タグ:幕山公園 ( 3 ) タグの人気記事

湯河原町 雨上がりの幕山ハイキング     Mount Maku in Yugawara, Kanagawa

Saturday, March 10, 2018
f0308721_10464917.jpg
先週に引き続き、神奈川県湯河原町の幕山公園(湯河原梅林)に来ている。
梅林の梅は開花のピークを迎えている。 179.png 179.png 179.png

天気予報では、もう少し天気の回復が早いと思われたが、岩登りするにはコンディションが悪い。 176.png
そこで、花見を兼ねて、幕山までハイキングをすることにした。



f0308721_10465575.jpg
<公共交通の場合>
JR東海道線湯河原駅より幕山公園行きのバスで約15分(260円/片道)
梅祭りの期間中は幕山公園まで臨時直通バスもある。

<マイカーの場合>
真鶴道路から国道135号に出てすぐの吉浜交差点を右折。
道なりに進み東海道線と新幹線のガードをくぐった先の交差点を幕山公園方面へ。

梅まつりの期間中は、入場料200円。

この日は梅祭り期間中ということで、湯河原公園のパーキングにあるステージでは、琴の演奏などのイベントが行われていた。



f0308721_10470167.jpg
せっかくの満開なので、幕山へ登る前に、湯河原梅林を散策しよう。



f0308721_10470645.jpg
梅林の中に作られた散策路を北西方向に行ってみる。
水量の豊富な新崎川が幕山公園内を南北に流れていて、下流には幕山浄水場やヤマメマス釣り場もある。



f0308721_10471280.jpg
川の流れと梅の花のたたずまいが何とも美しい。 177.png



f0308721_10471861.jpg
北西側のトレイルにはツバキの木もたくさん植えられている。



f0308721_10472411.jpg
八重のツバキが雨露に濡れて一層あでやかな感じだね。 113.png



f0308721_10472933.jpg
おやま~、地面も花盛り!  ワ━(〃゚∀゚〃)━オッ♪



f0308721_10491680.jpg
スミレもこんなにたくさん!



f0308721_10492195.jpg
山際には縦の節理がユニークな岩場(クライマーは幕岩正面壁という)が見える。



f0308721_10492664.jpg
久しぶりに、ちょっと基部へ寄っていこう。



f0308721_10493237.jpg
雨で濡れて黒々してるが、見事なスラブだ。 
見る人が見れば分かりルートだけど・・・私にはわからない。  105.png



f0308721_10493879.jpg
新崎川を挟んで梅林の対岸の山から、霧が立ち上げって幻想的だ。 146.png



f0308721_10494547.jpg
梅の花とバックの樹林帯のコントラストが素敵~!  177.png



f0308721_10495566.jpg
幕山公園には、梅祭り期間中は露店も出てお祭り気分を盛り上げている。
みかんが安くて美味しいよ。 111.png 165.png



f0308721_10500510.jpg
Wow! 花の乱舞を見るようだ。 101.png



f0308721_10520419.jpg
梅林の北西側から、幕山へ通じるトレイルのある東側へ移動する。
いつも私が入り浸る岩場も、こんなコンディションの悪い日なのに、花盛り・・ではなく人だかりだ。 129.png



f0308721_10521199.jpg
Wow! 梅の花の三次元空間だ。 150.png 177.png



f0308721_10521821.jpg
梅林の最高地点からは、白梅、紅梅、ピンクの梅の花が織りなす美しい光景が広がる。 179.png
これなら200円の入園料を払ってもいいかも。 169.png 



f0308721_10522649.jpg
目の前で咲いているピンクの梅。 いい色だね~



f0308721_10523221.jpg
さて、梅林セクションが終わり、いよいよ幕山への登りが始まる。
スミレや今年初めて見るシュンランなどが足元に咲いている。  178.png



f0308721_10523836.jpgf0308721_10524535.jpg
白い花はシキミだね。 初めてこの花を見たのは、ミツマタの咲く西丹沢のミツバ岳(下記リンク参照)だったな~・・
グリーンの花は何だろう? 地味だけど、可愛らしい花がいっぱい咲いている。 179.png




f0308721_10525545.jpg
少し登ると休憩舎があり、家族連れの賑やかな笑い声が聞こえる。

ちなみに、観光地のトレイルとあって、スカートを着てヒールを履いた若い女性もいた。 149.png
さすがに、ゆっくりゆっくり歩いていたが、見ているこちらのほうが足が痛くなった。 105.png



f0308721_10595192.jpg
トレイルはよく踏まれた路で歩き易いが、徐々に傾斜を増していく。
休憩舎からさらに登ると、南方向に相模湾と真鶴半島の眺望が開けるポイントがある。 177.png
遠くに見える島は大島と初島かな。



f0308721_10595764.jpg
その後、似たようなスイッチバックの繰り返しが続き、けっこう長く感じる。 119.png



f0308721_11000399.jpg
梅林から約1時間30分、ようやく辿り着いた山頂は人・人・人。 141.png
決して狭くはない山頂であるが、花見シーズンの週末と言うことでハイカーと観光客で満員御礼状態。
ゆうに50人以上の人がランチ休憩や記念撮影をしている。
とても居心地が悪いので即行で下山開始・・公園に戻って花見酒でもしよう。 167.png


本ルートのマップ は下記のヤマレコのリンクをクリックしてね (^_-)-☆ 


私のこのトレイルへの評価: 4★ (梅林が開花時期限定評価) 初心者、初級者向け
距離:約4km/ 所要時間:休憩込で約3時間(湯河原梅林 9:30‐梅林散策 10:30‐幕山12:00‐湯河原梅林12:30)
標高差: 約400m

f0308721_11001145.jpg

下の “登山” をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the banner below, so that your access can be counted.

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村

by dream8sue | 2018-03-10 11:05 | 神奈川県エリア | Trackback | Comments(0)

湯河原町 今が満開の幕山公園の湯河原梅林     Plum blossom at Makuyama Park in Yugawara, Kanagawa

Friday, March 2, 2018
f0308721_19433539.jpg
冬のクライミングエリアとして何度か訪れている神奈川県湯河原町の幕山公園であるが、
幕山の山麓には、4000本のウメの木が植わる湯河原梅林があり、今まさに満開の時を迎えている。 179.png 179.png

毎年(今年で23回目)梅の宴と題したお祭りが開催され、演芸イベントが行われたり、各種の出店が出そろう。

ハイキング派なら、花見と合わせて幕山までハイキングするのも良いだろう。



f0308721_19434038.jpg
<公共交通の場合>
JR東海道線湯河原駅より幕山公園行きのバスで約15分(260円/片道)
梅祭りの期間中は幕山公園まで臨時直通バス(下記リンク参照)もあるのでチェックする価値あり。

<マイカーの場合>
車では、真鶴道路から国道135号に出てすぐの吉浜交差点を右折。
道なりに進み東海道線と新幹線のガードをくぐった先の交差点を幕山公園方面へ。

梅まつりの期間中は、入場料200円。



f0308721_19434562.jpg
公園からの、梅林が見渡せるロケーションが素晴らしい。 165.png 177.png



f0308721_19435079.jpg
白梅ってこんなに綺麗だったっけ? と、改めてその美しさに感動。 101.png



f0308721_19435582.jpg
白梅の他にも紅梅も多く、お青空によく映えていた。 179.png



f0308721_19440048.jpg
個人的には、白梅、紅梅よりもこのピンク色のウメの花が好きだな~ 109.png



f0308721_19440585.jpg
大木、古木の見事な枝ぶりの下から見上げると、ウメの花がまるで夜空に散りばめられた星屑のようだ。 146.png 179.png

残念ながら夜間ライトアップは終わってしまったが、梅祭りは3月11日まで開催されているので、
お暇なら(確定申告で忙しい人も・・笑)出かけてみてはいかがだろうか? 165.png 174.png

f0308721_23205879.jpg
この情報は役にたちましたか? 下の “登山” をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the banner below, so that your access can be counted.

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村

by dream8sue | 2018-03-02 19:39 | 神奈川県エリア | Trackback | Comments(0)

湯河原町 湯河原幕岩でクライミング     Rock Climbing at Makuiwa in Yugawara, Kanagawa

Wednesday, January 3, 2018
f0308721_22054960.jpg
伊豆の湯河原幕岩は、冬に訪れたい暖かな岩場として関東近郊のクライマーに人気が高い。
しかし、意外と冷たい風が吹くことも多いので防寒対策を怠ってはいけない。  116.png

湯河原幕岩には多くのエリアがあるが、立入禁止のエリアもあるので気をつけたい。
幕岩を訪れるのは数十年ぶりという私であるが、昔は登られていたエリアが、現在は登攀禁止になっていたりして、時の流れを感じるな~。 105.png



f0308721_22055970.jpg
<公共交通の場合>
JR東海道線湯河原駅より幕山公園行きのバスで約15分(260円/片道)
幕岩公園行きのバスは本数が少ないので時間確認が必要。
また、湯河原駅より鍛冶屋行きバス(本数も多い)で “森下公園前” バス停で下車、幕山公園まで徒歩約25分。
梅祭りの期間中は幕山公園まで臨時直通バスもあるのでチェックする価値あり。

<マイカーの場合>
車では、真鶴道路から国道135号に出てすぐの吉浜交差点を右折。
道なりに進み東海道線と新幹線のガードをくぐった先の交差点を幕山公園方面へ。



f0308721_22060867.jpg
幕山公園には4000本のウメの木が植えられていて2月~3月は梅祭りで賑わう。
梅はまだ咲いていないが、スイセンやツバキの花が咲いていて気持ちがホッコリする。  178.png
また、足元の枯れ草の中をよく見ればスミレが咲いていたりして、やはり暖かいエリアだと感じる。 110.png



f0308721_22061636.jpg
たくさんあるエリアの中で、特に人気が高いのは幕山の東側に位置する茅ヶ崎ロックである。
その茅ヶ崎ロックは、さらに桃源郷、希望峰と言った岩峰や岩塔のセクションに分かれている。
週末ともなると人気の高いセクションには人だかりができ、人気ルートは常に順番待ちとなる。 140.png



f0308721_22063436.jpg
そのひとつが、桃源郷である。 
その中の、 “ダイアモンドヘッド 5.11c” (左)と “ダイアモンドヒップ 5.11a” (右)は★★の人気ルートだ。

同行者はダイアモンドヒップをオンサイトしたが、そんな高グレードには触ることもできない私・・でも大丈夫!
ダイアモンドヒップの右壁には “シルクロード 5.7” とか “いんちきするな 5.8” などのイージーなルートもある。
幕岩には短いルートが多く、傾斜もないので気軽に取り付けることも人気の理由だろう。



f0308721_22064734.jpg
せっかくだから、いくつかのセクションをハシゴしてみた。
こちらは、桃源郷の上部に位置するアリババの岩場である。



f0308721_22065678.jpg
岩場の名前になっている “アリババ 5.10b” に果敢にトライする同行者。 166.png



f0308721_22071235.jpg
アリババの岩場の右横に位置するシンデレラフェイス。
“シンデレラ 5.7” は長いフェイスを登る★★ルートで、楽しい。 169.png 



f0308721_22105368.jpg
そして、シンデレラフェイスからさらに右上段へフィックスロープを使って登り上げた所が、ガリバーの岩場。



f0308721_22110112.jpg
とりあえず1本登っておこう。
左端の “あかずきんちゃん 5.9” を登る。

陽射しがあればポカポカであるが、陽が陰ると急に冷え込む。
湯河原駅行きの最終バス16:10に乗るために15:30には撤収したが、冷えてくるので調度よい感じだ。
東面なので、午前中の早い時間から登り、午後は早めに切り上げる方が良いかもしれない。 165.png


f0308721_22110891.jpg
下の “登山” をクリックしていただけたら嬉しいです。 ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
↓ Thanks for reading my article. Please click the banner below, so that your access can be counted.

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村

by dream8sue | 2018-01-03 22:00 | Rock Climbing | Trackback | Comments(0)