいエリアであるが、アプローチが若干遠い。
f0308721_22281715.jpg
岩場には【道の駅】の看板があるので分かり易い。 
この看板から右の数本のルートは、昔の【けやき対岸エリア】である。



f0308721_22303771.jpg
各ルートの取付きには、 ルート名の書かれた札がグルーで貼ってあるので、トライの目安になる。 040.gif  



f0308721_22304365.jpg
看板のすぐ上にあるボルト4本のルートは “風雪 10c”



f0308721_22304800.jpg
“冬将軍 5.7” のクラックを挟んで右のルートは “ロンリー・ウェイ 11a” であるが、RCCボルト2本が現役で使用させている。



f0308721_22305409.jpg
その右のカンテルート“野獣と美女”を挟んだ右のクラックは、“聖子ちゃんクラック5.8/5.9” で佐久の岩場では、今も登れる貴重なクラックルートである。



f0308721_22310009.jpg
その右に 5.10a のフェイスがあるが、最後のボルトにクリップしてからが核心で、ボルトが足下になるのでちょっと怖い。  008.gif  



f0308721_22310548.jpg
その右にある “寒桜 5.11a”  の右隣が “道のり 5.10b” で豪快にカンテを越えて行くボルト12本の長いルート。



f0308721_22311097.jpg
さらに右へ大きくトラバースしていくと、短いルートが3本あるフェイスがある。
左端がバランスの悪い10aのカンテルート。



f0308721_22323708.jpg
短いルートのフェイスの右が、 “一人晴香 5.10c” と “晴香 5.11a” 



f0308721_22324248.jpg
さらに右側には 5.11台のルートが数本ある。



f0308721_22324706.jpg
【道の駅】の看板から左のエリア



f0308721_22325396.jpg
看板寄りには 5.9のルートが2本ある。



f0308721_22325987.jpg
その左には “マトリックス 5.10d” と “ボルサリーノ 5.10c” で、その左にも 5.11 以上のルートが数本ある。


佐久の岩場は、5.10 ~5.11のルートが多く、初級から中級のクライマー向けである。
エリアは他にもスギ林に囲まれた【一本杉エリア】、 あまり登られていない【けやきエリア】、【大天社エリア】などがある。

前記した通り、この岩場は地元の承認が得られていない私有地にあり、
利用者のマナーが問われるセンシィティブな岩場なので、利用に際しては下記事項を厳守でお願いします。 040.gif 

                    ・林道への車の出入り禁止!(パーキングは旧小学校のバックヤード・要届け)
                    ・ガスコンロなどの火気厳禁!
                    ・ゴミの持ち帰りなどの環境への配慮をすること。
                    ・無事故への絶対的な安全対策をすること。
                    ・地元の方への挨拶など、摩擦軽減への姿勢をとること。


利用者は、マナーを守って、いつまでも登らせてもらえるように心掛けましょう。

f0308721_10314713.jpg

下の “登山” をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the banner below, so that your access can be counted.

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村

by dream8sue | 2018-12-16 22:03 | RC 長野県の岩場 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hikingbird.exblog.jp/tb/30224194
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 御宿町/勝浦市/鴨川市 コバル... 安中市 妙義山塊の最高峰 谷急... >>