<   2018年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

群馬の駅からハイク vol.12:東吾妻町 天狗山の名で知られる芦鞍山     Mount Ashikura in Higashiagatsuma, Gunma

Tuesday, January 16, 2018
f0308721_17303910.jpg
心理学上では、寒さと心の寂しさや孤独感は関係性があるらしいが、今年の冬は一段と寒いと感じるのは私が孤独だからかな?  
寒い、寒い、寒い~! でも、この日は寒気が少し緩んで暖かかった。 174.png
運動不足と、孤独感の解消のために、思い切って部屋から飛び出した。
こんな小春日のおだやかな日は~♪ ぶらりと駅からハイキングをしよう。 169.png

以前から群馬の駅からハイキングの候補としてリストアップしていた芦鞍山は、
群馬県東吾妻町にある鋭鋒で、低山ながらそこそこ展望も良い。  177.png  



f0308721_17305004.jpg
車社会の群馬県において、駅から行けるハイキングエリアは限定される。
そんな沿線の中で、今回はJR吾妻線の岩島駅(無人駅でSuicaなどのICカードは利用不可)が起点となる。
吾妻線沿線には手頃なトレイルが多く、過去には、小野子山岩櫃山嵩山(たけやま) 、王城山(下記リンク参照)などのトレイルを歩いている。
 

マイカー利用の場合は、登山口近くにある “道の駅あがつま峡:天狗の湯” (下記リンク参照)をターゲットすると良い。


f0308721_17305664.jpg
岩島駅で下車したのは私だけ、う~ん・・孤独だ! 134.png
そんな私が駅の改札を出ると、芦鞍山が “早く登っておいで” と言うかのように(気のせい?)そびえていた。 

芦倉山も、周囲の山々もセピア色した冬の趣である。



f0308721_17310628.jpg
国道145号線を横断して県道(375号)を行く。
吾妻川を渡ったら右折し2kmほど西へ歩けば、左側に登山口の上郷諏訪神社がある。

途中、八ッ場ダム工事で付け替えられた吾妻線の八ッ場トンネル入り口が見える。
そうである、吾妻線はまさに芦鞍山の下を横断しているのだ。

また、散歩中のおばちゃんとすれ違い言葉を交わす。 
何気ない会話に心がほっこり温かくなる・・そういえばこの1週間は誰とも言葉を交わしていなかったな~ 110.png
おばちゃんの話では、芦鞍山は地元の人には天狗山という名で親しまれているようだ。



f0308721_17311218.jpg
東吾妻町には諏訪神社が他にいくつかあるので、上郷諏訪神社として覚えておこう。
県道の入口に上郷農園の白い看板があるので良い目印となる。

境内には天然記念物に指定されている推定樹齢300年(樹高18m)のケヤキの巨木がある。



f0308721_17311860.jpg
神社の右手に2つのトレイルがあるが、どちらから行っても同じ路に出る。
左の電気柵を越えて行く方が近道である。
電気柵のスプリングワイヤーを外して柵をくぐる。 149.png

ちなみに、右のトレイルも途中で電気柵があり、鉄塔を経由する回り道ルートである。



f0308721_17312437.jpg
神社の先は意外と広い路で、あたりはマツの木が多く、たくさんのマツボックリが落ちていた。
ひと登りすると、右側が開けた広場になっている。
ヤマサクラの木がある “西どや” という場所のようだが・・どやろうか?  ヾ(o≧∀≦o)ノ゙キャー! オヤジ! オヤジ!  136.png



f0308721_17313317.jpg
西どやから少し登ると、また植林帯となり、尾根の末端に “コウモリ穴” の新しい手作り標識がある。
“コウモリ穴” って、普通に考えれば、コウモリの生息する穴・・ってことだろうか?

当初は植林地の中に続いている巻き路で行く予定だったが、この穴が気になり尾根ルートへ進む。



f0308721_17393903.jpg
尾根に取り付き、すぐに現れる岩塊を左から巻くが、すぐに尾根は岩場となり直登は難しくなる。
左の斜面を登って芦鞍山の北西尾根に登り上げる・・のが正解ルートのようだ。 165.png

しかし、どうにもコウモリ穴が気になる私は、意図的に尾根から外れて岩場の基部をたどって右へ進んだ。



f0308721_17394532.jpg
薄暗いスギ林の中を獣路のような薄いトレースを追っていく。
左側は、いかにもコウモリが棲んでいそうな岩場が続く。
さすがにコウモリは見なかったが、キーキーと甲高い鳥の声がして、ちょっと不気味だ。 140.png
やがて、ハングした岩場で行き詰まる。 153.png



f0308721_17395158.jpg
かまわず、ハングした岩場の右端からリッジに登り上げてみた。
リッジの先は、足場の悪い崖であるが、弱点を探って何とか尾根に上がれそうだ。



f0308721_17395641.jpg
右側は切れ落ちた沢で、大量の水の流れは無さそうだが、薄っすらと氷が張っていた。 150.png



f0308721_17400330.jpg
岩場と崖の間に活路を見いだし、沢の右岸(下流を向いて右側)よりの岩場に生える立木をホールドにして何とか尾根に這い上がる。 144.png
やれやれ、コウモリ穴に騙されて、思わぬ悪場クライミングとなってしまった。 
良い子は決して真似をしないようにね。 105.png

にしても、コウモリ穴って本当にあるのかな?
私設の標識のようだが、設置した人に聞いてみたいものだ。 118.png



f0308721_17401056.jpg
岩場を登り上げて芦鞍山の北西尾根に合流すると、赤テープなどの目印が出てくる。
足元にドングリの実がたくさん落ちている斜面を、息をきらせながら淡々と登る。
急勾配で、踏まれていないのでとても滑り易い。 



f0308721_17401782.jpg
一汗かいて芦鞍山の西尾根に合流する。
そして、最後の登り、この藪尾根のてっぺんが芦鞍山のピークである。



f0308721_17402449.jpg
芦鞍山(895m)の狭い山頂には似つかわしくない大きな祠が、コンクリートのしっかりしたファンデーションの上に設置させている。
片隅に小さな祠があるくらいなら風情があるってもんだが、このピークに、この祠は大きすぎやしませんか!? 115.png
ってなことは、よそ者の勝手な感想だが・・  102.png



f0308721_17435146.jpg
山頂からまず目に着くのは、登ってきた登山口(北側)の町並みと対岸にそびえる吾嬬山や薬師岳などの山々である。 177.png



f0308721_17440175.jpg
北西方向には雪山が見える。



f0308721_17440768.jpg
f0308721_17441335.jpg
ズームして見れば、草津方面から白砂山などの県境の山々のようだ。 177.png



f0308721_17442061.jpg
そして、東側の木立の間には榛名山。 
西側はマツの木が邪魔してクリアではないが、雪化粧した浅間山も見える。 177.png



f0308721_17442954.jpg
山頂の東側につけられた顕著な踏み跡は、東峰への踏み跡のようだ。
空身で東峰を往復してみたが、岩場混じりのヤセ尾根なので要注意だ。

東峰には小さな石祠が置かれてあった。
そうそう、このくらいなら許せるな~。 106.png  
でも、東峰自体は、北側の景色しか見えないピークだし、わざわざ来なくていいかも。 120.png



f0308721_17443673.jpg
さて、芦鞍山へ戻って、下山にかかろう。
山頂から西尾根を登ってきた北西尾根分岐まで降り、そこから左(直進)の南西尾根を降りる。

おや、色が白くなっているがウチワタケかな?
他のキノコが姿を消してしまう冬でも、サルノコシカケ科のキノコはよく見かけるね。



f0308721_17444476.jpg
南西尾根は、右側がヒノキなどの植林と左側の自然林とを分けている尾根である。
読図では、このまま両者の植生ラインを下降した方がショートカットなのだが・・



f0308721_17465429.jpg
丁寧に巻き路(一般路)の標識 “尾根登り→” が付けられていたので、巻き路ルートをたどってみることにする。



f0308721_17470490.jpg
標識に従って自然林の明るい山腹をトラバースすれば、ケヤキ?の大木が何本も生えている。
そして、再び現れた “尾根登り←” の標識に従ってヒノキ林を降る。



f0308721_17471156.jpg
ヒノキ林の先で、落ち葉で埋め尽くされた凹状の窪地に出るので、トレイルと思われる形跡を追って降って行く。



f0308721_17472484.jpg
すぐに涸れ沢が現れるので、そこをトラバースすれば道幅のあるトレイルとなる。
この巻き路は、植林帯と自然林を繰り返しながら山腹を巻いている。



f0308721_17473198.jpg
やがて、涸れ沢に架かる錆びた鉄パイプの橋がある。
その上流には氷瀑が見えるが、もしかして、往路の岩場から見えていた氷瀑かな?



f0308721_17473978.jpg
手すりが壊れた橋を恐る恐る渡る。 149.png

20年前のガイド本には “鉄パイプの細いがしっかりした橋” と書かれているが、
歳月がたった今では、次に大雪か土砂崩れでもあれば崩壊してしまいそうな何とも心もとない橋と表現したい。



f0308721_17474718.jpg
そして、橋の先には大きな倒木が横たわっている。
錆びた橋といい、倒木といい、廃道マニア(私?)が喜びそうなデンジャラス感が漂っている。 105.png



f0308721_17475330.jpg
やがて植林地に入り、マツの倒木の根元に十二様の小さな祠を見て、コウモリ穴の標識のある尾根分岐に合流する。
その後は、西どや、上郷諏訪神社と戻り、県道を横断して道の駅に隣接する天狗の湯に寄り道する。



f0308721_17494624.jpg
道の駅あがつま峡(天狗の湯)から見た天狗山。 
そうだね、ここでは芦鞍山ではなく天狗山と呼びたいね。 124.png



f0308721_17495332.jpg
天狗の湯からは、県道ではなく吾妻川の右岸の道を歩き、吾妻線の高架下を通り集落を抜ける。
大沢集落の集会所のある三叉路に突き当たったら左に曲がり吾妻川を渡り国道145号線へ出る。

国道は交通量が多いが、歩道が設けてあるので安全に歩ける。
岩島駅へは国道を15分くらい歩けば着く。

橋の上から見た、氷の張った吾妻渓谷と付け替えられた吾妻線の高架橋。 177.png



f0308721_17495931.jpg
左岸から支流が吾妻川へ流れ込んでいる。
吾妻渓谷は、寒気の強い年には、これらの支流が凍り付いて氷瀑ができる。

私が初めてアイスクライミングをしたのがこの吾妻渓谷であった。
思い出の多い吾妻渓谷も2020年にはダの底に沈む予定だ。 145.png

上毛かるたで “耶馬渓しのぶ吾妻峡” と詠われている吾妻渓谷であるが、
今年の秋こそは、吾妻渓谷の見納め紅葉ハイキングをしたいと思う。
吾妻渓谷に思い出のある方、哀愁に浸りながら一緒に歩きませんか?

本ルートのマップ は下記のヤマレコのリンクをクリックしてね (^_-)-☆ 

私のこのトレイルへの評価: 3★  中級~上級者向け
距離:約8.5km/ 所要時間:温泉休憩込で約7時間(岩島駅 10:03‐諏訪神社 11:00‐西どや‐コウモリ穴分岐‐芦鞍山 12:30/13:00‐東峰‐芦鞍山‐鉄パイプ橋‐コウモリ穴分岐‐西どや 14:00‐諏訪神社‐天狗の湯 14:30/16:00‐岩島駅16:45)
標高差: 約450m


f0308721_17500677.jpg
下の “登山” をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the banner below, so that your access can be counted.

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村

by dream8sue | 2018-01-16 17:15 | 群馬の駅からハイク | Trackback | Comments(2)

箱根 金太郎の里から登る金時山     Mount Kintoki in Fuji-Hakone-Izu National Park

Thursday, January 4, 2018
f0308721_13085209.jpg
金時山は箱根山の外輪山の1座で、富士箱根伊豆国立公園の箱根地区の最北に位置している。
そして、金時山の北の登山口である足柄峠は、金太郎伝説で有名な神奈川県南足柄市と静岡県小山町にまたがる峠である。
私は、2015年の元旦に金時山の北東にある矢倉岳を登った際に南足柄市を訪れているが、今回はその続きとも言える山行である。



f0308721_13090184.jpg
<公共交通の場合>
私は前日に湯河原幕岩でクライミングをした都合で、小田原に前泊し、小田原駅から伊豆箱根鉄道大雄山線で大雄山駅まで行った。
大雄山駅から箱根登山バス(地蔵堂行き)で終点の “地蔵堂” 下車。

関東からは、新宿で小田急小田原線に乗り新松田駅で下車し、そこから地蔵堂行きバスに乗る方法もある。
どちらの駅からもバスの本数が少ないので、事前にバス時刻などを確認しておこう。

また、箱根方面へは新宿駅or東京駅から高速バスが出ているので、
乙女峠や金時登山口などの国道138号線にある各登山口から高速バスを使うのも良いだろう。
私も帰路は、静岡県側の乙女峠バス停へ下り、小田急箱根高速バスを利用した。


f0308721_13090733.jpg
大雄山駅からバスに揺られること約25分、う~ん、3年ぶりの地蔵堂だ!  101.png
金太郎伝説によれば。源頼光(平安時代の武将)の四天王の一人、坂本金時(金太郎)は、この地蔵堂で生まれたとか・・

ここから夕陽の滝までは1度訪れているので、迷うことなく金太郎の里へ向かう。
地蔵堂を正面に見て、左の道を行けば、金太郎生家跡地などのある集落を通って夕日の滝に行ける。

集落の中には、今年もイノシシの皮が干してある。
しかも2015年の時は1枚だったのが、今年は3匹分の皮が干してあった! 150.png



f0308721_13091276.jpg
夕日の滝は、酒匂川の支流内川にかかる落差23mの滝で、金太郎の産湯に使われたとか・・
金太郎伝説は別にしても、垂直に落ちる一筋の流れは実に美しい。



f0308721_13091902.jpg
今年は冷え込みが強いみたいで、滝壺周辺にできたツララが寒々しくもあるが、風情もある。



f0308721_13092454.jpg
夕日の滝の入口(夕日の滝キャンプ場パーキング)からは、3年前に登った矢倉岳(下記リンク参照)が見える。




f0308721_13092900.jpg
トレイルは、夕日の滝の入口から西側の針葉樹林帯へ入って行く。
徐々に南へ戻るように蛇行して、夕日の滝の上流の流れに沿ってまた西へ向かう。

辺りにはヒノキの香りが漂い、なんとも良い気分だ。 110.png
以前、参加した上野村の森林セラピー(下記リング参照)で、ヒノキには神経をリラックスさせる効果があると聞いたことがある。




f0308721_13093407.jpg
ヒノキ林の中を20分ほど歩けば休憩舎が現れ、その少し先でトレイルが左右に分かれる。
左は沢を渡り内川支流の左俣に沿って、金時山の北に位置する丸鉢山へダイレクトに登るトレイルである。
右は一旦足柄峠に出てから丸鉢山へ至るトレイルである。
どちらから行っても時間に大きな差はない。



f0308721_13191126.jpg
私は足柄峠経由で丸鉢山へ行き、そこから金時山へ目指すことにした。
分岐からしばらく支流の右俣に沿って進み、途中から右の尾根に登る。



f0308721_13191867.jpg
徐々に傾斜を増す尾根を30分ほど登れば、車がパーキングしている足柄峠に飛び出す。
足柄峠までは足柄街道と呼ばれる県道が走っているので、車なら足柄峠から1.5kmほど南にある車止めゲートまで入ることができる。
マイカーでここまで乗り入れて金時山を目指すハイカーも多い。



f0308721_13192438.jpg
ゲートからは、未舗装であるが道幅の広いトレイルを南へ向かって歩く。



f0308721_13193037.jpg
林道歩きは面白くないので、林道と並行につけられた左の山林の中の小道に入ってみる。
落葉を踏みしめ、明るい自然林を歩く方が気分は良い。 169.png



f0308721_13193629.jpg
しかし、小道も長くは続かず、すぐに林道に合流し、やがて南に金時山が高くそびえる丸鉢山(猪鼻砦跡)に着く。



f0308721_13194382.jpg
山というより、金時山の北側の取付きと言ったほうがしっくりくる丸鉢山であるが、ここは今回のトレイルで一番の富士山の展望台だった。
やはり箱根から見る富士山は大きいな~! 102.png
金時山の山頂は混雑していることが予想されたので、ここで富士山を見ながらのランチ休憩とする。 180.png



f0308721_13194988.jpg
丸鉢山からは、金時山の北尾根に取り付く。
金時山は山頂付近が急峻でイノシシの鼻のように見えることから、かつては猪鼻嶽(いのはなだけ)などと呼ばれていたらしい。
古い荷上げケーブル?が残る新柴分岐で鳥居をくぐると、いよいよ急登が始まる。



f0308721_13195764.jpg
トレイルのほとんどが、石段と手すりの付いたしっかりしたハシゴ階段である。
過去に滑落事故があったらしく、そのせいなのか、よくあるアルミ製の貧弱なハシゴではなく重厚なスチール製の階段である。



f0308721_13221239.jpg
f0308721_13222867.jpg
山頂直下のトレイルからは、右手に富士山の絶景と、矢倉岳がもうあんなに低くなっている。



f0308721_13223674.jpg
階段を息を整えながらゆっくりと登りつめる。
そして、金時山(1212m)の山頂にある2軒の茶屋の間から展望広場に飛び出す。 166.png
西に富士山、南に箱根山の大展望が開ける。  177.png
案の定、山頂はハイカーで賑わっているので、長居は無用である。  135.png



f0308721_13224876.jpg
下山は、右に富士山、左に箱根山を見ながら、なだらかな長尾山を経て乙女峠へと下る南西尾根を行く。
右奥に見えているのは、富士山の南隣に位置する愛護山塊。 私には未知の領域だ。



f0308721_13225936.jpg
山頂からしばらくは、急なザレた尾根をフィックスロープなどを頼りに降る。 140.png



f0308721_13230697.jpg
やがて長尾山へ向かう穏やかな尾根となり、途中に箱根山の展望が開ける場所がある。 177.png
神山と台ヶ岳、噴煙が立ち上っているのが大涌谷で、仙石原の右奥に芦ノ湖が輝いている。



f0308721_13231330.jpg
自然林とササの生えた路を小さなアップダウンを繰り返しながら進む。



f0308721_13231974.jpg
時々振り返ってみれば、木立の間に金時山が見え、山頂に建つ茶屋も分かる。



f0308721_13253946.jpg
そして、山らしくない長尾山を過ぎると、正面に乙女峠の南西に位置する丸岳を見ながらの下降となる。



f0308721_13254633.jpg
急斜面を降りきった所が乙女峠で、廃屋となった乙女茶屋があり、西側に富士山を見る展望台がある。
乙女峠からは、神奈川県側の “乙女口” と、静岡県側の “乙女峠バス停” への2つのルートが左右に分かれている。
私は右(静岡県側)の乙女峠バス停へ下山した。



f0308721_13255356.jpg
乙女峠から針葉樹林の中を1kmほど降れば林道に降り立つ。
林道を左に曲がり5分も行けば、ふじみ茶屋の前の “乙女峠バス停” に着く。



f0308721_13260085.jpg
渋滞で15分遅れて来た小田急箱根高速バスに乗り、新宿駅まで約2時間半の帰路である。
ハイキングで疲れた身体は、バスに乗るやいなや、うとうと浅い眠りについた。 152.png

地蔵堂から足柄峠を経由して金時山までの登りは、そこそこの標高差(約800m)がある。
特に丸鉢山からの金時山北尾根の勾配はきつい。
しかし、山頂から乙女峠までは約2km(バス停まで3km)と短く、標高差も400mほどなので、下山は比較的楽である。

箱根エリアは、観光地として発達したため、都心からの交通の便が良いことも嬉しいね。 165.png 110.png


本ルートのマップ は下記のヤマレコのリンクをクリックしてね (^_-)-☆

私のこのトレイルへの評価: 4★ 初級者向け
距離:約9km / 所要時間:休憩込で約4.5時間(地蔵堂9:30‐夕日の滝‐足柄峠ケート 11:10‐丸鉢山 11:30/11:50‐金時山12:30/12:40‐乙女峠‐乙女峠バス停 14:00)
標高差: 約800m


f0308721_13260640.jpg
下の “登山” をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the banner below, so that your access can be counted.

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村

by dream8sue | 2018-01-04 12:59 | 富士箱根伊豆 国立公園 | Trackback | Comments(4)

湯河原町 湯河原幕岩でクライミング     Rock Climbing at Makuiwa in Yugawara, Kanagawa

Wednesday, January 3, 2018
f0308721_22054960.jpg
伊豆の湯河原幕岩は、冬に訪れたい暖かな岩場として関東近郊のクライマーに人気が高い。
しかし、意外と冷たい風が吹くことも多いので防寒対策を怠ってはいけない。  116.png

湯河原幕岩には多くのエリアがあるが、立入禁止のエリアもあるので気をつけたい。
幕岩を訪れるのは数十年ぶりという私であるが、昔は登られていたエリアが、現在は登攀禁止になっていたりして、時の流れを感じるな~。 105.png



f0308721_22055970.jpg
<公共交通の場合>
JR東海道線湯河原駅より幕山公園行きのバスで約15分(260円/片道)
幕岩公園行きのバスは本数が少ないので時間確認が必要。
また、湯河原駅より鍛冶屋行きバス(本数も多い)で “森下公園前” バス停で下車、幕山公園まで徒歩約25分。
梅祭りの期間中は幕山公園まで臨時直通バスもあるのでチェックする価値あり。

<マイカーの場合>
車では、真鶴道路から国道135号に出てすぐの吉浜交差点を右折。
道なりに進み東海道線と新幹線のガードをくぐった先の交差点を幕山公園方面へ。



f0308721_22060867.jpg
幕山公園には4000本のウメの木が植えられていて2月~3月は梅祭りで賑わう。
梅はまだ咲いていないが、スイセンやツバキの花が咲いていて気持ちがホッコリする。  178.png
また、足元の枯れ草の中をよく見ればスミレが咲いていたりして、やはり暖かいエリアだと感じる。 110.png



f0308721_22061636.jpg
たくさんあるエリアの中で、特に人気が高いのは幕山の東側に位置する茅ヶ崎ロックである。
その茅ヶ崎ロックは、さらに桃源郷、希望峰と言った岩峰や岩塔のセクションに分かれている。
週末ともなると人気の高いセクションには人だかりができ、人気ルートは常に順番待ちとなる。 140.png



f0308721_22063436.jpg
そのひとつが、桃源郷である。 
その中の、 “ダイアモンドヘッド 5.11c” (左)と “ダイアモンドヒップ 5.11a” (右)は★★の人気ルートだ。

同行者はダイアモンドヒップをオンサイトしたが、そんな高グレードには触ることもできない私・・でも大丈夫!
ダイアモンドヒップの右壁には “シルクロード 5.7” とか “いんちきするな 5.8” などのイージーなルートもある。
幕岩には短いルートが多く、傾斜もないので気軽に取り付けることも人気の理由だろう。



f0308721_22064734.jpg
せっかくだから、いくつかのセクションをハシゴしてみた。
こちらは、桃源郷の上部に位置するアリババの岩場である。



f0308721_22065678.jpg
岩場の名前になっている “アリババ 5.10b” に果敢にトライする同行者。 166.png



f0308721_22071235.jpg
アリババの岩場の右横に位置するシンデレラフェイス。
“シンデレラ 5.7” は長いフェイスを登る★★ルートで、楽しい。 169.png 



f0308721_22105368.jpg
そして、シンデレラフェイスからさらに右上段へフィックスロープを使って登り上げた所が、ガリバーの岩場。



f0308721_22110112.jpg
とりあえず1本登っておこう。
左端の “あかずきんちゃん 5.9” を登る。

陽射しがあればポカポカであるが、陽が陰ると急に冷え込む。
湯河原駅行きの最終バス16:10に乗るために15:30には撤収したが、冷えてくるので調度よい感じだ。
東面なので、午前中の早い時間から登り、午後は早めに切り上げる方が良いかもしれない。 165.png


f0308721_22110891.jpg
下の “登山” をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the banner below, so that your access can be counted.

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村

by dream8sue | 2018-01-03 22:00 | Rock Climbing | Trackback | Comments(0)