2018年 03月 03日 ( 1 )

奥武蔵の岩場訪問 秩父市吉田の柴崎ロック     Rock Climbing at Shibasaki Rock in Chichibu, Saitama

Saturday, March 3, 2018
f0308721_02005541.jpg
今回の奥武蔵の岩場訪問は、秩父市にある柴崎ロック。 なんと15年ぶり2度目?の訪問。
同じ奥武蔵エリアで越生町の聖人岩(下記リンク参照)と同じ石灰岩の岩場。


クライミングのルート本には、石灰岩の岩場にしては珍しく低グレードのルートが多いと書かれているが、
私には、低グレードでこの難しさですか! (;^_^A アセアセ・・・ と感じる岩場である。

ところで、何で “柴崎” ロックって名前なのだろう? 
通常なら岩場の名前には地名がつくことが多いけれど?
開拓者のメンバーに柴崎さんという人物はいないみたいだし?
どなたか、岩場の命名についてご存知の方がいたら教えてください。  <m(_)m>



f0308721_02010160.jpg
<マイカーの場合>
前橋方面からは関越自動車道花園ICから皆野寄居有料道路を使うのが早い。
または、県道13号線で藤岡市を経由して南下し、埼玉県皆野町を通って秩父市にアクセスする。

道の駅龍勢会館(埼玉県秩父郡吉田町大字久長32)から4kmほど西に走ると石間川に架かる “万年橋” がある。
その万年橋の手前を右折し、県道363号(石間下吉田線)を約3km走ると左に “漆木集会所” がある。
集会所の前の鋭角な三叉路(漆木登山路の標識あり)を右折し林道に入る。

舗装されている林道であるが、季節によっては落石や倒木で荒れている可能性がある。
林道の右側に写真の三角石(マッターホルン状露岩)が見えたら、その先の路肩にパーキングできる(約8台)。

岩場へは、この三角石から谷側へ下り、フィックスロープの張られた左の斜面を降れば5分とかからない。



f0308721_02010744.jpg
針葉樹林帯の中に段々のように、傾斜90~120度くらいの岩場が続いている。
最下部の岩場の下には小川が流れている。



f0308721_02011240.jpg
中間部の岩場にある、 “うまいぞギンナン(5.8)” や “エントツ(5.9)” あたりが初級者にはお手頃ルート。



f0308721_02011838.jpg
湾曲した溝の “エントツ(5.9)” を “これ以上は足が開かない!” と泣きながらステミングするSue。 129.png



f0308721_02012390.jpg
“ウォーミングフック(5.10a)”  を登る同行者。
“ウォーミングフック(5.10a)” の左にある  “うるしぎ(11a)” はお得ルートとして人気があるようだ。



f0308721_02012931.jpg
岩場最下部の最も端にあるルート “秩父事件(5.11a)” 周辺の岩は脆い部分があるので要注意。 132.png


針葉樹林の木立ちの間から部分的に陽差しは当たるが、一日中、岩は冷たかった。 148.png
下流に川が流れているせいか?なかなか気温が上がらない。
季節的にまだ早い感じで、この岩場はもう少し暖かい時季の方が快適に登れるのではないだろうか。 178.png


You can find the topo here. ↓ 
f0308721_02013460.jpg

下の “登山” をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the banner below, so that your access can be counted.

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村

by dream8sue | 2018-03-03 01:37 | Rock Climbing | Trackback | Comments(5)