カテゴリ:富士箱根伊豆 国立公園( 6 )

富士 愛鷹連峰の禁断の峰 鋸山から位牌岳を歩く     Mount Ashitaka in Fuji-Hakone-Izu National Park

Friday, September 28, 2018
f0308721_12564465.jpg
2018年の9月は台風のオンパレードで、次から次へと台風が襲来する。
そんな9月下旬、台風24号が接近する中で、嵐の前の晴れ間が1日だけ期待できる日があった。
そこで急きょ、行きたい山リストからピックアップしたのが静岡県の東部にある愛鷹(あしたか)連峰である。

愛鷹連峰は富士山の南東に連なる山群で、最高峰の越前岳(1504m)の山頂部は富士箱根伊豆国立公園に属している。


鋸岳から位牌岳までは廃道です。 
経験者(読図や登攀のできるレベル)のみ、または経験者と同行してください。 
当然ですが、入山に際しては自己責任の概念をしっかりともって行動してください。




f0308721_12565089.jpg
<マイカーの場合>
今回の登山口は、静岡県裾野市にある須山登山口(山神社入口)である。
関越自動車道~首都圏中央連絡自動車道~東名高速道路と繋ぎ、裾野ICで下車して富士方面(西)へ向かう。
“下和田” の信号を右折し、“須山” で国道469号に合流し2kmほど西へ走れば “愛鷹登山口” のバス停があるので、そこを左折。
針葉樹林に囲まれた林道の中を1kmほど走れば、左に山神社の広いパーキングがある。



f0308721_12565646.jpg
パーキングの先にある鳥居から山路に入り、涸れ沢を横ぎり薄暗い植林地の中を登る。 
真っ直ぐに伸びたスギの木立が美しい。



f0308721_12570132.jpg
やがて自然林に変わるあたりからトレイルも西方向へ曲がっていく。

あら、可愛い鹿がこちらをじっと見ている。 カメラを向けても動かない。



f0308721_12570788.jpg
やがて小沢に差しかかると愛鷹山荘(避難小屋)が見えてくる。
愛鷹山荘は、よく整理整頓されていて古いながらも地元の登山者に愛されている感が伝わってくる山小屋だ。



f0308721_12571285.jpg
愛鷹山荘の裏手から尾根を目指して登れば程なく富士見峠である。
越前岳に登る前に富士山の眺望を求めて右手の黒岳に寄ることにする。 



f0308721_12571748.jpg
富士見峠から右(北東)に曲がって尾根をひと登りすれば “黒岳展望台” で富士山の眺望が得られる。 

また、黒岳周辺の尾根には天然スギが残っていて、裾野市の指定文化財(天然記念物)となっている。
私は富士山の眺望よりも、この天然スギに惚れた!  113.png



f0308721_12572344.jpg
天然スギの森を抜けて東へ少し行ったところが、ぽっかりと開けた黒岳(1086m)の山頂である。
黒岳周辺では サンショウバラ などの植物観察が楽しい。 060.gif 



f0308721_13115932.jpg
もちろん富士山の眺望もバッチリ! 頭を雲の上に出し~ 060.gif 



f0308721_13120531.jpg
さて、黒岳をピストンして富士見峠まで戻ったら越前岳へ向かおう。 

この先のトレイルは荒れた感じで、粘土質の路は深くえぐられて流水溝状態になっている。
それゆえ新たな踏み跡が左右にできている。



f0308721_13121192.jpg
途中の “鋸岳展望台” から見える鋸岳と位牌岳のシルエット



f0308721_13121617.jpg
さらに登り “富士見台” を過ぎると、山頂付近の美しい原生林となる。



f0308721_13122304.jpgf0308721_13122983.jpg
9月に入るとキノコがやたらと目につくようになる。 この山にもいっぱい可愛いキノコが顔を出していた。



f0308721_13123514.jpg
原生林の樹木やキノコを楽しみながら登るうちに、愛鷹連峰の主峰、越前岳(1504m)に到着。 066.gif 
可愛い地蔵が出迎えてくれる。 037.gif
山頂広場は開けていて、ピクニックテーブルもある。 063.gif 

越前岳には北側の登山口、十里木から登ってくるハイカーが多い。



f0308721_13124261.jpg
駿河湾の展望もいいね~ スカイコンディションが良い日には、南アルプスも遠望できるらしい。



f0308721_13164321.jpg
さて、越前岳で休憩後は呼子山へ向かう。
南の尾根路を降って石標の立つヤセ尾根をしばらく行くと、右手に高場所尾根へのトレイルが分かれる。



f0308721_13164991.jpg
花は、アキノキリンソウ や テンニンソウ、リンドウ、ハンカイシオガマ、ヤマジノホトトギス などの花がちらほらと見られる。
が、何と言っても多いのは トリカブト の花で、あちらこちらに咲いている。 056.gif 056.gif 056.gif 



f0308721_13165933.jpg
右側に海を感じながらアップダウンを繰り返せば、やがて割石峠の道標があり、その先が呼子岳である。
呼子岳(1310m)の先の尾根(南東尾根)は急峻なのでロープでブロックされている。



f0308721_13170602.jpg
呼子岳でハーネスとヘルメットを装着し、割石峠分岐まで戻り、北側の尾根から割石峠を目指す。
鉄ハシゴでザレた急斜面を降り右へ進めばV字の谷の割石峠に着く。 まさに石を割った眺めだね。



f0308721_13171437.jpg
ここには古い道標が残っていて、ここで初めて鋸岳の山名を見る。
このあたりからトレイルも荒れてきて、いかにも廃道っぽい気配がする。 037.gif 



f0308721_13172111.jpgf0308721_13172909.jpg
 まずは、地図に載っていない、小さな石仏がたたずむ小さなピーク蓬莱山に登る。 
鋸岳の始まりはこの蓬莱山からで、存在感のある警告板が設置されている。 

警告されるまでも無い、山登りなんて行為はハイキングでもヒマラヤ登山でもすべては自己責任だ! 034.gif 



f0308721_13173615.jpg
Oh~ 鋸岳のヤセ尾根と岩壁帯が見下ろせるではないか!  いよいよデンジャラスゾーンに突入だ。



f0308721_13260113.jpg
ヤセ尾根に入り、まずは5mの壁をクサリの助けで登る。  

注意)クサリは劣化が激しいので、使わないか、補助的に使うくらいが無難。 034.gif 



f0308721_13260779.jpg
登ったら今度は下り気味のトラバースであるが、ここのトラバースがメチャ怖い!  008.gif 
一応、残置のクサリにセルフビレーして慎重に行こう。 034.gif 



f0308721_13261582.jpg
リッジを巻いて、反対側のガレ場から岩場のトラバース。



f0308721_13262317.jpg
次のリッジ上では眼前に緑の壁が現れる。 こんな壁の何処を登るの~?  008.gif 



f0308721_13263096.jpg
・・と思ったら、壁の左に食い込む濡れたルンゼにクサリが張ってあった。
まずは、脆そうなガレ沢を降って岩場をトラバースして濡れたルンゼの基部へ。。



f0308721_13264149.jpg
濡れたルンゼはフットホールドが悪くて、フリーでは厄介なので、ついついクサリを掴んでしまう。  008.gif 



f0308721_13265806.jpg
濡れたルンゼを詰め上げてコルに立つ。 反対側は絶壁で3mほどの足場の切れた草付きトラバースとなる。
が・・この3mが怖い!  008.gif 
 
足場が濡れていて滑り易い上に、クサリのアンカーが浅打ちで今にも抜けそうだ。
う~ん、メンタルにくるな~  008.gif 



f0308721_13270529.jpg
続いて現れる濡れたスロープのクサリ場も悪い!  008.gif 



f0308721_13281909.jpg
さらに、登り返しの10mの垂壁は、フットホールドが岩に刻んであるが、高度感があるので緊張する。  008.gif 
まさに禁鳥の夏?秋?だ。 たまや~  041.gif



f0308721_13282666.jpg
グングン登って谷底から脱出した感あり。 
このトラバースで悪場は終わりかな?・・・いやいや・・人生そんなに甘くない・・ 046.gif  037.gif 



f0308721_13283109.jpg
鋸岳の悪場を過ぎてしばらくヤセ尾根を行く。 こんな立派な道標があるが、ここはまぎれもなく廃道です!  034.gif 



f0308721_13283724.jpg
あら、クチベニタケ! 昨年、秋田県の森吉の滝を見るハイキング(下記リンク参照)で初めてみたキノコだ。




f0308721_13284447.jpg
見通しのきく尾根にでて先を見れば・・位牌岳までまだ遠いな~  042.gif  



f0308721_13285402.jpg
位牌岳の登りに入り、悪場がまた現れる。
左側が崩れた濡れた岩場なので、残置のクサリにセルフビレーを取りながらトラバースする。  008.gif 



f0308721_13290089.jpg
湿った環境に咲く シラヒゲソウ に初めて出会う。 060.gif 056.gif  群馬県では絶滅危惧種なのでなかなか出会えない。



f0308721_13290876.jpg
さらに急登が続く。



f0308721_13350171.jpg
足場の悪い急斜面には長いクサリがセットされているが、劣化しているのでクサリではなく木の根を掴んで越える。  



f0308721_13351403.jpg
デンジャラスゾーンに入って約2時間半、待望の位牌岳に到着。 何はともあれ自分たちが位牌にならなくて良かった。 037.gif 

さて、下山は位牌岳から北東方向の尾根に進む。 道標など無いバルエーションルートなので、位牌岳でしっかり方向確認する事。 034.gif 

私達は、ルートとは真逆の南東方向の一般道へ進むというミスをおかした。
Point to Pointの縦走で、このまま南にある愛鷹山まで行ければ理想的であるが、
私達はマイカーなので山神社パーキングへ戻らなければならないのに・・

位牌岳に着いた安心感から、何も考えずに歩き易いトレイルに進んでしまった。
よくあるミステイクであるが、ここで30分の時間ロス。 059.gif 



f0308721_13352081.jpg
位牌岳の北東尾根はマイナーであるが、深い広葉樹の森で、私は嫌いでは無い。 紅葉シーズンは綺麗だろう。



f0308721_13352735.jpg
北東尾根のターニングポイントである1336mピークに向かう途中では富士山の展望もあり、西陽に輝く富士山が疲れた身体に元気をくれる。



f0308721_13353578.jpg
Wow! 149.png 005.gif   食中毒の事故が多いと言われるツキヨタケ(毒キノコ)の大群。 食べちゃダメだよ。 034.gif 



f0308721_13354434.jpg
西陽に照らされた1336mピーク(前岳というらしい)から左へほぼ直角に曲がり大沢へ下る。



f0308721_13355118.jpg
前岳からの下りは、かなりの急勾配で膝にくる。 042.gif 



f0308721_13355981.jpg
やがて、長い尾根が終わり沢筋に降り立つ。 大沢の支流(東沢?)から大沢に合流する。



f0308721_13392127.jpg
苔むした雰囲気の東沢をケルンに導かれながら降って行くと、大沢の流れに沿う林道にでる。
この林道は崩壊がひどく一部完全に切断されているので、大沢の河原に降りて、適当なところからまた林道に登り返す。 034.gif 



f0308721_13392800.jpg
忠実に林道(大沢の右岸)を下って行くと、やがて大沢の堤防を左手に見るようになる。



f0308721_13393475.jpg
さらに林道を下って、大沢の広い河原を飛び石で渡渉すれば、スタート地の山神社パーキングは近い。


廃道探険シリーズの何度目かは忘れたが、今までの廃道の中でも悪い方に感じた。
さしずめ、群馬県の妙義山の廃道、金鶏山の縦走路って感じかな~

欲張って黒岳から周回したので、けっこう長い縦走になってしまった。
技術も体力も必要な正真正銘の上級コース。


本ルートのマップ は下記のヤマレコのリンクをクリックしてね (^_-)-☆ 


私のこのトレイルへの評価: 4★ 上級者向け
距離:約14km/ 所要時間:休憩込で約11時間(山神社P 6:30‐富士見峠‐7:30‐黒岳 8:00/8:15‐富士見峠‐越前岳 10:40/11:00‐呼子岳 12:00/12:10‐鋸岳‐位牌岳 14:50/15:00‐池の平分岐往復 15:30‐前岳 16:10‐ 山神社P 17:40)
標高差: 約730m(累積標高差 約1250m)


f0308721_13394006.jpg

下の “登山” をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the banner below, so that your access can be counted.

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村

by dream8sue | 2018-09-28 13:43 | 富士箱根伊豆 国立公園 | Trackback | Comments(4)

箱根 金太郎の里から登る金時山     Mount Kintoki in Fuji-Hakone-Izu National Park

Thursday, January 4, 2018
f0308721_13085209.jpg
金時山は箱根山の外輪山の1座で、富士箱根伊豆国立公園の箱根地区の最北に位置している。
そして、金時山の北の登山口である足柄峠は、金太郎伝説で有名な神奈川県南足柄市と静岡県小山町にまたがる峠である。
私は、2015年の元旦に金時山の北東にある矢倉岳を登った際に南足柄市を訪れているが、今回はその続きとも言える山行である。



f0308721_13090184.jpg
<公共交通の場合>
私は前日に湯河原幕岩でクライミングをした都合で、小田原に前泊し、小田原駅から伊豆箱根鉄道大雄山線で大雄山駅まで行った。
大雄山駅から箱根登山バス(地蔵堂行き)で終点の “地蔵堂” 下車。

関東からは、新宿で小田急小田原線に乗り新松田駅で下車し、そこから地蔵堂行きバスに乗る方法もある。
どちらの駅からもバスの本数が少ないので、事前にバス時刻などを確認しておこう。

また、箱根方面へは新宿駅or東京駅から高速バスが出ているので、
乙女峠や金時登山口などの国道138号線にある各登山口から高速バスを使うのも良いだろう。
私も帰路は、静岡県側の乙女峠バス停へ下り、小田急箱根高速バスを利用した。


f0308721_13090733.jpg
大雄山駅からバスに揺られること約25分、う~ん、3年ぶりの地蔵堂だ!  101.png
金太郎伝説によれば。源頼光(平安時代の武将)の四天王の一人、坂本金時(金太郎)は、この地蔵堂で生まれたとか・・

ここから夕陽の滝までは1度訪れているので、迷うことなく金太郎の里へ向かう。
地蔵堂を正面に見て、左の道を行けば、金太郎生家跡地などのある集落を通って夕日の滝に行ける。

集落の中には、今年もイノシシの皮が干してある。
しかも2015年の時は1枚だったのが、今年は3匹分の皮が干してあった! 150.png



f0308721_13091276.jpg
夕日の滝は、酒匂川の支流内川にかかる落差23mの滝で、金太郎の産湯に使われたとか・・
金太郎伝説は別にしても、垂直に落ちる一筋の流れは実に美しい。



f0308721_13091902.jpg
今年は冷え込みが強いみたいで、滝壺周辺にできたツララが寒々しくもあるが、風情もある。



f0308721_13092454.jpg
夕日の滝の入口(夕日の滝キャンプ場パーキング)からは、3年前に登った矢倉岳(下記リンク参照)が見える。




f0308721_13092900.jpg
トレイルは、夕日の滝の入口から西側の針葉樹林帯へ入って行く。
徐々に南へ戻るように蛇行して、夕日の滝の上流の流れに沿ってまた西へ向かう。

辺りにはヒノキの香りが漂い、なんとも良い気分だ。 110.png
以前、参加した上野村の森林セラピー(下記リング参照)で、ヒノキには神経をリラックスさせる効果があると聞いたことがある。




f0308721_13093407.jpg
ヒノキ林の中を20分ほど歩けば休憩舎が現れ、その少し先でトレイルが左右に分かれる。
左は沢を渡り内川支流の左俣に沿って、金時山の北に位置する丸鉢山へダイレクトに登るトレイルである。
右は一旦足柄峠に出てから丸鉢山へ至るトレイルである。
どちらから行っても時間に大きな差はない。



f0308721_13191126.jpg
私は足柄峠経由で丸鉢山へ行き、そこから金時山へ目指すことにした。
分岐からしばらく支流の右俣に沿って進み、途中から右の尾根に登る。



f0308721_13191867.jpg
徐々に傾斜を増す尾根を30分ほど登れば、車がパーキングしている足柄峠に飛び出す。
足柄峠までは足柄街道と呼ばれる県道が走っているので、車なら足柄峠から1.5kmほど南にある車止めゲートまで入ることができる。
マイカーでここまで乗り入れて金時山を目指すハイカーも多い。



f0308721_13192438.jpg
ゲートからは、未舗装であるが道幅の広いトレイルを南へ向かって歩く。



f0308721_13193037.jpg
林道歩きは面白くないので、林道と並行につけられた左の山林の中の小道に入ってみる。
落葉を踏みしめ、明るい自然林を歩く方が気分は良い。 169.png



f0308721_13193629.jpg
しかし、小道も長くは続かず、すぐに林道に合流し、やがて南に金時山が高くそびえる丸鉢山(猪鼻砦跡)に着く。



f0308721_13194382.jpg
山というより、金時山の北側の取付きと言ったほうがしっくりくる丸鉢山であるが、ここは今回のトレイルで一番の富士山の展望台だった。
やはり箱根から見る富士山は大きいな~! 102.png
金時山の山頂は混雑していることが予想されたので、ここで富士山を見ながらのランチ休憩とする。 180.png



f0308721_13194988.jpg
丸鉢山からは、金時山の北尾根に取り付く。
金時山は山頂付近が急峻でイノシシの鼻のように見えることから、かつては猪鼻嶽(いのはなだけ)などと呼ばれていたらしい。
古い荷上げケーブル?が残る新柴分岐で鳥居をくぐると、いよいよ急登が始まる。



f0308721_13195764.jpg
トレイルのほとんどが、石段と手すりの付いたしっかりしたハシゴ階段である。
過去に滑落事故があったらしく、そのせいなのか、よくあるアルミ製の貧弱なハシゴではなく重厚なスチール製の階段である。



f0308721_13221239.jpg
f0308721_13222867.jpg
山頂直下のトレイルからは、右手に富士山の絶景と、矢倉岳がもうあんなに低くなっている。



f0308721_13223674.jpg
階段を息を整えながらゆっくりと登りつめる。
そして、金時山(1212m)の山頂にある2軒の茶屋の間から展望広場に飛び出す。 166.png
西に富士山、南に箱根山の大展望が開ける。  177.png
案の定、山頂はハイカーで賑わっているので、長居は無用である。  135.png



f0308721_13224876.jpg
下山は、右に富士山、左に箱根山を見ながら、なだらかな長尾山を経て乙女峠へと下る南西尾根を行く。
右奥に見えているのは、富士山の南隣に位置する愛護山塊。 私には未知の領域だ。



f0308721_13225936.jpg
山頂からしばらくは、急なザレた尾根をフィックスロープなどを頼りに降る。 140.png



f0308721_13230697.jpg
やがて長尾山へ向かう穏やかな尾根となり、途中に箱根山の展望が開ける場所がある。 177.png
神山と台ヶ岳、噴煙が立ち上っているのが大涌谷で、仙石原の右奥に芦ノ湖が輝いている。



f0308721_13231330.jpg
自然林とササの生えた路を小さなアップダウンを繰り返しながら進む。



f0308721_13231974.jpg
時々振り返ってみれば、木立の間に金時山が見え、山頂に建つ茶屋も分かる。



f0308721_13253946.jpg
そして、山らしくない長尾山を過ぎると、正面に乙女峠の南西に位置する丸岳を見ながらの下降となる。



f0308721_13254633.jpg
急斜面を降りきった所が乙女峠で、廃屋となった乙女茶屋があり、西側に富士山を見る展望台がある。
乙女峠からは、神奈川県側の “乙女口” と、静岡県側の “乙女峠バス停” への2つのルートが左右に分かれている。
私は右(静岡県側)の乙女峠バス停へ下山した。



f0308721_13255356.jpg
乙女峠から針葉樹林の中を1kmほど降れば林道に降り立つ。
林道を左に曲がり5分も行けば、ふじみ茶屋の前の “乙女峠バス停” に着く。



f0308721_13260085.jpg
渋滞で15分遅れて来た小田急箱根高速バスに乗り、新宿駅まで約2時間半の帰路である。
ハイキングで疲れた身体は、バスに乗るやいなや、うとうと浅い眠りについた。 152.png

地蔵堂から足柄峠を経由して金時山までの登りは、そこそこの標高差(約800m)がある。
特に丸鉢山からの金時山北尾根の勾配はきつい。
しかし、山頂から乙女峠までは約2km(バス停まで3km)と短く、標高差も400mほどなので、下山は比較的楽である。

箱根エリアは、観光地として発達したため、都心からの交通の便が良いことも嬉しいね。 165.png 110.png


本ルートのマップ は下記のヤマレコのリンクをクリックしてね (^_-)-☆

私のこのトレイルへの評価: 4★ 初級者向け
距離:約9km / 所要時間:休憩込で約4.5時間(地蔵堂9:30‐夕日の滝‐足柄峠ケート 11:10‐丸鉢山 11:30/11:50‐金時山12:30/12:40‐乙女峠‐乙女峠バス停 14:00)
標高差: 約800m


f0308721_13260640.jpg
下の “登山” をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the banner below, so that your access can be counted.

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村

by dream8sue | 2018-01-04 12:59 | 富士箱根伊豆 国立公園 | Trackback | Comments(4)

富士 青い富士山を見ながら鬼ヶ岳から王岳を歩く     Mount Onigatake in Fuji-Hakone-Izu National Park

Friday, September 15, 2017
f0308721_00481120.jpg
まさに嵐の前の静けさ、台風18号が上陸する前日に富士箱根伊豆国立公園の北、御坂山塊の鬼ヶ岳から王岳を歩いてきた。
台風の影響で朝から雲がたれこめていたが、時間が経つにつれて雲の切れ間から富士山が顔を出してくれた。 174.png




f0308721_00481735.jpg
<マイカーの場合>
中央自動車道河口湖ICで降り、国道139号線(富士パノラマライン)で西へ走る。
森の駅風穴の信号 “富岳風穴前” から2kmほど西へ走った三叉路を右折して県道21号線に入る。
県道を4kmほど東へ走れば西湖の西端にある無料パーキング(西湖根場浜駐車場)に着く。
綺麗な公衆トイレもあり、30台くらい駐車可能なパーキングである。




f0308721_00482203.jpg
パーキングの前にあるバス停(漁眠荘前)から漁眠荘の前を通って北へ向かう。
漁眠荘の隣にあるキャンプ場の脇を通りぬければ “鬼ヶ岳登山道入口” の道標がある。
小川(東入川)に沿って、ススキの生えた林道から山路へ入って行く。
正面に見えるはずの雪頭ヶ岳(鬼ヶ岳の南方にあるピーク)は雲の中で見えない。 134.png




f0308721_00482893.jpg
林道はすぐに堤防に突き当たり、堤防を左からまわり込んで川の右岸(川下に向かって右)を行く。




f0308721_00492104.jpg
林道は沢に吸収され、さらに大きな堤防が現れる。
この堤防の下流を渡り右手のヒノキ植林地から堤防の左岸へ登る。




f0308721_00492838.jpg
ヒノキ林をひと登りで堤防の高さに達する。




f0308721_00494327.jpg
ヒノキ林からカラマツ林へと変わり、しばらく薄暗く急な登りが続く。




f0308721_00495082.jpg
Wow! 苔の切株にキノコの花が咲いている。  150.png




f0308721_00511311.jpg
植林帯を左へトラバースしながら斜上していくと、雪頭ヶ岳の西尾根上に出る。 
そして、あたりがブナなどの自然林に変わる。




f0308721_00511922.jpg
山腹には見なれない花が・・シモバシラというシソ科の花らしい。  178.png
冬になると枯れた茎に霜柱が出来ることでついた和名のようだが、私はまだ茎にできる霜柱(氷柱)を見たことは無い。

私が知っている霜柱は、地中の水分が凍結して地表が盛り上がる霜柱のほうだけだ。
幼い頃は、その霜柱を踏みつけて、足の裏でサクサクとなる音と感触を楽しんだものだ。 110.png




f0308721_00512631.jpg
やがて、ブナ林に岩や石が増えてくれば稜線は近い。




f0308721_00513609.jpg
おや、この花も初めて見る花だ。  178.png
細い枝の先に花を付けるハンカイシオガマという花のようだ。




f0308721_00531964.jpg
樹林帯が終われば雪頭ヶ岳の南斜面に飛び出る。
南側の展望が開け、振り返れば西湖が輝いて見える。  177.png




f0308721_00532770.jpg
朝は雲に隠れていた富士山も “頭を雲の上に出し~♪” の歌詞通りだ。 169.png
なお、雪頭ヶ岳のピークは狭いうえに展望もイマイチなので、この雪頭ヶ岳直下の草原で富士山を見ながら休憩する方が良い。  181.png




f0308721_00533439.jpg
しかも、このあたりは夏から秋にかけては高山植物が多く見られる場所だ。 178.png
ウメの花を思わせるウメバチソウを見ると、 “あ~もう夏が終わるんだな~” と淋しく感じてしまう。 139.png




f0308721_00534234.jpg
同じ秋の花でも、こちらのマツムシソウは素直に秋の訪れを感じることができるのは何故だろう・・  154.png




f0308721_00535349.jpg
おや、またまた初めて見る花だ。  150.png 178.png
オオナンバンギセルという葉緑素を持たない寄生植物で、ススキなどのイネ科の植物の根に寄生する珍しい花らしい。




f0308721_00540531.jpg
展望地を過ぎて、フィックスロープのセットされた岩場を2カ所ほどこなせば雪頭ヶ岳(1710m)に着く。 166.png
雪頭ヶ岳山頂はとても狭い岩頭であるが、東側の十二ヶ岳方面がよく見える。  177.png

2014年に毛無岩から十二ヶ岳を歩いたことがあるが、なかなかスリルのある岩場が続いていた。 
鬼ヶ岳と王岳は、その十二ヶ岳から西側へ連なる稜線である。





f0308721_00541640.jpg
雪頭ヶ岳から一旦ギャップに降り、ハシゴのセットされた岩場を登り返す。




f0308721_00543926.jpg
岩場の上に立つと、これから向かう鍵掛峠から王岳への稜線が見える。  177.png




f0308721_01002299.jpg
岩場の先でガレたヤセ尾根を慎重に越え、樹林の中を少し行けば鬼ヶ岳の山頂はすぐだ。




f0308721_01003743.jpg
大きなボルダーが中央にある鬼ヶ岳(1738m)の山頂は、甲府盆地を取り巻く山々がよく見える。




f0308721_01012064.jpg
ピークの端には一角獣の角のような岩が天を刺している。  114.png




f0308721_01012915.jpg
さて、鬼ヶ岳のピークで遊んだ後は、王岳への縦走路へ進もう。




f0308721_01030278.jpg
適度な陽当たりがある樹林帯が続き、トレイル脇にはトリカブトの群落が多い。  178.png




f0308721_01025100.jpg
ミヤマママコナの花も多い。  178.png
ハクサンフウロと、ハナイカリ(写真)がポツリポツリと咲いている。
私は、このハナイカリは春に咲くイカリソウと同族だと思っていた・・が、違ったようだ。
イカリソウはメギ科の多年草で、このハナイカリはリンドウ科の一年草なんだね。




f0308721_01031973.jpg
鬼ヶ岳と王岳のほぼ中間地点にある鍵掛峠までは、岩場の多いアップダウンを繰り返しながら250m程の下降となる。




f0308721_01035761.jpg
岩場の上から振り返って鬼ヶ岳を見る  177.png




f0308721_01050351.jpg
岩場の下りにはフィックスロープがセットされた個所もある。
南側は絶壁なので、特に下りの場合は注意してね。 




f0308721_01051455.jpg
大きなボルダーが行く手をふさぐが、お助けロープを使ってボルダーの右側のクラックを登る。




f0308721_01052529.jpg
ツキヨタケと思われるキノコが古木に鈴生りになっていた。 150.png
以前、戸隠山でも見かけたが、やはり鈴生りだった。





f0308721_01053853.jpg
そして、鬼ヶ岳から約1時間で鍵掛峠に着いた。 
ここから左(南)へ分かれるトレイルは本沢川沿いを歩いて根場まで行く路だ。




f0308721_01071233.jpg
Wow! 久しぶりに綺麗な形のトモエシオガマを見る。  178.png




f0308721_01071960.jpg
鍵掛峠から王岳へは小ピークをいくつも越えて行く。
そのひとつのピークがここ、1589mピークには標石がある。
木の枝に “鍵掛” と書かれたテープが巻かれ、マスコットが掛けられていた。  110.png




f0308721_01073008.jpg
その後も、ただの稜線の小突起に “吉沢山” とマーキングしてあったりして、御丁寧なことだ。
吉沢さんちの山なのかしら? ( ◠‿◠ )クスクス
ブナの木も多く残る稜線であったが、王岳へ近づくにつれササがトレイルを隠すようになる。  140.png




f0308721_01074457.jpg
吉沢山?あたりからは西湖が左下に今までとは違う角度で見えるようになる。  177.png




f0308721_01092997.jpg
そして、三角点と石祠のある王岳(1623m)に到着。  166.png
鍵掛峠から1時間40分、結構長い縦走路であった。




f0308721_01094351.jpg
ピークの北側は樹林帯で展望は無いが、南側は切り開かれていて青い富士山が良く見える。  177.png




f0308721_01101416.jpg
王岳で休憩した後は、西へわずかに降った所から西湖根場浜へ下山する。
直進する路は、五湖山から精進湖方面への縦走路である。




f0308721_01104003.jpg
分岐を左に曲がり南斜面(王岳南稜)に入ると、上部は足場の悪いササ原の急下降となる。 140.png
足を滑らせないように慎重に降ると、やがて広いササ尾根となる。




f0308721_01122021.jpg
尾根路は途中から(道標あり)西入川の上流を絡めたスイッチバックのトレイルになる。
急下降が終わり、涸れ沢を渡れば林道に出る。




f0308721_01123040.jpg
荒れた林道をひたすら降れば、手入れのされた植林帯から里道へ出る。




f0308721_01123758.jpg
里道を直進すると左側に “西湖いやしの里根場(野外博物館)” の茅葺屋根の集落が見えてくる。 
右側は、いやしの里のパーキングで、登山者用のパーキングも併用されている。
いやしの里パーキングの出店で買い物をしたり、トイレ休憩したりして民家の脇を通って西湖根場浜のパーキングまで歩く。




f0308721_01124470.jpg
里はコスモスが咲き、ススキの穂が秋風にそよいでいた。 秋だな~  

トレイルの面白さは、以前に登った毛無山から十二ヶ岳の方が俄然エキサイティングである。
また、鍵掛峠から王岳、王岳から西入川への下りは、夏季はササが伸びているので初春や晩秋の方が歩き易いかもしれない。 
ともあれ、台風が上陸する前に、富士山を見ながらのハイキングができて良かった。

本ルートのマップ は下記のヤマレコのリンクをクリックしてね (^_-)-☆


私のこのトレイルへの評価: 3★ 初級~中級者向け
距離:約10km/ 所要時間:休憩込で約7.5時間(根場P 7:00‐雪頭ヶ岳 9:30‐鬼ヶ岳 10:00‐鍵掛峠 11:00‐王岳 12:30/13:00‐林道合流 13:40‐根場P 14:30)
標高差: 約830m(累積高低差 約1170m)
f0308721_01125218.jpg
下の “登山” をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the banner below, so that your access can be counted.

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村

by dream8sue | 2017-09-15 01:20 | 富士箱根伊豆 国立公園 | Trackback | Comments(0)

富士 花盛りの三ツ峠山      Mount Mitsutōge in Fuji-Hakone-Izu National Park

Sunday, July 17, 2016
f0308721_21434724.jpg
私の中で三ツ峠と言えば、ロッククライミングのゲレンデという認識であった。 ハイキングでも登られている山だとは知っていたが、これほどまでに多くのハイカーが訪れている山だとは思っていなかった。 また、三ツ峠山が開運山、御巣鷹山、木無山という3座の総称であることも知らなかった。 今回は、そんな私にとって懐かしくも新鮮な三ツ峠山へ花を愛でながらののんびりハイキングである。  056.gif 070.gif 056.gif




f0308721_21451384.jpgf0308721_21453883.jpg
<マイカーの場合>
三ツ峠山へは、いくつかの登山口があるが、今回は三ツ峠登山口(裏口登山道)からの往復6kmのトレイル歩きである。
中央自動車道 河口湖ICから国道137号線の新御坂トンネルの入り口脇(三ッ峠入口)に入る。三ツ峠入口から“御坂みち”に入り、三ツ峠登山口バス停で天下茶屋方面を左に見送り、北東へ清八林道の細い道に入る。西川を渡るとトイレが完備された三ツ峠登山口パーキングがある。




f0308721_2147328.jpg
三ツ峠登山口(裏口登山道)からのトレイルは、最もコースタイムが短く、バス便もあるため (と言っても、便数は極めて少ない) 多くの登山者はこのルートから登っているようだ。 パーキングから金ヶ窪沢の左岸に付けられた林道が山頂まで続いている。 沢沿いの林道は道幅も広く、春から夏にかけては美しい花々が咲くので楽しみが多いトレイルである。 水際に咲くこの花はミツモトソウ(ミナモトソウ)かな? 056.gif




f0308721_21533540.jpg
徐々に沢筋を離れて高度を上げていく。





f0308721_215428100.jpgf0308721_21545366.jpg
タマアジサイやシモツケソウに混じって咲いている地味な花は、イヌトウバナ(写真左)に タカトウダイ(写真右)かな?




f0308721_21555654.jpg
林道の横の尾根には、蛇行している林道とは別に三ツ峠登山口パーキングへ続くショートカットのトレイルがあったので、下山はそのトレイルを使って降りた。




f0308721_21564725.jpg
登山口から1時間弱でベンチが設置された休憩ポイントがある。 063.gif




f0308721_21572431.jpg

f0308721_21574054.jpg休憩ポイント周辺には、これまた地味な植物が畑のように群生していた。

テンニンソウという植物らしい。 056.gif





f0308721_21583156.jpgf0308721_21585569.jpg
テンニンソウに混じって白いバラのような美しいバライチゴ(写真左)や、宝石をちりばめたようなキヌタソウ(写真右)が針葉樹の森の中でひっそりと咲いている。 レンゲショウマも球状の蕾をつけて深く首を垂れ下げていた。




f0308721_2201376.jpg
やがて、針葉樹林から抜け出し、四季楽園(山頂直下にはこの四季楽園と三ツ峠山荘の2軒の山荘が通年営業している)へ行く近道を左に分け、右手側へ進み木無山から続く稜線に登り上げる。この辺りは、陽ざしが当たる路なので、がぜん高山植物の種類が増えてくる。 056.gif 056.gif




f0308721_2203763.jpgf0308721_2205176.jpg
ヤマオダマキ(写真左)に、ウスユキソウ(写真右)




f0308721_2215143.jpg

f0308721_222750.jpgクガイソウが至るとことに群生している。 056.gif 056.gif
クガイソウといえば、茎の先端に穂状に長い総状花序をつけるのが一般的(写真上)だが、写真のような形態のクガイソウ?も咲いていた。
初めて見る花に驚きと発見があって楽しい。 005.gif 043.gif





f0308721_223881.jpg
やがて三ツ峠山荘下の分岐に着く。右へ進むと木無山(1,732m)へ至る。この付近は視界が開け、富士山が間近に迫る。この日の富士山は雲の帽子を被っていた。 037.gif




f0308721_2233714.jpgf0308721_2235035.jpg
足元にはネバリノギランや、ハクサンフウロ(写真左)と、それに似たゲンノショウコウ(写真右)などの花が咲いていた。




f0308721_2251130.jpg
富士山の眺望を楽しんだら分岐に戻り、三ツ峠山荘の庭を通って広場のような広い稜線上を四季楽園方面に進む。両方の小屋には多くのピクニックテーブルが設置されているので休憩には最適の場所だ。 063.gif 四季楽園のバックには山頂にアンテナ群をもつ御巣鷹山(1,775m)がそびえる。




f0308721_2253674.jpg
また、稜線広場から北東には、三ツ峠山の最高峰、開運山(1,785m)がすぐ目の前に姿を現す。




f0308721_226583.jpg
また、その開運山の直下にはロッククライミングのゲレンデで有名な屏風岩の壁が切れ落ちている。 005.gif
私も昔、何度か登った記憶がある壁なので懐かしい。私はとうに現役ではなくなったが、この壁は今も現役でクライマー達を受け入れている。




f0308721_22212755.jpg
稜線広場周辺ではオオバギボウシやミズチドリなどが満開のお花畑があり、その上を早くも多くのトンボが飛び交っていた。そして、そのトンボの数と同じくらいの大勢の小学生たちが集っていた。




f0308721_22215031.jpg
トンボと小学生の群れをやり過ごし、開運山を目指し四季楽園の先にある富士見山荘(営業していない)の脇から急坂を登る。板で階段状に補強されたザレた斜面を登って行くと前方に2つの大きな反射板が現れる。 反射板の後ろにはFM電波の中継局がある。





f0308721_22223314.jpgf0308721_2222482.jpg
この斜面には、ハクサンオミナエシによく似たキンレイカ(写真右)が咲いていた。




f0308721_22233778.jpg
三ツ峠山荘から20分ほどで開運山のピークに到着! 066.gif 眼下には、先ほど歩いてきた稜線の広場と四季楽園が見下ろせる。




f0308721_22235150.jpg
開運山の山頂は、富士山は元より南アルプスや八ヶ岳なども見える360度の大パノラマが広がる・・はずなのだが・・この日はイマイチの空模様だった。 002.gif




f0308721_2230822.jpg富士山の展望で有名な三ツ峠山であるが、こんなにも高山植物が多い山だということは知らなかった。
展望はイマイチだったけれど、遠出してきた元は取れた気がする。

私のこのトレイルへの評価: 4★ 初心者、初級者向け
行程距離: 約6km(三ツ峠登山口‐三ツ峠山荘‐四季楽園‐開運山‐四季楽園‐三ツ峠山荘‐三ツ峠登山口)
標高差: 約560m
実動時間: 約5時間 (休憩込み)



f0308721_223127.jpg
この情報は役にたちましたか? 下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.

にほんブログ村

にほんブログ村

by dream8sue | 2016-07-17 22:42 | 富士箱根伊豆 国立公園 | Trackback | Comments(2)

伊豆 城ヶ崎海岸でハイキング     Jogasakikaigan in Fuji-Hakone-Izu National Park

Wednesday, December 31, 2014
f0308721_2194694.jpg
寒波が接近しているとは思えないほど暖かく穏やかな伊豆の城ヶ崎海岸。前日には数人でクライミングを楽しんだ。が、さすがに大晦日のこの日はメンバーは帰宅し、私だけが残り1人ハイキングを楽しむこととなった。 070.gif 前日のクライミングシーンはこちらから→ 伊豆  城ヶ崎海岸でクライミング Rock Climbing Jogasaki in Izu National Park

城ヶ崎海岸は約4000年前に近くにある大室山の噴火で溶岩が流れ、溶岩流と海の侵食作用でできた小さな入り江が連続している。門脇崎灯台や門脇吊橋などの観光名所もあり見所満載だ。海岸線に沿って“城ヶ崎ピクニカルコース”と“城ヶ崎自然研究路”の、合わせて全長9kmの遊歩道が整備されている。私の1人ハイキングは、この2つのコースを北から南にたどる、のんびりぽかぽかハイクだ。 058.gif




f0308721_2110780.jpgハイキングの起点は、ログハウス調の作りの “城ヶ崎海岸駅” だ。

前橋、高崎から電車で5時間くらい(新幹線や特急を使えば3時間くらい)で来れるだろう。

“城ヶ崎ピクニカルコース” は全長3kmで、城ヶ崎海岸駅よる県道を20分ほど東に行った “払” というバス停から海岸に沿って南下し、ぼら納屋(現在は磯料理が味わえる休憩所)、門脇吊橋、門脇崎灯台を経由して海洋公園まで行くコースである。




f0308721_21112888.jpg
私は門脇吊橋までは、駅前の道を真っ直ぐ南に向かい、県道を横切り、桜並木に沿って閑静な別荘地を1.5kmほど行く道をたどった。 “城ヶ崎ピクニカルコース” のハイライトである門脇吊橋・灯台にダイレクトに行くことができる道だ。




f0308721_21115657.jpg
別荘地を過ぎ、海岸方面に行けば駐車場の先に、半四郎落としと呼ばれる門脇吊橋がある。高さ23m、長さ48mの吊橋だ。 072.gif




f0308721_21122666.jpg
門脇吊橋の周辺は、目もくらむような断崖絶壁が多く、TVドラマなどのロケ地にもなっているようだ。 005.gif




f0308721_21124261.jpg
絶壁に砕け散る白い波を見ていると、青い海に吸い込まれそうになるので、あまり岩壁の際に立たないほうが良さそうだ。怖~! 008.gif




f0308721_2113652.jpg
吊橋を渡ると門脇崎(かどわきざき)灯台がある。 灯台の展望台には自由に登ることが出来る。




f0308721_21132481.jpg
灯台の基部から、これから歩く城ヶ崎海岸の入り江が一望できる。 072.gif




f0308721_21134837.jpg
さて、灯台に登って展望を楽しんだ後は、伊豆四季の花公園などがある海洋公園を目指そう。駐車場の脇から石段を降っていく。 071.gif




f0308721_21141045.jpgf0308721_21141910.jpg
このトレイルは日当たりも良く、緑がいっぱいだ。群馬の冬は寒く、冬枯れの木々や雪山ばかりでいささかうんざりしていた。やはり緑の樹木や明るい色の花を見れるのは嬉しい。ハイキングはこうでなくっちゃね。 058.gif 060.gif

葉がフキに似ているツワブキは、マルバダイブキに似ているが、やや小ぶりで葉に光沢があるのが特徴だ。白く縁どられたように見える葉をもつのが、磯に咲く菊から命名されたイソギクだ。どちらも秋から冬にかけて咲く、城ヶ崎海岸を代表する花だ。もちろん、私はこれらの花を観るのは初めてで心がはずむ。 056.gif 056.gif 060.gif




f0308721_2115883.jpg
波の音を聞きながら、海岸沿いのトレイルを行くと、美しいマツ林にでる。そこに “穴口(あなぐち)” と書かれた標識があったので矢印の方向に寄ってみた。 026.gif




f0308721_21154363.jpg
穴口は溶岩の中に出来たトンネルが陥没したもので、のぞき込むと海水が打ち寄せるのが見える。 005.gif




f0308721_2116976.jpg
“城ヶ崎ピクニカルコース” のトレイルは観光客用のプロムネイドなので、よくメンテナンスされた歩き易いトレイルだ。 072.gif 070.gif




f0308721_21163649.jpg城ヶ崎海岸駅から歩き出して約2時間、フラワーガーデンやダイビングスクールなどがある伊豆海洋公園に着く。

休憩するには最適な場所だ。 063.gif

私は売店で “やんも” というピンク色のソフトクリームを買って食べた。

“やんも” はヤマモモという温暖な地域に生える樹木の実で、城ヶ崎一帯はこのヤマモモの群生地らしい。
イチゴよりもやや酸味があり、乾いた喉にはとても美味しかった。 011.gif




f0308721_21172568.jpg
伊豆海洋公園から、しばらく舗装道路を西にたどり、蓮着寺というお寺の境内を横切る。お寺の公衆トイレの脇に “城ヶ崎自然研究路” の入口がある。自然研究路は蓮着寺から八幡野漁港までの全長6kmのコースで、自然が造成した景観を満喫できる。観光客も少なく、私はピクニカルコースよりも自然研究路の方が好きだな。 045.gif




f0308721_2118849.jpg
研究路に入ってすぐに “石食いのモチの木” という案内板があり、寄ってみると木が石を食べていた! 005.gif 頻繁にハイキングをしていると、こういう木を時々見かけるよね。 045.gif




f0308721_21183065.jpg
トレイルも素朴な感じでいいね~ 072.gif 043.gif




f0308721_21192052.jpg
すぐに日蓮崎に着く。日蓮が流罪になったという “俎岩” や大正年間に作られた篠海灯明台跡などが見られる。 その先からは溶岩が流れ出て作られた地形が良く分かる。多くの小さな岬には、それぞれ “いがいが根” “田中磯” “とよ” “あかねの浜” “はしがかり” “おおばい” “こばい” “大淀・小淀” などと名前が付けれている。




f0308721_212018.jpg
“城ヶ崎自然研究路” に入って、約1時間強、“かんのんの浜” を過ぎて、 “いがいが根” に到着。城ヶ崎海岸で180°の展望がきく最も広い溶岩広場である。




f0308721_21203381.jpg
“いがいが根” から0.2kmほど内陸に入れば、伊豆高原駅からアクセス可能な駐車場もあり、マイカーやタクシーでここにピンポイントで訪れることも出来る。 ハイキングはしたくないけど、海岸散策したい観光客にも手ごろな観光スポットになっている。 072.gif




f0308721_21205948.jpg


f0308721_21214284.jpgf0308721_2121599.jpg
“いがいが根” から “なが根”“田中磯” などの磯釣りファンの多い岬を過ぎる。 日当たりの良いトレイルには花だけでなく、こんな実を付けた樹木もたくさん見かける。 マサキの実から赤色の種子が出て美しい。青い実はブルーベリーかな?




f0308721_2122484.jpg

f0308721_2123520.jpg小さな岬や入り江は前記したもの以外にもたくさんある。

全部の岬に立ち寄ることは時間的に難しいだろうが、メイン・トレイルからさして離れていないので、休憩場所を兼ねて自分のお気に入りの岬を探してみるのも面白い。 034.gif

私は “てんぐのはな”という、あまり人が立ち寄っていなそうな(踏み跡がはっきりしていない)岬に寄ってみた。トレイルから3分ほど踏み跡をたどれば、そこは岬の突端である。

誰もいない、正にプライベート・ケイプである。う~ん、幸せ!043.gif

いるのは眼前の岩場で羽を休めている海鳥たちだけだ。 003.gif




f0308721_21241281.jpg
あまりにも暖かくて快適なプライベート・ケイプで休憩しすぎてしまった。先を急ごう。

赤いケープを掛けたお地蔵さんが出迎えてくれる “とよ” でトレイルは二俣に分かれる。 右に行けば伊豆高原駅への近道となる。 ここでは左に行こう!この先にある絶景を見ない手はない。 034.gif 070.gif




f0308721_21251025.jpg
“とよ” からさらに海岸線を行くと、緑の樹林帯の中に葉を落とした木々が現れる。この左手には “あかねの浜” がみえてくる。




f0308721_21253283.jpg
またまた、ここでも寄り道。磯は楽しい! 060.gif




f0308721_21255743.jpg
枯れたイソギクなか? 赤い星みたいで綺麗だな~ 072.gif 045.gif




f0308721_2126319.jpg
“あかねの浜” を過ぎると、登り坂になり、断崖絶壁を眼下に見ながら歩くようになる。 ハイキング終点の八幡野漁港まであと3kmくらいだ。 この後半のトレイルが実に素晴らしい!




f0308721_2127394.jpg

f0308721_21271896.jpgf0308721_21273388.jpg
しっとりした風情のトレイルには興味深い樹木がたくさん生えている。古い葉が新しい葉に場所を譲るという意味のヒメユズリハや、葉は細長くお団子のような実をつけるイヌマキなど、庭木としても人気のある樹木に会える。おや?この木はどうしたことか、たくさんのミミズ腫れ? 005.gif




f0308721_21281831.jpg
植物鑑賞をしながら、しばらくトレイルを行くと、ひと際目立つ標識で“はしがかり”と書かれた道標がある。木々の間から自然が自ら設計施工したのかと思われる石橋が見える。5分くらい踏み跡をたどって先端まで行ってみると、何と、これまた自然が作りだしたペンタゴン模様のファンディーション(基礎?)があるではないか!005.gif




f0308721_21284993.jpg
トレイルに戻り、振り返れば実に興味深い光景が・・!ペンタゴン模様のファンデーションは波に砕けてしまった柱状節理の石柱の跡だ。 072.gif




f0308721_2129854.jpg
木々の間から、湾曲した柱状節理の石柱が打ち寄せる波を受け止めているのが見える。 072.gif




f0308721_21295037.jpg
ハイキングも終盤、西日に光る海が美しすぎて物悲しくなるのは私だけ・・? 037.gif




f0308721_2130303.jpg
八幡野漁港へは、コンクリートで施工された対馬川を横切り、このコースのもう一つの吊橋、橋立吊橋を渡ることになる。なお、八幡野漁港まで行かず、対馬川に沿って内陸に10分ほど行けば伊豆高原駅に着ける。
対馬川を渡る少し手前に川の水が海に流れ落ちている “対馬の滝(たじまのたき)” があるので立ち寄ると良いだろう。北から歩いてくると、この滝の入口は見落としやすいので注意が必要だ。対馬川の橋を渡る手前の “かさご根” の岩場からよく見える。




f0308721_21305877.jpg
“かさご根” の岩場から岩壁の下を覗き込む。 あまりに波紋が綺麗なのでしばし見つめてしまう。072.gif




f0308721_21311872.jpg
対馬川を渡り、マツ林のトレイルを少し進めば、水原秋桜子の句碑がある広場の先に、橋立吊橋がある。




f0308721_21315031.jpg
橋立吊橋は、高さ18m、長さ60mの吊橋だ。橋の上から海岸の絶壁でクライミングを楽しみクライマーたちが見下ろせる。 “ファミリークラック” というクラック・クライミングのエリアである。 066.gif




f0308721_21322811.jpg
橋立吊橋を渡り、 “じょうせんが根” を過ぎれば、そろそろ “城ヶ崎自然研究路” も終わりだ。 右にお墓をみて民家の前を通り石段を降れば八幡野漁港に出る。 070.gif




f0308721_21324851.jpg石仏が3体ある所から右に急坂を登り、ガードをくぐり、国道135号線に出る手前を右に曲がれば、伊豆高原駅へは20分くらいで着くだろう。

伊豆は暖かくて最高だ!035.gif
久しぶりにオーシャン・ビューとグリーンの植物を見ることが出来てとても楽しかった。 060.gif
良い年越しとなった。
そして、翌日の元旦も私は富士山の見える矢倉岳へと向かった。  070.gif

私のこのルートへの評価:5★
行程距離:約10km(城ヶ崎海岸駅‐門脇吊橋・灯台‐海洋公園‐いがいが根‐対馬川‐橋立吊橋‐八幡野漁港‐伊豆高原駅)
行動時間:約6.5時間(休憩、いくつかの岬への寄り道込み)

f0308721_21335274.jpg

この情報は役にたちましたか? 下の画像をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the photo below, so that your access can be counted.

にほんブログ村

にほんブログ村

by dream8sue | 2014-12-31 23:00 | 富士箱根伊豆 国立公園 | Trackback | Comments(0)

富士 毛無山から十二ヶ岳へ富士山の展望と歩く     Mount Jyunigatake in Fuji-Hakone-Izu National Park

Friday, November 28, 2014
f0308721_10211904.jpg
群馬や長野のマイナールートが多かったので、今回は世界遺産の富士山の麓でハイキング。河口湖と西湖の2つの湖の北に位置する毛無山から十二ヶ岳を歩くループトレイルだ。
毛無山から十二ヶ岳までの稜線は名前の通り12の岩のコブを越えていくヤセ尾根で、両手の動因を余儀なくされるダイナミックなトレイルだ。 070.gif
加えて、お天気が良ければ富士山を側らに見ながらの雄大なハイキングが楽しめるだろう。この日の朝は、まるでお正月の年賀状にあるような、朝日を浴びた富士山が雲の上に顔をだしていた。しかし・・ 025.gif



f0308721_10212734.jpgf0308721_10213409.jpg
前橋、高崎からのアクセス:中央自動車道河口湖線を河口湖ICで下りて、国道139号線で西に向かう。国道から河口湖畔に付いた県道710に入るには色々なアクセスがあるが、民家の狭い路地に入り込みやすいので少し遠回りになるが比較的大きな道路として、 “大田和” の信号で県道714に右折し、 “小海” で左折すれば湖畔沿いの道路県道710に合流する。しばらく湖畔に沿って北西に走り河口湖の最西端にある長浜の三叉路を左折で県道21に入る。2つ目の大きなカーブの先に霊園があり、路肩に駐車スペースがあるのでそこに駐車可能。ただし霊園訪問者優先と思われるので混雑時は配慮が必要である。少し先には “毛無山登山口” のバス停があり、さらにその先に“文化洞トンネル”がある。登山口は文化洞トンネルの左の柵で仕切られた空地(駐車不可)の北側にある。

電車利用の場合は、JR中央本線の大月駅で富士急行に乗り換えて河口湖駅で下車。駅からは富士急行バスの西湖民宿行きなら “長浜” まで、西湖周遊バスなら前記した “毛無山登山口” まで入れる。が、どちらも本数は少ないのであらかじめ時刻を確認しておこう。毛無山へは長浜からの登山口もあるのでバス利用の場合はそちらも一考に値する。当然のことながら駅からタクシーを利用すれば時間ロスが少なくてすむ。 049.gif



f0308721_10240054.jpg
登山口からすぐの所に現在の文化洞トンネルの前に使用されていたと思えるトンネル跡がある。
そのトンネル跡を左に見ながら山の斜面をひと登りすれば足和田山への分岐点に出る。
尾根の反対側には西湖がすぐ近くに感じられる。毛無山、十二ヶ岳方面は右(北)に向かう。



f0308721_10241003.jpg
はじめは緩やかな雑木林の中を行く。 071.gif



f0308721_10242743.jpg
左に道祖神が現れたら、段々と傾斜が増して本格的な急登が始まる。



f0308721_10243930.jpg
辺りはアカマツ林に変わり、よく踏まれたトレイルを尾根に沿って直登して行く。 070.gif



f0308721_10250207.jpg
途中、四等三角点のある小ピーク?から傾斜が緩くなり、再び登り坂をこなすと、長浜からのトレイルが合流する。
この辺りは秋なら紅葉が綺麗なところだ。



f0308721_10293249.jpg
分岐からは毛無山への最後の急登が始まる。毛無山直下では低木とススキに変わり展望が急に開けてくる。
振り返れば眼下には河口湖と富士河口湖町の市街地が遠望できる。 072.gif



f0308721_10295387.jpg
登ってきた尾根を挟んで右手(西側)には、あまり開発されていない西湖が静かに横たわっている。 072.gif



f0308721_10300040.jpg
登山口から約2時間で毛無山(1,500m)に到着だ。
山頂は広く、南側にそびえる富士山の展望台なので一休みしながら富士の雄姿を堪能しよう。 063.gif 072.gif



f0308721_10301087.jpg
この日は、朝は良かった天気が段々と下り坂にむかい、今まさに富士山には黒い雲が垂れ込め、上からの太陽光線が光のカーテンを作っていた。
写真では上手く写っていないが、思わぬ天空ショーに感激! 005.gif 043.gif




f0308721_10322643.jpg
さて、悪天になる前に先を急ごう。
毛無山から十二ヶ岳までは全長1.6kmとさして長い距離では無いが、岩場のアップダウンが多いので距離感以上に疲れるだろう。
毛無山から西へ歩き出すとすぐに一ヶ岳が現れ、小さなアップダウンをこなせばニヶ岳、三ヶ岳と過ぎる。
四ヶ岳を越えて、ようやく十二ヶ岳のピークが眼前に現れる。
ここまではさほど苦労するようなクサリ場もなく順調に歩ける。



f0308721_10324132.jpg
途中に、こんなカラフルな樹皮の木が目にとまった。迷彩服を連想するのは私だけ? 003.gif 072.gif



f0308721_10325051.jpgf0308721_10330005.jpg
五ヶ岳からやや大きなギャップの登り返しで六ヶ岳に着く。七ヶ岳は大岩の左を巻いて行く。



f0308721_10363414.jpg
八ヶ岳のピークは南側に降って巻き、九ヶ岳の岩峰は北側基部を巻く。
ンディションが悪い時はスリップ予防にフィックスロープにセルフビレーを取りながら降るのも賢明だろう。 049.gif



f0308721_10364440.jpg
十一ヶ岳の登りからは結構きつくなる。フィックスロープやクサリ場も増えてくる。



f0308721_10370610.jpg
十一ヶ岳周辺は緑の樹木が多い。



f0308721_10372157.jpg
季節的に花や実は少ないが、唯一この樹木が赤い蕾をつけていた。 056.gif 何だろう?アセビかな? 039.gif



f0308721_10385809.jpg
ようやく十一ヶ岳に到着。ここからいよいよ核心部に突入! 070.gif 066.gif



f0308721_10391912.jpg
いきなり、十一と十二ヶ岳の鞍部への下り。ロープ1本分、約40mくらいはあると思われる傾斜の強い凹角。
クライミングダウンと言うこともあり、私はこのセクションが一番緊張したな~。 008.gif



f0308721_10393732.jpg
先に下りた人は、万が一、後続のハイカーが落石した場合に直撃されるので、鞍部についても気を抜かず周囲に注意を払っていよう。 034.gif



f0308721_10394483.jpg
長い凹角を降りきるとアルミの吊橋を渡る。
ヒマラヤのクレパス帯に掛けられたラダーを強化したような橋で結構揺れる。 008.gif



f0308721_10431971.jpg
吊橋を渡ってからも急登は続く、時にフィックスロープを頼りに登り・・



f0308721_10433062.jpg
最後のクサリ場は、クサリを使わずに右側の足場の良さそうなところを三点支持で登るほうが楽である。
Sueは思いっきり足を開いて登っているね。全然楽そうに見えないじゃん!041.gif



f0308721_10434437.jpg
すべてのクサリ場をやり終え最後の急登に入る。
途中で古木に生えた貝殻のような青いキノコに思わず足を止める。 072.gif




f0308721_10435947.jpgf0308721_10451478.jpg
やっとの思いで急登を登りきる。山頂に着いたと思ったら、そこは桑留尾(くわるび)登山口に続くトレイルとの分岐だった。十二ヶ岳の山頂へはここから100mほどヤセ尾根を西に行ったところだ。
登山口から約3時間半、毛無山から約1時間半で十二ヶ岳(1,683m)に到着!  066.gif あまり広くない山頂には石祠などが置かれ、晴れていれば南に富士山が見えるはずなのだが、残念ながらすでにガスで真っ白である。 007.gif 西には金山を経て鬼ヶ岳へのトレイルが続いている。 060.gif
群馬県にも小野子三山と呼ばれる連峰があり、その中の一峰に十二ヶ岳という同名の山がある。そちらの山もツツジの咲く頃に行くと実に美しいトレイルなのでお勧めだ。→ 群馬の駅からハイク vol.1: 渋川市小野子 小粒でも登りがいたっぷりの小野子三山



f0308721_10481185.jpg
山頂は狭いので分岐まで戻り休憩しよう。晩秋のハイキングでは暖かなお茶や食べ物が身体を温めてくれる。 063.gif
一休みしたら霧が雨にならないうちに下山に取りかかる。
桑留尾登山口は十二ヶ岳登山道とも呼ばれ、十二ヶ岳への最短ルートである。
はじめはフィックスロープがベタ張りの急な下りが続く。斜度20度くらいの滑り台のような足場の悪いところが何箇所かあるので、ロープを上手く利用してスリップしないように降ろう。 034.gif



f0308721_10482182.jpg
しばらく進むと樹林帯に入り “地蔵” と呼ばれる平坦地を過ぎる。さらに降り薄暗いツガ林に入る。



f0308721_10483063.jpg
すぐにアカマツ林へと植生が変わり、ぐんぐん高度を下げていけば文化洞トンネルへの分岐が現れるので左(東)に曲がる。
直進して西湖の桑留尾登山口にでて、バスを利用し文化洞トンネルに戻ることも可能である。



f0308721_10483959.jpg
分岐を東に進むと緩やかに下る水平路になる。途中にイノシシの暴れた?と思われるような跡があった。
そういえば登山口の近くにイノシシの捕獲装置が設置されているので注意を促す看板があった。
イノシシ、鹿、熊、猿と日本のトレイルは獣公害、獣遭遇注意報がたくさんあるね。 021.gif



f0308721_10484759.jpg
やがて標高が下がり、右下には西湖の気配を感じられるようになる。



f0308721_10485550.jpgf0308721_10490350.jpg
途中 “旧根場通学路” と書かれた標識があるので右に進む。こんな山路が通学路?昭和36年に西湖北岸道路が開通するまで使われていた通行路らしい。 045.gif 最後は集落の中に出るので、集落から湖畔の周回道路に合流する。キャンプ場の前を通り東に行けば文化洞トンネルが見えてくる。トンネルをくぐれば霊園まではもうすぐそこだ。



f0308721_10523937.jpg
集落の中で見たモミジの大木。周りはすでに葉を落としているのに、この木だけが紅葉真っ盛りだった。
まるでロウソクが燃え尽きる直前に大きく炎を上げるかのような晩秋の炎のように感じた。 072.gif



f0308721_10524656.jpg私のこのトレイルへの評価:5★ 中級~上級者向け
行程距離:約7km(文化洞トンネル登山口‐毛無山‐十二ヶ岳‐十二ヶ岳登山道‐旧通学路‐文化洞トンネル登山口)
高低差:約800m 行動時間:約6時間(休憩込み)


f0308721_10525311.jpg
この情報は役にたちましたか? 応援クリックしていただけたら嬉しいです。
↓ Click Nowヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

by dream8sue | 2014-11-28 19:51 | 富士箱根伊豆 国立公園 | Trackback | Comments(2)