カテゴリ:山形県エリア( 2 )

遊佐町 鳥海山から鳥海湖を歩く     Mount Chōkai in Yuza, Yamagata

Tuesday, July 24, 2018  
f0308721_00423100.jpg
鳥海山ハイキングの2日目。 
初日は、鉾立(象潟口)から山頂御室小屋まで、ゆっくりと花を愛でながら登り、御室小屋に宿泊。
2日目は山頂を踏んで、御室小屋から鳥海湖まわりで鉾立へ下山する。


鳥海山の花に興味のある方は、初日の 鳥海山の花図鑑(下記リンク)を参照してね。




f0308721_00423750.jpg
ガスガスの霧で展望の無かった前日に引き続き、2日目の朝も山頂付近は濃霧に覆われていた。
最高点の新山の登頂を諦めて下山するツアー客を横目にみながら、どうしたものかと思案していると・・
少しだけ霧がはれて明るくなってきたので、ダメもとで山頂へ向かう。

山頂御室小屋の西側広場からペンキ矢印に従って北側の岩山に取り付く。



f0308721_00424394.jpg
神が戯れに作った積石のようなルートは、ボルダーを四つ足で登る全身運動だ。 
ハイキングストック不要・・というか邪魔だった。



f0308721_00424825.jpg
こんな岩だらけの山にも小さな生命が・・ ツガザクラの実かしら?



f0308721_00425715.jpg
途中で、いったん岩の大亀裂の底へ降る。 



f0308721_00430478.jpg
そして、再び登り返せば、大岩に新山(2236m)と書かれたピークに着く。 
案の定、新山からの展望は無く、残念! 145.png

晴れていれば、北は 秋田駒ケ岳(下記リンク参照)、南は翌日登る予定の月山や朝日連峰が見えるはずなのだが。




f0308721_00430978.jpg
下山は、矢印に従ってループ状に御室小屋へ下るルートへ進む。 途中に胎内潜りのアトラクション?つき。 037.gif 



f0308721_00431551.jpg
さて、御室小屋にデポしたザックを回収して、御田ヶ原まで往路を戻る。
出来れば外輪山コースを歩きたかったのだが、霧が濃くて展望が期待できないとのことで千蛇谷に降った。
でも、途中から外輪山が姿を見せる。



f0308721_00465961.jpg
まあ、前日は全く視界が無かったので、同ルートの下降も良いだろう。



f0308721_00470580.jpg
千蛇谷に降り立つ頃には青空も見えてくる。



f0308721_00471113.jpg
f0308721_00473626.jpg
千蛇谷の雪渓から尾根への登り返しは、お花畑の中。



f0308721_00474234.jpg
やはり、天気が良いとテンションも上がるね。  060.gif 024.gif   



f0308721_00474968.jpg
ここでも、山頂付近で見られた チョウカイフスマ や イワブクロ が咲いていた。 
天然の花の寄せ植えみたい。 178.png



f0308721_00480029.jpg
前日に コバイケイソウ の群落だった七五三掛で振り返れば、火口の内壁と外輪山がよく見える。



f0308721_00480919.jpg
西側には、扇子森と、そのバックに稲倉岳が霧の中から姿を出している。



f0308721_00503736.jpg
その右側に目を転じれば、鳥越川の源頭部と鳥海山の北西の山麓が広がっている。



f0308721_00504485.jpg
さて、七五三掛の展望を楽しんだ後は、ハクサンイチゲ や ミヤマキンポウゲ の咲く御苗代の湿原を降って・・



f0308721_00505070.jpg
ハクサンシャジン をはじめとする高山植物が満開の八丁坂の下りとなる。
前日と同ルートとは思えない、光輝く花ロードに歓声が上がる。 038.gif



f0308721_00564512.jpg
八丁坂を降りきった地点が御田ヶ原分岐で、直進すれば扇子森から御浜小屋へ至る。



f0308721_00565676.jpg
私達は分岐を左に折れ、扇子森の南面をトラバースする木道に沿って鳥海湖へ向かう。



f0308721_00570212.jpg
南面には多くの雪渓が残り、草原には ニッコウキスゲ の群落がみられる。



f0308721_00570998.jpg
おや、木道の隙間に咲く白花は・・ シロバナニガナ だと思うけど・・他の山で見るより綺麗。



f0308721_00571949.jpg
木道が北西にカーブした先に見えてきたのが、ドーム形の鍋森。
手前に左へ分かれる木道が見えるが、万助道と二ノ滝道と呼ばれる南面のトレイルへ続く道のようだ。



f0308721_00575940.jpg
f0308721_00580767.jpg
そして、それらの分岐をやり過ごした先に、待望の鳥海湖が待っていた。



f0308721_00581408.jpg
コバイケイソウ や ニッコウキスゲ の群落が残雪の湖畔を飾っている。



f0308721_00582269.jpg
湖面の景色が見てみたくてザレ場を降りれば、対岸の稜線に御浜小屋が見える。



f0308721_00583114.jpg
鳥海湖の南面を巻き、御浜小屋への分岐を右に見て、左(西)斜面のトレイルへ進む。
このあたりでは、イワショウブ などの湿原の花が見られる。



f0308721_00583707.jpg
ミヤマリンドウ



f0308721_00584540.jpg
特にこの ヒナザクラ が斜面一面に咲く光景は圧巻だった。



f0308721_00585150.jpg
西面トラバースが終わって合流したのが、長坂道というやはり南面へ向かうトレイルである。  
右へ行けば御浜小屋。



f0308721_00594146.jpg
f0308721_00595080.jpg
このあたりも花畑となっている。 青空に映える花たち。



f0308721_00595812.jpg
長坂道の笙ヶ岳方面へ続く尾根は ニッコウキスゲ の群落。



f0308721_01000697.jpg
長坂道を笙ヶ岳方面へ100mほど行った所から、右へ直角に曲がり賽ノ河原方面へ向かう。



f0308721_01001453.jpg
メンテナンスされた石畳のトレイルが大湿原の中に続く。



f0308721_01002002.jpg
右側に御浜方向の大草原と大湿原を見ながらの下り。



f0308721_01003071.jpg
残雪でトレイルが埋まっている個所もある。



f0308721_01003763.jpg
湿原の雪解け水が小川を形成し、このあたりから渡渉と雪渓歩きとなる。



f0308721_01011738.jpg
やがて河原宿の分岐に出る。 分岐を右へ行けばやはり御浜小屋へ行く。
雪渓を渡って左へ行くと、大平山荘のある吹浦登山口である。



f0308721_01012393.jpg
鉾立へ戻るルートは、河原宿周辺に雪渓が残っているとルートファインディングが難しい。
私達は、小川に沿って雪渓の上を北へ歩き、往路の賽ノ河原に合流したけれど、雪渓のコンディションをよく見極めて歩く必要がある。



f0308721_01012975.jpg
雪渓の水は水路のようになって、賽ノ河原から奈曽渓谷にそそいでいる。



f0308721_01013536.jpg
往路では霧で何も見えなかったが、賽ノ河原は思っていた以上に明るい場所だった。



f0308721_01014161.jpg
奈曽渓谷を挟んだ対岸には、登行意欲をそそる稲倉岳が鎮座しているが、現在の登山ルートは積雪期限定のようだ。
積雪期は、蟻ノ戸渡などがある御浜からのルート(南側)ではなく、イージーな北尾根(山スキーに良いみたい)からのアプローチが多いようだ。
登るなら南から攻めたい1本だね。



f0308721_01014716.jpg
そして、往路では何も見えなかった展望台ピークに至れば、鉾立の登山口は目と鼻の先である。



f0308721_01015318.jpg
展望台近くで見かけたこの実は何かしら? ブナの実???


初日は濃霧で展望が無かったが、かろうじて2日目はまずまずの展望が得られたので良しとしよう。
ひと夏分の高山植物を見たような花、花、花の2日間だった。


本ルートのマップ は下記のヤマレコのリンクをクリックしてね (^_-)-☆

 
私のこのトレイルへの評価: 4★ 中級者向け
距離:約11km/ 所要時間:休憩込で約6.5時間(御室小屋 8:30‐新山‐御室小屋 9:30‐千蛇谷‐七五三掛 10:30‐御田ヶ原分岐 11:00‐鳥海湖 11:30‐御浜・鳥海湖分岐‐河原宿‐賽の河原 13:20‐鉾立口15:00)
標高差: 約1080m


f0308721_01015892.jpg

下のバーナーをクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the banner below, so that your access can be counted.

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへにほんブログ村

by dream8sue | 2018-07-24 01:04 | 山形県エリア | Trackback | Comments(0)

遊佐町 鳥海山の花図鑑     Mount Chōkai in Yuza, Yamagata

Monday, July 23, 2018
f0308721_12262095.jpg
鳥海山は、山形県と秋田県の県境に位置し、日本海から一挙に立ち上がる独立峰で、その二等辺三角形の山容はなかなか美しい。

山頂は山形県遊佐(ゆざ)町に属すが、今回、私達がアプローチしたのは秋田県にかほ市象潟(きさかた)町の鉾立からである。

おりしも台風12号の影響で天気が不安定で “こんなはずではなかった” と恨めしい天気の中の入山となった。 145.png
しかし、高山植物は今が盛りとばかりに咲き誇っていた。 056.gif  056.gif  056.gif 

健脚ハイカーなら日帰りで山頂往復できるルートを、
初日は霧の中、花を愛でながら山頂御室小屋まで、翌日は眺望を見ながら鳥海湖まわりで下山という1泊2日の山旅である。

初日の折立から山頂御室小屋までは、ほとんど展望がなかったので、出会った高山植物を標高ごとに記録してみた。


なお、文中の植物名については備忘的に書いているだけなので、種名に関しては定かではありません。 
間違った記載などあれば教えていただけると嬉しいです。
 



f0308721_12263264.jpg
<マイカーの場合>
群馬からは、関越自動車道、北陸自動車道、日本海東北自動車道と乗り継ぎ、日本海東北自動車道の無料区間を走ってから国道7号線で山形県遊佐町まで約5時間。
国道7号線から鳥海ブルーラインと呼ばれる県道210号(10月下旬〜4月下旬までは冬季閉鎖)で山形県と秋田県との県境を越える。
山形県側に位置する大平(吹浦登山口)から2kmほど秋田側へ走れば鉾立(象潟登山口)のパーキング(無料)がある。



折立(5合目:1150m)~賽の河原(6合目:1520m)
f0308721_12263837.jpg
雨ではないが、濃霧で何も見えない。 134.png
出発時間を遅らせてみたが、好転の兆しはなく、翌日の好天を期待しながら、テンション下がったまま出発。 120.png
地蔵が立つ登山口から300mの地点にある展望台まではコンクリート舗装の道で観光客も訪れる。が、この日は何も見えなかった。 141.png

展望台からは、左に奈曽川の険谷が深く落ちる断崖上(霧で分からないが・・)に石畳のトレイルが続く。



f0308721_12264514.jpg
展望台付近で見つけた ヤマホタルブクロの蕾。 
開花したお馴染みの袋状の花はよく見かけるが、蕾のヤマホタルブクロが妙に新鮮に思えた。



f0308721_12265987.jpg
私の好きな花 カラマツソウ



f0308721_12270457.jpg
ハクサンオミナエシ(コキンレイカ)かと思ったら、新潟以北では マルバキンレイカ らしい。



f0308721_12271084.jpg
石畳トレイルの脇に ツルアリドオシ の群生が続いていた。



f0308721_12271511.jpg
すでに実を付けた アカモノ(別名:イワハゼ)



f0308721_12351663.jpg
一輪だけ咲く ツルリンドウ がとても美しい。 



f0308721_12354639.jpg
群生ではなく、トレイル脇にポツリポツリと現れるユリは クルマユリ かしら?



f0308721_12355621.jpg
こちらは群生していることが多い ウゴアザミ。 はじめまして。



f0308721_12360816.jpg
1日花で知られる ニッコウキスゲ は、朝開いた花は夕方にはしぼんでしまうという。 
実際に観察した暇人によれば、朝開いた花は翌日の夜に閉じ、実際は2日間咲いていたらしい。 暇だね~ 037.gif 



f0308721_12361403.jpg
ミヤマキンバイ かしら?



f0308721_12362121.jpg
関東圏ではあまり見ない ベニバナイチゴ  
最初はタカネバラかと思ったが、タカネバラには葉や茎にトゲが有るが、ベニバナイチゴには無い。



f0308721_12363137.jpg
キバナノコマノツメ



f0308721_12364018.jpg
こちらのスミレは ツボスミレ(ミヤマツボスミレ) かしら?



賽の河原(6合目:1520m)~御浜(7合目:1700m)
f0308721_12384471.jpg
谷沿いの断崖上を離れ、雪渓が残る賽の河原に着く。
雪解け水が豊富に流れている周辺では水を好む植物が現れる。



f0308721_12385026.jpg
f0308721_12385586.jpg
イワイチョウ はどこでも大群落を形成し、みずみずしいグリーンの絨毯となる。



f0308721_12390394.jpg
ここの チングルマ は花が大きい!



f0308721_12390957.jpg
露に濡れた マイヅルソウ 



f0308721_12391571.jpg
ミツバノバイカオウレン(別名:コシジオウレン)



f0308721_12392234.jpg
白いハクサンコザクラかと思ったら、東北地方では ヒナザクラ というらしい。 
この花は、鳥海湖から長坂道に行く途中に大群落があり見事だった。



f0308721_12392910.jpg
お馴染みの イワカガミ



f0308721_12414084.jpg
草付きの緩やかな斜面を登っていくと・・ 仲良し2輪の ヨツバシオガマ



御浜(7合目:1700m)~七五三掛(1820m)
f0308721_12414778.jpg
賽の河原からの長い登りを終えると御浜小屋に達し、ここで大平からの吹浦口のトレイルが合流する。
そして、この御浜から七五三掛までの標高1700mから1800くらいが最も花の多いエリアである。



f0308721_12415386.jpg
私的には タカネツリガネニンジン という名の方が分かり易いが、一般的には ハクサンシャジン かな?
本ルートの主役を選ぶならば、数の多さと、その可愛らしさで、間違いなくこの花がヒロインだね。



f0308721_12415903.jpg
白花の ハクサンシャジン



f0308721_12420651.jpg
ウサギギク



f0308721_12421265.jpg
鳥海山では、この手のセリ科の花の存在感が半端ではない。 



f0308721_12421821.jpg
マルバダケブキかと思ったら、東北地方では トウゲブキ の方が多いらしい。 



f0308721_12422744.jpg
トウゲブキ と ミヤマアキノキリンソウ かしら?



f0308721_12442670.jpg
クロトウヒレンかと思ったら オクキタアザミ だって。  



f0308721_12443237.jpg
アオヤギソウ(タカネアオヤギソウ) は、ライトグリーンの花で目立たないが、じっくり見れば、その美しさに惚れること間違いなし。



f0308721_12444070.jpg
御田ヶ原で鳥海湖への分岐を右に見ながら八丁坂の登りとなる。
タカネトウウチソウかと思ったら、東北地方に多いのは シロバナトウウチソウ らしい。

ちなみに、タカネトウウチソウ は 尾瀬の至仏山(下記リンク参照)で見ることができる。




f0308721_12444866.jpg
赤いけど シロバナトウウチソウ。 



f0308721_12445938.jpg
八丁坂でみかけた ヤマハハコ は特大ブーケのような株だった。



f0308721_12451064.jpg
鳥海の冠名がついている チョウカイアザミ。 重そうな頭を常に下げて群生している。



f0308721_12451816.jpg
光沢のあるイエローの花は ミヤマキンポウゲ。 訪問者が舞いおりているね。 



f0308721_12452917.jpg
日本各地の高山に咲く ハクサンイチゲ は高山植物の代表選手。

ふぅ~ 042.gif 高山植物が多くて息切れがしてきた・・・まだまだ続くが、頑張っていってみよう!  GO!!GO!!ゞ(>∇<*)o!!



七五三掛(1820m)~御室(山頂小屋:2200m)
f0308721_12514293.jpg
七五三掛の休憩場(御苗代)から千蛇谷へは木道が整備されている新規ルートを登る。
ちなみに、左の薮の中に旧ルートがあるが、火口の内壁にあたる断崖に細々とついたトレイルなので、旧ルートを歩く場合は慎重に。



f0308721_12515403.jpg
新規ルートは コバイケイソウ の群落の中を登る。



f0308721_12520296.jpg
コバイケイソウ を清楚と表現する人もいるが、どう見てもこのお化けは清楚とは言えないな~ 046.gif 



f0308721_12521367.jpg
七五三掛の休憩場から50mほど登ると、右へ外輪山コースと分かれる。 そこで見かけたのは ダケカンバの実 かしら?



f0308721_12522464.jpg
左の千蛇谷コースへ進むと、湿った岩壁に ダイモンジソウ が咲いていた。



f0308721_12523395.jpg
尾根から千蛇谷に下るトレイルは、お花畑の中に作られた急坂である。 



f0308721_12524022.jpg
お花畑は、とりわけトウゲブキなどのイエローの花が目立つが、そんな中で ハクサンフウロ の色と形は、実に魅力的だ。



f0308721_12524676.jpg
う~ん・・シモツケ かしら?



f0308721_12525155.jpg
雪渓の残る千蛇谷に降り立つ。



f0308721_13061748.jpg
トレイルは、雪渓を横断して左側の尾根を行くのだが、そのまま雪渓通しに行くこともできる。
ただし、両岸からの落石や雪渓の崩落もあるので、歩く場合は自己責任で・・って、Sueは歩いてるし! 070.gif  041.gif



f0308721_12563252.jpg
 やがて雪渓のセクションが終わり、荒神ヶ岳南面をトラバースするようになる。
ボルダーが転がる草原を行くと、こんなイネのような植物が・・なんだろう?



f0308721_12564154.jpg
ハクサンボウフウ? だか シラネニンジン? だかわからないが、セリ科の花が草原に広がっている。
地味な花で、他の山ではあまり美しいとは思わなかったが、ここではセリ科の花が実にいい仕事をしている。 Good Job!!!



f0308721_12565065.jpg
高山の砂れきや岩壁でよく見かける イワギキョウ。 コバルトブルーが気品を感じさせるね。



f0308721_12565896.jpg
一瞬、霧がはれて残雪をまとった外輪山が見える。



f0308721_12570658.jpg
アオノツガザクラ も山の斜面一面に群生していた。



f0308721_12571684.jpg
大物忌神社のある山頂御室小屋付近では、絹毛に覆われた姿が印象的な イワブクロ が現れる。
この花は意外と花の時期が短く、年によっては満足な花に出会えないこともあるらしい。 
私達は運よく見事な花付きに出会えた。 狙いは7月中旬とのこと。



f0308721_12594929.jpg
淡いライトグリーンの花と葉のコントラストが美しい ホソバイワベンケイ。
雌雄異株で大きな塊で群生しているのは雄株で、熟成すると子房が赤くなるのが雌株。



f0308721_12595854.jpg
ミヤマホツツジ と ホソバイワベンケイ



f0308721_13000610.jpg
こちらも鳥海山を代表する花の チョウカイフスマ。
岩の割れ目などにも咲くたくましい花でありながら、その美しい形から学校の校章にもデザインされているらしい。



f0308721_13001362.jpg
階段状の石畳みを登り上げると、突然、十合目の鳥居と山頂御室小屋が現れる。
山頂御室小屋がこの日の宿舎であるが、この小屋は雨水と雪を溶かした水を使うので、水は貴重品である。


ガスガスの霧の中で、展望のない分、高山植物にフォーキャスするハイキングとなった。
鳥海山は、日本海の豪雪と風土が創り出す花の園だった。

後編は、かろうじて登れた新山のピークハントと、鳥海湖まわりでの下山である。
素晴らしい展望も合わせて check out してね。 (^_-)-☆


本ルートのマップ は下記のヤマレコのリンクをクリックしてね (^_-)-☆

 
私のこのトレイルへの評価: 4★ 中級者向け
距離:約8km/ 所要時間:休憩込で約6時間(鉾立口 10:00‐賽の河原 12:00‐御浜小屋 13:00‐御田ヶ原分岐 13:30‐七五三掛 13:50‐千蛇谷‐山頂御室小屋 15:50)
標高差: 約1050m


f0308721_13083224.jpg

下のバーナーをクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the banner below, so that your access can be counted.

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへにほんブログ村

by dream8sue | 2018-07-23 13:10 | 山形県エリア | Trackback | Comments(2)